ダイエットいらず?!痩せる食べ方でスリムボディ&彼氏をゲット

痩せる食べ方でスリムなボディを目指しましょう♪早食い・夜遅くの夕食・間食は太りやすくなるといますよね。ということは反対に、ゆっくり食べる・早めの夕食・間食をしないの3つに気を使えば痩せるということかもしれません。

ダイエットいらず?!痩せる食べ方でスリムボディ&彼氏をゲット

ただ食べ方を変えるだけ!今すぐ始められる5つの痩せる食べ方

寒い季節なら何とか厚着で隠すことができても、ぽっちゃりしてしまった体型をいつまでも隠し通せると思ったら大間違いです。だからといって無理にダイエットをしても、食べられないストレスが原因で結局リバウンドしてしまう…。無理せず簡単に痩せる方法はないのかしら?とお悩みの女性は多いはず。

そんな女性におすすめなのが、食べる量を減らすのではなく変えるのは食べ方だけ、という夢のようなダイエット。「食事を減らしたくない」「甘い物が我慢できない」という欲張りな女性にピッタリです。「ダイエットは明日から」の口癖は当分の間、封印しましょう。そして、今日から早速、ここで紹介する「痩せる食べ方」に挑戦してみて下さい。

1 早食いせずに時間をかけてゆっくり食べる

早食いせずに時間をかけてゆっくり食べる

食事はゆっくり食べると消化にいいだけでなく、食べ過ぎを防ぐ効果があります。人は食べ始めてからお腹がいっぱいになったと感じるまで、20分ほどかかるといわれています。

例えば、ある一定の時間食べ続けるとしたら、急いで食べるよりもゆっくり食べた方が、量が少ないですよね。食べ始めて20分後に満腹だと感じるのなら、ゆっくり食べた方が少ない量で満足感を得られるので、食べ過ぎを防ぐことができるのです。

痩せるためのワンポイントレッスン

「早食い」はダイエットをする上で最も危険な食べ方。ゆっくり食べるよりも満腹感を得られにくく、食べる量が増える危険性があります。

2 1口30回を目安によく噛んで食べる

よく噛んで食べる

よく噛んで食べることも、少ない量で満足感を得ることにつながります。しっかり噛むことによって脳の満腹中枢が刺激を受けて、満腹感を得られやすくなるのです。

また、顔の筋肉を使ってしっかり噛むと、知らず知らずのうち筋トレしていることになり、リフトアップや小顔にもつながります。1口食べたら30回しっかり噛む、それだけで痩せられるならジムに通うよりも、よっぽど楽チンですよね。

痩せるためのワンポイントレッスン

テレビやスマホなどによる「ながら食べ」は食事の満足感を低下させるので要注意。噛む回数を数えることで食べることに集中すれば、少ない量でも満足感が得られます。

3 お腹にたまりやすいサラダや汁物を先に食べる

サラダや汁物を先に食べる

好きなものは先に食べる方ですか?それとも後で食べる方ですか?もし、食べる量を減らさずに痩せたいのなら、一番先に食べるのはサラダやスープ、味噌汁と決めましょう。

水分が多いサラダや汁物を先に食べるとお腹がいっぱいになって、お肉やお魚などの主菜やご飯などの主食の量を抑えることができます。また、サラダなどの食物繊維が豊富な食品を先に食べると、主食に多く含まれる糖質の吸収を抑えて太りにくくなるという、うれしい効果もあるようです。

痩せるためのワンポイントレッスン

炭水化物は消化吸収が早く、血糖値が上がりやすい食品です。そのため、ご飯やパン、パスタ、じゃがいもなどを使ったメニューは、食事の後の方に摂ることをおすすします。

4 間食は空腹時を避け食後に食べる

間食は空腹時を避ける

食事と食事の間に小腹がすいてしまうと、つい甘いものをつまみたくなりますよね。でもちょっと待った!空腹時の甘いものは脂肪に変わりやすいので要注意です。

それでも、大好きなお菓子はやめられない、甘いものを我慢したくない。そんなスイーツ好きには、食後すぐに食べることをおすすめします。食後ならお腹がいっぱいなので、甘いものを少し食べただけで満足できるはず。それに主食と一緒に消化されるので、ゆっくり糖分が吸収されるので太りにくくなるというわけです。

痩せるためのワンポイントレッスン

昼食から夕食までの間などに、お腹がすいてどうしても何を食べたくなったら、ナッツ類や小魚がおすすめ。噛みごたえがあるので満足感が得られます。

5 夕食は早い時間に食べる

夕食は早い時間に食べる

「寝る前に食べると太る」とよく聞きますよね。それは、ほとんど寝ているせい。昼間の時間帯に比べて活動が少ないので、夜は脂肪が分解されにくく太りやすくなるのです。

晩ごはんは寝る3時間前までに食べるのがポイントです。11時に寝ているという人は、遅くても8時以降に食事を摂るのはNGとなります。「お風呂上りのアイスクリームが習慣」「ダラダラと晩酌を続けてしまう」そんな人は、生活サイクルを見直すことで自然と太りにくい体に変わっていきます。

痩せるためのワンポイントレッスン

早く晩ごはんを食べたせいで寝るまでにお腹すいてしまった場合は、低脂肪乳を使ったホットミルクや低カロリーのコンソメスープやスープ春雨がおすすめです。

食べ方を見直して目指せスマートボディ!

ここで紹介した痩せる食べ方は、食べる量を減らすのではなく、あくまでも食べ方を変えることをおすすめしています。サラダや汁物から、よく噛んでゆっくり食事をするだけでも効果は表れるはず。

無理をしたり、ストレスを感じたりすることもないので、気長に続けられるのもおすすめポイントです。食事を楽しくおいしくいただく。それで痩せられるなら、今すぐにでも始めたくなりますよね?

ついつい食べ過ぎちゃう飲み会も今回紹介した方法で乗り切ってくださいね!また、合コン必勝法特集もチェックして、盛り上げ上手なモテ子に変身しましょう♪

メニュー閉じる