初頭効果で恋愛のチャンスをつかむ・好感度UPの印象操作

初頭効果を有効に利用していますか?初対面の相手の第一印象は、強烈な印象を与えているようです。上手く利用すれば恋愛につなげることも難しくはありません。好感度をUPさせるコツを紹介します!

初頭効果で恋愛のチャンスをつかむ・好感度UPの印象操作

初頭効果を利用して恋愛チャンスをつかもう

人が第一印象で与えるイメージは、その後なかなか覆すことができないと言われています。そビジネスシーンでも第一印象はとても大切にされていますよね。

この初対面での印象が深く心に残ることを“初頭効果”と言います。この初頭効果を恋愛でも利用しませんか?初頭効果が左右するシチュエーションと良い印象を残すコツを紹介します。

最初の6秒が初頭効果を決める

時間を計るストップウォッチ

初めての人と会ったとき、人間は6秒でその人の印象を決定するとされています。見た目の服装と表情や姿勢、相手の声や話し方など視覚や聴覚で瞬時に判断します。今までの相手の経験や価値観がその感覚に影響するため、受け取る相手によってインパクトが異なるのも初頭効果の特徴。同じセオリーが通じないということもあり得るのです。

一目惚れがその主たるものです。見た瞬間に恋に落ちる一目惚れは、初頭効果が最大限に良い印象を与えたものです。しかし、みんなが同じ人に一目惚れする訳ではないですよね。

ただし、初頭効果を利用したビジネス戦略があるわけですから、恋愛にも応用できないはずはありません。第一印象が人に強烈な印象を残すということさえ知っておけば、恋愛でも効果を発揮できるのです。

初頭効果を発揮させる絶好のシチュエーション

恋愛シーンにおいて初頭効果を発揮するのは、合コンやお見合いの場です。初めて会ったときの印象に引きずられるので、良いインパクトを与えられるような行動を心がけましょう。

また、SNSのオフ会や初めて訪れる場所など、どこでステキな男性と出会うか分かりません。つまりどこにでも出会いの可能性があるということです。第一印象の重要性を忘れずに、常に気合いを入れておきましょうね。

第一印象の好感度を上げる7つのコツ

初頭効果で受けた印象は思った以上に強烈なインパクトを与え、その後の人間関係に影響を及ぼすようです。最初に、「苦手なタイプだな」や「何か合わないな」と思われてしまうと、その印象を変えることが難しいのです。せっかくの出会いをムダにしないように好感度をUPするコツを覚えておきましょう。

コツ1 他人からの印象を知る

人から見た印象と自分が考えている印象が同じとは限りません。例えば、自分では、「誰とでも話せるフレンドリーな印象を与える」と思っていても、「遠慮のない下品な子」と映っているかもしれません。

また「人見知りをしてとっつきにくい」と自分のことを考えていても「出しゃばらない誠実そうな人」と思われていることもあります。自己判断せずに、正直なアナタの印象を友人に聞いてみてはいかがでしょうか。恋愛に活かすために真剣に相談すれば、正直な気持ちを話してくれる友人がいるはずです。

コツ2 自分のクセを知る

癖で髪を触る女性

「無くて七癖」ということわざがあるほど、誰でもクセは持っているものです。ただし、人のクセには気づきやすいのですが、無意識に出てしまう自分のクセにはなかなか気づきません。その気づかない自分のクセが貧乏揺すりや食べ方など、他人に不快感を与えていることもあるかもしれません。自分のクセを自覚して、悪い印象を与える可能性があるものはすぐに治しましょう。

コツ3 TPOに合わせた身だしなみ

服を選ぶ女性

自分の好きな洋服がその状況に適しているものばかりではありません。合コンにスポーティーな格好や、自然の中でハイヒールなど、どんなに似合っていても「常識のない人」という印象を与えてしまいます。見た目の印象は初対面でとても大きなウェイトを占めます。初対面で「ない!」と思われないように、TPOに合わせた身だしなみを心がけましょう。

コツ4 きちんとした挨拶

きちんと挨拶ができるかできないかは、女性としてだけではなく人間性を見られるポイントです!「元気よく」はそれほど重要なことではありません。それよりも「きちんと」挨拶ができる女性の方が好印象です。もちろん笑顔を忘れないようにしましょう。

コツ5 名前をすぐに使う

ネームプレートとスーツ姿

身だしなみや挨拶で好印象を与えたあとは初頭効果を持続させることも肝心。気になる彼の名前がわかったら、すぐに名前で呼ぶようにしましょう。「○○さんは、休日何をしてるんですか?」と言われると相手は親近感を覚えて、二人の距離が縮まるのです。

コツ6 相手に合わせた話し方

心理効果にも影響を与える話し方は会話のスピード!相手がゆっくり話すならアナタもゆっくり話しましょう。早口の人にはガンバって早口で。話し方のスピードが合う相手には、ずっと以前から知り合いのような感覚になり心地よい気分になるのです。

コツ7 新近効果を合わせる

初頭効果と同じように印象を利用した新近効果。終末効果とも呼ばれ、初頭効果とは正反対の状況下での印象も効果を及ぼすとされています。それは、最初ではなく最後の印象。

商品を勧めるときに「高いけど良い」か「良いけど高い」では、どちらが購買欲をあおるでしょうか?「高いけど良い」の方がそそられますよね。これは、最後の印象が心に残る新近効果を利用したものです。

せっかく良い印象を初頭効果で残せたとしても、最後がボロボロでは悪いイメージが残ってしまう可能性があります。でもこの新近効果をうまく利用することができれば、初頭効果で失敗しても挽回できるということです。最初がダメだったと引きずらずに、最後は笑顔で良い印象を残しましょうね。

好感度をあげるためには

  • 他人からの印象や自分のクセを知る
  • 身だしなみや挨拶はきちんと
  • 話すスピードを合わせ、名前で呼ぶ
  • 最初だけではなく最後まで気を抜かない

初頭効果を利用して恋愛チャンスをつかもう

良い恋愛に巡り会いたいと願っていても、チャンスを活かせなければどうしようもありません。どこに出会いが転がっているか分かりません!初頭効果で好印象を与えるコツを利用して、良い恋愛チャンスをつかんでください。

他にも、相手に好印象を与える方法として、ミラーリングという心理学で人に好意を持たせるテク7選があります。どこか似たような感覚を持っているとわかったら、親近感が湧いてくるあの感覚です。

メニュー閉じる