嫉妬しない方法まとめ嫉妬心を調整し穏やか彼女になるには

彼氏彼女の関係になると、つい他の異性への嫉妬心にかられてしまう人がいます。なにもこれは、ただ嫉妬深いだけじゃないんです。中には自分に自信がないという人もたくさんいることでしょう。その嫉妬している自分をどうコントロールするかを考えましょう。

嫉妬しない方法まとめ嫉妬心を調整し穏やか彼女になるには

嫉妬心がメラメラ燃えちゃう自分がもどかしい

友達でも恋人でも自分以外の人と親しくしているところを見かけてしまって、イラッと嫉妬を感じてしまう人は、意外と多いものです。嫉妬深い女性は、男性にとってはとても付き合いにくいタイプですし、同性の友達でも嫉妬深い女性は煙たがれます。自分がやきもち焼きだという自覚が少しでもあるのであれば、その嫉妬心をほぐすためにはどうしたら良いのでしょうか?

その1 友達にも嫉妬してしまう

世の中には、異性のみならず同性の友達にも嫉妬心をもやしてしまう人がいます。こういう女性は同性だから異性だからということではなく、自分中心に物事が回っていることを一番に望んでいるタイプが多いです。自分と仲良くしているときが一番楽しいはず!と疑ったことがないのです。だからこそ、自分以外の人と自分の知らない場所で楽しそうにされるのが嫌だと感じてしまうわけです。同性に対する嫉妬について詳しく知りたいあなたは、下のコラムが参考になりますよ。

その2 嫉妬深い女は嫌がられる

男性が付き合う女性で最も嫌だと思うタイプは、嫉妬深い女であると言われています。同性から見てもちょっと引いてしまうような嫉妬深さを持つ女性は、好きな男性が自分以外の女性と挨拶を交わすのでさえ嫌がるといいます。でも、これはとても極端な話です。
実際に自分のまわりにそこまで嫉妬深い女性がいるかどうかを考えて見て下さい。すぐに思い浮かべられるほどいますか?きっといないと答える人が多いことでしょう。

彼氏の匂いをかぐ女性

では、男性が嫌がるような嫉妬深い女性の特徴とはどのようなものなのでしょうか。また自分自身が、「もしかして私って嫉妬深い女なのかな?」と思うほどのヤキモチを焼くタイプだと自覚しているのであれば、「束縛度診断」をしてみるのもいいかもしれません。隠れたあなたの嫉妬心が見えて、今のうちに対処すれば最悪の事態は逃れられるかも?!

その3 男が嫉妬深い場合

今までは女性が男性にする嫉妬の話でしたが、次は男性が女性に嫉妬するお話です。
正直な話、ストーカー化するほど重傷なものでさえなければ、女性は男性の嫉妬に対して嬉しさを感じるものです。なぜなら男性は基本的に自分の気持ちをあまり素直に表現しません。「好きだよ」「愛してる」なんて言葉を軽々しくささやく男ほど信用ならないと、女性は考えているものです。だからこそ、少しヤキモチを焼いてくれるぐらいの男性のほうが、女性は自分が愛されていると感じるものなのです。

とはいえ、ヤキモチばかり焼く彼氏もちょっと疲れます。しかし男性の嫉妬は、女性からしてみれば分かりやすいものです。コツさえ掴めばうまく彼氏との関係を保てるもの。彼の嫉妬心をコントロールする方法が知りたいと思ったら、下のコラムを読んでみましょう。

その4 少しは彼氏に嫉妬して欲しい!

この世には、嫉妬されて悩んでいる人ばかりではありません。その逆の、嫉妬されなさすぎて悩む人だっているんです。いませんか?あなたのまわりに、どんなに異性と仲良くしていても全く怒らない彼氏や彼女。先ほども述べましたが、人というのは面倒くさい生きものです。嫉妬されすぎても嫌だし、嫉妬されなさすぎても物足りなく感じるものなのです。

彼氏の隣で電話する女性

嫉妬するかしないかで、愛情の大きさを測ることはバカげていると感じるかもしれません。でも、本人たちにとってはそれも愛情表現の一つだと判断しているのです。だからこそ、どんなに異性の友達と仲良くしていても彼氏が全くの無反応だと、女性は不安を覚えます。「もしかして、私って愛されていないの?別の男性の友達と仲良くしていても構わないの?」と…。そう、面倒くさいことに、少しは彼氏に嫉妬して欲しいんです!では、恋のスパイス程度に、彼氏にヤキモチを焼かせる方法とは?

その5 社内恋愛は嫉妬の山?

社内恋愛をしていると、彼氏彼女ともども嫉妬心が煽られてしまうような場面にたくさん遭遇することでしょう。同じ会社内にいるからこそ、別に見えなくても良いところまで見えてしまう。

もちろん、嫉妬するほうだって一緒です。見たいわけじゃないのに、つい目にしてしまって嫌な気持ちになることがある。嫉妬なんてしたくないのに、嫉妬してしまう自分が嫌になってしまうことだってあるでしょう。そんな社内恋愛での嫉妬を職場恋愛のスリルにかえることで、二人の仲をより良く保つ方法をご紹介しましょう。

その6 嫉妬をしない女になるために

口元に指を立てて戒める女性

女性に嫉妬されるのは嫌だと男性が思うように、嫉妬している女性もそんな自分にうんざりすることがあります。もっと自分に余裕を持って誰よりも愛される女性でいたいと、本人だって思っているんです。そんな愛される女性になるためには、やきもちを焼かないようにしなくてはいけないと自覚しています。だからこそ、嫉妬に頭を悩ませている女性はどうしたら嫉妬をしない彼女になれるかと考えています。気になったあなたは下の記事をチェック!

付き合いが長いカップルはどうして、関係を長続きさせられるのでしょうか。女性だって束縛をされると息苦しく感じられますよね。それは男性だって同じです。束縛されてしまうと、どんなに好きな女性でもうんざりしてしまいます。そうならないためにも、束縛しない彼女になるにはどうしたら良いでしょうか。

その7 幸せな人に嫉妬するとき

ノートパソコンに向かってハンマーを振り上げる女性

ほとんどの人がSNSを活用するというこの時代。正直リア充な人の投稿ほど、嫉妬にかられるものはありません。ぼっちな自分と、恋人とラブラブな友人たち。SNSだと見ず知らずの人の日常まで垣間見てしまい、自分と比較してさらに落ち込むなんてことも日常茶飯事です。そんなリア充投稿をスルーする方法が知りたい人は、下のコラムを読みましょう。

嫉妬してもされても疲れるもの

男性だって女性だって、同じように嫉妬をします。また、嫉妬をされている側はその愛の重さに疲れるものですが、嫉妬している側だって実はかなり疲れているものなんです。
「じゃあ嫉妬なんてしなければいいじゃん!」と思うかもしれませんが、それは本人だって重々わかっていること。でも、彼のことが大好きで大好きで、それゆえ気持ちのコントロールがうまく出来ないんです。自分の気持ちに嘘がつけなくて、自分に自信がなくて、つい嫉妬という表現を選んでしまっているだけです。

とはいえ、彼氏の行動全てに嫉妬をしていたらそれこそ、彼氏の心が離れていってしまいます。嫉妬せずに長続きするカップルってどうしてずっと仲良くしていられるのでしょうか?気になるあなたには、長続きするカップルの特徴まとめを併せて読むといいかもしれませんね。