幸せな家庭を築くには即実践すべき夫婦円満の秘訣二十か条

幸せな家庭を築くためには、どんな工夫をし、どこに気をつければいいのでしょうか?実際に夫婦円満で笑顔の絶えない家庭を築いている夫婦を参考に、即実行できる心得を20集めました。小さな努力と工夫で幸せな家庭を築くことは必ず出来ますのでお試しあれ!

幸せな家庭を築くには即実践すべき夫婦円満の秘訣二十か条

幸せな家庭を築くための20の心得

幸せな家庭を築くには、いくつかのコツや工夫が必要になります。「20個もあるの!」と思わないでくださいね。日頃もうやっていることも必ず入っているとおもうので、やっていなかったことや、すぐに取り入れられそうなものから少しずつ習慣化していくと、いつの間にか幸せな家庭を築けていることとおもいますよ。

即実践!簡単できる小さな努力と小さな工夫

実際にどんなことに気をつければ、幸せな家庭を築ける夫婦になっていけるのでしょうか?幸せな家庭を築くための20の心得を見ていきましょう!

幸せな家庭を築く秘訣1 朝は笑顔でおはよう&いってらっしゃい

前の日の夜、どんなにケンカしてしまっても朝は笑顔で挨拶。これは、多くの仲良し夫婦が実践している方法です。2人それぞれの意見があるので、言い合ったりケンカになったりすることもあるでしょう。ただし、それを朝まで持ち越してお互いが嫌な顔で家を出るようなことは“家族”としては百害あって一利なしなのです。

夫婦が向い合って朝食の挨拶

まだ言い足りないことがあれば、家に帰ってからでもいいのです。朝からブスッとしていては、1日中旦那さんや奥さんの嫌な面を考えて過ごすはめに。結果、仕事で失敗も増えてしまいイライラは募るばかり…。良い事なんてひとつもないのです。

朝の挨拶は大事!

すこしくらいムリをしてでも、朝は笑顔で過ごすと良いでしょう!

幸せな家庭を築く秘訣2 尊敬できる幸せな夫婦との交流

「尊敬できる夫婦」が身近にいる…これは夫婦にとってかけがえのないことです。幸せな家庭を築いている先輩夫婦の会話や接し方など、ハッピーな夫婦と接しているだけで自然と自分や旦那さんのマインドを変えていきます。

「あんな家庭を築きたい」と思える目標が目の前にあると、日々の小さな行動が変わってきます。迷ったら相談できる人もいてくれるので、間違った方向に行くことが減ります。

理想に近付きたい心理を活用

「こんな夫婦になりたい」という目標が身近にいる人は失敗することが少ない

幸せな家庭を築く秘訣3 愚痴の多い友達やママ友とは距離を置く

「家の旦那マジ最悪」「お姑さんウザいわ~」旦那さんや相手の家族の文句を言ってスッキリしたい気持ちは分かりますが、文句を言う人は文句を言い合って仲間意識を強くする傾向があります。

一緒になって文句を言っていると、旦那さんの悪い所を探してしまうようになってしまい、またグチトークにネタを持っていくという、悪いループになってしまうことに。旦那さんの悪口や生活の愚痴ばかりの人とは、できるだけ距離を取るようにしましょう。

もっと有意義な時間を過ごそう

愚痴を言い合う友達より、楽しいことや将来への目標、有益な情報交換をできる友人と大切な時間を過ごしましょう。

幸せな家庭を築く秘訣4 2人でお金の話をしてしっかり管理する

家計簿をつける主婦

“愛があればお金なんて”ということは絶対にありません。健全な愛や幸せな家庭を育むためにお金はとても重要です。大抵の夫婦は、奥さんがお金の管理をすることが多いと思いますが、できるだけ旦那さんと一緒に、夫婦のお金を把握し合うことが大切です。

どれだけ貯金がたまっている、生活費はいくらくらいになっているなど、2人で楽しみながらお金の話をできるようになるといいですね。一緒に家庭を築き、貯金が増えていく過程や使い道を考えるという作業を増やすと、お互いが家庭への愛着が強くなります。

貯金=2人が努力した証

「今月で貯金○○円達成したよ!」などと、お金の話をどんどん2人で楽しみましょう

幸せな家庭を築く秘訣5  “可愛く甘えて”旦那さんを動かす

「○○くらいやってよ!」「旦那さんならこれくらいするべきじゃない?」夫婦の会話で、良く聞かれがちなこのような言葉の数々…。このような否定的な言葉を奥さんから言われて気持ちよく「よし、やってあげよう!」と思う旦那さまは、かなり少数でしょう。

それよりも「○○ができないから手伝ってもらえる?」「ダーリンおねがい☆」などと、命令ではなく「お願い」に切り替えると、男性は嫌々であっても心の中では“頼られる喜び”を感じることができます。

いつまでも仲良し夫婦でいるために

「わたしは母親じゃないのに!」と言いたくないのであれば、自分から母親が言うような命令口調をしないように気を付けましょう。

幸せな家庭を築く秘訣6 ストレートな気持ちを伝える

「怒ってるの?」「別に…」こんなかの大物女優のようなセリフを吐いていませんか?怒っている時はストレートに怒っていることを伝えましょう。嬉しいときも「きっと分かってくれるだろう」と思わず「嬉しい!最高の旦那さんね!」と思っていることをきちんと言葉で伝えるようにしましょう。

あまり会わない友達には、遠回しな表現をして会話をしても仲が全く縮まりませんよね?そんなめったに会わない友達のように、旦那さんにも自分の気持ちをどんどん話すようにクセを付けておくと不要なトラブルやケンカが減ります。

「だろうトラブル」にご注意

夫婦間でよくある“分かってくれるだろう”“知ってるだろう”のだろうトラブル」気持ちをストレートに伝えれば、それらのトラブルが減って幸せな家庭になります。

幸せな家庭を築く秘訣7 相手の両親を大切にする

夫婦になると難しい問題が出てきます。旦那さんの両親との関係です。できればスルーしたい所ですが、なかなかそれもできません。そして何より、男性は自分の両親を大切にしてくれる女性を、大切にしようとする習性があります。旦那さんの両親と揉めてしまうと、心から幸せな家庭と言えない状況になってしまう可能性がグンと高まります。

色んな人がいるので、どんな人とでも仲良くするというのは難しいでしょう。ですから、適度に距離をとって、自分のストレスのない程度で円滑なお付き合いができる距離を把握するようにしましょう。そして、しっかり言葉で大切に思っているということを伝えるとOKです。

心得その7

相手のご両親は、自分の両親以上に大切に(している振りでもいいので)しましょう!

幸せな家庭を築く秘訣8 夫婦で協力して部屋をキレイに保つ

夫婦一緒に部屋を整理する

部屋がキレイだと、気持ちもスッキリとしてイライラしたり小さなことで揉め事になったりすることが減ります。とはいえ、掃除が苦手な旦那さんや面倒くさがりの人も多いでしょう。その場合は、掃除をさせようと思うとイライラしてしまうので「ごめーん、そこの机座ったままでいいから拭いてくれる?」などからスタートし、ジワジワと変えていくのが効果的です。

面倒に感じるかもしれませんが、生活習慣を変えるのは自分でも難しいと思いませんか?コレが相手のことともなると変えていくのはもっと大変!根気強く、1~2年先を見据えてジワジワと掃除上手な夫になってもらいましょう。

きれいなお部屋でこそ愛情は育まれる

2人で楽しみながら掃除した部屋には、良い“気”が充満します。運気も良くなるので、どんどんお部屋をキレイにしましょう。

幸せな家庭を築く秘訣9  “可愛い奥さん”であり続ける

可愛いというのは、ビジュアルだけではありません。女性は結婚すると、どんどん強くなります。「強さ」は必要な場合も多いのですが、男性から見ると可愛げなく見えてしまうものでもあります。ひとたびそうなると、外へ気持ちが向かってしまうことにもなりかねません。

女性がよくやってしまいがちなこととして、旦那さんに頼らず自分で何でもやっておいて後から「あなたって本当に何もしてくれないのね」と文句を言うことがあります。何もやってくれないのは、頼まなかったからですし、1人でやってしまったのも自分です。後で怒ってしまいそうなことなら、どんどん旦那さんに可愛く甘えてやってもらいましょう。そして後で感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。

愛され奥さんになろう

しっかり者の奥さんである前に、愛されるカワイイ奥さんであることの方が、男性が望んでいる場合が多いものですよ。

幸せな家庭を築く秘訣10 責めることはムダだと知る

例えば、バトミントンのチームが、仲間のミスを責めて険悪になってしまったら、その試合は負ける確率が上がるでしょう。夫婦にはチームワークが必要です。何かを競い合うライバルでもなければ敵でもありません。一緒に生きていくチームなのです。

チームならば、相手のミスはフォローしていくのが勝利する秘訣。励まし合って向上し合い強くなっていくものなのです。相手を責めずに励ますスタンスでいると、相手も必ず同じようにしてくれるようになります。足りない部分はフォローし合い、良いプレーは褒め合う。そうすることで降りかかってくるトラブルに負けない強い夫婦になっていくのです。そこに相手を責めるという無駄な時間はないはずですよ?

話し合いは建設的に

相手を責めたところで良くなることは何もありません。話し合いは大切ですが、相手のミスや失敗に対しては責めるだけでは問題解決にはなりません。

幸せな家庭を築く秘訣11 夢や目標を一緒に楽しむ

一緒に歩く夫婦

旦那さんの夢や目標に対して、頭ごなしに「NO!」という奥さまも多いようですが、結婚している以前にお互いが「自分の人生を生きている」ことを忘れてはいけません。結婚したら、「自分の人生=したいことや夢ができなくなってしまう」のは、とても窮屈なものではないでしょうか?旦那さんに夢や目標があれば、しっかりと聞いて応援し、一緒に楽しむのも素敵です。

また、結婚すると夢や目標がなくなってしまう女性もいますが、女性も「自分の人生を生きている」ことを忘れずにしたいですね。できる範囲でどんどんチャレンジすることは、夫婦関係以前に人として、女性として素敵です。

旦那様の一番の理解者はあなた!

お互いが現実可能な夢や目標を持ち、それに向かってパートナーから応援されて頑張れるという夫婦関係はとても素敵です。

幸せな家庭を築く秘訣12 相手のいい所にフォーカスする

夫婦間での絶対言ってはいけないタブーワードは「○○ちゃんの旦那さんはこうなのに…」という言葉。男性は人と比較されるのが大嫌いなので、相手も同じ目にあわせたいと思う人は少ないはず。ですが女性はつい他の人と比較して旦那さんに言ってしまう傾向があるようです。

物事には裏と表があり、どちらを見るかで物事に対する感情は変わります。友達の旦那さんは、奥さんをよく旅行に連れて行ってくれる良い旦那さんかもしれませんが、裏を返せば浪費家かもしれませんし、奥さんの都合を考えずに振り回すクセがある人かもしれませんよ?見方を少し変えるだけで、あなたの旦那さんは出不精であったとしても、1か月あたりのレジャー費はかなり浮いていて、結果的に家計に貢献していることに気付くかもしれません。

あなたの友達は旦那さんの良い面を紹介してくれましたが、いい面の裏には悪い面もあるということ知り、その上で自分の旦那さんの良い面をたくさん見るようにすると夫への不満や他人と比べてしまうクセは自然と減っていきます。

オンリーワンの素敵さをもっと褒めて

人の性格には必ず裏と表が存在するので、表をどんどん見て褒めて愛してあげましょう。

幸せな家庭を築く秘訣13 たくさん褒める

A美さん

私の旦那ってば本当に気が利かなくてイライラしちゃうわ!

B子さん

私の旦那さんはのんびり屋さんで一緒にいると気持ちが安らぐのよ

A美さんとB子さんの意見を聞いたときに、旦那さんではなくA美さん・B子さん本人への印象はどんな感じでしょうか?旦那さんの悪口を言っているA子さんを見て「素敵な女性ね」と思う人はないでしょう。なぜならA美さんは「気が利かないダメな旦那さん」をパートナーに選んだ女性だと自ら宣言してしまっているからです。

いっぽうで、旦那さんを褒めているB子さんに対しては、「素敵な旦那さん」だと男性を立ててあげられるステキなおくさまという印象を持つ人が大半でしょう。素敵な旦那さんなのだから、この女性も素敵に違いない。そう人は自然と判断します。友達でも家族でも、旦那さんを褒めれば褒めた分、自分の株も一緒に上がっていきます。どんどんノロケて褒めまくりましょう。

ステキな奥さまになるために

旦那さんを褒めただけ、自分も素敵な奥さんになれます。そして、自分を外で褒めてくれている奥さんを、旦那さんはとても大切にしてくれます。

幸せな家庭を築く秘訣14 自分の価値観を押し付けない

男性を殴る女性

離婚の理由で一番多いのが“価値観の違い”からくるもの。わたしたちは生きていく中で、自分なりの価値観ができていきます。環境によって“常識”も変わります。ですが自分のそれが旦那さんとぴったりと合うことなんてありえません。そしてそれは当然のことで、決して悪いことが起きているわけではありません。価値観は違って当然ということなのです。

離婚にまで至ってしまう原因の多くは、「価値観が違うから」ではなく価値観を押し付け合うことでお互いに無理が出てきてしまったから。生活の中で生じる小さな価値観の違いも「こういう価値観を持っているひとなんだな」と認識するだけでいいのです。「わたしはこう思うけど!」と怒るところではありません。小さな“自分枠”に囚われず、どんどん旦那さんの価値観も受け入れてみると、人間の幅も広がっていきますよ。

受け入れて楽しむことが夫婦円満のカギ

国や時代が違うだけで、価値観は全く変わってしまうものです。そんな曖昧な価値観に縛られて窮屈に生きるより、どんどん他人の価値観を楽しめるように工夫してみましょう。

幸せな家庭を築く秘訣15 小さな秘密を持つ

自分の気持ちはくすぶらせるよりも、どんどんパートナーに話した方がいいのですが、そこにほんの少しだけ秘密を持つことで、上手くいくこともあります。自分だけの趣味の世界を持ち、そこでのことはあまり話さないようにしたり、浮気にならない程度で素敵な男性にときめいたり。

あくまでも、自分の人生を楽しむことと夫婦円満のための秘密です。本当の隠し事ができると、毎日がストレスになってしまいます。全く問題ないようなことでも、少し隠しておくことで、夫婦のマンネリを防ぐことができます。

全てをさらけ出す必要はない

相手のことはすべて分かったという意識から、マンネリが始まっていきます。たまに旦那さんをハッとさせる秘密を持っておくことは夫婦円満につながります。

幸せな家庭を築く秘訣16 相手を喜ばせることを楽しむ

自分が幸せになりたいなら、自分の周囲の人を喜ばせることが1番。夫婦も相手を喜ばせることで、確実に自分の幸せを実感できるようになります。毎日のご飯にも、旦那さんの喜ぶようなひと工夫をしてみたり、マッサージをして相手を癒し、幸せを実感してもらったり。たまにはサプライズで驚かせるのもいいですね。

“してあげている”とも思える行為であっても実際には自分の幸せにつながっていくことなので“させてもらっている”と思ってもいいほどです。一人ぼっちなら、誰かに何かをしてあげることもできないので、そんな気持ちを忘れず毎日を楽しく過ごしたいですね。

嬉しいことが2人ぶんになる!

相手の笑顔のためにしたことは、必ず夫婦二人の幸せとして返ってくるのです

幸せな家庭を築く秘訣17 言いなりにならない

旦那さんに相談して、意見を聞いて素直に取り入れる。大切なことですが、納得いかないことにはしっかりと自分の意見を伝えて、言いなりにはならないようにしましょう。言いなりになっていた方が楽だとその時は思うかもしれませんが、小さな妥協も積み重なっていくとストレスのもとになっていきます。

自分らしさがなくなってしまったり、窮屈な毎日になってしまったりする場合もあるので、相手の意見を受け入れつつも、言いなりにだけはならないようにしましょう。もし、そこでケンカになったとしても、長い目で見ると愛される奥さんでいられるのです。

自分の意見を正直に話すことも大事

自分らしさを失ってしまうような意見に対しては、しっかりとNOを言える夫婦関係を築いていきましょう。

幸せな家庭を築く秘訣18 自分の人生を大切にする

穴から外を見る女性

女性は結婚すると自分の人生を二の次にして、家族のことばかり考えるようになってしまうもの。それはとても素晴らしいことなのですが、自分の人生を大切にしてこそ、周囲の人も大切にできるということも忘れないでいてくださいね☆

まずは自分を大切にする

自分を大切にする人ほど自然と周囲の人も大切にします。それが夫婦円満で幸せな家庭につながっていきます。

幸せな家庭を築く秘訣19 結婚記念日は盛大に祝う

結婚生活が長くなってくると、結婚記念日や誕生日が簡単になったり、義務的になってしまうことも多々あります。しかし、記念日を楽しみ盛大に祝うようにすることで、夫婦円満になり楽しく幸せな家庭を築くことができます。

記念日には、必ず旅行や食事に行くようにしたり、イベント化して盛大にお祝いすることで、夫婦になった喜びや家族で楽しむ幸せを実感できます。

結婚記念日をイベントに組み込む!

面倒でも忙しくても、「クリスマス」や「お正月」のような我が家のビッグイベントだと認識することで家族の絆となる想い出がたくさん残せますよ!

幸せな家庭を築く秘訣20 感謝の気持ちをきちんと伝える

男性の頬にキスする女性

ラストはこれ、感謝の気持ちをきちんと言葉にして伝えることです。本当はこれだけでも十分というほど幸せな家庭を築いていくのに重要なものです。なぜなら、家族への感謝の気持ちがあれば、さきほどご紹介した19の心得は自然とできてしまうからです。そして心の中で感謝しているだけでは伝わらないこともあるので、感謝の気持ちはしっかりと声に出して家族に伝えてあげましょうね。

旦那さんだけでなく、子供や両親、旦那さんの家族にもどんどん「ありがとう」の気持ちを伝えることで、みんなから協力してもらえる幸せな家庭を築いていけるはず。感謝の気持ちさえあれば、何より自分自身が毎日満たされた気持ちで幸せな結婚生活を過ごせます。

大事なのかは「ありがとう」をつたえること

全ての人や環境に感謝して、それを相手にしっかり伝えることで幸せになれる。

幸せな家庭を築くには夫婦円満をキープして

こうして見ておくと、幸せな家庭を築くには夫婦円満であることは必須です。夫婦が仲良しであることで、子供や周囲も幸せな空気を感じ関わってくれるでしょう。そして、その夫婦円満は感謝の気持ちと、自分らしさを忘れず大切にすることで得られます。家族にも頑張っている自分にも、たくさん感謝して過ごしていきたいですね。

幸せな家庭を築くには、結婚への判断も重要!結婚で後悔しない方法を読んで、失敗のない結婚をしましょう。

メニュー閉じる