男が「LINEウザいめんどくさい」と思っている女のLINE10個

LINEめんどくさいと思われている女性の特徴を紹介します。アナタは、気になる彼にこんなラインをしていませんか?文字では笑っている彼でも、画面の向こうではイライラしているかもしれません。

男が「LINEウザいめんどくさい」と思っている女のLINE10個

実は「めんどくさい早く寝たい」と思われている女のLINE

手軽さが人気のLINE。彼氏や友達とトークするのも楽しいですよね。しかし男性に言わせると、彼女からのLINEを「めんどくさい」と感じてしまうこともあるようです。それがどんなときで、その内容はどんなものなのか紹介します。彼氏から「めんどくさい」と思われることがないよう、これを参考に注意しましょう!

その1 既読スルーを責められたとき!

既読スルーにいちいち目くじらを立てない思いやりを持ちましょう

トーク投げて、既読ついていつまでたってもひとことも返信が来ない…。つい、「今何してるんだろ?スマホ持ってるんでしょ?返せないほど忙しいんですか?」と不満が募っていく気持ちは分かります。

しかし、あなたも一度くらいは既読スルーの経験があるのではないでしょうか。既読スルーなんてひどい!と相手を責める前に、相手の立場を考えてあげることも大切。「仕方がないときもある」と割り切り、ご丁寧にいちいちそんなことでイライラしないのが身のためです。

男のキモチ

  •  「既読」は読んで「OK!」というメッセージ。
  •  返信して伝えることが無いから返信しない。

その2 既読スルーされる!

一瞬、「え?」と思っちゃいますよね。実は、LINEメッセージの「既読無視」を嫌うのは女性ばかりではありません。ウェットな男性には、「既読無視されるのは嫌!」というひとは少なくないのです。

男のキモチ

  •  既読がつくのわかってんいるんだから、返信できないくらい忙しいなら既読つけるな。
  •  トーク来てすぐに返したのに既読つかないって理解できない。

その3 内容がどうでもいい!

どうでもいいLINEのメッセージに返信しようがない男性

メールがそうであるように、LINEも基本的に「要件がなければしたくない」と考える男性は多いようです。それに対し、女性はメールやLINEが好きというひとが多いので、時間があれば何となくLINEを使うことも多いもの。いいえ、むしろ男性・女性の違いというよりは、プライベートな時間を独りで過ごしたいか誰かと過ごしたいかの違い、そこがすれ違いを生み出している大きな原因

四六時中誰かとつながっていることをめんどうに感じる人には、「おはよう」とか「今からご飯だよ~」など状況報告のようなものを送るのは、避けた方がいいでしょう。

男のキモチ

  •  えー。めんどくさい通り越して、なんか気持ち悪くなりそう…。

その4 空気読んで!

離れているときも彼がそばにいるような感覚になるLINE。あなたはLINEで楽しくやりとりをしているつもりでも、延々と続くそれに男性は「もういい加減終わってくれ!」と思っているときもあるようです。

そんなときは相手の男性も「そろそろ終わりにしようよ」というサインを出しているはず。一概には言えませんが“眠い・ご飯・お風呂”などのフレーズが出てきたら空気を察して、淋しくても終わりにしてやってください。

男のキモチ

  •  もう寝たいのに…(迷惑)
  •  その内容で既読スルーを怒るほうが間違っていると思う。

その5 疑問文オンリーのとき!

子供じゃないんだからあれこれ聞いて来ないでくれる?

いちいち疑問文に仕立て上げてメッセージを返してくるだなんて、男性にとっては面倒なLINEがウザくなる瞬間と言えるでしょう。「文字数より?マークの数のほうが多いのではないか?」と、つい?の数を数えたくなるトークに仕上げる人もいるのだそう…。

質問メッセージは、好きな彼とのトークを続けるための作戦!ではありますが、乱用するともれなく「好感を持てるLINEやメール」からはかけ離れてしまうので気を付けましょう。

男のキモチ

  •  全ての?に答えなければならんのかい。無理!
  •  聞くな!

その6 時間や都合を考えてくれない!

これは、例えば仕事中や真夜中などにLINEでメッセージが来ると、「そこまで気遣いできない女だったか。今はムリだろ!あ~めんどくさい」と思われてしまうのは仕方がないこと。かまってほしいならかまってほしいなりに、相手がかまってくれる時間を見計らうのがイイ女のすること。彼の時間や都合をよくリサーチ&考慮して、既読返信しやすい時間に送る気遣いが必要です。気をつけましょう!

男のキモチ

  •  やめて。地震速報かと思った。(@am4:00)

その7 なぜそんなにネガティブ?

LINEだけに限らずネガティブな愚痴が苦手な男性も多い

仕事で嫌なことや納得できないことがあると、つい彼氏や好きな人に愚痴を聞いて欲しいと思うことありますよね。ひとことくらいなら愚痴をこぼすことがあってもいいのかも知れませんが、あまりにもネガティブで何を言っても浮上してこないようなLINEが続くと、男としてはたまったものではありません。

愚痴るだけなら女友達に聞いてもらうようにする彼へは愚痴ではなく、相談役という立ち位置を与えその中身も「彼が解決できること」だけにしておきましょう。

男のキモチ

  •  僕はどうすりゃいいんですか?
  •  愚痴は聞きたくないそんなLINEは見たくもない。

その8 長~い長文トーク!

基本的にLINEでは、メールよりも短いメッセージのやり取りが主流で、チャットよりもっと会話に近い気軽さや使いやすさもいいところ。相手が好きな人や彼氏だと、伝えたいことも多くなって、つい長文トークになってしまうこともあるかもしれません。

残念ながらその長文が「めんどくさい」と思われる原因になることも。長文トークは2個以上にならないように注意しましょう。

男のキモチ

  •  えー。電話にしてー?

その9 やりとりが微妙にかみ合わない!

LINEのやりとりのテンポにずれが生じてくるとトークがめんどくさくなる原因に!

相手と自分のトークが時系列に並んでいくLINE。また、ひとこと、ふたことでのやりとりも多いため、トークにはテンポも必要な要素と言えるのかもしれません。だから、少し考えて返信を躊躇してしまうとやり取りにズレが生じてくるのです。

会話に近いのに、表情が見えないからこそズレが生じるLINEトークのテンポ。全ての返信をテンポよく…なんてなかなかできない!という場合は、まずは「ちょっと待ってね」と返してみては?

その10 毎日のやりとり!

「要件がなければLINEしない」という男性のなかには、大した用事もないのに湯水のようにLINEに時間を費やしたくないと考える彼らにとっては、毎日毎日LINEでにゃんにゃん絡まれるだなんて迷惑以外の何物でもありません。

好きな彼とはいつも一緒にいたい、離れていてもつながっていたい!という気持ちも理解できますが…。特に、既に彼女の立ち位置にある女性ならばその辺をわきまえてあげるべきかも。譲るべき部分は譲り、LINE頻度は下げて対応するのがイイ女のすることです。

男がLINEをめんどくさいと思う原因はアンバランスな価値観

LINEを強要するのはコミュニケーションを過剰に求めすぎているのかも?

男性が彼女とのLINEを「めんどくさい」と感じてしまうのは、コミュニケーションへの考え方の違いが大きな原因なのかも知れません。あなたはコミュニケーションツールを活用して彼ともっと仲良くなりたい!と思っていても、相手の男性にとってはメールに変わる連絡ツールだったとするなら、頻度の激しいLINEはうるさがられて仕方ないのかも。

そこを理解してお互い譲り合い歩み寄ることができれば、LINEも恋愛も今以上に楽しくなるかも知れませんね!

メニュー閉じる