高校生彼氏の作り方・勇気ある行動で高校デビューするには

高校生になったら彼氏が欲しい!と思っている女子中学生はたくさんいるのではないでしょうか。苦しい受験を乗り越えて晴れて高校生になったら、彼氏を作って楽しい学校生活を送りたい!と思っている人は素敵な彼氏を作って高校デビューしましょう♡

高校生彼氏の作り方・勇気ある行動で高校デビューするには

高校生になったら彼氏が欲しい中学生女子へ

高校生になったら彼氏が欲しい!!と思っている人って案外多いものですよね。小学生の恋は初恋が多かったり、好きということの意味をあまり理解していなかったり。中学生の恋は、恋に恋をしている時期で本気の恋に気付いている人もいるけれど男子はどうも子供じみたヤツばかり。

高校生になると男子も女子も比較的、大人への階段を上り始めているから恋愛の意識も今までとはちょっと違うものだったりします。今回はそんな高校生になったら彼氏が欲しいと思っている女子中学生必見ですね!

高校生で彼氏を作るコツ1 好きという気持ちは隠さない

図書室で談笑する高校生の男女

受験も終わり、春からは高校生。高校生になったら彼氏が欲しい!と思っている人は多いのではないでしょうか。高校デビューなんて言葉が流行したときもあったように、中学とはちょっと違う高校生活。少しだけ大人になった気分になる人も多いのでは?では、高校生になって彼氏を作るコツとは何でしょうね。

あなたは今までどんな恋愛をしてきましたか?好きな人が出来たときにどんな行動を相手にとってきたでしょうか。どちらかというと女性は好きな人に自分の好意を読み取らせないようにする人が多いようです。それは、自分に自信がなかったり相手との関係を崩したくないという想いが強かったりするからなのかもしれません。

しかし、本当に好きな人を自分の彼氏にしたいと思ったら、自分の好意は最大限相手に表現しなければ伝わることはありません。だって、あなた自身誰かに好かれているとします。その相手が自分の気持ちを押し隠してあなたに接していたとして、あなたは気付くことが出来ると言い切れますか?言えないですよね。だって誰だって、他人の心の奥底までは分からないですもん。では、相手に自分の好意を表現するにはどうしたら良いのか。ちょっと考えてみましょう。

1日1回は会話する

男子学生に話しかける女学生

あなたの好きな人が、友達とかではなく自分だけが知っているという立場だとしても、相手の視界に入ることが大切です。まずはあなたの存在に気が付いてもらうことが、あなたの好意を見せるために最低限必要なことなのです。だって、全く知らない子から「好き」って言われたって、即お断りになるのが普通ですよね。いきなり失恋してしまうよりも、まずは自分の存在に気付いてもらって、意識してもらうことから始めるのです。それには、好きな人と1日1回の会話が大切です。

高校生で彼氏を作るには?

どんなことでも構いません。相手が自分のことを知らないのなら、「おはよう」や「さようなら」なんて何気ない挨拶からでもいいのです。だって、「えっ?あれ誰だっけ?」なんて思ってもらえたら、その時点であなたに気が付いてくれたってことでしょう?

いつしか「おはよう!」なんて返事して貰えるようになったら、すごく距離が縮まった感じがして「きゃぁ~!!」って叫びたくなりますよね☆

視界に入る時間を増やす

男子生徒の前に立って微笑む女子生徒

好きな人に自分を意識してもらう近道は、相手の視界に入る時間を増やすことです。いつも自分に声をかけてくれる子が、そういえばよく見かける存在だった。そんなことに気が付いた頃には、きっとあなたの存在に意識が行くようになっている証拠です。

高校生で彼氏を作るには?

高校生になって、彼氏が本気で欲しいと思うのなら、好きな人の視界に入る時間を少しでも増やすように頑張りましょう。

プレゼントは絶対にあげる

プレゼントを持つ女子高生

好きな人と友達になったなら、そこからはもっとストレートに自分の気持ちを表現してもいいかもしれません。誕生日やバレンタインは絶対にはずせないイベントごとです。高校生になると、バイトをする人も増えますよね。そうなると少し自分で自由に使えるお金も増えます。

高校生で彼氏を作るには?

バイトをすると今までよりちょっとプレゼントを選ぶ幅も拡がるはずです。高校生なら高校生らしいプレゼントを選ぶのが一番良いでしょうが、相手の好みをきちんとリサーチしたうえで選ぶのがいいでしょう。

高校生になって彼氏が欲しいと思ったら、このプレゼントをきっかけにデートに誘ってみるのもいいかもしれません。あなたの気持ちを伝えるきっかけにすれば良いのです。

高校生で彼氏を作るコツ2 共感出来るところを見つける

高校生になって彼氏が欲しいと思っている人は、自分と話しの合う周囲の男友達を観察してみて下さい。あなたが共感出来るところはありませんか?あなたが好きな人に対しても、同じように共感できるところを探して見て下さい。人は相手と自分の考えが同じだったり、共感できるような相手には心を開きます。そして話が合うので、興味を持ちます

共感できる部分を探してみよう

もしも好きな人がまだいないのであれば、自分と似たような感覚を持っている友達を観察してみるのも良いでしょう。そして、好きな人がいるのであれば相手と共感出来る部分があることを好きな人にも気付いてもらえるようにしましょう。

高校生で彼氏を作るコツ3 自分と好きな人の距離を縮める

aaa

パーソナルスペースという言葉を知っていますか?パーソナルスペースとは、自分の空間のことです。これは誰しもが持つ目には見えない空間です。これは人によってそれぞれ違うもので、好きな人のパーソナルスペースに入ることが出来たなら、限りなく相手は自分を異性として意識して貰えているということになります。でもいきなり近づきすぎてしまうと相手は逆に離れていってしまいます。

ちょうどいい距離を見つけよう

よく知りもしない人なのに話す距離が近いと感じたり、その相手をなれなれしいと感じることが実際にありますよね。これは相手が自分のパーソナルスペースに侵入してきていて、不快に感じているということ。相手とのちょうどいい距離を見つけてみましょう。

ポイントはちょっとずつ相手との距離を縮めていくこと。相手に警戒されないように徐々に距離を縮めることが必要ですね。

高校生で彼氏を作るコツ4 相手を褒める

人間誰だって誰かに褒められて悪い気持ちになる人なんていません。誰かに褒められると、ちゃんと自分を見ていてくれたような気持ちになるので、喜ばれることがほとんどです。高校生といってもやっぱり褒められるなんて嬉しいことです。

気になる男子を褒めて「特別」になろう

高校生は昔ほど褒められることの少なくなる年代です。相手の良いところを「すごいね!」なんて褒めてもらえたらその相手を「大切な存在」として見るようになるでしょう。

高校生で彼氏を作るコツ5 自分から行動を起す

後ろの席の男子を意識する女子高生

彼氏が欲しいといくら口先で言っていても彼氏が出来る訳ではありません。女子高校生に多いのは、受け身の体勢で恋が転がってくるのを待っているタイプの子が多いということです。好きになった人がいるのなら、待っているだけじゃなくて自分から行動することが一番大切です。友達として普通に話たりできるような関係になったら、思い切ってデートに誘ってみましょう!でも、最初は二人きりだと緊張してしまうし誘いずらいですよね。

カレをグループデートに誘おう

仲の良い友達たちに協力してもらい複数人で出かけるのも手ですね。でも、好きな人を誘う役目は絶対にあなたが努めましょう。きっとすごく緊張しますよね。でも、その緊張感が相手に伝わるぐらいがいいのです

「あれ?コイツなんでみんなで出かけるだけなのに、こんな緊張してオレを誘うんだろ…?」そう思わせて、好きな相手に「脈ありサイン」が出ているほうが、彼もあなたを意識して見る目が少しずつ変化して行きます。それまでなんとも思っていなかった相手でも、ちょっと意識をするようになると、すごく気になり始めるのが人間です。あなたの好意が分かるような行動をとればこそ、相手もあなたを意識せずにはいられなくなるのです。

高校生で彼氏を作るには思いを伝える勇気が必要

彼氏を作るコツをいろいろとご紹介してきましたが、好きな人を彼氏にするために自分から行動する勇気を少しは持つことが出来たでしょうか?高校生で彼氏を作る方法は、自分自身の勇気ある行動にかかっています。正々堂々と真剣勝負で好きな人に想いを伝えることこそが、青春の恋の1ページになるのです。

それに、高校生の男子だって彼女が欲しいと思っているはずですよあとはあなたが勇気を出してはじめの一歩を踏み出すだけ!脈なしから脈ありへと彼を振り向かせるアプローチ術を併せて読むことで、さらに彼と自分の距離を縮めていきましょう!

メニュー閉じる