白無垢の花嫁さんになりたい・和装の結婚式が魅力的な理由

白無垢での結婚式に憧れたことのある女性は多いでしょう。近年、芸能人の多くが白無垢や和装スタイルで式を挙げることからも、徐々に人気が高まっている白無垢ですが。ヘアスタイルなどのアレンジにも幅が出ています。白無垢の魅力やメリットをご紹介!

白無垢の花嫁さんになりたい・和装の結婚式が魅力的な理由

白無垢が今も愛されている理由とは

結婚式と言えば、少し前までチャペルウェディングが多く、純白のウェディングドレスに憧れて挙式をするカップルが多かったのですが、ここに着て和装での結婚式が増えているのはご存知でしょうか?

特に、純白の白無垢を着て神社で神前式をするカップルが年々増えており、神社に行った際「そういえば式を挙げているカップルを見た」という人も多いでしょう。どうして、今白無垢人気が上がってきたのでしょうか?その魅力とメリットを徹底解剖してみましょう。

白無垢の魅力を改めて知ってみましょう!

白無垢には、多くの魅力があります。衣装に隠された深い意味なども、知っていくと面白いので、一緒に見ていきましょう。

白無垢の魅力その1 真っ白な白無垢に隠された意味が深い!

白無垢の胸元

純白のウェディングドレスは、汚れがないという意味が込められています。白無垢も同じ意味を持つのですが、日本ならではの意味としては、「嫁ぎ先の家に染まります」というものがあります。日本人は、嫁に行く際自分の家を捨て、新郎の家に入るという風習があります。そんな花嫁さんの決意が、この“白”には隠されているのです。

現代では少し時代錯誤を感じる方もいますが、真っ白な気持ちで新郎と新生活をスタートし、2人ならではの色に染まるという解釈でも素敵ですよね。あなたなりの“白”の決意を持って、挙式するのも素晴らしい想い出になるでしょう。

白無垢の魅力その2 形式通りでも現代版でもスタイルが自由に

花嫁の日本髪

格式を重んじる「神前式」では、髪型は文金高島田に「角隠し」か「綿帽子」というスタイルが一般的です。「角隠し」というのは、文金高島田に結った髪を布で多い、かんざしを挿したもの。「綿帽子」は、ドレスのベールと似た意味を持っていて、挙式終了まで新郎以外の人に顔を見られないよう頭かすっぽり被る帽子です。綿帽子には、花嫁の奥ゆかしさも込められています。古来のスタイルを厳格に守る式も、とても素敵で素晴らしいものになるでしょう。

また、最近では神社や風土にもよりますが、現代風にアレンジされたヘアスタイルや白無垢も多くなっています。「角隠し」をレースにしたり、白無垢の中に指し色を忍ばせたりと、個性を出せる衣装になってきたのも、現代で人気が高まってきた理由かもしれません。せっかく白無垢を着るのなら、厳格なものにするのか?現代風にアレンジしたものにするのか?好みで選べるのは嬉しいですね。

白無垢の魅力その3 芸能人がこぞって白無垢をアレンジ

白無垢人気は、芸能人が数多く白無垢で式を挙げているのは大きな理由ではないでしょうか?たくさんの芸能人が、白無垢での式を挙げていますが、大きく真っ白な花をあしらった女優さんのヘアスタイルが記憶に新しいのでは?ため息の出るような美しいデザインにうっとりして「私もあんな風にしたい!」と、思った女性も多かったと思います。芸能人の白無垢のアレンジは、本当に素晴らしいものが多く、白無垢の概念が変ってしまう人もいるでしょう。

白無垢の魅力その4 神社での挙式は他の方も御祝いしてくれる

神社の巫女さんと新郎新婦が歩く

神前式をする場合、神社をしばらく練り歩く場合が多いのですが、その際一般参列者も神社に来ているので、周囲の人からも祝福されることがあります。「キレイね~」「可愛い花嫁さん」「おめでとう!」なんて言葉が聞こえてくるのを、照れくさいような誇らしいような気持ちで聞くこととなるでしょう。

場合によっては、外国人観光客から写真を撮られたりすることもあり、何だか有名人になったような気分になれます。こんな経験は、通常の結婚式場では味わえないことです。とても想い出深いものとなるでしょう。

白無垢の魅力その5 時代の流れに無関係な由緒ある場所で式ができる

神社は倒産したり転居するということはまずないでしょう。そんな意味でも、一生あり続ける場所での挙式は、2人にとって特別なスポットとなるでしょう。結婚式を挙げた場所が倒産してなくなったり、ホテルの名前や様相が変ったりしてしまうと、何となく寂しい気持ちになりませんか?想い出の場所がなくなってしまうというのは、残念なものです。しかし、神社ならその心配がありません。あなたがおばあちゃんになって、孫を連れて神社に出向き「おばあちゃん、ここで結婚式したのよ」なんて話ができるかもしれません…。とっても素敵なことですよね。

白無垢の魅力その6 結婚後にも初詣や七五三と想い出が増えていく

七五三でお参りする子供

結婚式場は、一度式を挙げるとそこに行くことはほとんどありません。ホテルの場合も、食事に行くか他の人の披露宴に呼ばれるなどがなければ、結婚式を挙げた場所を訪れる機会は少ないのが一般的です。しかし、神社での式は挙式後も、初詣やお参りなど度々訪れることができます。子供が出来れば、七五三もそちらに出向けば思い出が何重にもなることでしょう。

何度も訪れる機会のある神社は、行く度に初心を想い出すことができます。夫婦になってからも、絆を強くしてくれる神前式のスタイルは、結婚式場やホテルにはない魅力がありますよね。

白無垢の魅力その7 頼もしい新郎の姿が見られる

神前式では、白無垢ばかりではなく凛々しい新郎の衣装も素敵です。それに加えて、神前式では一般的に、新郎が神前に出て「誓詞奏上(せいしそうじょう)」という儀式を行います。披露宴では、なかなか新郎の出番がありませんが、重要な役割をこなす頼もしい新郎を見ることができます。そういった経験をした新郎は、結婚への想いも大きくなると思うので、今後の夫婦生活にも多少良い影響があるのではないでしょうか?

神前式は、親族のみの少人数で行われることが多いので、緊張感の中にもアットホームな空気が流れる独自の雰囲気を味わうことができます。両家共に結びつきを強める儀式でもあるので、披露宴のみの場合より両家が親密になれることでしょう。

白無垢で神前式って素晴らしい!

こうして白無垢の魅力を見ていくと、日本人独自の素晴らしい式の風景と、その後の神社との付き合い方が見えてきます。人気が高まっているのもじゅうぶん理解できますね。

白無垢で式を挙げるメリットとは?

白無垢の魅力が分かったところで、衣装に選ぶ大きなメリットは何でしょうか?

白無垢のメリットはウケの良さ

神社に集まる結婚式の参列者

白無垢のメリットは何と言っても、年配の方のウケが良いという点につきます。新郎のご両親や祖父母まで、花嫁さんが白無垢というのは、とても誇らしい気持ちになるようです。また、やっぱりわたしたちは日本人・・・ドレスより和装の方がしっくりくる人が多いのも現実です。

確かにウェディングドレスも捨てがたいですが、白無垢を着て神社で厳かに行う神前式というのは、年齢問わず素晴らしい経験になります。

ちょっと注意したいデメリットも

白無垢を着る場合、お色直しに時間がかかります。白無垢の後色打掛を着たい、披露宴ではドレスを着たいと言う人は、余裕を持ったスケジュールにしましょう。また、窮屈さや重さで具合が悪くなる花嫁さんもいます。ドレスでも同様の注意が必要ですが、式の数日前から体調にはじゅうぶん気をつけましょう!

贅沢な花嫁さんは白無垢+ドレスで行こう!

場所によっては、神前式を親族だけ神社に出向き白無垢で挙式をし、その後結婚式場に移って披露宴をするという贅沢な式ができる所もあります。白無垢も素敵だけど、やっぱりドレスは着たい!という女子は、思いを叶えてくれるような式場を探してみてはいかがでしょうか?白無垢で披露宴予算がピンチ!という方は、【結婚式の節約術】披露宴を安くする方法を見てメリハリのある節約術を!