結婚後にもれなく後悔する男5タイプ【要注意】結婚NG男

結婚したくない男の特徴を紹介します!マザコン、浪費家、暴力夫、浮気グセ、自己中など、一緒になったら絶対後悔する男のタイプはコレだ!幸せな暮らしを掴むために、彼の本性を見分けるにはどうすればいいのでしょうか?

結婚後にもれなく後悔する男5タイプ【要注意】結婚NG男

要注意!結婚したくない男の5タイプを見抜け!

結婚。それは、幸せの絶頂であり人生のなかでも大切な一大イベントでもあります。…けれど、世の中には女性たちが結婚に抱く夢や理想を感じ取ることなく、幸せな結婚生活さえもぶち壊しかねない、とんでもない男性たちがいるものなのです。

そんなやつと結婚してしまったら要らぬ苦労をするかもしれない…。てか、幸せな結婚ってそりゃあ相手にもよるわいな!ってことで、「結婚したくない男」の代表タイプ5つをご紹介したいと思います。今自分の周りにいる男性、ちょっと良いなと思っているあの人、結婚を考えている彼氏…この5タイプに当てはまってはいませんか?是非参考にしてみてください。

1 マザコンタイプ

自分の親を大切にするということはとても大切なことです。しかし度が過ぎてしまうと、あなたの存在よりも母親が絶対となり、時には母親の意見ひとつで家庭が滅茶苦茶になる…といった可能性もあります。

そんなマザコンタイプに多い特徴としては

マザコン男急増!

  • 母親と世の中の全ての女性(あなたを含む)を比較する発言が多い
  • 母親からの連絡が頻繁にあり、時間、場所問わずに必ず受けている
     (しかも、電車の中などで状況を注意しても「母親からだから!」と不機嫌になる)
  • 物事を自分で決められないうえに「決めて」と甘えてくる
  • 自分の意見が通らないとすぐにフテくされる

…といったような兆候が見られると言われています。

基本的にマザコンタイプの男性は何でも母親頼りになっている場合が多く、自分というものを確立していないのかもしれません。最近は、母親を大切にする男性も増えているのだとか…。あまりに自立心が無い言動が多い場合には、要注意です。マザコン男性の一部には結婚後に「妻コン」に移行する人もいるとかいないとかいう話もありましたが、その辺の真相は闇の中のようです…。

2 暴力タイプ

結婚する前に分かっていればNo.1でもあるにもかかわらず、付き合っているときは見抜くことが難しいのが相手の暴力的な面です。付き合っているときは相手に知られていなかった一面は誰もが持っているもの。言うなれば、結婚してから一番近く、長い時間一緒にいる結婚相手が「付き合っているときはそうではなかったのに!」と思う部分は、彼もあなたも持っていると言えるのです。

相手が暴力男の場合もまた然り、しかも付き合っている段階ではその本性があらわになることがなかった…というケースは圧倒的に多く、さらに結婚後にその矛先が相手の女性に向いてしまう可能性が高く非常に危険と言えます。

暴力タイプに多い特徴としては

家庭内でも暴力は犯罪です

  • 過去に家族(主に父親)が、家庭内暴力を振るっていたことがある
  • 一般常識的なルール(交通、順番待ちなど)が守れないor守る気配がない
  • DVなどの話題に対して「男が手を出すのもしょうがない」等、擁護する発言がある
  • 短気で怒りの沸点が低いか曖昧。いきなり大声を出したり物にあたることもある

…といったような兆候が見られると言われています。

自分より弱いものに力を振るわないというのは、人間の一番肝心な理性であると言えます。
また、一般常識を守れない、怒りの感情をコントロール出来ない傾向の人は、暴力に走ってしまう可能性が高いので要注意です。ただし、過去に家族から受けた暴力などが引き継がれてしまう場合もあるので、結婚前には彼の家族構成や過去を把握することも、毛混相手の本性を見抜くうえで大切なポイントになるでしょう。

3 浪費タイプ

浪費タイプは普段の生活傾向を見ていると、見抜きやすい特徴ではありますが、なかなか改善が難しいものです。「自分で稼いだお金だし好きなことへの浪費なら良いのではないか…」と甘く考えていると、結婚後金銭面で常に苦労する可能性があります。

浪費タイプに多い特徴としては

お前の金遣いの荒さはどうかしてる!

  • 限定品や最新型の商品を常に気にして、最速で購入しようとする
  • 人からの評価を異様に気にする
  • 「勿体無い」の精神が一切無く、光熱費等を一切気にしない
  • ネット依存の傾向がある(ゲームや買い物など)

…といったような兆候が見られると言われています。

浪費タイプを見抜くには、現在の貯金額を提示して貰うなどの手があるので判断が幾分楽であると言えますが、隠れ借金の可能性もあるので油断は禁物。また、結婚後自由にお金が使えないことをストレスに感じると、それも結婚生活に何らかの影響を与える要因になるケースもあります。浪費癖の兆候が現れている彼に対しては、金銭感覚の面でしっかりとしたアドバイスをしてあげることが大切です。

4 浮気タイプ

浮気は通常の付き合いでも、上手くやられてしまえば見抜くことが難しいことも少なくありません。だからこそ一緒に家庭を持つ前には、必ず浮気癖の傾向があるかどうかを確認しておきたいところですよね。

浮気タイプに多い特徴としては

浮気な男はおしゃれさんが多い

  • マメな正確で、ノリなども女性ウケが良い
  • オシャレや身だしなみに、過度にこだわる
  • 金銭的にかなりの余裕がある
  • 若い女性にやたらと優しいまたは女性への興味が強い

…といったような兆候が見られると言われています。

浮気は基本的に「余裕」の隙間に入り込むものだとも言われています。今ある幸せ以上の刺激を常に求める人、安定する状況に飽きやすい人などにも注意が必要です。

5 自己中タイプ

結婚する前は尽くしてくれているのに、結婚後に急に王様態度になり、自己中心的な言動ばかりを繰り返す。このタイプも、一緒に暮らしてみるまで見抜くことが難しい事例のひとつであると言えるでしょう。

自己中タイプに多い特徴としては

  • 女性は家庭を守る(外に出ない)という意識が強くある
  • 「大丈夫大丈夫」など、悩みを相談しても話を聞いていない時がある
  • 大切なことを中々決めない。「任せるよ」等、面倒だというような態度を取る時がある
  • 「自分はこうだ」「自分だって◯◯している」等、自分の主張を強く示す

…といったような兆候が見られると言われています。

自己中タイプはいかに自分の考えで世界が動くかを一番に重視しています。その為、あなたの考え等は一切関係なく、彼からしてみれば受け入れる価値の無いものとなってしまうのです。自分の主張が許されない結婚生活は、苦痛以外の何ものでもありません。一見頼れる彼に見えても、普段から自己主張の強いところがあるのなら、その言動を注意深く観察することが大切です。

結婚前に見抜きたい男の本性

幸せな結婚は誰もが望むもの。だけど、結婚してから「こんなはずじゃなかった」と苦労する女性は後を絶ちません。幸せな結婚を望むのであれば、もちろん自分の努力も大切ですが結婚前にどれだけ結婚相手を正確に把握できるか、が明暗を分けるのではないでしょうか?

素敵な結婚相手、幸せな結婚生活を手に入れるためにも、「結婚したくない男」の兆候を結婚してしまう前に探し出すべく男性の言動等を今一度注意深く見つめなおしてみましょう。

その他の診断項目4つ
「その結婚、後悔しない?」

生まれた親が違えば育った環境も見てきた景色も全部違う、そんな彼とこれから家族になろうとしているあなた。幸せいっぱいの反面、不安もぐるぐると渦巻いたりしているのではないでしょうか。

そんなあなたの不安を解消できる、4つの「常識」ポイントを彼とすり合わせてみて、結婚してから「こんなはずじゃなかった!」なんてことを、今のうちからひとつでも減らしてしまいましょう。

ポイント1 食事

食事

付き合っている時にはあまり気にする機会のない、相手の食事の時間や回数、量やその中身。

そもそも食事は家族で同じものを食べる?毎食必ず一緒に食べる?という基本的な確認からしておくことが必要でしょう。結婚してから「え?朝は当然ご飯に焼き魚に味噌汁だよね?用意できてないの?」なんて言われてびっくりしないためにも、食生活についての意識のすり合わせはとても重要です。

結婚して後悔する夫婦の会話例

大家族育ち妻

(大きいサラダをドンっ)。はいサラダね

ひとりっこ夫

え?こんな大きいの食べれないよ

大家族育ち妻

(大きい皿の回鍋肉をドンっ)。これホイコーローね

ひとりっこ夫

え?ひとりずつお皿にわけて配られるシステムじゃないの?

大家族育ち妻

ちがうよ、たくさん盛って真ん中にドンっ!だよ

ひとりっこ夫

ぇーーーーー。

ひとりっこ夫

これって、最初にたくさんとればいいの?それとも3口分くらいずつそのつどそのつどで分けてとればいいの??とるお箸はこれでいいの?箸逆さまにする?トングとってきたほうがいい?

大家族育ち妻

…いいからだまって食え!

ひとりっこ夫

はい。。

ポイント2 旅行

旅行

旅行の頻度は、家庭によって大きな差がある意外なポイント。
年に1回は必ず海外に行きますという家もあれば、旅行なんて数年に1度、国内の温泉にでも行ってゆっくりできれば十分ですという家もあります。

直接形には残らないけど思い出に残るものにお金を使いたい派か、いつでも手に取って見たり使えたりする実際の物にお金を使いたい派かがわかるポイントのひとつでもあるため、チェックしておくと幅広い物事の参考になるでしょう。

結婚して後悔する夫婦の会話例

ボンボン夫

今、飛行機予約した。

貧乏育ち妻

ん?なんの?出張?

ボンボン夫

え?正月旅行。

貧乏育ち妻

なにそのイベント(笑)

ボンボン夫

ハワイ

貧乏育ち妻

はぁ??

ボンボン夫

えぇーーーーー。正月は行くでしょハワイ!

貧乏育ち妻

…行かねえよ!キャンセルしてこい!

ボンボン夫

はい。。

ポイント3 子ども

子ども

夫婦になったからと言って、子どもをつくるかどうかはまた別の話。
あなたは子どもが欲しいのに、彼にはまったくそんな気がなかった―――なんて、結婚してから知るとなおさらショックが大きいでしょう。

授かりものゆえに結婚前に話し合った通りにいくとは限らないのが現実ですが、子どもはつくるのか、つくるとしたら何人?など、最低限の意識は合わせておきましょう。

結婚して後悔する夫婦の会話例

野球好き夫

一人目の名前はイチローでいいよね?

うーん、まあイチローはかっこいいよね。

野球好き夫

二人目は送りバントできなきゃだから川相。川相はたしか昌弘だな。

なんで次男は送りバント前提の人生なのさ!川相てしぶすぎ!

野球好き夫

三人目は意表をついて坂本勇人だな。勇人だ。

あー、あの若くてイケメンのね。次男はいいの?川相でいいの?

野球好き夫

四人目はチームの主砲だから、クロマティ。

はぁ??

野球好き夫

9人目まで聞きたい?

…聞かないよ!ぜったい女の子うむ!

野球好き夫

はい。。(女の子も考えとこ。女子野球で。)

ポイント4 お財布

お財布

結婚したらどちらが家計を管理するのか、貯金はするのか、するとしたら毎月どれくらいしていくのか、そういった家庭のお財布の話も結婚前にしておいたほうが平和かもしれません。
共働きなら、お互いに毎月決まった額をひとつの口座に振り込んで、そこから生活費を出していくというスタイルをとっている夫婦も最近では増えてきているようです。

結婚して後悔する夫婦の会話例

ボンボン夫

これ買う、あ、これも買う、あ、これも

貧乏育ち妻

ちょっと、なに値札みないで買う宣言してるのさ

ボンボン夫

え?値札って何?

貧乏育ち妻

いや、ここにあるでしょ、これ、え?3万?ムリムリムリムリ

ボンボン夫

えぇーーーーー。服くらい好きなもの着させてよ!

貧乏育ち妻

…ただいま無職の男にそんなもの着させないよ!財布は私が持ってるんだからね!

ボンボン夫

はい。。

育った環境が違えば「常識」も違う

結婚生活とは、いわばその常識のぶつかり合い。
とても似た環境で育った2人であれば、そうそうぶつかることもないかもしれませんが、それでも人には個性というものがあります。

育った環境が違えば「常識」も違う二人

物の考え方はひとりひとり、違って当然です。
突然発覚すると混乱してついネガティブな感情になってしまうことも、事前に心づもりができていればきっと楽しんで迎えられるはず。

彼の「常識」とあなたの「常識」の譲り合えるポイントを、ぜひ探ってみてください。

メニュー閉じる