彼氏の条件で女性が絶対譲りたくない10項目

彼氏の条件で女性が絶対ここだけは譲れないと感じていることを調査してみました。イケメンや身長が高い男性などルックスがタイプであるか、浮気をしない、価値観が似ているなど性格面の問題など重視するポイントはそれぞれ。あなたの彼氏の条件は何ですか?

ここだけは譲れない「彼氏の条件」を調査してみた

「高望みとわかっているし、こんな男性なかなかいないよね…」と最初から諦めて彼氏の条件を決めず言い寄ってくる男性となんとなく付き合ってしまう女性もたくさんいると思います。でも人それぞれ最低限「これだけは譲れない」と思う彼氏の条件はあるもの。人によって何が重要かは違いますし妥協も必要ですが、自分の好みや譲れないポイントを把握しておくことは今後の恋愛にも大いに役立つでしょう。今回は女性が「彼氏にするならこんな人!」と思う彼氏の条件を集めてみました。

彼氏の条件1 身長が高い人

彼氏の条件は身長

彼氏は自分より背が高いほうがいいと考える女性は多いですが「自分より1cmでも高ければ大丈夫」という人や「180cmあってほしい」なんてセンチ指定する人などその条件は様々ですが、背が高いと男性がより男らしく見えるので納得できるのではないでしょうか?今までは気付かなかったけど好きになった人は全員背が高かった…と心あたりのある方も多いでしょう。

彼氏の条件2 自分好みの顔の人

カメラを持ったイケメンの男性

「付き合うなら絶対イケメンがいい!」というほど面食いの女性もいますが、周りから見てかっこいいかどうかよりも顔や見た目や自分のタイプがどうかは譲れない条件のひとつでしょう。見た目の条件を細かく指定するのは彼氏いない歴を長くさせる原因にもありますが、どんなに男性のストライクゾーンが広い女性であっても「このテイストの顔はどうも好きになれない」とか、「この人のルックスは生理的に受け付けない」というボーダーラインがあるのはごく当然のことなのです。

彼氏の条件3 清潔感がある人

清潔感がある彼氏

女性が思う彼氏絶対的な条件は、清潔感のある男であって欲しいというもの。例えば彼氏と良いムードになって顔が近づいたときに口臭がキツかったり、彼と居酒屋に行って座敷の部屋に通されて靴を脱いだあと彼の足元を見ると彼の靴下に穴が開いていたりすると一気に彼への気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。彼氏になれば当然あなたと生活を共にする時間も多くなるので、むさくるしく不潔な男性と一緒にいたくないと思うのは当然のことです。

彼氏の条件4 性格がいい人

気配りができる彼氏

思いやりのある男性を彼氏にしたいと考える女性は多いでしょうが、彼女だけでなく周りの人にまで気配りができる性格のいい彼氏なら鼻が高いです。彼氏が友人も交えての飲み会で自分勝手な行動をとっていたらもちろんあなたはがっかりしますし、一緒にいる友達も不快な思いをしてしまうことになるので周りの空気が読めるというスペックは彼氏になくてはならないもの。

例えば2人でご飯を食べに行ったお会計のとき、店員さんに「ごちそうさま」の一言が言える男性だと、丁寧で謙虚な性格と感じるためポイント高くなります。彼女だけでなく第三者への心配りも忘れない男性を選びたいものです。

彼氏の条件5 それなりに経済力がある人

大人の男的なイケメン彼氏

彼氏にするならそれなりの経済力が欲しいと考える女性がほとんどでしょう。女性も年齢を重ねるにつれ、どんなに顔や見た目がカッコ良くてもフリーターやニートなど収入が不安定な男性をわざわざ彼氏にしたいとは思わないでしょう。大金持ちである必要はありませんが、仕事を真面目に続け安定した収入が得ている男性じゃないと自立した大人の男として見ることができず、彼氏にはしたくないというのが本音なのでは?

彼氏の条件6 一緒にいて楽しい人

楽しすぎる彼氏

もちろん一緒にいてつまらない人を彼氏にするのは嫌ですが、笑うタイミングが一緒だったり、趣味が同じで気があう人が彼氏だともっと一緒にいたいと感じ、幸せが長続きするでしょう。彼氏と末永く交際していきたいのなら一緒にいて楽しい人がベストです。

彼氏の条件7 マメな人

まめな彼氏

LINEの返信が早い男性や、会えない日には電話をくれるなど連絡がマメな人がいいと考える女性もいます。マメな男性は自由にしていたい女性には束縛感が強いと感じることもありますが、誕生日や記念日、クリスマスなどのイベントを忘れてしまうような人よりは、ちゃんとプレゼントやデートプランを用意してくれるマメな男性の方が真面目に付き合っていると感じることができるでしょう。

彼氏の条件8 浮気しない人

浮気をしない男

彼女がいるのにほかの女性と連絡を取ったり、こっそり合コンに行くような浮気者の男性では彼氏にしたいとは思えません。女癖の悪い彼氏を持つと付き合っても彼女が泣くことになるだけ。あなたが毎日泣いて暮さなくても済むように、付き合う前から好き人の女性関係をきちんと見ておくことはとても大事です。

彼氏の条件9 一緒にいて落ち着く人

車内で彼女に気配りする素敵な彼氏

二人でいると沈黙が流れて黙っている時間が苦痛に感じ、居心地が悪い…。そんな相手では一緒にいたいとは思えません。逆に何も言葉を発さない静かな時間でさえも愛おしく思える相手なら一緒にいて落ち着くことができる理想の男性と感じるのではないでしょうか?ドキドキしてスリリングな恋愛ができそうな男性も魅力的ですが、強いときめきはそう長く続くものではありません。一緒にいて落ち着く男性は心が癒され末永いお付き合いをしていきたいと思っている女性にとっては絶対的な条件と言えるでしょう。

彼氏の条件10 優しい人

優しい彼氏

優しいだけではダメだと言いますが、優しさのかけらもない男性は論外です。相手を思いやる気持ちは彼氏彼女の間柄になるとより大事になってきます。いつもべたべたと優しい男では飽きてしまう気持ちも出てくるでしょうが、基本的な心が優しいことや弱いものを守ろうとする気持ちを持っている男性なら、あなたが困ったときや、2人で乗り越えていかなきゃならない困難も協力しながらクリアしていくことができるでしょう。

あなたが絶対に譲れない「彼氏の条件」は?

恋愛は自分にフィットする相手を探す旅のようなもの。自分にだけわかる好みのタイプや「これだけはイヤ」という彼氏にしたい・したくない男性の基準をしっかり持っている女性の声を集めてみました。

体験談

アイドル好きを理解してくれる人

クララ(26)のお話

私は物心ついた頃からもう20年以上とある男性アイドルグループのファンです。学生の頃は全国各地で行われるコンサートに行き、アルバイト代を全て注ぎ込んでいたほどです。CDやDVDは初回限定盤、通常盤と全て購入するのは当たり前です。予定は全てそのアイドルグループに合わせることになります。私の生き甲斐でもあるのでこれを理解してくれない人とは付き合うことはできません。今まで付き合った人には付き合う前からアイドル好きを包み隠さずにアピールしていました。

体験談

仕事を頑張る人は素敵!

みんみん(30代)のお話

私が彼氏に求める条件はずばり、お仕事を頑張っているということです。職場恋愛であれば男性の仕事ぶりは直接見ることができますし、職場以外での出会いでも仕事の話をどんな風にしているか、勤務態度は真面目そうかを会話などから推し量ります。仕事を頑張る男性は、責任感があり社会性も最低限持っていると思えます。彼氏とは将来を全く考えていないわけではないので、家庭を築く時に「仕事より趣味や遊びの方が大事」という人は(結婚、出産したら変わる可能性もありますが)少し不安に感じます。いっとき遊ぶだけなら楽しいだけの人でも良いですが、お付き合いするなら誠実さは重要です。

体験談

優しくて常識のある人

あけぼし(40代)のお話

私がどうしても譲れない彼氏の条件は、やさしい人、モラル、常識を持っている人です。なぜならば、非常識で優しくない人では将来も考えられません。身近にそういう男性と結婚した人が何人かいますが、結局離婚しったり、辛い結婚生活を送っている人ばかりです。「結婚するまで気が付かなかった」と言う人もいますが、少なくとも第三者の私でも「この人はダメだろうな」と思うような方ばかりでした。結局は女性の方に見抜く力が必要だと思います。

体験談

絶対に譲れない彼氏の条件!

ゆゆ(20代)のお話

私が絶対に許せないと思う彼氏の条件は浮気をしない人です。今までさまざまな人とお付き合いしてきましたが、私はお付き合いした人全員に浮気をされています。女の人と関わるなとまでは言いませんし束縛も一切しないのですが、きちんと断れる男性、女性の誘いに乗らないといった常識がわかる方がいいです。一般的に「浮気をしない」ということはお付き合いするうえで当たり前だと思うのですが、当たり前がきちんとできない人も中にはいるので…。もし浮気をするのであれば別れてからにしていただきたいです。

体験談

私が絶対に譲れない彼氏の条件

ぱんだ(20代)のお話

私が彼氏を作りたい時に絶対に譲れない条件は、痩せ型で筋肉質なボディであることです。昔からスポーツ男子が好きで、痩せているけど筋肉はある程度ついている体型が好きなので、男性と出会った時はまず体つきを見ます。二の腕の筋肉質や手にある太い血管や、引き締まったお腹が好きです。かといってマッチョが好きなわけではなく、軽くスポーツしているくらいの人が好きです。自分の家族が物心ついた時にはぽっちゃり体型だったので、昔から痩せ型の人に憧れていました。

体験談

自分を持っている人

みどり(20代)のお話

私がどうしても譲れない彼氏の条件は、「自分をしっかり持っている」という点です。例えば「〇〇か△△なら、どっちを選びたい?」と聞いた時に、「どっちでもいい。」「特にこだわりないから選んでいいよ。」と言う人もいると思います。優しさから言ってくれる人もいますが、少なくとも「どちらかと言えばこっち。」という意見は持っていると思います。私は自分一人だけで決めるのではなく、相手の意見も尊重したいと思っているので、しっかりと自分の意見を持っている人がいいです。

彼氏の条件が多すぎると困りもの

交際を始めてもすぐ別れてしまうカップルはたくさんいます。お互いを知り合う前に付き合ってしまうと、理想と現実のギャップにショックを受け、「こんなはずじゃなかったのに」と交際に終止符を打つ羽目になることも。そうならないためにも自分なりの彼氏の条件を決めておくことはとても大事です。

ただしイケメンじゃなきゃイヤとか、ほくろの位置が気に入らないからやっぱり無理とか、年収がいくら以上じゃないとヤダなど、分不相応な理想を掲げてしまうと彼氏がなかなかできず苦しむことにもなりかねません。彼氏の条件は、これだけはクリアしてほしいという自分の中での最低ラインを決める程度にとどめておきましょう。