運命なんて思い込み!運命の出会いじゃなくても幸せな恋愛はできる!

運命の出会いなんてなくても幸せな結婚は出来るのです。誰しも1度は憧れる運命の赤い糸で結ばれた人との出会い。でも、ロマンスを感じなくても幸せな結婚はできるのです。意外とイイ男は近くにいるかもしれませんね♪

運命の出会いなんて、単なる思い込み!?

しょっぱなから、夢をぶち壊してしまうような結論じみた見出しで申し訳ありません。でも、これって本当に「そんなもの」と言えてしまうのです。

よくあるインタビューの一場面で、「今の旦那さんとは運命を感じた?」などと尋ねられた女性のほとんどが、YESと答えている場面を見て、「それに引き替え私は.…」と、今付き合っている彼氏のグダグダなところばかりが思い浮かべては思わずため息をついてやいませんか?でも、ちょっと待ってください。本当に、そんなインタビューに登場した女性は特別な運命に恵まれたと言えるのでしょうか?

付き合っている彼氏は運命の人ではないような気がしている女性

そもそも運命の出会いって一体…

「誕生日が同じ日だった」

「親切にしてもらったひとにその後偶然再会した」

「まったく同じ場所にホクロがあった」

「出身校が同じ」

「ものすごいフィーリングが合う」
(※但し、相手がどう思っているかは不明)

運命の出会いをしたという女性に話を聞くと大体がこんな感じで、中には「え?それって運命っていうの?」と思わずツッコミたくなるような内容も。つまり、何を運命と感じるかどうかにはかなりの個人差があるということです。

運命がないのではなく「運命」と思っていないだけ

これまでの人生で1度も運命の出会いをしたことがないという人は、もう1度これまでの出会いのひとつひとつを思い返してみましょう。先に述べた「人によっては運命と捉える共通点や接点」というものが、何かかしらあったはず。

相手との意外な共通点や、好きなものがかぶっていたりなど、そんな些細な偶然も見逃さなければ運命になっていたかもしれません。

突然運命の出会いが訪れるとは限らない

相手との共通点が判明してから「運命」を感じるとすれば、そう、「運命」とはいきなり訪れるとは限りません。運命の出会いの訪れがいきなりとは限らないということは、相手との仲が深まっていくにつれて、「もしかしてこの人が私の運命の人なのかも」と、じわじわやってくる場合だってありそうだということ。

全ての突然の出会いが運命の出会いとは限らない

ま、中には「これぞ運命!」と電撃が走ることもあるかもしれませんが、その場合だってどちらか片方がそう思っているだけでは、運命の相手とは言い難いものがあります。実は、筆者は別れた元彼に「(お前との出会いは)運命だと思った」と言われた経験が。しかし、相手への気持ちもいいだけ冷めた後にそう言われても、「何故それを関係が終わる前に言わなかったんだアホなヤツ!」となるのです。人との巡り合せを運命とするかどうかは本当に捉えようであり、そして何よりふたりのタイミングも大切なのかも知れません。

運命とは単なる恋のスパイス?

誤解を恐れずに言えば、運命の出会いとは後付けのこじつけとも言えます。「彼こそ運命の人!」というテンションは恋愛の良いスパイスにはなるでしょうが、恋は盲目とも言います。

運命にこだわるよりも相手を良く見つめること

そうやってテンションを上げいかに自分を本気にさせることができるかが、運命の出会いを経験するかどうかの分かれ目と言える反面、人との巡りあわせを運命の出会いかどうかに囚われず、しっかりと相手を見つめることは「運命の出会い」にこだわる以上に大切なことなのではないでしょうか?

ひとつの出会いを「運命」にするかどうかは、あなた次第

結局のところ、些細な偶然でも運命と思いたくなるくらい、愛する人とめぐり会えたらなそれほど幸せなことはありません。逆に言えば、ひとつの出会いをみずからの力で運命に変えていく、それくらいの気持ちでいつでも相手と接していける人には、遅かれ早かれ幸せが舞い降りてくることでしょう