彼氏への年賀状は内容が命・できる彼女の新年のメッセージ

彼氏へ年賀状を送ろうと思っている女性は必見!彼女だからと、ただ送ればいいというものではないんです。マナーを守って、彼氏からも愛され、実家暮らしならご両親からの好感度の上がる年賀状にしたいもの。デキる彼女はやっている年賀状のマナーをご紹介!

彼氏への年賀状は内容が命・できる彼女の新年のメッセージ

彼氏への年賀状にもマナーがある!?

彼氏へ年賀状を送ろうと思っている女子は、どんな風に送ればいいのか悩む人も多いかもしれません。年賀状は、配達の方や彼の家を訪れる人の目に触れる可能性も高く、メールやLINEのように、好き勝手書くというわけにはいきませんよね。
しかし、男性の中には「彼女に年賀状をもらうと嬉しい」という人が多いのも事実。できれば、好感度をアップできるような年賀状を送りたいものです。

そんな少々難しい年賀状ですが、愛される彼女がやっているマナーを知って、彼氏への年賀状作成に活かしてみませんか?最低限知っておきたい、彼氏への年賀状のマナー7つをご紹介します。

【彼氏への年賀状】愛され彼女がやっているマナー7つ

それでは、彼氏への年賀状で絶対に失敗しない、最低限守りたいマナーを7つご紹介します!基本は、年賀状は手紙やメールとは違うものというのが理解できていれば、大きく相手をガッカリさせることはありません。具体的なマナーをみてみましょう。

彼氏への年賀状のマナーその1 人から読まれることを想定した内容

年賀状を読んでる男性

ハガキで送る年賀状は、配達する人や彼の家を訪れた人が読む可能性が高いものです。「好きだよ」「愛してる」などの言葉は、できるだけ書かないようにしましょう。ご両親が見る可能性もあるので、彼氏への思いやりとして読まれたら恥ずかしい文章は避けるといいですね。

全体的なデザインも、人に見られることを想定したものにすることで、彼氏がお正月から顔が真っ赤!なんて事態も避けられます。オリジナリティーを追求しすぎて、やりすぎてしまうと逆効果。年賀状はできるだけシンプルに、そしてしっかりとした内容にした方が、好感度はアップします。

こんな年賀状は絶対にNG!

「○○君、今年もたくさんイチャイチャしようね!愛してるよ~

彼氏への年賀状のマナーその2 元旦に届くように送る

ポストに投函する手

基本中の基本ですが、やっぱり年賀状は元旦に届くように送るのがマナー。どんなに一生懸命書いても、数日遅れて届くとルーズな印象を与えかねません。実家に住んでいる彼なら、尚のこと注意しましょう。ご両親への好感度を上げたいなら、間違いなく元旦に届くように投函することは必須です。どうしても元旦に間に合わなかった場合は、新年最初のデートで手渡しするといいでしょう。

こんな年賀状は絶対にNG!

3日を過ぎて送られてくる年賀状には、あまり特別感を感じられないものです。送るなら元旦が絶対条件と思いましょう。

彼氏への年賀状のマナーその3 ダラダラと長文を書かない

ハガキに細かい文字で、ダラダラと長文を書くのはNG!年賀状は手紙ではないので、新年の挨拶と割り切って、できるだけシンプルにまとめましょう。伝えたいことがたくさんあるのは分かりますが、年賀状での長文はあまりいいものではないので、注意したいポイントです。彼氏は良くても、その年賀状を見たご両親や友人は、少々引いてしまうかもしれません。伝えたいことはメールかLINEにして、年賀状はスッキリとさせるのがマナーです。

こんな年賀状は絶対にNG!

去年は○○に行って楽しかったね。そういえば、あの時△△して面白かったな。
今年は、□□に行ってみない?××もいいよね。
彼:(あぁ・・・読むのメンドくさい)

彼氏への年賀状のマナーその4 基本的に文字は手書きで

手書きで文字を書く女性

パソコンで年賀状を作る人も多いとおもいますが、彼へのメッセージは手書きにしましょう。ある統計では、ガッカリする年賀状ランキングで1位となったのが『手書きが一切ない年賀状』でした。どんなに心を込めた文章も、印刷だとやっぱり寂しいですよね。一生懸命手書きされた文章は、彼の心に伝わりやすくなるものです。イラストや決まった文章は印刷でも構いませんが、彼への感謝の気持ちや、今年もよろしくといった言葉は、手書きするようにしましょう。

また、手書きする際には、相手に分かりやすい文字で書くようにしましょう。間違っても流行言葉を使ったり、文字の大きさをムダに変えたりすることは辞めましょう。特徴がありすぎて、見辛い文字も避けた方がいいですね。

こんな年賀状は絶対にNG!

  • 全て印刷でオリジナリティーのないもの
  • 手書きだけど書き直しすぎて汚くなっているもの
  • 字に特徴がありすぎて読み辛いもの
  • メールやLINEと混同しているようなもの(wwなど)

彼氏への年賀状のマナーその5 実家ならご両親にも好かれる文章を

年配の夫婦が笑顔で並んでいる

彼氏が実家に住んでいる人や、帰省しているので実家に年賀状を送る場合は、ご両親が見ることを前提に送るようにしましょう。間違いないのは、シンプルでしっかりとした文面、そして彼氏やご家族への労いの言葉が入っているといいですね。
「ご両親にもよろしくお伝えください」「風邪ひかないよう用心してくださいね」
といった労いの言葉は、ご両親に“優しい子・しっかりした子”という印象を与えられます。

また、場合によっては実家には送らないほうがいいケースもあります。ご両親と彼の関係次第では、新年から彼氏の家族にもめ事を持ち込むことにもなりかねません。彼氏が実家に住んでいる場合は、あまりサプライズを考えず実家に年賀状を送っていいか聞いた方が無難です。彼があまり良い返事をしなかったら、新年のデートで手渡しするといいでしょう。

こんな年賀状は絶対にNG!

両親が見る可能性が高いのに、普通のラブレターのような内容はNG!また、変わった字を書いてしまうと、ご両親に悪い印象を与えてしまうので、誰でも見やすい文字で書くようにしましょう。

彼氏への年賀状のマナーその6 イラストにも注意しましょう

彼氏とのツーショット写真を持つ女性の手

文章だけの年賀状だと寂しすぎます。イラストも添えたほうがいいのですが、その際はイラストの内容にも注意しましょう。お正月や新年と関連の全くないイラストや、自分の好きなキャラクターなどのイラストは避けた方が無難です。あまり居ませんが、2人の写真を背景にしていて失敗したという女性もいます。通常の年賀状でも、人物の写真は嫌がられる傾向が強いので、できるだけ避けるようにしましょう。

こんな年賀状は絶対にNG!

イラストが気になって、文章が入ってこないようなものはNG!

彼氏への年賀状のマナーその7 感謝の気持ちと労いを

ここまで書くと「何も書けない!」と思う方も多いかもしれませんが、シンプルな文章と内容にして、最後に彼への感謝の気持ちと労いの言葉を書けば、それだけでじゅうぶん彼に気持ちは伝わります。「昨年は○○君が居てくれたおかげで本当に楽しい1年でした!ありがとう」や、「今年はわたしの方が○○さんを支えられる様に頑張ろうと思っています」
という風に、彼への感謝の気持ちを伝えられれば、彼は新年から幸せな気持ちで過ごせるのではないでしょうか?

こんな年賀状は絶対にNG!

自分の気持ちや決意表明ばかりの年賀状は、読む人を疲れさせてしまいます。相手を思いやった文章を心掛けて。

彼氏への年賀状で新年からラブラブに!

彼氏への年賀状は、友達のように気楽にはいきませんが、マナーを守って送ることで彼からの印象も変わることは間違いありません。きちんとすべきことはできる女性というのは、男性にもウケがよく、結婚を考える時にも重要視されるポイントです。素敵な年賀状を送って、来年もラブラブな恋愛を楽しんでくださいね!

まだ片思いで彼の連絡先を知らない!と言う女子は連絡先交換を自然に聞き出す方法を見て、好きな人に年賀状を送ってみては?

メニュー閉じる