一途な女にありがちなNG特徴4つ

一途な女は一歩間違えると“重い女”になりがち。今回は一途な女性アピールが逆効果になってしまうNG例をご紹介。彼にいつまでも愛されたい女性は見逃せない、本当に男性が求めている「一途な女」になるための方法をご紹介いたします。

一途な女にありがちなNG特徴4つ

一途な女は重いと思われてしまう特徴・彼氏が嫌がるNG行動

巷でよく言われている「男性は一途な女が好き」、これって本当にそうなのでしょうか? 確かに、自分のことだけをずっと見ていてくれる彼女がそばにいれば、可愛くて仕方ないかもしれません。でも、実は男性にとって一途な女と重い女は紙一重。ちょっとその一途さが男性の求めるものとズレてしまうと、すぐに「なんだかしんどいかも…」と思われて重い女になってしまいます。

当然ながら、男性から見た「重たい女」の評価はいまひとつ。彼氏がずっと大切にしたくなる、男性の理想とする“一途な女”になるためにはどうすればいいのでしょうか?その微妙なボーダーラインを見極めるべく、今回は男性から見て「コレは俺の求める一途さじゃないっ!」というNG行動を具体的にご紹介しましょう。彼の理想の“一途な女”になるための方法を一緒に探っていきましょう!

NG行動1 いつでも彼氏を最優先にする

彼氏を選ぶ女性

彼氏ができたとたんに友達付き合いが悪くなるというのは、女の世界ではもはや暗黙の了解。しかし、男性は基本的に彼女ができても友達との時間をそれまでと同じように大切にする傾向があるので、そういう女性の恋愛体質なところがイマイチ理解できません。

男性は、自分に理解できない女性の行動を「女ってコワイよな…」で片付けます。しかし、このコワさが時として彼女の印象を薄気味悪く見せてしまうことも…。

今度の日曜って空いてる?

あなた

うんうん!空いてる!A子と出かける予定だけどキャンセルするし♪

え?それならいいよ、A子ちゃんと出かけてきなよ

あなた

なんで?○○くんとの予定以上に大事なものなんてないに決まってるじゃん?

あは、そう…??(う、嬉しいけど…人としてそれで良いのかな…)

男性にとっては、「そこまでしてほしいなんて頼んでないけど…」というのが正直なところ。付き合った途端に彼女の世界が自分一色になることを喜ぶ男性もいるにはいますが、それは少数派です。彼氏を優先する姿勢自体は彼氏にとっても嬉しい一途さですが、すでに他の人との約束が入っているのをキャンセルしてまで優先しなくていいのでは?先約をきちんと守ることができる彼女の方が、彼氏は安心して信頼することが出来るでしょう。

NG行動2 彼氏の言いなりになる

手錠で従うカップル

社会に強い女性が増えてきた反動か、従順で男性の言うことをニコニコしながら受け止めてくれる古き良き女性像が、男性の間で再び人気になっています。女子会でも「なんだかんだ言って男性にモテるのは控えめでおしとやかな女性だよね!」という話題は必ず上るのではないでしょうか?

しかし、何も男性たちは「女は黙って男の言うことを聞いていれば良い」と思っているわけではありません。実際は、「自分の話もきちんと聞いてほしい」と思っているだけなのです。男性は、パワフルな女性のお喋りにさらされていると、それだけでお腹がいっぱいになって自分の話はもういいや…となってしまうことが少なくありません。しかし、本音では自分にだって話したいことがあるので、「(自分の話にもちゃんと耳を傾けてくれるような)おしとやかな女性がいいな」と言っているわけです。

これを「おしとやかにしていれば良いのね!」と、勘違いした女性が何をするにも彼の後をついて行くだけで、「○○くんのしたいことをしよう♡」と100%彼氏の言いなりになってしまうと、彼氏としては付き合っていても何となく味気なく、面白みに欠けてしまい、やがて飽きられてしまうでしょう。自分にべったりもたれかかってくる感じがプレッシャーになる男性も多いようですよ。

NG行動3 約束もしていないのに会社の前で待っている

会社の入り口で電話する女

女性からしたらちょっとしたサプライズのつもりかもしれませんが、何の連絡もなく会社の前で彼氏が出てくるのを待ちわびる・彼氏の家に突然押しかけるなどは男性から嫌われる行動でしかありません。

なんで?それって彼に何かやましいことがあるからじゃないの?と思う女性もいるかもしれませんが、それはあまり関係ありません。

男性には、誰にでもちょっとした縄張り意識のようなものがあります。自分のテリトリーだと思っている場所にいきなり彼女が現れると、それがいくら大好きな彼女といえども、多かれ少なかれ戸惑ってしまうのです。つきまとわれているかのような錯覚を覚えて、あまり気分が良くない人もいるほどです。仕事とプライベートの顔はきっちり使い分けたいと思っている男性も多いので、彼氏に会いたい時にはきちんと連絡をしてから会いに行きましょう。

NG行動4 「彼氏とデート」以外の予定がない

デートの予定が詰まったスケジュール帳

次の週末さー、土曜か日曜かどっちか空いてる?

あなた

両方空いてるよ

また別の週…

次の休みって会える時間ある?

あなた

うん♡いつでも大丈夫だよ♡

またまた別の週…

今週末…

あなた

(食い気味に)空いてるよ♡

お、おう…

この時の彼氏の心境があなたには分かりますか?「俺のためにいつも週末空けてくれているんだな~一途な子だな~」なんて感動しているとでも思ったら大間違い!「俺が誘わなかったらいつも一人なのか…?」と、若干憐れみの目で見られているかもしれません。

彼女がすべてを自分のために捧げてくれるのは、ある意味男のロマンとも言えなくはないのですが「強制的にデートしないとダメなムードになる気がして息が詰まる…」という男性もいるでしょう。そうやっていつでも自分のために彼女をスタンバイさせているような状況では、男性が自分の趣味や友達との時間を楽しんでいる間も、どこか後ろめたさを感じてしまうでしょう。

そうなってくると、本来であれば楽しいはずの時間も、彼女と会っていない時間はすべてなんとなく居心地が悪くなって、純粋に楽しめなくなってきてしまいます。もし本当に予定がないのだとしても、彼氏が友達と出かける時には自分も友達とお茶しに行くなど、あなたにもあなたの楽しい時間の過ごし方があるということを彼氏に伝えておきましょう。

一途な女のドン引き行動5つの体験談

ここでは5人の男性から聞いた、一途な女にドン引きしたときのエピソードを公開します!

電車から降りて駅のホームに立つカップル

体験談

学生時代の思い出

drad(20代)のお話

6年ほど前、私が大学生だった頃付き合っていた彼女についてです。同じ大学内ではあったものの違う学部でしたが、自分の受けている授業以外で私が受けていた授業には必ず参加していました。帰る方面が同じであったため、帰宅時間を合わせたかったそうなのですが、もし私の授業が休講になっていたりすると、なにかと理由を付けて自分の授業を休んでいました。また、帰る方面が同じであっても途中の駅で私が降りるため最後は彼女一人で帰ることになっていたのですが、駄々をこねて同じ駅まで私を連れていくか私の降りる駅で降りて自分が満足するまで遊んで帰るというのが日常となっていました。いま常識的に考えてみればドン引きせざるを得ないことでした。

体験談

度がすぎるほど一途な女性

ぴの(20代)のお話

4年間同棲していた元彼女の話です。 付き合ってはじめの1ヶ月は普通だったのですが、どんどん私への好きという気持ちが増していったらしく、家族以外の友達やバイト仲間からの誘いは全て断り、バイト以外の時間は全て一緒の行動を求めてくるようになりました。お風呂を入る時もテレビを見る時もトイレまでも一緒。常に彼女のことを見ていてかまってあげないと機嫌を損ねるぐらいでした。 私の仕事の帰りが遅いと不在着信が何十件も入っていて、寒空の中家の前でずっと待っていることも日常茶飯事でした。 いくらずっと一緒にいたいとはいえ、あまりにも度を超えた行動にさすがに私もドン引きしました。 しかもその行動は4年間付き合いが終わるまで変わることはありませんでした。

体験談

遠い場所から来てビックリ

やす(30代)のお話

自転車に乗った女性

以前交際していた女性ですが、付き合って3ヶ月位した時に日中デートをして別れ際にケンカになり、話中にもかかわらず私は一方的に帰宅しました。その後連絡が来ていたのですが、反応しませんでした。私の家と彼女の家の距離は同じ県内でもかなり遠い所でした。彼女はクルマがないので交通手段は電車かバスでした。ケンカした夜に自宅のインターホンが鳴ったので、玄関を開けると彼女がいました。夜中の上に自転車で1時間以上かかるのに来たのかとビックリしたのですが、頭にきていたので部屋に入ってしまいました。ちょと酷いかなと思いながらしばらく部屋にいて、2時間位してからコンビニに行こうと外に出たら彼女がまだいました。その時、引くほど一途な女だなと思いました(笑)

体験談

一途な女性だけど…

ガイヤ(20代)のお話

昔付き合っていた元カノがとても一途な女性で、その一途過ぎる性格ゆえに耐え切れずに別れてしまいました。ある日、僕が「この日空いてるんだけどどこか行かない?」と聞くと「いいよー」との返事が。その日は普通にデートしたのですが、その後彼女からよくよく話を聞くと友達との予定が入っていたのをキャンセルしたそうで、そのドタキャンがきっかけでその友達と連絡が取れなくなってしまったというのです。それ以降も何度かそういうことがあったので「なんでもかんでも俺優先じゃなくてもいいんだよ?」と優しく言うと「なんでそんなこと言うの?一緒にいたいだけなのに…」と泣かれてしまいました。僕のことを一途に想ってくれているという気持ちはとても嬉しかったのですが、その一方で彼女には重さを感じていました。結局そのケンカから一週間もせずに別れてしまいました。

体験談

出産祝いに友達宅を訪れた時の話

トゥータン(30代)のお話

中学生の頃からの友達に赤ちゃんが産まれたので、当時付き合ってた一途な彼女と出産祝いに友達夫妻宅を訪れた時の話です。彼女も初めは赤ちゃんを見てかわいいかわいいと言って頭をナデナデしたりして楽しそうにしていたのですが、私が赤ちゃんを抱っこしたら少し顔つきが変わって…「どうしたのかな?」と思いましたがそれほど気にはしていませんでした。その後も普通に楽しく過ごして、遅くなってきたからそろそろ帰ろうかと友達宅を出て、家に帰る途中の車内で、彼女が「かわいかったけどさ、あの赤ちゃん〇〇ちゃん(友達の奥さん)の子供でしょ?なんかムカついたんだけど」と言われました。正直背筋が凍りつきました。結局その子とは1年半で別れましたが、一途というか嫉妬深いにもほどがあるというか…こわかったです。

彼氏依存症気味な一途な女の行動は、男性が離れていってしまう大きな原因です。恋愛ももちろん大切ですが、他のことにも目を向けないともれなく重たい女として見なされてしまいます…。

男性は軽やかで一途な女が好き

男性ウケNGな“一途な女の行動例”をご紹介してきましたが、誤解していただきたくないのが、男性は“一途な女”自体が嫌いなわけではないということです。今回ご紹介したNG例に共通するのは、どれも男性が女性の押し付けがましさを感じてしまうところ。「私がこれだけあなたのために一途になっているんだから、その分あなたもちゃんと私を愛さなきゃダメよ!」という、無言の圧力を女性から感じてしまうと、途端に男性は「何この重い女…」と引いてしまいます。

なるべくそういう見返りを求めるニュアンスにならないためには、やっぱり女性側に恋愛以外にも夢中になれることが何かひとつはあるのがベター。その上で「私はずっとあなたが好きだよ♡」という純粋な一途さを貫いていくのが、カレの理想に近付く秘訣です。
また、好きな人に会いたいと思わせるにはを合わせて読むと、彼が追いかけたくなるステキなレディになれると思いますのでこちらもぜひ参考にしてみてくださいね!