男が「女として見られない」と感じてしまう女性の特徴5つ

女として見られないと悩んでいる女性は、男性に恋愛対象外の女だと思われていることに気付いていながら、女性らしくすることへの恥ずかしさを感じている場合が多いもの。女として見られたいのであれば、こちらの記事で対処法をチェックしましょう。

女として見られない…男性が引いてしまう女の特徴5つ

もし、あなたが男性からアウトオブ眼中な恋愛対象外の女という不名誉なレッテルを貼られた女性なら、これは決して笑いごとではありません。男性に「女として見られない」と言われてしまうのは女性に問題があるのは明らかなのですから。

しかし、アウトオブ眼中と言われる女性の中には、「私は見た目も性格も良いから大丈夫!」とタカをくくって気楽に構えている人が多く見られます。これでは将来的にオールドミス決定です!男性が「女として見られない」と恋愛対象外にしてしまう女性の特徴をチェックして、せっかくの恋愛チャンスをみすみす逃すことのないよう今から改善していきましょう。

女として見られない女の特徴1 男言葉を使ってしまう

友達と会話するときに男言葉を使ってしまう女性

男友達が多い女性は、つい男言葉を使っていませんか?!男性とも楽しく会話が盛り上がる気さくな言葉遣いは大事ですが、行き過ぎてしまうと一緒にいる男性達は、もはや「女友達」ではなく「男友達」として見るようになってしまいます。特に男の兄弟に囲まれている女性は要注意です。男友達が多いこのタイプの女性は、「男性に人気がある」わけではなく「男友達の一人として見られている」というわけです。

男友達になってしまう人への対処法

男言葉を使ってしまう女性は、男性ばかりの環境に慣れてしまい「今さら女っぽさを出すなんて恥ずかしい!」という気持ちを持っています。そういう場合は、いきなりしおらしくなる必要はありません。男友達と楽しく盛り上がれるテンションはそのままに、言葉遣いを少しマイルドにしていきましょう。ちょっと敏感な男性ならば、「あれ?!なんか可愛いじゃん」と気づいてくれます。

女として見られない女の特徴2 「姐さん!」と呼ばれるとやる気が出てしまう

姐さんと呼ばれる女性

頼りになりそうな雰囲気を持っている女性を、男性は「姐さん!」なんて呼び出すことも。このように男性から「姐さん!」と呼ばれた時点でアウトオブ眼中になってしまっている可能性が高いので要注意です。

しかし中には「姐さん!」と呼ばれるとなぜか姉御肌根性が芽を出し、「みんなの姐さん!」であり続けようとするがんばり屋の女性もいるのです。これでは女として見られる前に「おっかさん」への道が待ちうけているのが目に見えています。

姐さんになってしまう女性への対処法

「姐さん」の血が体に流れている、頼りがいのある女性だって頼られてばかりでは疲れてしまいます。ときには簡単なお願いを男性にしてみましょう。そうすることで男性も「姐さんも女なんだ…」と実感するのです。可愛いおねだりやお願いをされるのを男性は喜びます。たまには「姐さん」を封印して乙女になっちゃいましょう!

女として見られない女の特徴3 ボーイズトークにも余裕で参加してしまう

男友達と一緒にビールを飲みながら盛り上がる女性

恋愛をしたい女性が肝に銘じておかなければいけないルール、それは「ボーイズトークには積極的に参加しない」ということです。男性は女性がどういう反応をしめすかを見るために、必ずと言っていいほど会話の中に下ネタを織り交ぜてきます。そんな時に「下ネタ?余裕っす!」な態度では女として見られないのも無理はありません。

ボーイズトークへの対処法

男性が不意に繰り出す下ネタに平気で参加してしまう女性は、「参加しなかったら場を盛り下げてしまうんじゃないか」という不安を心の底に持っています。しかしそれは女性の間違った考えなのです。

下ネタ繰り出す男の本音

男性は女性に下ネタを振りつつも、こういう話題のときは恥ずかしそうにしていて欲しいという矛盾した願望を持っています。

下ネタを振られたときは積極的にコメントをするのではなく、愛想笑いをするくらいでその場をやり過ごしましょう。男性は下ネタになると言葉少なくなる女性を「可愛い!」と思うのです。男が下ネタを振ってくる心理も合わせて参考に!

女として見られない女の特徴4 男ウケする洋服を持っていない

男っぽいファッションの女として見られない女性
Image-URL:

女性の中には男性っぽいファッションを好む人も多いのではないでしょうか?しかし、ファッションから「女らしさ」が消えてしまうと、男性から女として見られなくなってしまいます。「色気のある洋服で男の目を引くなんてナンセンスだ」と思う女性もいるとは思いますが、男らしいアイテムを着こなす女性は、男性に「かっけー!」とリスペクトされることはあっても、「彼女にしたい!」とは思われないのです。

女らしい服がない場合の対処法

洋服の好みを無理やり変える必要はありません。男性的でカッコいいファッションを貫きたい女性は、どこか一か所だけでもいいので「女」を感じさせるポイントを作りましょう。服装がバリバリ男前なときは、ヘアメイクを思いっきり可愛い系にしたり、セクシーな雰囲気を作ってバランスを取ることをお勧めします。男性はそんなギャップにドキドキすること間違いありません!

女として見られない女の特徴5 秘密めいた一面を感じられない

開けっ広げな態度の女性

男性は秘密を持った女性に惹かれるもの。「この子のことをもっと知りたい!」「いつもは見せない表情を俺にだけ見せてほしい!」と、その女性のことで頭がいっぱいになるのです。
その一方、女として見られない女性は男性に対しそういった秘密めいた部分を一切感じさせません。「相手にもっと自分という人間を知ってほしい!」という気持ちが強いのでしょう。

秘密めいた一面が感じられない場合の対処法

知り合い初めの段階では、向こうから「休みの日は何してるの?」「どんな食べ物が好き?」など様々な質問が飛び交ってくることでしょう。男性の「この子のことをもっと知りたい」という気持ちを刺激するためには、「休みの日はよく友達とドライブしてるよ!近場だけど…」「んー、辛いものかな?」などと簡単に返すこと。あんまりベラベラと自分の情報をしゃべり過ぎないよう意識してください。「へー、近場ってどの辺?」「辛党なんだね!カレーとか?」と、相手の質問を引き出すような形がベストです。
あんまり質問攻めにされるようであれば、質問で返すのも良いでしょう。

男が「女として見られない…」と感じてしまったときのエピソード

男性が「この子は女として見られないわー…」と感じてしまうのはどんな女性なのでしょうか。5人の男性から実体験をリサーチしました。

体験談

振る舞いが子供っぽ過ぎる

サイコー(20代)のお話

私が専門学校の学生時代の時のお話なのですが、クラスメートの女子は可愛い子が多かったと記憶しています。ただ1人だけ女の子として見られなかった子がいました。一言で言うならとにかく幼稚。洋服もなんというか子供っぽいの服を着てたんですけど、それ以上に性格が幼稚でして、すぐ都合が悪くなると逆ギレしたり、人によっては殴りかかったりともうなんでもありでして、私はあまり関わらないようにしていましたが、たまに飛び火をうけることもありました。他にもたまたまテストお疲れ様会で一緒になった時にカラオケに行くと、ただ知らない歌が流れたからってすぐ歌を消してきたり、もう子供というより人としてどうなんだろうと思いましたが。しかし、今は社会に出て久々に再会すると社会で荒波に揉まれたのか嘘のように落ち着いていたのでほっとしています。

体験談

職場の先輩

へべれけ(30代)のお話

女性上司と男性の部下

女として見られない人と聞いて、私がピンときたのは職場の女の先輩です。入社して、初めて会った時からナゼか女性として意識出来ませんでした。入社当時、右も左もわからないのでそう思ってしまったのもあるかもしれませんが、仕事に慣れてきても女性としては意識できませんでした。見た目はソコソコ。身長も高すぎず、低過ぎず、年齢が5コ上。職場以外で出会っていれば女性として意識してもいいと自分でも思います。しかし、職場の先輩、後輩の関係で仕事の能力も自分よりも上の人を女性として見る事はできません。憧れや尊敬の対象にしかなりません。もう少し距離が近くなり、弱い所なども見る機会があれば変わるかもしれませんが、完璧にしか見えないので職場だけの関係以上になりたいとも思いません。自分がビビり過ぎているのかもしれませんが、一度見方が固定されたら簡単には変わらないですね。

体験談

下品なことを普通に言う女性

mo-ga(20代)のお話

私の同期に、顔はとても美人でスタイルも抜群、スポーツ万能で性格は若干女の子らしさには欠けるけれどはきはきとしていて、他の男性からも人気のある女性がいました。私も好意を抱いていたのですが、あることをきっかけに女性としては見られなくなりました。それは、人前にもかかわらず下品なことを大きな声で話すということでした。特に一番印象的だったのが、同期多数で飲み会をしていた際に、「ちょっと私、便所行ってくるわ」と言いトイレに向かっていったのです。その言動を聞いて笑っている男性もいましたが正直私はドン引きしてしまいました。まだ、下ネタくらいであれば可愛げがあったのですがその言葉は強烈すぎて…。それからというものその方とはあまり関わることがなくなりました。

体験談

女性らしくない女性

くうかい(30代)のお話

近年女性が強い、女性が活躍する時代となり昔のように男性を陰で支える女性といった女性のイメージはかなり遠のいた気がします。私には学生時代からなんの気兼ねなく会える女友達がいるのですが本当に女として見ることができません。友達だからとかは男性にはないと思います。見た目は普通に可愛い方ですし、長い付き合いなのでその中でいいかもと一瞬思ったことももちろんあります。ただ、中身が女として見られないのです。お酒は僕より飲みますし、足を開いて座ったりあぐらかいたりもう完全におっさん。女性からみると男前な女性なのかもしれませんが、男性の僕からすれば女性はお酒飲んで甘えてみたり弱音吐いてみたりするのが可愛い女性というイメージです。なので私は彼女とはずっといい友達です。

体験談

整理ができない女

いさにろーさん(20代)のお話

私は自分の身の回りやカバンの中など、整理があまりにもできない女性は女として見らないなと感じます。特に、身の回りの整理整頓については、それをしているかしていないかだけである程度の人間性を表すことができると考えています。自分の周りさえも整理できない女性は、おそらくほかの面においても相当ガサツであり、適当であるのだろうなと感じてしまいます。決して私は潔癖症であるとか、無類の綺麗好きというわけではありません。しかし、女性には最低限自分の身辺はいつ他人に見られても恥ずかしくないくらいの環境整備をしておいてほしいと思います。整理整頓は付け焼刃でできるものではなく、日ごろやっているかどうかということが一目瞭然で明らかになることなので、まさに一人の人間性を表すことであり、だからこそ、そこがおろそかな女性は恋愛対象として見ることはできません。

散らかした衣類の中に横たわる女性

もちろん、女性らしさを感じるポイントといってもその男性によっても異なるものですが、世間一般的な女性らしさがどんなものなのか、女として常に意識して身に着けておきたいものです。

女として見られないのは「女らしさ」を表現してないから

男性から女として見られない女性は照れ屋さんである可能性もあります。「女の子扱いされるなんてこっぱずかしい!私のキャラじゃない!」と、せっかく持って生まれた「女」の部分をかき消してしまっているのです。

しかし、女性として生まれたのですから「女を表現する」ことは決して恥ずかしいことではありません。「どう自分らしく表現するか」が大事なのです。自分の性格や生き方を変えなくても男性から女として見られる方法はたくさんあります。いい女の特徴まとめを参考に、今の自分を大切にしつつもちょっぴり女らしいスパイスを効かせてみると、今まで恋愛対象として見られなかったあなたを熱い視線で見つめる男性がきっと増えていくことでしょう。