キス顔をかわいくプロデュースする秘伝のブサイク顔防止策

自分のキス顔は見る機会がないので、ブサイクじゃないか不安になりませんか?もし彼氏に「いつもはかわいいんだけどなぁ」なんて思われてたら大ショック!今回は彼氏がときめくようなキス顔を作るコツをご紹介します。

キス顔をかわいくプロデュースする秘伝のブサイク顔防止策

可愛いキス顔の作り方…ブサイク顔じゃ彼氏も興醒め!?

彼氏とキスする時、自分がどんなキス顔になっているか気になったことはありませんか? 普通に生活していて自分のキス顔に出くわすことはまずないですから、「言われてみれば…」とちょっぴり不安になった人もきっと多いはず!「彼女のことすっごい好きなんだけど、キス顔だけはブサイクなんだよなぁ…」なんてもし万が一彼氏に思われていたらと想像しただけで冷や汗が出てきちゃいますよね。

そこで今回は、彼氏が思わず胸キュンしちゃうような可愛いキス顔を作るために、覚えておくと役立つコツをたっぷりご紹介♪ 逆に彼氏のキス顔がイマイチな時の対策や彼氏がなかなかキスしてくれない時の対処法などもあわせてご紹介していくので、最後までじっくりチェックしてみてくださいね!

まずは自分のキス顔をセルフチェック!

おそらくほとんどの方が、生まれてこのかた自分のキス顔を見たことのない方ばかりなのではないかと思います。自分のキス顔なんて特に見たくもないわ!という感じかもしれませんが、キス顔研究を始めるからにはまず今のキス顔がどんな顔になっているのか、セルフチェックしてみませんか?

自分のキス顔を自撮りする女性

スマホカメラで自撮りして確認!

一番手っ取り早いのは鏡の前でいつものキス顔を作ってみることですが、鏡を使うとどうしても薄目を開けてみないと自分の顔を確認できませんよね。それだと厳密にいつも通りのキス顔ではないので、おすすめはキス顔を作ったらスマホのカメラでパシャッと自撮りしてキス顔写真を作成してみること。これでいつでもキスする時の彼氏の視点を疑似体験することができます!

コツ1 唇は「す」の形で

キス顔といえば一番の注目ポイントはやっぱり口。どんな口の形でスタンバイしておけばいいの?なんて考えれば考えるほどよく分かんなくなってきて、まるでタコのような口元にたどり着いてしまった人もいるかもしれませんが、さすがにそれはやりすぎです。かと言って特に唇を動かすことなく、真顔と変わらない口の形ではあまりキス顔という感じがしないですよね。キス顔感がないと、彼氏も「あれ?今キスして良いのかな」と若干戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

唇を「す」の発声のときの形に

そこでちょうど良いのは、普段何かを喋るときに「す」と発音する時の口で唇をキープしておくこと。「す」だと結構タコに近くない?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。イメージ的にはそうなのですが、実際ナチュラルに「す」と言う時の口は案外そこまで唇を突き出しているわけではありません。このナチュラルな「す」くらいの唇が、控えめで上品、でもキスを誘っている感じで男心をくすぐるのです。

コツ2 リラックスして口角を上げるのも◎

「す」の加減がよく分からない!やっぱりタコになってしまうような気がして不安!という方は、無理に唇をすぼめる必要はありません。彼氏の顔の高さに合わせて少し上向き加減に、唇を横に閉じたままで軽く口角を上げるのもリラックス感のある可愛いキス顔に見えます。目はもちろんしっかり閉じておいてくださいね!

ポイントは彼氏の方に少し身を乗り出してあげることで、そうすることで彼氏も「今だ!」とテンションが上がります。男性に一番人気なのはキス顔しながらの背伸びで、「そんなことされたらもう何百回でもキスしたくなる!」と彼氏の中では可愛さ爆発です。デートの別れ際など、お互い立っている時にキスできそうなタイミングがあれば、ぜひ試してみてください

コツ3 薄目を開けない

可愛いキス顔に薄目は厳禁。彼氏がいざキスしようとして顔を近付けても、彼女が薄目を開けていたら「(…見てる!!)」と思わず引いてしまいます。ギクッとした拍子にもうすっかりキスする気が失せてしまうこともあるかもしれません。そんなことになったら悲しいですよね。

片目を少し開けて見る女性

それだけでなく、薄目の状態ではどうしてもまつ毛がピクピクしてしまったり、一瞬白目に見えてしまったり、とにかく“可愛い”からは程遠い表情にしかなりません。いつ彼氏からキスされるか気になる気持ちはよく分かります。でもここはグッとこらえて、目はきちんと完全に閉じておきましょう。

コツ4 ギュッと目を閉じすぎない

目は完全に閉じるのね!オーケー!と忠実に実践しようとしてくださるみなさん、ありがとうございます。でも実は、閉じれば何でも良いというわけではないところがまたキス顔の奥深いところなのです。薄目になるのを避けたいあまり、ギュッと力いっぱい目を閉じてしまうと、なんだか“本当はキスされるのが嫌なの?”といったキス顔に見えてしまいます。表情から拒否感が漂ってしまうんですね。これでは彼氏も「本当にキスして良いの?」と不安になりますし、最悪の場合「俺のこと本当は好きじゃないんじゃ…」とあらぬ誤解を招いてしまいます。

また、単純に目元にギュッと力を入れることで目の周りのシワが目立ちますし、そういう意味でも目を固く閉じすぎるのはおすすめできません。薄目はNGですが、夜ベッドに入って眠る時のようなリラックスした気持ちで、優しく目を閉じるよう心がけましょう。

コツ5 さりげなく微笑む

「キスして」オーラを出しつつ可愛いキス顔の印象を作るには、顔全体でふんわり微笑みを作るようなイメージで臨むのが効果的。さきほどご紹介した口の形や目の閉じ方にこの微笑みイメージをプラスできれば、全体としてはかなり可愛いキス顔になります。たまに男性からの声として耳に挟む「彼女のキス顔が真顔で怖い」という問題も、微笑みをプラスすれば難なく解決♪

球体にキスする女性の微笑

真顔はいわゆる表情がない状態ですから、人によっては少しつまらなさそうに見えたり、不機嫌に見えてしまうことも多いですよね。軽く微笑むような表情を作ることで、顔全体が明るく見えますし、キス待ちでドキドキわくわくしているムードも伝わるので一石二鳥ですよ。

コツ6 口は開かない

口の形でこれだけはちょっとNGかも?というのが、「あ」や「お」の形に中途半端に口を開けた状態。上品な印象をキープしたいなら、どんな形にするにせよ口は閉じておくのが正解です。ただ、ちょっぴりセクシーな雰囲気を出したい時には、あえてほんの少し開いておくのも良いかもしれません。これはなかなか難易度が高いので、自分のキス顔にだんだん自信が出てきたかも!という頃合いを見て挑戦してみてくださいね。

そうではなく特に目的もなく口を開けたままでいると、どうしてもだらしない印象や間の抜けた印象になってしまいます。そのままではキス顔ブサイクまっしぐら!なので、キス顔研究初心者さんはまずは基本の口を閉じた状態から、可愛いキス顔を作っていきましょう。

コツ7 少し首をかしげるのも◎

頭をまっすぐにキープするより、少しだけ首をかしげてみたほうが可愛く見えることもあります。あまり傾けすぎるとあざとくなってしまいますが、二人きりの盛り上がった空間なら多少あざといくらいでもちょうど良いかもしれません。本当にごくごくほんのわずかに首を傾けるだけで、女性らしい柔らかな印象に見える人も多いので、ぜひキス顔をキメながら首の角度も研究してみてください。

コツ8 リップを塗っておく

可愛いキス顔には、唇のコンディションも欠かせません。見るからにガサついた唇ではやっぱり可愛さも半減。ここまでご紹介した数々のコツも、自然なツヤと潤いのある唇あってこそです。普段からリップクリームでこまめにケアするのはもちろん、デート当日もなるべくしっとりとした唇をキープしておけるように気を付けましょう。

リップクリームを塗る女性の唇

よくキスを誘うにはぷるぷるリップが一番!とも言われますが、男性によってはあまりグロスでコーティングされすぎている唇だと逆にキスする気が起きないという人もいます。すっぴん好きな男性が多いことからも分かる通り、男性が女性に求めているのはあくまでもナチュラルな美しさ。ルージュやグロスで大げさにぷるぷるを強調するよりは、リップで自然な潤い感を演出しましょう。

コツ9 様子を伺わない

薄目NGのコツのところでもお話しましたが、彼氏からのキスがいつやってくるのかはなるべく辛抱強く待つのが鉄則です。キス顔しているのになかなかキスしてきてくれない場合、誰だって気になって様子を伺いたくなるというもの。しかし、薄目を開けるのはもちろん、なんとなくソワソワしたり眉をひそめたり、落ち着きのない印象が伝わってしまうとせっかくのムードも台無しになってしまいます。当然、可愛いキス顔も台無しです。

しばらくはリラックスした状態のまま待ってみて、それでもキスされないぞ?という時には次にご紹介する対処法を参考にしてみてください。

キス顔してるのにキスしてくれない!そんな時どうする?

ここからは番外編として、キス顔してるのに彼氏がなかなかキスしてきてくれない時の対処法をご紹介! あくまでも可愛く彼氏にキスをおねだりするには、一体どうすれば良いのでしょうか?

キス顔のまま「んー♪」

キスする前の雰囲気って、あまりハッキリした「今だ!」というタイミングがないこともありますよね。あなたは「今だ!」と思っても彼氏がそうじゃなかった場合、彼氏はあなたがキス顔しているのをまだ気付いていない可能性もあります。

そんな時には、キス顔キープのままで「んー♪」と小さくつぶやいてみましょう。声をかけることで彼氏の注意を引くことができますし、「んー♪」と同時に少しだけ顔を前に出す仕草も入れると、さらに可愛いおねだり顔に見えますよ。

自分の唇をトントンと叩く

明らかに彼氏が自分のほうを見ていることは分かっている…そんな時には、彼氏のキスする気持ちを後押ししてあげるためにも、自分の唇をトントンと人差し指で示すように叩くのが効果的。女性に慣れていない男性の場合、いざという時に思い切りがつかないこともあります。そんな男性でも、彼女に「ここだよ」と言わんばかりのアピールをされてしまったら、もうキスするしかないでしょう!

イケメンのはずなのに…キス顔がブサイク!

逆に、普段は自慢のイケメン彼氏なのに、キス顔だけはどうしてもブサイクで笑いをこらえるのが必死!というような彼氏をお持ちのみなさんのために、彼氏のキス顔がブサイクだった時の対策をいくつかご紹介。ストレートに「キス顔が…」と言ってしまうと彼氏のプライドを傷付けるので、そんな時には次のような方法がおすすめです。

先手必勝で目を閉じる

なんとなくキスしそうな雰囲気になったら、彼氏がキスモードに入るよりも先にとにかく一番に目を閉じる! これが最も現実的な対処法でしょう。そんなこと言っても彼氏がいつキスモードに入るのか分からない? それならもう彼氏と二人きりで目が合った時にはひとまず目を閉じてしまいましょう。彼氏とキスする頻度も上がって一石二鳥かも!?

目を閉じてキスをする女性

彼氏の顔を両手でつかむ

キス顔のどこにブサイクな原因があるのかは人それぞれですが、たとえば口を突き出しすぎているなら彼氏の頬に手を当てて軽く外側に引っ張り、唇も多少横になるよう矯正しちゃうなどなど、不自然じゃない範囲で力を込める分にはアリかもしれません。彼氏も「なんでいつも頬に手当ててくるんだろう?」と疑問に思うことはあっても、それによって傷付くことはないはずなので、もしできそうなら試してみてください。

イマジネーションで補う

あとはもうあなたの想像力がどれだけたくましいかを試すしかありません。キスする時あなたが何を考えていようと彼氏にバレることはないのですから、何でも好きな想像で彼氏のキス顔を上書きしちゃいましょう。彼氏にはちょっと可哀想ですが…想像の中でちょっぴり補正する程度ならきっと彼氏も許してくれますよ

キメすぎないキス顔が実は一番可愛い!?

今回はキス顔にまつわるあれこれをご紹介してきましたが、男性は女性の恥ずかしそうな表情に実は一番弱いものです。隙のないスマートなキス顔を作るよりも、「どうして良いか分からない!」というようなドキドキ感が彼氏にも伝わるキス顔の方が、逆に彼氏から可愛いと思ってもらいやすいこともあります。キスしたくない彼女の特徴では「キス顔がブサイク」以外の彼氏が彼女にキスしたくない理由をご紹介していますのでそちらもあわせてご覧いただくととても参考になると思いますよ♪

今回ご紹介したコツをおさえつつも、あまり澄ました表情にはならないようにするのがポイントのひとつ。キスする時の顔はこうじゃなくちゃ!と決まっているわけでもありません。ほどよい恥じらいをスパイスに、より可愛いキス顔を目指してみてくださいね!

メニュー閉じる