彼氏が欲しいのにできない女の恋を遠ざけている行動6つ

彼氏がほしいのにできないのは、アナタにこんな原因があったからかもしれません!これだけ見直せばスグにでも恋人候補がワンサカ寄ってくるかも?な、男たちがアナタを避ける理由を紹介します!

彼氏が欲しいのにできない女の恋を遠ざけている行動6つ

彼氏が欲しいのにできない理由は恋を遠ざける行動

街でラブラブカップルとすれ違ったとき…。学生時代の友人から「結婚しました」のご報告がきたとき…。そういえば彼氏いない歴何年だっけ?とふと数えてしまったとき……。

ああ、彼氏欲しい。と思わずつぶやいてしまったこと、ありませんか?
私はあの子たちよりも絶対に劣っているわけではないのに、どうして私にだけ彼氏ができないのだろう?と、疑問に思ったこと、ありませんか?それは出会いがないせいでも、あなたの周りの男に見る目がないせいでもありません。劣っているのです。あなたは恋人のいる彼女たちよりも確実に。

でもそれは、決して人として、女性として劣っているという意味ではありません。「男性とお付き合いを始めるスキル」が確実に劣っているのです。
そんなあなたに、「なぜあなたがモテないのか」その理由をズバリお教えいたします。

彼氏が欲しいけどできない女性

理由その1 彼氏欲しい!が顔に書いてある

男性は、恋愛にがっつきすぎる女性を少し敬遠してしまうもの。会社の同僚相手に、取引先の男性に、合コンで出会った男の子に、はたまた街を歩く殿方に…「彼氏欲しいオーラ」を全開にしちゃっていませんか?

彼氏がほしすぎて焦る気持ちはわかりますが、あまりにもアピールしすぎているとどんどん男性たちは遠のいていってしまいます。男に媚びを売るような態度に、ついには女性たちもあなたから離れて行って…恋人どころか、気づけば天涯孤独の身、という恐ろしいエンディングを迎えてしまうかも!

彼氏欲しさが顔に出ている女性

がっつきすぎはNGでっせ!

彼氏がほしくてほしくて仕方のないときこそ、男性には気のない素振りでスマートに接しましょう。

だって男はみんな野生のライオン!
「食べて食べて!」と駆け寄ってくる獲物より、自分の姿に気づいていない(ように見える)獲物に食らいつきたくなるはずですよ☆

体験談

依存しない女

ゆきんこ(30歳前半)のお話

20代後半に30歳までに結婚したいとか、周りがドンドン結婚していくのを見て、何となく男性に気に入られたいと思うためか相手に随分、合わせていたような気がします。30歳になり仕事が面白くなってきたせいか、周りでおかしなことを言っている男性(例えば足の綺麗な女の子と結婚するとかね)を見て、男性も中身だなぁと思いました。自分もそう思うんだから男性も同じように感じるだろうと思いました。そうして自立して生活できる女になり好きな趣味にも打ち込みました。その結果、ほどなく同じ趣味の彼氏ができました。

体験談

諦めて仕事に打ち込んだら評価された

もえこ(28歳)のお話

大好きだった人にフラれてから全然彼氏が出来なくて、合コンに頻繁に参加したり、友達に男を紹介してもらったり頑張っていた時期があります。だけどどうしても出来ないので、もう諦めて独り身でいようと仕事に打ち込んだところ、会社の先輩から告白されました。今の部署に移動してから密かに憧れていた先輩だったので、凄く嬉しくて即OKしました。先輩は30代目前にしても結婚に逃げず仕事に打ち込む姿勢に惹かれたと言ってくれました。それに、年齢や性別で分け隔てることなく接することができる私が好きだとも言ってくれました。本当は私も仕事を捨てて結婚に逃げようとしていた一人だけど、自分に課せられた業務を全うすべきかなと仕事に向き合うようにして本当に良かったです。男を漁っているより、仕事など目の前のことに力を入れた方が誰かが見ていてくれるかもしれませんよ。

理由その2 魔法の呪文で自分を慰めている

自分がモテない理由を、適当な言い訳でごまかして他人のせいにしていませんか?

例えば、「彼氏?できないんじゃなくて作らないの!」とか、「あたしがモテないのは周りの男が悪いのよ!」とかなんとか…。イタッ!聞いてて痛いですよお姉さん!!
そんな戯言で自分を慰めるくらいなら、得意料理のひとつでも増やして女を上げましょう。

高飛車

今はバブルじゃないんです

モテないのに高飛車な女なんて今どき需要ありません!自分を慰める魔法の呪文は、極力胸の中に抑えておきましょう。

「ひとりでいるのも好きだけど、ときどき寂しくなるなあ…」なんて、大人の女性が言ったらグッときちゃう男性も多いはず。
強がりがカワイイのは10代までなんだからね!

理由その3 完璧な女すぎる

美容には誰よりも気を使い、家事もこなせば仕事もこなし、趣味は英会話とジムでの筋トレ。はっきり言って私、めちゃくちゃイイ女。なのに恋人がいるのはいつも、料理も仕事も中途半端にしかできない、趣味はかカラオケとショッピング☆みたいなチャラい女ばかり!一体私のなにがイケナイの!?( `口´)
…ずばり言いましょう。それはあなたが完璧すぎるからです。

女性が仕事をバリバリこなすのは一般的な世の中。けれど、恋愛・結婚となるとやっぱり男性は、「自分が外でたくさん稼いで女性を守ってやる!」という本能的なものをみなさんお持ちです。プライドの高い男性も多いので、仕事も家事もなんでもこなしてしまうあなたを見ていると、そこに自分の入るスキなど微塵もないように見えてしまうのでしょう。ホントは、女の子はみんな寂しがり屋のうさぎちゃんなのにね…

完璧だけど彼氏が欲しくてもできない女

ギャップこそ至高。

完璧なあなただからこそ、うさぎちゃんな部分を見せることによってギャップ=萌えポイントが成立するのです。

ときどきわざとちょっとしたミスをしたり、かっこつけず素の自分を出してみましょう。
もちろん、スキを見せるのはスキな相手の前だけでね

体験談

賢い女性から頑張らない女性に

らん(25)のお話

私はとにかく、自分のことは自分でやりたいタイプ。人様にもご迷惑はかけたくないし、褒められるなら「頭がいいね」と言われたい。でもこれって男性からすれば可愛くも何ともないんですよね。賢い人は、女友達で十分。自分の彼女が何でもできる女である必要って全くないんです。だって何かあれば二人で解決して乗り越えていけばいいのだから。そう気づいて、頑張るのは一切やめました。がんばればできるかもしれないことも、とりあえず「分からない、どうする?」と投げかける。そうすれば助けてくれる人も増えるし、可愛い女の子にもなれるから一石二鳥だし、簡単に彼氏もできました。

理由その4 周りの男を見下している

プライドの高すぎる女性は、ときに自ら素敵な出会いを逃してしまっていることもあります。身の回りにいる男性に対して、「あたしにはもっとふさわしい王子さまがいるはず!」とはなから突き放していませんか?
もしかしたらそのうちの誰かが、あなたに好意を寄せているかもしれないのに…。

妥協しろと言うわけではありません。でも、遠くの理想ばかりを追い求めるのはたまにはお休みして、もっと近くも見渡してみることで新しい恋の発見ができるかもしれないのです。

身近な男を見下す女性

周りをよく見まわしてみて!!

真実の愛、それは身近なところで手に入れられることも多いものです。今まで恋愛対象として見ていなかった男性の良いトコロを探してみましょう。

もうすでに出会っているかもしれませんよ?運命のお相手に

体験談

プライドが高い女は小さなプライドは捨てるべき!

しぃ子(20代後半)のお話

私に彼氏ができなかった理由はプライドを守っていたからです。彼氏が欲しいと思っても親友にしか言いませんでした。「彼氏募集中です」というのがどうしても言えなくて、周りにアピールが全くできていなかったのです。だから出会いの場への誘いもしてもらえなかったし、出会いがないので彼氏もできませんでした。その要らないプライドを捨てて、職場や友人に幅広く「彼氏がほしい~」というようなになって職場の先輩に男性を紹介してもらいました。これで彼氏ができたのです。つまり大事なのは小さなプライドなんて捨てて、幅広く彼氏募集中だとアピールすることだと思います。

体験談

男性が、ライバルではなく良い面を見る対象に変化

ぽぽりん(40代前半)のお話

ずっと仕事中心の生活でした。周囲は男性社員も多く、心のどこかに「男性には負けられない」といった気持ちがあったと思います。同僚は協力して仕事をするのではなく常にライバル。男性には隙を見せられない、といった思いが身についてしまっていたと思います。友達から男性を紹介されたこともあったけれど、常に自分との優劣を比較してしまいました。私より優れていれば劣等感を感じ、劣っていれば下に見てしまう。それが解消されたのは、昇進がきっかけでした。認められたことで、思っていた以上に自分に自信が出て、周囲をライバル視したり比較することがなくなりました。必要とあれば、部下に自分の失敗談などの体験談を話すことも。気持ちに余裕が出たので、意識して部下の男性の良い面を見て、生かすように声を掛けるようにしました。その後、職場でお付き合いする人ができました。穏やかで仕事の悩みなどを話し合える最良のパートナーです。

体験談

恋愛も「与えよ,さらば与えられん」!

もこたん(24歳)のお話

22歳まで彼氏ができませんでした。中学~大学はずっと共学で,男性がいなかったわけではなかったし,特別人付き合いが苦手だったわけでもなく,外見はむしろ自信がある方でした。「高嶺の花なんだね」と言われるのを真に受けて,いつか自分にふさわしい人がアプローチしてきてくれるはず,と自惚れていました。でも,受身でいては彼氏なんてできないんです。22歳のバレンタイン,仲良くしていた後輩の男の子が「チョコが欲しい」と言っていたので,年下で気兼ねなかったこともあり,深い意味なくあげました。その後,彼が積極的に,恋愛として攻めてきてくれるようになりました。やがて私も彼を恋愛対象として考えるようになり,恋人へ。後から聞くと,バレンタインで「脈ありかも」と自信が持てたことがきっかけだったそうです。待っているだけじゃなく,まずこちらから,「来ていいんだよ」と示さなきゃダメなんだなーと思いました。

理由その5 女としての努力を怠っている

今、グサッと胸に何かが突き刺さった人、正直に挙手。
そう、彼氏が欲しいというなら、女性としてそれ相応の努力はやっぱり必要です。毎日メイクに手を抜かなかったり、お風呂上りのスキンケアやヘアケアを入念に行ったり、たまにはエステやサロンに通ったり…そんなことで構いません。あなたは美しい女性でいるための努力を何か一つでも続けていますか?

長年彼氏のいない女性は、「どうせ見せる相手なんていないんだから…」とどこかで手を抜いてしまいがち。そのせいでさらに男性とのご縁は遠ざかり、またさらに手を抜き始める…という悪循環!この輪っかから抜け出さなければ、いつまで経っても素敵な彼氏なんてできそうもありませんね。

今現在、あなたに恋人がいないからと言って、一週間後、明日、はたまた今から1時間後に恋のチャンスが巡ってこないとも限りません。いざというときに「ヤバ!足の毛剃ってない!」なんてことにならないように、いつだって誰かが見てくれているという意識を忘れずにいましょう。

女性としてのケアは怠たらないこと

女を捨てた時点であなたの恋愛終わってる!

彼氏のできないときは、空いた時間を自分磨きのために費やしましょう。きっとあなたの努力を、誰かが評価してくれるはず!

体験談

自分磨きを頑張りました。

みゆみ(30代後半)のお話

昔から男性と話すことが苦手で、男性と話す機会はあっても会話が続かず男性と仲良くなれずにいました。何年も彼氏ができず悩んでいましたが、まずは自分に自信を持とうと思い英会話スクールに通ってみたりたくさん本を読んだりして自分の趣味を充実させることに専念しました。色々なことに目を向けることで自然に人と話すことが楽しくなり会話も続くようになり、英会話スクールで出会った男性とお付き合いすることになりました。どこでどんな出会いが待っているかは分からないので、色々なことに目を向けたりして自分磨きを頑張っていくことはとても大切だと思います。ただ黙っていても彼氏はできないのでできることから行動してみると良いです。

理由その6 慎重すぎるから

交際を望んでいながら冒険することが怖くて、安全な道ばかり歩こうとする女性がいます。男女問わず、恋に臆病な人たちは大勢います。自分の世界が内に向かって肥大していくばかりで、他の世界が見えてこなくなると、恋は危険な出来事に感じられるのかもしれませんね。その危うさが逆に自分で分かっていれば、一歩踏み出す勇気を出して新たな恋の展開をつかめます。

体験談

慎重派から何事も経験タイプへ

はんぞー(26代後半)のお話

私はずっと彼氏ができたことがなくて、付き合うということ自体にすごく慎重になりすぎていました。ご飯に行ったり二人でデートしたり、泊まりで旅行に出かけたり。男友達や友達以上恋人未満の関係にはよくなるのですが、付き合うような雰囲気になると、なんだか自信がなくなったり、本当にこの人と付き合っていいのか?と心配になって距離をおく。そんなことをずっと繰り返してきました。でも、いいかげん周りからも説得されて、いいなと思う人が自分のことを思ってくれているようなので、お付き合いをすることになりました。たしかに嫌なところも見えてくるし、付き合うデメリットもあります。でも、それ以上に何事も経験してみないとわからない部分は大きいです!実際付き合ってみて、よかったなと思っています。

体験談

優等生を辞めてみる

ticktak(32歳)のお話

仕事が終わってからまっすぐ帰宅する、飲み会があっても日付が変わる前には帰宅するのが当然で遅くなるときでも終電は逃さない、急な飲み会の誘いは受けず晩御飯は家に帰ってから食べる、など社会人になってからも優等生でいた私。ある時先輩が企画してくれたコンパに参加しました。その席で素敵な男性と出会い、これは逃したらいけないとなぜか強く思い連絡先を交換します。事前に約束してデートすることもありましたが、「今日は仕事が早く終わったから、今から会えないかな」と誘われることも増えてきました。初めは戸惑いつつもこの人は逃したらいけないと、急な誘いにも断ることをしないでいると晴れて彼女になることができました。その後も終電は逃さないという事は守り続けましたが、自分の中にあった枠を取っ払ってみたことが良かったのだと思います。

体験談

積極的に外へ出て行くようにしました

オレンジ(30代前半)のお話

わたしは元々、インドア派でした。休みの日はおうちの中にいたい性格でしたが、それでは出会いなんてあるはずがありません。そこで、積極的に外へ出て行くようにしました。毎週末、どこかで開催している興味があるイベントに参加したり、趣味のサークルも始めました。わたしはカメラを趣味にしていますが、出先で良いカメラを持っている人を見かけると自然と声をかけやすく、SNSで交流できるまでになりました。知らないところでもどんどん出かけて、縁を掴みに行く勢いが大切です。

いつも同じ仲間とばかりの限定された交流しかないのであれば、違う女友達を作って、もっと広い交流の場に出会いを求めるのも大切なことです。そんな体験談をご紹介します。

体験談

狭い交友関係を変え、いろいろなタイプの友人をつくった。

chitan(42歳)のお話

なぜ自分には長い事、出会いがなく好みの人が現われないのだろうと、いつも悩んでいました。週末は決まった仲間と女子会で集まっていましたが、一度職場の同僚から飲み会に誘われ行った時に、その場にいた女性と気が合い連絡先を交換して、その後の飲み会はその友人の友人と友達になるという感じで女性の友人がすごい勢いで増えました。友人のタイプが異なるためか出会う男性のタイプも変わってきました。また飲み会で気になる人がいたら友人からその男性にその旨を伝えてもらうようにしたら、男性からも連絡がくるようになりました。そして、その中の一人と付き合うことになりました。彼氏が出来たのは、自分自身いろいろなタイプの人と付き合うことで世界観が変わり、対人関係に余裕が出来た事が大きかったように感じます。

そのほかの理由いくつか

彼氏欲しい彼氏欲しい言いすぎ

彼氏がほしい気持ちは分かります。ですが・・・

「彼氏欲しがり過ぎのオーラはガチで喰われそう、怖い!」(20代男性)

男は女性に積極的に迫られると「何かあるのでは?」と怖くて引いてしまいます。熱心すぎるショップの販売員から服を買うのと同じです。

お喋りで信用できない

周りに「彼氏がほしい」と言っているあなたを、男性は冷静に観察しています。

「お喋りな女と付き合った途端、友達に自分のプライベートをバラされそうで信用できない!」(30代男性)

彼氏ができたら、今度は「彼って○○なの」と、恋愛の様子まで言いふらされそうで、関わるのが怖い!と、恋愛に発展する前から、男性に引かれているのかも。

余裕がなさすぎ

男性と仲良くなった結果、自然に彼氏・彼女の関係になるのに、そういった本来当たり前のことを忘れてしまっている女性は男性から見ると理解不能なのです。

彼氏を作るという目的に一直線すぎて、彼氏を作る過程を楽しむゆとりをなくしてませんか?

こういう状態の女性は会話をするとき、「彼は本当はどう思っているのかな?」と考えないで「どうしたら彼氏にすることができるかなぁ?」と考えがちです。
その結果、ついつい会話が上滑りになり“自分の事しか見えていない最低な女”と判断されてしまうのです。

謙虚じゃない

女友達に「あなたに彼氏がいないなんて不思議!」とか「そんなに可愛いし、いい子なのに!」とか言われて「本当に!こんなに可愛くて素敵な私に彼氏がいないなんて不思議」とか「私の彼氏になれる人は本当にラッキーね」と思っていませんか?

謙虚じゃない態度が、あなたを恋愛から遠ざけているのです

もしかして、思うだけでなく口に出して言ってしまったりしていませんか?その一言、男性は聞き漏らしませんよ!
女友達の慰めは社交辞令なのです。本気にしてはいけないのです。

男を意識しすぎ

男受けを意識し過ぎるあまり、雑誌で特集されている「モテファッション」をそっくりそのまま上から下まで固めてしまったり、常に上目遣いでアヒル口だったり、そんなことはしていませんか?

男性が怖がる意識し過ぎな2タイプ

  • タイプ1 男受けのことしか頭にないの?と指摘されそうなくらいに「THE 男受け」で全身を固めている
  • タイプ2 「わたし男性なんて興味ないよ!」と全身アピールしてる

タイプ2の女性は、ボーイッシュではなく男としか思えないファッションだったり、タトゥーシールをポイントでなく、腕全面もしくはうなじ全体に貼ったりとか、もうどこか壊れてしまったような意識しなさすぎのファッションの女性です。

男性の中には、このような女性に会うと女の子としてというより、同じ空間で安らげる人間として見ることができない人が多いのです。

外見&中身の自分磨きが大事!

欲しがりません、勝つまでは。けれど地道に努力をしましょう。

なぜ彼氏ができないのか―――。 その理由はきっと人それぞれですが、忘れてはならないのは、出会いは常にあるということと、あなた自身に魅力がないわけではゼッタイにないということ。恋人がいるいないに拘らず、自分の楽しみを持って前を向いて歩んでいれば、そんなあなたを見てくれている人は必ずいます。

まずは鼻息荒く恋を探し求めるのをやめてみましょう。付き合うきっかけを作る方法で恋のチャンスを引き寄せる特集をチェックしつつ、理想の彼がポンッと音を立ててあなたの恋のお相手が現れるのを待ってみてくださいね♪

メニュー閉じる