マリッジブルーの原因・男性の場合の対処法

マリッジブルーの原因は、男と女では違いがあるようです。彼女にプロポーズしたにもかかわらず、結婚が憂鬱になってしまう男性のマリッジブルーとはいったい何が原因なのでしょうか?

男性がマリッジブルーになる原因って何なの?

マリッジブルーとは、間近に迫った結婚という未来に対して不安な気持ちや憂鬱な気持ちになることをいいますよね。基本的にマリッジブルーは女性に起こりがちとされていましたが、今回は男性のマリッジブルーに関するお話です。大好きな彼女と恋愛関係になることを願ったのも、結婚したい!とプロポーズをしたのも男性の側からであることが多いはず。それなのに、なぜ男性はマリッジブルーになるのでしょうか?

マリッジブルーの原因・男性の場合

マリッジブルーは男女お互いの心に起こるものですが、彼氏のマリッジブルーはそのタイミングや内容など、女性には疑問を感じたり、理解できないこともあるかもしれません。まずは男性がマリッジブルーで憂鬱になる原因からご紹介していきたいと思います。

男性のマリッジブルーの原因1 経済的な不安

株が下がったと嘆くビジネスマン

昔とは違って、男性だけが経済的な負担をするべきだという時代ではなくなってきたものの、未だ根強く理想として残っている「男が家族を養うんだ!」「妻は家で専業主婦」という結婚生活のスタイル。結婚後の景気や仕事の悪影響が、自分だけでなく家族にまで及ぶこととなった場合、男性は情けない・恥ずかしいという負い目を感じてしまいます。そんな不安は恋愛関係の時には感じないものですが、いざ結婚!となると、責任感の大きさに男は憂鬱な気分になってしまうのです。

経済的な不安はとても大事な問題

できる限り良い生活をさせてあげたい…

男性のマリッジブルーの原因2 本当にオレで良いのか?

顎に手を当て疑念を抱く男性

「娘さんをください!」と自信満々で言ってはみたものの、本当に彼女を幸せにできるのだろうか、彼女の両親は満足してくれるだろうか…。ただ「好き」と言っていれば良かった恋愛時代とは全く違う雰囲気になってきた結婚間近。いざ結婚!となると、さすがに目に見えないプレッシャーが押し寄せてきます。

結婚が決まった瞬間に襲ってくる不安

大事な娘さんを幸せにしなければ…

男性のマリッジブルーの原因3 既婚者たちの愚痴や失敗談を思い出して

友人や周りの人たちは結婚を盛大に祝ってくれるわけですが…過去に彼らに聞かされた結婚生活の愚痴や、奥さんの鬼嫁っぷりなどを思い出してしまう子とはよくいあることです。「俺の彼女に限って鬼嫁に変身してしまうことはないはずだ…心配するな自分」と自らを励ましますが、ついモンスター化した将来の彼女を想像してしまったりします。

理想と違う未来を想像しちゃう

休みの日でも叩き起こされる、毎晩正座をさせられ説教タイム…など、理想とはかけ離れた結婚生活を心配して憂鬱な気分に…

男性のマリッジブルーの原因4 共同生活に対する不安

隣で寝る彼女越しに目覚まし時計を止める男性

つき合っていた頃は待ち合わせてのデートが主な時間の過ごし方ですが、結婚となると毎日同じ屋根の下で生活をすることになるわけです。お互いの生活のリズムが合うのか?食事はどうするのか?自分の趣味などやりたいことがこれからも続けていけるのか?細かいことを考えてしまうのが男という生き物。楽しみにしていたはずの結婚生活に、一瞬不安がよぎる瞬間があります。

憧れの結婚生活ではあるものの

彼女と上手く共同生活ができるのか、不安になります

男性のマリッジブルーの原因5 お互いの両親など親戚つき合いが待っている

お互いに生まれ育った家庭があり、血縁関係や家族との付き合いは今も大事にしている。そんな二人がいざ結婚となれば、二人が仲良しだという必要条件の他に、家族同士のつき合いという人間関係も広がっていきます。「同居するわけじゃないし、たまにしか会わないから」とは思いつつも、彼女の両親や、自分の両親と彼女は上手くいくのだろうか?などなど余計な心配をしてしまうのも事実です。

結婚すると人間関係が広がっていく

仲良くできれば良いけど…と二人の関係以外にも心配が増えます

彼氏がマリッジブルーのときに彼女にしてほしいこと

マリッジブルーの原因は大なり小なりあって、人それぞれなわけですが、男性がそんな心理状態になったとき、彼女にしてほしいこととは何でしょうか?ここからはカップルがマリッジブルーという難所を乗り越えるための対処法をいくつかご紹介したいと思います。

マリッジブルーの彼氏がしてほしいこと1 怒らないでほしい

彼氏に怒る女性

相手だけがマリッジブルーになった場合には、彼女は男性に対して不信感を感じることになるかと思います。「あれだけ結婚しようって強く言ってくれたのに!」「他に好きな女でもいるんじゃないの?」などと理解不能になって腹立たしい気持ちになるかもしれません。しかし、マリッジブルーは漠然とした気持ちや憂鬱な心理状態であって、悪気があるケースはあまりないもの。結婚を後悔したり、彼女のことが嫌いになったわけではありません。反射的に怒ることはせず、彼の話にじっくり耳を傾けてもらえると、男としてはありがたいです。

彼氏のマリッジブルーに不信感を感じてしまう

でも、悪気はないので怒るのはやめてほしいです

マリッジブルーの彼氏がしてほしいこと2 気楽にしていてほしい

結婚をするということに対して責任感を感じているのは男性だけではないと思いますが、お互いの協力なしで夫婦生活を送っていくことは難しいもの。もし男性がマリッジブルーになってしまった場合に、彼女から一言「心配しなくても大丈夫だよ」「大変なことがあってもどうにかなるよ」という優しさがあれば、男は気が楽になって、我を取り戻すことができます。マリッジブルーは普通の精神状態ではないので、単純な言葉でもかなりの効き目があったりするものです。

わけのわからない憂鬱さがマリッジブルー

優しい一言があれば立ち直れます!

マリッジブルーの彼氏がしてほしいこと3 距離を置いて欲しい

時計の頭の男性が自分の時間をくれと腕組み

もちろん「別れる」とか「別居する」みたいな意味ではありません。結婚となると色々忙しく、周りも騒がしくなるもの。頭の中が結婚ということでいっぱいになってパニクってしまっているだけという場合もあるので、そっとしておいてもらえれば、そのうち回復するかもしれません。再び彼女と結婚できることの喜びを感じ直せたりもするはずです。

結婚は色々と忙しい…

そっとしてもらうことで、普段のペースを取り戻せます

マリッジブルーの彼氏がしてほしいこと4 焦らせずのんびりさせてほしい

結婚したらすぐに立派な夫、そして一家の大黒柱にならなければ!と大きなプレッシャーが続々と押し寄せている時期はかなりきつい状態です。「焦らなくていいよ」の一言など、これまでと変わらない恋人同士の雰囲気で、ゆっくりと夫婦になっていくイメージができれば男の気持ちも落ち着いてきます。

結婚した瞬間に立派な人間になるのは無理

焦らずゆっくりやっていこうと言ってもらえれば感無量です!

マリッジブルーの原因は過度なプレッシャーがほとんど

男のマリッジブルーの主な原因は、理想や幻想の男性像に対するプレッシャーや敗北感がほとんどです。彼女の優しい心と一言で、そんな彼氏が抱いている辛さを少しでも和らげることができれば「結婚してください!」と迷いなく強気に言った彼氏のマインドはまたすぐに立ち直って結婚生活にワクワクできる、単純な男に戻ってくれるハズです。彼氏のマリッジブルーが終わったら次は彼女なんてこともあるかもしれません。彼女側のマリッジブルーが気になる人は、マリッジブルーで婚約破棄しない方法をよくお読みください。