知らなかった!結婚式でマナー違反になるパーティードレスまとめ

結婚式のパーティードレスでマナー違反になるのは、どんなコーデ?NGと思われがちな「白」は、純白意外ならOKなのです。でも、それを知らない人もいますので反感を買わないためにも「ネイビー」が無難ですよ♪

知らなかった!結婚式でマナー違反になるパーティードレスまとめ

「ついうっかり…」は絶対NGお呼ばれドレスはコレ!

友人から結婚式の招待状が届いたら、さっそく「どんなパーティードレス着ようかな~♪」とウキウキしている女子は少なくないハズ。
でもちょっと待って。「あ、これかわいい」と選んだお気に入りのそのドレス、もしかしたらマナー違反かも?

その1 純白ドレス&真っ黒な喪服コーデ

結婚式のお呼ばれに白いドレスはマナー違反

「“白”は花嫁の色だから、結婚式のお呼ばれにはダメでしょ?」という人も多いかもしれません。確かに全身真っ白はNGですが、ベージュやアイボリーもダメという訳ではありません。
また、無難で落ち着いて見える“黒”を選ぶ人も多いかもしれません。でも、新郎新婦が主役とはいえ、結婚式ではゲストの華やかさも大切ですから、全身真っ黒のコーディネートは避けましょう。

これならOK!

⇒ベージュや黒のドレスを着る場合には、それぞれ差し色になるバッグやアクセサリー、濃い色のショールなどでメリハリをつけるのがベスト。

ちなみに…

パーティードレスの人気カラーナンバーワンは“ネイビー”!
「カラードレスは勇気がいるし、黒だとやっぱ重い…」という方におすすめなのがネイビーのドレス。日本人の肌によく合い、着る女性の年齢を選ばないのが人気の秘密☆

その2 「目のやり場に困る…」露出の多いドレス

肌の露出は控えめに

基本的に結婚式や昼の披露宴などでは、露出が多いデザインはNG。大きく胸元が開いたり、肩が広く出ているもの、極端なミニ丈ドレスなどは避けましょう。ドレスコードに厳しい年配のゲストから白~い目で見られるコトになりかねません。

これならOK!

⇒肩や胸が多く出ているものは、ショールやボレロで程よく露出をカバー。

その3 いつもならオッケーな素材や柄物にも注意!

毛皮に注意

結婚式はフォーマルな場ですので、パーティードレスの素材にも注意したいところ。
カジュアルな綿やニット生地、チェックなどの柄物はマナー違反
また、「殺生」のイメージがあるので、毛皮や革素材もタブーなアイテムのひとつです。

これならOK!

⇒ドレスの素材は、絹やポリエステルのサテンのものがベスト。冬ならベロア生地などでもOK。ファーボレロなどは、友人同士の堅苦しくない二次会からなら着用OK。

番外編その1 お呼ばれ上手は小物にもこだわる

「ドレスを選ぶのに時間がかかっちゃって、小物選びにまで手が回らなくなっちゃった!」な~んてコトにならないようにしたいですよね。
パーティードレスの印象は、小物によっても大きく変わります。小物合わせのルールも今からしっかりチェックしておきましょう!

小物1 バッグ

お出かけ用靴とバッグ

結婚式などのフォーマルな場面では小ぶりのバッグが定番です。
また、定期入れや化粧ポーチなど、式には不要なものを入れるサブバッグがあると便利。その場合は、会場に入る前に上着と一緒にサブバッグもクロークに預けちゃいましょう。

小物2 靴

細めのヒールで、高さが5cm以上のパンプスがもっとも上品に見えます。
結婚式の靴のマナーの最低条件は、つま先とかかとが隠れていることです
そのため、かかとが見えているミュールはマナー違反。また、露出こそありませんが、元々は乗馬用の靴であるブーツもお祝いの席で履くには不適切です。

小物3 ストッキング

季節を問わず、結婚式に生足はマナー違反です。ナチュラルで自然なベージュのストッキングを履きましょう。替えの一足を持っておくと安心ですね。また、黒タイツや編みタイツなども避けましょう。

番外編その2 頭のてっぺんから指先まで気を抜かない!

パーティードレスと小物合わせの準備が整ったら、次に注目したいのが髪型やメイク。
ここまで気を遣えたら、文句なしのお呼ばれ上手です!

ヘアスタイル

最近見かけるのがロングのフルダウンや、盛りヘアと言われるヘアスタイル。でも、基本的には上品なアップスタイルが無難です。
ダウンスタイルにする場合は、お辞儀したとき髪が顔にかからないよう、ハーフアップにしたり、サイドを華やかなピンで留めたりと、清楚な雰囲気となるようにしましょう。

メイク

お化粧もマナーです

写真を撮る機会も多い結婚式。普段はナチュラルメイクという方も、“くずれず長持ちするしっかりメイク”にするのがオススメ。ツヤ感を出すと写真ではテカってしまうので、マットな質感を重視しましょう。
また、結婚式でウルッと来ちゃいそうなら、“黒い涙対策”にウォータープルーフのマスカラを使うのをお忘れなく☆

ネイル

ネイル

清潔感を重視し、短めでドレスに合う凝ったデザインのネイルがいいでしょう。できればその日のためにサロンで施術してもらうのがオススメ。
その特別感に「結婚式のためにわざわざ準備してくれたんだ!カワイイ」と、花嫁にも喜ばれること間違いなし。

なんだかんだで定番スタイルが一番かも

招待された結婚式がどんな会場で行われるのか、集まるゲストによっても対応は違うと思いますが、あまりにも奇抜な格好は避けたほうが無難でしょう。

あくまで結婚式の主役は新郎新婦。出会いの場といって羽目を外すことのないよう、マナーに反しない品のある服装で、2人の門出をお祝いしましょう