髪がまとまらない…爆発ヘアがするんとキマる髪の乾かし方

髪がまとまらないときってイライラしちゃいますよね。素直な髪になってくれないのは、アナタの乾かし方が原因になっているのかも!スルンとまとまる髪にする5つのコツを紹介します!

髪がまとまらない…爆発ヘアがするんとキマる髪の乾かし方

髪がまとまらない…するんとキマる正しい乾かし方

ちゃんとブローしたはずなのに、いつもボサボサでヘアスタイルが決まらない…思い通りに髪がまとまらないとお悩みの女性は、髪の乾かし方に問題があるのかも?!

女性の印象はキレイな髪の毛で決まると言ってもいいくらいで、スッキリとまとまった髪の毛は男性にモテるために欠かせないポイントです。今回はキレイに髪の毛がまとまらないとき「素直な髪の毛」にしてくれる正しい髪の毛の乾かし方をご紹介します。

1 シャンプーの後はしっかりタオルドライ

頭を洗ったあとに、いきなりドライヤーを使ったり、逆に何時間も放ったらかしにしておたりすると髪の毛はどんどん痛んでいってしまいます。シャンプーの後はまず、濡れた髪の毛をタオルドライで半乾きの状態にしておきましょう。

タオルで髪を乾かす女性

キレイな髪になるポイント

大きめのタオルで髪の毛を挟むようにし、引っ張らずにトントン叩きながら半乾きの状態にするのがポイントです。

2 粗めのクシで毛先からとかしていく

ドライヤーを当てる前は、必ず目の粗いくしで髪全体を軽くとかしておきましょう。そうすればドライヤーの風が髪の中にも入りやすくなり、手早く乾かせます。濡れている髪の毛は痛みやすいので、頭のてっぺんからいきなりクシを通すのはNG。キューティクルが剥がれてしまう原因になります。

いきなりてっぺんに櫛を入れる髪がまとまらない女性

キレイな髪になるポイント

濡れた髪はとってもデリケートでからみやすくなっています。髪の毛は毛先から丁寧にとかしていくのがポイントです。

3 ドライヤーの温風と冷風を使い分けよう

タオルドライの後は時間をおかず、ドライヤーで髪の毛を完全に乾かしてしまうのが美しい髪になる近道。ドライヤーで乾かさず、自然乾燥で済ませてしまうと髪の毛が膨らんでしまう原因になります。ドライヤーで乾かす際には温風と冷風を交互に当てるのがキレイに髪がまとまる秘訣。温風と冷風を当てるときのポイントはこちら↓

温風と冷風を使い分けするポイント

髪の毛全体を乾かす冷風と温風を交互に
ブラシを使ってブローする温風
ブローの最後冷風

上記のように髪の毛全体を乾かすときは冷風と温風を交互に使い、ブラシを使ってブローをするときは温風、そしてブローの最後に冷風を使うと髪の毛がキュッと引き締まり、まとまりやすい髪の毛に仕上がります。

上手にドライヤーを使う女性

4 ドライヤーの当て方にひと工夫

髪の毛を乾かすときはドライヤーの当てる方向にも気を付けましょう。髪がまとまらないとお悩みの女性は、ドライヤーを上から下へ向けて当てるようにすると、髪の毛がストンとおりて髪の毛がまとまりやすくなりますよ。

ドライヤーを上から髪にあてる女性

キレイな髪になるポイント

下からドライヤーを当ててしまうと髪の内側に空気が入りふくらんでしまいます。サイドの髪の毛を乾かすときも外側からドライヤーを当てるとボリュームが抑えられます。

5 手で乾き具合を確認しながら完全に乾かす

髪の毛を乾かすとき、最も重要なのが「完璧に乾かす」こと。髪の毛の内側が生乾きの状態のままだと、まだ水分を含んでいる髪の毛が膨らんでしまいます。髪がまとまらない原因は髪を「生乾きの状態」で放っておいたために起きている場合がほとんどなのです。生乾きを防ぐためには手で髪の毛を揺らし、髪の毛の乾き具合をチェックながらドライヤーの風を当てていくといいですよ!

手で確認しながら髪を乾かす女性

キレイな髪になるポイント

髪の毛を完全に乾かすには、手で髪の乾き具合を確認しながら乾かすと、素直にまとまる髪の毛を手に入れられるはず。

6 洗い流さないトリートメントで毛先までしっとり

髪の毛をしっかりと乾かしたら、洗い流さないトリートメントで髪の毛に栄養補給をしてあげましょう。このひと手間で毛先までしっとりとまとまります。しかし、つけすぎると髪の毛がベタベタして逆にまとまらなくなってしまいます。

キレイな髪になるポイント

洗い流さないトリートメントは少量を手のひらに出し、指の間までしっかりと広げてから毛先を中心につけていくのがベタベタしないポイントです。

するんとまとまる髪は毎日のケアのたまもの

髪がまとまらないと悩んでいる女性でも、正しい髪の乾かし方をマスターすればキレイにまとまる髪を手に入れられるかもしれません。わざわざヘアサロンに行ってストレートパーマや縮毛矯正をしなくても、キレイにまとまる髪が手に入る可能性があるなら、試してみる価値はありですよね!

また、髪だけではなく指先も美しくするためにも、ネイルケアの正しいやり方で指先まで綺麗に特集もチェックしておいてくださいね。

メニュー閉じる