見た目年齢が若いとモテ度があがる若さをキープする方法

見た目年齢って、みなさんどれくらい気にしていますか?男性は若い女性が好きとよく言われますが、この若さとは大体の場合「見た目」のこと。男性が重視している見た目年齢を若く見せるための秘訣、こっそりご紹介しちゃいます。

見た目年齢が若いとモテ度があがる若さをキープする方法

見た目年齢を若く見せる秘訣が知りたい!

子供の頃は早く大人になりたい、大人びて見られた方が嬉しいと思っていた気がするのに、大人になったらなったで今度はちょっとでも若く見られたい…!とつい思ってしまう、女心は実に複雑なものですよね。あぁ、私たちは一体いつからこんなにも若さを欲するようになってしまったのでしょう…なんて感傷に浸っていても仕方ありませんので、今回はズバリ!実年齢よりも見た目年齢をグーンと若く見せるための秘訣と、女性の見た目年齢について男性がどんな感想を持っているのか、普段なかなか率直には尋ねることができない男性の本音をご紹介しちゃいます。

そう、いくら見た目年齢を若く保つと言ったって、好きな人に振り向いてもらえなくちゃ意味がない!ということで、男性が好む若さのポイントもあわせてピックアップ♪ そろそろアンチエイジングにも興味が出てきた女性必見の情報盛りだくさんでお届けしていきます。

実年齢vs見た目年齢、男性の本音はどっち!?

早速ですが、そもそも男性的には見た目年齢と実年齢、どちらのほうが重要だと思いますか? 私たち女性はつい見た目年齢にこだわってしまいますが、男性もやっぱり女性に関しては見た目年齢が若いほうが嬉しいのでしょうか、それともなんだかんだ言って実年齢のほうが気になるものなのでしょうか。

今回は、付き合うなら「見た目20代だけど実は30代」vs「見た目30代だけど実は20代」のどちらが良いか、実際に男性陣にインタビューを行ってみました!

「見た目20代だけど実は30代」が圧倒的に人気!

見た目が若い30代の女性

「彼女にするなら断然見た目の若さのほうが大事!っていうか、実際の年齢なんて正直誕生日の時くらいしか思い出さないし、普段の彼女のイメージは見た目がすべてなので」(28歳/男性/公務員)

結果として、この男性の意見が圧倒的大多数の男性の声を代表してくれていると言っても過言ではないくらい、ほとんどの男性が見た目年齢を重視していることが分かりました。確かにこの男性の言う通り、実年齢って聞いた瞬間は「そうなんだ~」と思いますが、仲良くなるにつれてだんだん意識することもなくなりますし、それよりも普段のノリや会話の中身、そして何よりいつも目に入る見た目がその人のイメージになってきますよね。

「友達に紹介する時とかって、わざわざ実年齢を言うことも少ないし、見た目が若くて可愛ければそれだけ自慢できるっていう雰囲気も実際のところあります(笑)」(32歳/男性/IT系)

男同士の集まりでちょっと見栄を張りたい男性も、実際多いんでしょうね~。女友達の彼氏がイケメンでさらに高収入だったりすると、若干ザワつく女社会と似たようなものなのかもしれません!

結婚を意識すると実年齢も重視!?

人生設計をしっかり考えるタイプの男性からは、「いくら見た目が若くても、大事なのは体内年齢!」という意見もありました。子供のことや、これから人生を一緒に歩いて行くパートナーとして考えると、実年齢が若いほうが嬉しいと考える男性もいるようです。

ただ、その男性にしたって特別見た目が老けているほうが好き、というわけではないとのことで、結局いずれにせよ見た目年齢が若いに越したことはない、という結論が浮き彫りになってきました。

教えて!見た目年齢をキープするコツ

私たち自身の気持ちとしていつまでも若々しい印象をキープしたい、というのもありますし、実際に男性から「見た目年齢重視」の証言もいただいたということで、ますます見た目年齢を若くキープするための方法が知りたくなってきましたよね。

ここからは、見た目年齢が若く見える人に共通する特徴を参考に、見た目年齢を若くするにはどうすれば良いのか、その秘訣をご紹介していきます。

秘訣1 美白ケアに力を入れる

肌の手入れをする女性

肌の白さは、見た目年齢を大きく左右します。年齢を重ねるにつれて、人の肌にはどうしてもくすみやシミが出てきてしまうものですが、逆に言えばこれらの発生を少しでも遅らせることができれば、その分見た目年齢の若さがキープできるというわけなんです。

男性からの視線も集中!
実際、さきほどのインタビューに答えてくれた男性たちの多くも、女性の見た目年齢を判断するポイントは「肌」だといいます。男性って、女性が思っている以上に女性の肌に注目しているんですね!

肌のくすみは定期的にお肌をピーリングしたり、普段のスキンケア用品を美白ケア用のものに変えてみるだけでも大きな効果が期待できます。また、シミのもととなるメラニン色素の生成をおさえるためには、紫外線対策も欠かせません。外に出る時には日焼け止めを塗る、日傘を差す、できれば長袖の服を着るなど、日頃からUVケアを心がけましょう。

秘訣2 顔周りの筋トレをする

頬を触る女性

肌の白さと同じくらい大切なのが、肌のハリ。同じ女性の写真でも、ほうれい線や目元のシワがある写真と、加工でそれらを取り除いた後の写真とでは、見た目年齢にびっくりするくらいの差が出てきます。肌のハリツヤは若さの証と言っても良いくらい、見た目年齢を若く見せるためには重要なポイントなんです。

そんなお肌のハリを保つためには、顔周りの筋肉を鍛えて引き締めておくことが必要不可欠! 特にこれからご紹介する「ベロ回し体操」は、ほうれい線や二重あごなどの口周りはもちろん、顔全体を引き締める効果があると言われているので、顔のあらゆるシワ対策をしたい女性にはうってつけのエクササイズです。

習慣にしたい!ベロ回し体操
ベロ回し体操のやり方はとっても簡単! 唇を閉じた状態で、歯の表面を舌で撫でるようにゆっくり舌を1回転させます。右回りと左回りをそれぞれ20回、1日3セットを目安に行いましょう。

ひと回り2~3秒かけて、ゆっくり回すのが効果的に鍛えるコツです。歯の噛み合わせが良くなったり、小顔に近付けたり、シワ対策以外の効果も盛りだくさんのベロ回し体操。ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね♪

秘訣3 姿勢を良くする

これはちょっと極端な例ですが、昔話に出てくるようなおばあさんというと、背中が丸く曲がっているイメージがありますよね。背中が丸まっていて猫背になっていると、実際の年齢が若くても老けて見えやすくなります。普段からなるべく良い姿勢を意識して、背筋をピンと伸ばしておくようにしましょう。それだけでも、猫背に比べたらだいぶ若く元気な印象になりますよ。

秘訣4 スリムな体型をキープする

ジムで筋トレをする女性

ぽっちゃり女子がちょっとしたブームになったりもしている今日この頃ですが、みなさんは「中年太り」という言葉をご存知ですか? 中年に差しかかると、体内の新陳代謝がじわじわと低下してくるので、若い頃と同じような生活を続けているとそれだけでちょっとぽっちゃりした体型になってしまうことが多いのです。

この中年太りという言葉からも分かるように、ぽっちゃりした女性はどちらかと言うと老けて見られがち。逆にいくつになってもスラッとした体型の女性は、それだけで断然若く見えます。シルエットが洗練されている分おしゃれにも見えますし、良いことだらけです。

ゆったりした服装で老け感加速
気になるお肉をカバーしたくて、ゆったりめの服装を好む女性も多いかもしれません。しかし、見た目年齢を若く見せたいならある程度身体のラインの出る服のほうがおすすめです。

一般的に、若い人ほど身体のラインが出る服を好みます。そのため、ゆったりした服装は若い人が着ていてもおじいちゃんおばあちゃんに近い印象を与えてしまうことがあるのです。無理にピチピチな服を着ることはありませんが、自分の身体のサイズに合った服を着て、なおかつスリム~標準体型をキープできるよう頑張りましょう。

秘訣5 颯爽と歩く

歩道を姿勢よく歩く女性

見た目年齢が若い人は、歩き方にも共通点があります。それは主に歩くスピードで、ゆっくりすぎず、せかせかと焦りすぎてもいない、余裕を持って弾むようなスピード感がポイントのひとつです。

足を引きずるように歩いていたり、ダラダラした歩き方ではなかなか若いイメージにはなりません。心持ち早めのスピードで、リズミカルに歩くよう心がけると、見た目からハツラツとした印象をかもし出すことができます。見た目的にも「あの人若いなぁ」というイメージにつながりやすいでしょう。

秘訣6 どこかに流行を取り入れる

今すぐ家のクローゼットの前に立ってみてください。そこにかかっている服は、それぞれどれくらい前に購入したものですか? もし5年以上前に購入したものばかり…というラインナップであれば、ちょっとファッションも見直したほうが良いかもしれません。

若作りする必要はないのですが、ファッションのどこかに流行を取り入れている人は、やっぱりそれだけ時代を自分のものにしている印象があります。それは若さとほぼイコールで、若い人は流行に敏感なものですよね。

全身すべて流行を意識しましたコーデでは、「年甲斐もなく…」なんて言われてしまう危険もあるので、コツはその日のコーデのどこか一ヶ所だけに流行を取り入れること。トップスでもボトムスでも、靴でもカバンでも構いません。どれかひとつのアイテムだけ流行のものに差し替えるだけで、全体の印象がほどよく今っぽくなります。

秘訣7 髪型に気を遣う

前髪を指で摘みながら見つめる女性

ボサボサヘアも、老け感を加速させてしまう原因のひとつです。髪の毛をツヤツヤに保つには日々のトリートメントが一番効果的ですし、洗い流すタイプのもの、洗い流さないタイプのものどちらでも構いませんので、週に1回はトリートメントできちんとヘアケアするようにしましょう。

そうしてベースの髪の毛をいつまでもうるつやに保つことができれば言うことナシですが、ボサボサになりやすい髪でもきちんととかしてクリームなどで整えたり、まとめ髪などのヘアアレンジをすることで見た目年齢がグッと若くなります。

秘訣8 よく笑う

表情が豊かな人はそれだけ見た目年齢も若く見えますが、中でも笑顔はやっぱり特別♪ よく笑う人にはそれだけ明るいイメージを抱きやすいですし、明るさは若さにつながっていきます。

子供は思ったことが顔に出やすいというか、表情が常に生き生きとしていますよね。見た目年齢を若く見せたいなら、子供をお手本にしていつも生き生きとした表情を心がけましょう。

秘訣9 楽しみな予定をたくさん作る

生き生きとした表情を心がけると言っても、「よーし!生き生きするぞ!」と思って実現できるなら苦労はしませんよね。「ちょっとそれじゃ上手くいきません…」という人におすすめしたいのが、ふとした瞬間に思い出すだけでワクワクするような予定をなるべくたくさん作ること。

友達に会う約束、趣味のお出かけや新しい服の予約なんかでも構いません。とにかく自分が心から楽しみだなぁ!と思える予定をたくさん作ることで、自然と日常生活でも心が浮き立ち、瞳が生き生きと輝きます。そういう活気にあふれた人は、周りから見ても若々しく見えるものです。

見た目年齢が若いと寿命も延びる!?

ある研究によれば、70歳以上の双子のうち見た目年齢が若いほうは、見た目年齢が老けて見えるほうよりも長生きする確率がかなり高いことが分かったのだとか。見た目年齢の差が大きいほど、実際の寿命の差も大きくなる傾向があるということで、見た目年齢を若く保つことは実際の寿命を延ばすことにも一役買ってくれる可能性があるんですね。

今はいつくるか分からない寿命のことよりも好きな人に振り向いてもらうことのほうが大事!という女性にとっても、もちろん見た目年齢は大きな鍵をにぎるポイントのひとつです。男性は若い女性が好きとよく言いますが、その若さとは主に見た目の話で、精神年齢が若い(というよりむしろ幼い)女性については、正直男性の手に余ることがほとんど。

見た目が若いに越したことはないけど、中身は落ち着いた大人であってほしい…見た目年齢が実年齢よりも若い女性は、そんなわがままな男心に応えてあげることができる、まさに理想的な存在です。この傾向は年上好きな男性でも年下好きな男性でも共通して見られるものなので、今好きな男性がいる女性はもちろん、これからの出会いに期待している女性も、ぜひ見た目年齢の若さを磨いて素敵な恋をゲットしましょうまたポッチャリで悩んでいる女性はどうしても実年齢より老けて見えがち。ぽっちゃり系女子の脱ぽちゃ特集で華麗に変身してみてくださいね!

メニュー閉じる