自分より背の高い女性に対する男の本音

  • 2017-06-30
  • 小川 桃花

自分より背の高い女性は恋愛対象になるか男性心理を教えます。背が低い男性にとっては身長の高い女性を彼女にしたくないのでは?と考え悩む女性も多いですが、自分より高身長な女性が好きでモデルのような恋人を望む彼氏にとっては自慢になるパターンも!

自分より背の高い女性は恋愛対象になる?男のホンネ教えます!

男性にとって自分より背の高い女性は恋愛対象にならないのでしょうか?男心はときに女心より面倒で複雑なもの。「恋愛対象になる」と答える男性とそうじゃない男性の本音をお教えしましょう。こちらのグラフを見ていただいてもわかるように、4割以上の女性は自分より背の低い男性を好きになってしまった場合、恋愛に不利なのではないかと感じています。

好きな男性より背が高い女性は恋愛に不利だと思いますか?アンケート結果

身長にコンプレックスのある女性は自分より背の高い女性OK派とNG派、それぞれの男性の心理を知ることでどんなアプローチが有効かわかってくるでしょう。

「恋愛対象になる派」男性の心理

自分より背の高い女性も恋愛対象になるという男性にはどのような理由があるのでしょうか?男性に人気がない、モテないと思われがちな高身長女性ですが、この結果を見ると意外と気にしない男性も多いとわかるでしょう。それではOK派にはどんな本音が隠れているのか男心の本音をみてみましょう。

自分より背の高い女性OKの理由1 好きになったら身長なんて関係ないから

「好きになった人、付き合った人がたまたま自分より背の高い女性だったというだけ!」ダントツで多かったのがこの理由です。「べつに身長なんて関係ない」というイケメンアンサーが多いのは、高身長女子にとって嬉しいお言葉。女性だって好きになった人の背が低いとか年収が低いことは恋愛とは関係ないと捉えている人が多く、それと全く同じです。好きになった女性の身長やスタイルは関係ないと感じている男性は女性が思っているよりもずっと多いのです。

どんどんアプローチしよう!

背の高い女性であることをコンプレックスと捉えず、好きな人にどんどんアプローチしましょう。フラれた経験のある人もその原因を身長のせいにせず、女性としての魅力をどんどん磨いていきましょう!

自分より背の高い女性OKの理由2 モデルみたいなイイ女が多いから

ベンチに座っているモデルのように背の高い女性

どんな男性も多少は「イイ女を連れて歩きたい」という気持ちを持っています。高身長の女性の多くは、小柄な女性には出せないモデルのようにクールな雰囲気を持っていますので、その点はイメージで得しているポイントでしょう。男は単純にいい女が好きで身長はさほど関係ないと思っているケースも多いです。

長身の女性はパンツスタイルも似合いますし、スカートもスラリと着こなせるので、結婚式やパーティーでワンピースやドレスを着ているとひときわ目立ちます。自分に似合うファッションを確立して武器にすれば憧れの女性の座に着けるでしょう。

似合うファッションを探そう!

長身を活かして自分に似合うファッションを探してそれを活かしてください。小柄な女性には絶対に出せないクールな魅力を追求しましょう。

自分より背の高い女性OKの理由3 サバサバした女性のほうが付き合いやすいから

一般的に男性はあざとい女に弱いものです。男性は媚びを売る女性に騙されていることに気づかないと思ったら大間違い。お世辞だと分かっていても弱いというのが正解です。しかし中にはそういうあざとさを前面に出した女性を警戒する男性もいます。

長身の女性はオンナを売りにしていないイメージがあります。「私のキャラじゃない」という思い込みから女性らしさを出せずにいる人も多いでしょう。そのような女の武器を使わない女性は男性にとって誠実に映ります。媚びを売る女性にはウンザリだと思っている男にとっては、サバサバしたイメージのある背の高い女性が素敵に見えるのです。

自分のキャラを生かして!

長身の女性は男に媚びを売ってモテようするより、ナチュラルな接し方で安心感を与えるのがおすすめ。その付き合いやすいキャラクターに惚れる男性が出てきます。

自分より背の高い女性OKの理由4 ギャップがたまらないから

彼氏に後ろから支えてもらい甘えている彼女

背の高い女性はどちらかと言えば「しっかりしている」「落ち着いている」というイメージがあります。例えばバレーの選手などは長身の女性が多いですが、しっかりしていて男顔負けのスポーツウーマンというイメージがありませんか?そんな“たくましさ”を感じさせる女性でも、いざ話してみると意外と天然でかわいらしい人だったといったギャップは男にとってたまらなく魅力的です。女性ならではの弱さや可愛げをチラリと見せられると、いつものキャラクターとのギャップにやられて気付いたら好きになっているパターンもあり得ます。

ギャップを味方すればいい!

好きな人の前では、高身長のキャラを忘れて女性らしく自由に振る舞うことで、自然とギャップが生まれます。とにかく自然体が一番です。

自分より背の高い女性OKの理由5 落ち着いた恋愛がしたいから

穏やかで落ち着いた恋愛がしたい男にとって、女性の背の高さは以外にもプラスに働くポイント。女性特有のキーキーと怒鳴る声や取り乱した姿が嫌いな男性は多いでしょうが、背の高い女性はどちらかというと甲高い声でおしゃべりするイメージは薄く、落ち着いたトーンで冷静に話すイメージがあります。身長が高い女性はしっかり者でありながら、どこかおっとりした印象を男性に与えているのです。

優しい雰囲気を醸し出して!

穏やかで自然体で過ごすよう心がけると、男性から見て接しやすく声もかけやすくなります。無表情でいると威圧感を与えてしまうので優しい笑顔を心がけるようにしましょう。

「恋愛対象にならない派」男性の心理

残念なことに自分より身長の高い女性は恋愛対象にならないという男性も存在します。自分より背の高い女性は恋愛対象にはならない派の男性にはどのような心理が働いているのでしょうか?その理由を見ていきましょう。

自分より背の高い女性はNGな理由1 自分じゃムリだと思えてしまう

身長の低さを気にしている男性

高身長の女性はどこかモデルのような雰囲気を持っており、しっかりしていて仕事ができるというイメージがあります。通常であればその印象がプラスに働きますが、背が低いというコンプレックスを感じている男性にとっては「どうせ自分なんか相手にされない」「自分より背の高いモデルみたいな男が好みだろう」と勝手に決めつけ諦めてしまうこともあるでしょう。

女性としては「そんなの勝手に決めないでよ!」と感じてしまいますが、男性は女性が思っているよりずっとナイーブで傷つくのが怖い生き物。振られたくない気持ちから言い訳を考えて、相手を好きにならないようにしてしまうパターンも考えられます。

カッコつけないほうが好印象

好きな人の前では、ちょっとドジな所や天然な面を見せるようにすると、相手の警戒心は薄れます。男性に「高嶺の花」というイメージを与えず、できるだけ親しみやすい女の子でいることを心がけましょう!

自分より背の高い女性はNGな理由2 見下ろされるのに抵抗がある

女性に見下ろされていると、精神面にも見下されているように感じる男性は多いもの。相手がタイプの女性であっても、そうではなくても「男として見下されたくない」という心理が働いてしまい恋愛対象から外してしまう傾向があります。

例えば、背の低い女性から「〇〇君って意外とかわいいところあるよねと言われると、何となく褒め言葉に聞こえてデレデレする男性が多いでしょう。しかし、背の高い女性から同じ言葉を言われるとバカにされているように感じる男性もいるのです。同じ言葉や態度でも、なぜか自分より背が高い女性に対しては引け目を感じてしまうのでしょう。

褒め役に徹して!

自分より背の低い男性に対しては、どんなに仲が良くてもイジりすぎに注意しましょう。好きな人が自分より背が低い場合は、できるだけ相手を立て、褒めるように意識すると好印象を与えることができます。

自分より背の高い女性はNGな理由3 単純にタイプではないから

手を繋いで歩いているカップル

誰にでもタイプのルックスや苦手な見た目というものが存在します。ポッチャリした女子がタイプの男性もいれば、細身でないと恋愛対象として見られないという男性も多く存在します。そうなると当然、小柄な女性がタイプという男性にとっては残念ながら恋愛対象外になってしまう確率は高いでしょう。

「タイプ」と「好き」は別物!?

好みのタイプというものは意外と曖昧であることも多いです。男性が確実にタイプの見た目の女性と付き合うかと言えばそうではありません。男性と女性が惹かれあうことには言葉では説明できない不思議な縁というものがあるのです。

自分より背の高い女性でも気にしない男性は多い

自分より背の高い女性は恋愛対象にならないと感じている男性も実際にいますし、女性を好きになるときに見た目から入る男性が多いのは事実ですが、好きになった人がたまたま自分より高身長だからと言って「付き合うのは無理」と決めつける男性は少ないでしょう。第一印象で男性の心をつかむのは明るく優しい笑顔です。自分ではどうしようもない身長のコンプレックスで悩み暗い表情をしているままでは、あなたの本来の素敵なところまで曇って見えてしまいます。前向きになって夢や願いを叶えたいならシンデレラノートを書いてモチベーションアップさせるのもおすすめです。今よりもっと素敵な女性になって誰もが羨むような恋をつかみ取ってください!

ページの上に戻る