彼氏の結婚願望が強い・男の本音と上手なかわし方

彼氏の結婚願望が強いと付き合っている女性は苦労します。世間体を気にしている、親がうるさい、結婚に憧れがあるなど男性が結婚したがる心理は様々ですが、彼氏の結婚願望が強い場合どう返答すれば見切られずに待ってもらえるのか?ベストなかわし方を紹介!

彼氏の結婚願望が強い・男の本音と上手なかわし方

彼氏の結婚願望が強い!彼の行動あるある・かわし方

一般的に“結婚願望”というものは女性の方が強いと思われがちですが、そんなこともありません。最近では働く女性も増え、結婚願望がない女性も増えてきています。
それに比べて、結婚願望が強い男性は年々なぜか増えてきているので、需要と供給が一致しないという事態が起こっているのです。

では、なぜあなたの彼氏は結婚願望が強いのでしょうか。今回は結婚願望の強い彼氏の心理に迫りながら、「まだ結婚は早いかな…」という女性が知っておきたい上手なかわし方を解説します!

彼氏の結婚願望が強い理由

「大好きな奥さんと子供が家で自分の仕事の帰りを待っていてくれる。そこには美味しいごはんと笑顔があって…」と、そんな夢物語を期待している男性は多いもの。
またはあなたのことを“誰かにとられたくない⇒ならば結婚で縛ってしまえばいい“と独占欲が強い男性の可能性もあります。男性は縄張り意識が強く、自分のものという確証がほしい生き物なのです。

もしかすると会社で上司に「仕事にも慣れてきたことだし、そろそろ結婚でもしたらどうだね」と小言を言われていたり、友人に「結婚まだしないの?」と笑われているのかもしれません。周りの目を気にして早く結婚したほうがいいのかもしれないと思う男性も少なくありません。

それに加えて両親に「結婚はまだなの?早く孫が見たいものだわ」と日頃から言われている場合もあります。親に婚約者として彼女を紹介して安心させてあげたいという男性も多いのではないでしょうか。

さらに、結婚しているということは社会的に信用される材料になることが多いもの。「家族を養っている、それだけの稼ぎがある。俺は結婚していて幸せだ!」という社会的なステータスのために結婚をしたがる男性もいます。

男女が一つのカギを持って微笑む

彼氏の結婚願望が強い理由あれこれ

  • 結婚への憧れ
  • 独占欲が強い
  • 世間体が気になる
  • 親がうるさい
  • ステータスのため

結婚願望が強い彼氏にありがちな行動

家族や自分の友達にあなたを正式に紹介しようとしている場合、これは確実にカレがあなたとの結婚を前向きに検討していると考えてよいでしょう。
また、友人や同僚の結婚式や結婚生活に関する話題を積極的に振ってきて、「いや~結婚っていいね」なんて口にしているようであれば、コレも結婚を強く意識している可能性大!

結婚願望が強い彼氏にありがちな行動

  • 家族や友人に紹介したがる
  • 彼女の家に自分のものを置きたがる
  • 彼の飲み会に行く頻度が少なくなった
  • 彼の人生の計画を語り出すことが増えた
  • 手作り料理を作ってほしいとお願いされる
  • 友人の結婚式や結婚生活の話をしてくる

彼氏から直接「君と結婚したい!」と言われていなくても、上記の6つの項目にいくつかあてはまる行動があるのなら、あなたの彼氏は結婚願望が強い可能性が高いでしょう。

彼氏の結婚願望が強いときの上手な対処法6パターン

そんな結婚願望の強い彼氏の行動は、いつかは具体的な結婚話として持ちあがってくることでしょう。コチラに結婚する気があれば願ったり叶ったりではありますが、「結婚はもうちょっと先延ばしにしたい…」という女性の場合、相手の男性になんて返したらいいのか難しいところではないでしょうか。

こちらとしては結婚を先延ばしにしたいだけだとしても、返事の仕方によっては最悪の場合カップルの破局という危機を迎えてしまうことにもなりかねません。ここでは、結婚願望が強い彼氏の上手なかわし方を伝授しちゃいます!

上手なかわし方1 仕事を理由にする

看護師が受付で微笑む

あなたが現在仕事をしているなら、「今はまだ仕事に集中したいから」と仕事を理由にするのが一番無難なかわし方でしょう。夢を追っているなら「まだもうちょっと頑張ってみたいんだよね」と伝えると彼も応援してくれるはずです。

フリーターの方は「産後復帰とかのことを考えたら今はまだキャリアを積まないと…」と、将来を考えているワードを含めつつ、結婚のタイミングは今ではないということをやんわり伝えると効果的です。

上手なかわし方2 結婚したい年齢を具体的に提示する

彼が「結婚をしてこうなっていきたい」と人生計画を語りだしたら、こちらも自分の理想の結婚を語りましょう。内容は叶うはずのない大きなものでも、好感がアップするような媚びたものでもかまいません。そして、その将来プランの中に何歳で結婚して何歳で出産したいかをそれとなく盛り込んでください。これで彼氏にも「今ではないけど何年後かには結婚したい」という気持ちをそれとなく伝えることができます◎

ただし、その設定年齢があまりにも先すぎると彼はあなたとの結婚を諦めてしまうかもしれません。あなたと彼の今の年齢にもよりますが、できれば2~3年くらい先に設定するのがベターでしょう。

上手なかわし方3 結婚資金について話す

指で数えながら必要なお金を説明する女性

結婚をすることは役所に結婚届をだすだけなので簡単ですが、結納を交わすことや結婚式を挙げること、新婚旅行に行くことは多大なる時間と労力、そしてお金がかかることです。
カップルにもよりますが、結婚式にかかるお金はおよそ200~350万円と言われています。結納や結納返しをするのであればプラス50万円はみておきたいところです。
そのことを彼に話して、一緒に貯金をして目標金額になったら結婚しようというようにこちらからノルマを設けてみましょう。「結婚する気はあるんだな」と納得した彼は了承してくれるはず。

数百万なんて大金は1年ではなかなか貯まりませんから、時間はたっぷりと稼げます。もし彼が「それくらいの貯金はある」または「親が出してくれるよ」と言ってきたときは「私は私で○○万円貯めたいから…」と言ってサラリと逃れましょう。

上手なかわし方4 お父さんを話題に出す

これはほぼ最終手段に近いのですが、結婚の話になったときに「うちのお父さんが結婚はまだ早いって言うんだよね~」と言ってみましょう。そこで会話はピタッと止まるはずです。
彼氏にとって、彼女のお父さんほど怖くて緊張する相手はいないといっても過言ではありません。そんなお父さんが「結婚はまだ早い」と言っているのですから彼も納得せざるをえないでしょう。

また、どうして反対するのかを聞かれたときのために、それらしい理由を考えておくと安心です。父親が娘の結婚に反対するのは「自分のもとから他の男のところに行くのが寂しいから」という理由も多いため、困ったら「う~ん、寂しいんじゃない?」と言っておけば大丈夫でしょう。
ただし、“お父さん”というワードを出すことで彼氏をビビらせてしまう可能性があるので、楽しい雰囲気で軽く伝えるようにするのがポイントです!

上手なかわし方5 会話を流す

彼氏の話が聞こえないふりをする女性

「彼氏の結婚願望が強すぎて、もう疲れてきた…」という女性は、結婚に関する会話は聞き流してしまうのもひとつの方法です。「ふーん、そうなんだ」「そうだね~」と相槌を打っていると、彼も「この話は嫌なのかな?そういえば、この話ばっかりしてるかも…」と気付いてくれるかもしれません。
それでもめげないメンタルの強い彼氏ならば、「あ!そういえばさー!」と話題を強制的に変えちゃいましょう。彼から結婚に関する話題が出るたびに強制終了させることによって、だんだんと話題にもあがらなくなってきます。

ただし、あまりに不機嫌な態度に全面に出してしまうと「俺の話に興味ない?それか俺との結婚がそんなに嫌?」と、ケンカの原因にもなってしまうので、これも最終手段と言えるでしょう。

上手なかわし方6 丁寧な言葉遣いで素直な気持ちを伝える

「やっぱり、彼氏とはなんでも本音を言い合える仲でいたい!」と思う女性もきっといるはず。彼と後々は結婚したいと考えているのであれば、その気持ちを素直に伝えてみるというのもアリです。

「あなたとは近い将来結婚したいと思ってお付き合いしてます。だけど今すぐではないの。気持ちの整理もあるので少し待ってほしいの」…このようにいつもとは違うきちんとした言葉遣いを心掛けることで、彼もあなたの真剣さを受け止めてくれることでしょう。
それでも「いついつー?」などとしつこい場合は「気持ちの整理ができたら私から言うね」と付け加えると、それ以上カレも急かしてくることはないはず!

結婚願望が強い彼氏はそんなに悪くない

結婚願望の強い男性の心理は、どれも女性にとってはめんどくさいものばかりですよね。しかし、彼氏の結婚願望が強いのは、彼の心の中に「彼女が大好き!」という気持ちがあるからこそ。結婚したい理由がどんなものであれ、一生を共にする妻にどうでも良い女性を選ぶほど男性もバカではありません
あなたを愛してくれる彼なら、あなたの気持ちも理解してくれるはずです。結婚願望の強い彼氏に結婚を迫られたら、自分がカレとどうなりたいのか、まずは時間をかけて話し合ってみることをおすすめします。

結婚願望の強い彼氏に根負けして「彼との結婚、そろそろ前向きに考えようかな?」と検討している女性は、トラブルなくスムーズに結婚式当日を迎えられるよう、結婚式までの段取りをチェックしておいてくださいね。