スポンジで簡単!雪を降らせましょ★冬のセルフジェルネイル講座

雪ネイルのやり方を紹介します!自分でもお店のプロがやってみてくれたみたく、とってもキレイにやることが出来ますよ。8つのステップを順番にやっていくだけでカンタンに作れる雪ネイルのコツとは?

スポンジで簡単!雪を降らせましょ★冬のセルフジェルネイル講座

【冬ネイル】スポンジで簡単★雪降る夜のゆきだるま柄ネイル

第2回目のセルフネイル講座!今回もプロネイリストがセルフネイル初心者さんにも挑戦しやすい簡単セルフネイルアイディアを発信していきますよ~!今回はスポンジを使って簡単に雪降るネイルデザインをご紹介します★
雪の結晶や雪だるまのシールと合わせてもカワイイのでぜひチャレンジを!

まずは準備するものを確認しましょう!

用意するモノ

  • ジェルネイル
    白、濃紺または黒
  • ベースコート、トップコート
  • シール
    雪だるま、雪の結晶
  • アルミホイルまたはガラスの小皿
  • 食器用スポンジ(厚さ1cm、縦横2~3cm程度)
  • 細筆・LEDライトなど

スポンジで一気に雪を降らせてしまいましょう♪

準備はいいですか?!ではではいきますよ~♪

Step0 ベースコートを塗りましょう

甘皮をセラミックプッシャーを使って押し上げ、ジェルがしっかり接着するように爪の表面に軽くバッファを当てて艶消しをしましょう。
消毒しベースコートを塗って一度LEDライトで硬化したらスタートです!

下準備・準備するモノの詳細はこちらのページを参考にしてね★

Step1 ベース(背景)の色を塗りましょう

背景色になる色は紺色や黒などの濃い色を選ぶと雪の色が映えてキレイですよ~。

1 ベースの色を塗ります

背景色を塗る1

2 もう一回、しっかりきれいに塗りましょう

背景色を塗る2

背景色を塗る3

一旦LEDライトにあてジェルを硬化させましょう。

Step2 スポンジを使って雪を表現していきます

スポンジは普通の食器用スポンジでOK!使いやすい大きさにあらかじめ切り取っておきましょう。

雪を表現するためのスポンジを準備

1 ガラス皿かアルミホイルの上に白のカラージェルをだし、スポンジにつけます

スポンジに白のジェルを少量つけます

※ 絵の具はたくさんつけすぎないこと。少量でOkですよ~!

2 そのままだと絵具の量が多すぎるので、少し落としましょう

多すぎるジェルは少し落としましょう

ガラス皿またはアルミホイルの上でスポンジを何回か軽くたたいてジェルの量を調整します。

3 爪の先端部分に軽く乗せるような感じで雪を降らせます

スポンジを軽くあてる1

4 先っちょはキモチもっかい

スポンジを軽くあてる2

5 細筆を使ってさらにドッドをプラス!

細筆を使って大粒の雪となるドッドをプラス

もう雪が降りました!細筆で描いたドッドが大粒の雪を表現しているんですね^^♪

濃い背景色のネイルに真っ白な雪が降りました

ここで一旦LEDライトにあてジェルを硬化させましょう。

Step3 雪柄のシールを載せましょう!

今回は雪だるまと雪の結晶のシールを載せましたが、モチロンお好きなものでOK!
選ぶシールによってシックにもキュートにも変わりますね★

1 ピンセットで雪だるまを載せて…

雪だるまのシールを載せましょう

もちろんシールはお好きなものでOKです

2 雪の結晶ものせたところ

雪の結晶のシールも貼りました

Step4 トップコートを塗って仕上げです

1 一回目…

トップコートを塗る1

2 二回目&三回目…

トップコートを塗る2

トップコートを塗る3

3 さぁ完成!

完成

未硬化ジェルは専用のクレンザーでふき取って完成です^^♪
雪だるまかわい~^^★

冬の雪降る夜デザインネイル全行程まとめ"

雪だるまちゃんを乗せる爪を育てるためにも、ネイルケアの正しいやり方で指先までキレイに特集もチェックしておいてくださいね。