お披露目パーティーとは?1.5次会の主な流れと費用相場

お披露目パーティーを行うカップルが急増中!二人きりや親族のみでリゾート婚を行ったのちに行われるお披露目パーティーは「1.5次会」「帰国後パーティー」とも呼ばれており、披露宴よりもゲストの費用負担が軽く済むことから人気が出ています。

お披露目パーティーって何?その魅力や主な流れについて解説!

最近では、親族のみや二人きりでの結婚式を挙げる少人数挙式派の方も多いものですが、その中には海外挙式を行い、お披露目パーティーなるものを行うカップルもいます。
ここでは「興味はあるけど、そもそもお披露目パーティーってどんなことをするの?」と疑問をお持ちの女性の皆さまに向けて、お披露目パーティーとはどんなものなのか、主な流れ、費用相場などについて詳しく解説していきます!

お披露目パーティーとは?

お披露目パーティーで友達に囲まれている新婦

お披露目パーティーとは、国内や海外で親族のみや二人だけでの結婚式を行ったのち、戻ってきてから親しい友人や知り合いを招いて行うパーティーのこと。披露宴よりはカジュアルですが二次会よりは格式ばった雰囲気のパーティーで、「帰国後パーティー」「1.5次会」とも呼ばれており、海外挙式後に行うカップルが急増しています。

お披露目パーティーの魅力って?

  • 費用の負担が軽いのでゲストにも気軽に参加してもらえる
  • 少人数から大人数まで対応が可能
  • 自分たちの予算やパーティーのイメージで好きなスタイルを選べる
  • ウエディングドレスをまた着ることができる

お披露目パーティーまでの主な流れ

お披露目パーティー当日を迎えるまでの大まかな流れをご紹介します。

1 日取り・パーティースタイルを検討する

およそ挙式6ヶ月前。希望する日取りやイメージしているパーティーのスタイルを具体的に検討しておきます。

2 パーティー会場を決める

結婚お披露目パーティーの会場

挙式3ヶ月前です。ゲストのリストアップ・食事や演出、受付の検討などを行います。

3 招待状を発送する

挙式1ヶ月前までには招待状を発送し、会場のセッティング・衣装や演出・受付の打ち合わせなどを行います。

4 最終確認

挙式を終えて帰国し、ラストスパートです。ゲストの席次・衣装や演出・受付の最終確認を行います。

5 本番当日

挙式を終えて1~2ヶ月が経過。いよいよ本番当日です!

お披露目パーティーの費用相場

パーティーに揃って登場した新郎新婦

お披露目パーティーではご祝儀制か会費制かを選べますが、基本的には会費制を選ぶカップルがほとんどです。
ご祝儀制では少なくとも30,000円以上を包むのが一般的な相場となりますが、1.5次会の総額費用はパーティーの規模にも左右されますが、一人当たりの相場としては約10,000~20,000円程度となります。ブッフェスタイルの場合は10,000円未満、着席式のフルコースの場合でも15,000円以上と、披露宴と比べると招待するゲストの費用の負担をかなり減らすことができます。

お披露目パーティーの支払いはいつする?

支払いがいつできるのかという点についてはパーティー会場によっても異なります。「ゲストの会費が集まってから支払いを行いたい」というカップルも少なくありませんが、事前支払いがルールとなっている場所も多いもの。事前支払いが厳しいのであれば、当日支払いができる場所を選ぶのが鉄則です!

お披露目パーティーの会場選び

お披露目パーティーの会場として選ばれるのは、レストランやカフェ、式場やホテルが主な場所となります。

1.5次会の会場選びのポイント

  • お食事にこだわるなら・・・高級レストラン
  • おしゃれでアットホームなムードで行いたいなら・・・カフェ
  • 厳かで格式高い雰囲気で行いたいなら・・・式場やホテル

なお、自分達がどんなお披露目パーティーにしたいのか、招待するゲストのメンバーや予算、会場の広さやアクセスの良さ、サービスの質といった点を考慮しつつ選ぶのが会場選びのポイントです。

お披露目パーティーを挙げた女性からのアドバイス

パーティー会場に設置された結婚式ウェルカムボード

実際にお披露目パーティーを挙げたことのある女性の方から、当時のエピソードについて詳しくリサーチしました。ぜひ今後の会場選びのヒントとして活用してみてください!

体験談

タイムスリップしたような気持ち

あいこ(20代)のお話

結婚式の準備を始めた挙式10か月前から、並行してお披露目パーティーの準備も始めました。大学の頃の友人を中心に招いたので、母校の近くにある、よくサークルのイベントで使っていた会場を選びました。久しぶりに会う友達も多く、また招いた友達同士が楽しそうに再会を喜んでくれていたのが、自分のパーティーに集まってくれたのと同じくらいに嬉しかったです。大学のころにタイムスリップしたような、とても素敵な一日をすごせました。

体験談

大切な友人へのお披露目パーティー

かめ(30代)のお話

関西出身の私は北海道へ嫁ぎました。結婚式は夫の希望で北海道で行いました。私は関西の友人も招待したかったのですが、全員を招待するとなると友人の負担もお車代もばかにならないので挙式は親族だけで行い、結婚式の後に関西でお披露目パーティーを行うことにしました。会場は以前に友人が式を挙げて雰囲気や料理を知っているレストランを貸切にして行いました。準備は約3か月ほど前からでしたが間に合いました。ドレスは着ずに白いワンピースで行い友人たちも平服で集まっていただきました。仲のいい友人に夫を紹介できたのでお披露目パーティーをしてよかったと思います。関西を離れた身なので久しぶりに再会する友人も多く、とても有意義な時間になりました。

体験談

絶対やるべき

かいあ(20代)のお話

準備をし始めたのは、お披露目パーティーの3ヶ月前あたりです。お互いの友達に司会を頼める人がいなかったので、業者の方にお願いしました。なので、準備は景品をランクアップさせるために買い足したくらいで後は業者の方にお任せしました。打ち合わせも1回だけでした。パーティー会場はレストランを貸し切りにしてやりました。普段なかなか会えない友達も来てくれたりと同窓会気分にもなれたのでやってよかったです。皆に披露する機会はこういう時しかないし、ドレス姿を皆んなに見せることもらできてやってよかったです。

結婚お披露目パーティーで友達に囲まれて新婦をお姫様抱っこしている新婦

体験談

結婚披露パーティーをおこなって

すずのね(20代)のお話

私は親族だけで挙式を行い、その半年後に友人を招きお披露目パーティーを行いました。準備を始めたのは挙式が終わった頃で、パーティーの半年ほど前からでした。パーティーをしてよかったことは、友人達に花嫁姿を披露できたことです。親族や会社関係者は呼ばなかったので、友人だけのカジュアルな雰囲気の中でお披露目パーティーを楽しむことができました。悪かったことはあまりありませんが、ご祝儀制ではなく会費制にしたことです。安めの会費設定にしてしまうと少し自己負担が多くなってしまうので会費を決める際はよく考えたほうがいいと思います。

久しぶりの知り合いや友人たちとの再会に、「やっぱり開いてよかった!」と満足されている女性が多数でした!

挙式予定のカップルはお披露目パーティーも検討してみては?

挙式のみを検討していたカップルも、お披露目パーティーなら比較的行いやすいと感じるのではないでしょうか。「挙式だけだとちょっと寂しいかも…」とお考えの方は、カジュアルすぎずフォーマルすぎないお披露目パーティーを行うこともぜひ検討してみてください
また、これからアレコレと準備に忙しいという女性は、結婚準備まとめも合わせてチェックしておきましょう!