クダラナイ喧嘩が劇的に減る!彼氏と仲直りする方法5ステップ

彼氏と仲直りする方法を紹介します!世の中ケンカをしないカップルもいるのかも知れませんが、そんなの少数派。大多数のカップルは、したくないのに、大好きなのに、喧嘩を繰り返してしまうのではないでしょうか?まずは感情を抑えることから始めましょう。

【簡単…?】5つのステップで彼氏と仲直り!【灼熱のバトルファイターたちへ】

彼とのケンカを振り返ってみましょう。アレ?良く考えてみると、同じような喧嘩ばっかりしていませんか?喧嘩に至る過程はいつも違っても、喧嘩になった元をたどってみると発端は似たり寄ったりだったり…。

同じ原因で喧嘩を繰り返すカップル

「もう!彼とはケンカしたくないのに!」そんな思いを抱え悩みつつもバトルを繰り返す闘う獅子のような女性たちも、上手にケンカを収束に向かわせられるステップに挑戦してみましょう!逆にこのステップを踏んで仲直りしないと、また同じことの繰り返しでケンカになってしまうかも?!

Step1 まず感情を抑える!

感情をおさえて!

相手の気持ちを無視し自分の感情を優先させてしまう行動は、もうハナっから事態の収束は時間の経過にゆだねてしまうことになります。自分の胸に手を当て、深呼吸して、一度と言わず何度も何度も冷静になって、自分自身がなぜ怒っているのかを客観視しましょう。

ケンカ魂に火が付いた状態にはクールダウンが必要。時の経過に全てを委ねきってしまうよりも感情をコントロールする訓練を!

Step2 次に相手の言い分を受け入れる!

絶対に正しい!と思っている自分の考え方や言い分、それが相手にしてみたら「絶対におかしい!」からケンカになるのだとしたら…。アナタにとって絶対に正しい考え方や言い分は、少なくとも相手にとっては正しくないということ。それはつまり、相手が正しくないと思っていることだけど、ゴリ押ししようとしているということ?

アラ?今ジャイアンが見えましたね。自分自身の言い分に耳を傾けたなら、次は相手の言い分に耳を傾け、それが正しくてもそうでなくても一旦は受け入れましょう。

100%相手が悪いと思っても、何をどう考えての主張なのかを理解する努力を!

Step3 もっともらしい言い分ばっかり並べて追い詰めない

もっともらしいことばっかり言わない

怒った女は怖い!…と思われているうちが華。ケンカを繰り返していくうちに、彼の意識が「めんどくせぇ~」に変ってしまったあなたは、相手から反論の余地さえ奪う「ああ言えばこういう女」。そうなると、どうなるか…ケンカの発端となっている原因についての話も取り合ってもらえず、ケンカを引き起こした「原因」に納得していない曖昧な状態のままホトボリが冷めてしまうから、なんということでしょう!また同じことでケンカができてしまうのです!

「めんどくせぇ」と思われずにキチンと話し合いを完了させるには、相手を追い詰めないことが大切。もっともらしい言い分ばっかりまくしたててグゥの音も出ない相手に「ホラやっぱあんたが悪い!」では、相手も嫌気がさしてしまうのも道理です。

相手から逃げ道(反論の余地)を奪い、言いくるめて「勝つ」ことは、ケンカの収束にはなりません!

Step4 つべこべ言わずに歩み寄る

ケンカの相手がどうだっていい相手なら、別に歩み寄る必要はありません。ど~ぞケンカ別れしちまって結構です。自分の意見を聞こうともしない男なんかとはコレを機にキレイさっぱりサヨナラしましょう!

え?それはちょっと…?だったら、シャクに障ってもつべこべ言わずに変な意地はとっとと捨てて大人な歩み寄りを。ここでの歩み寄りとは、喧嘩ではなく理解しあいたい意思表示をすること。「有耶無耶にしてはいけないこと」と「有耶無耶にしてもいいこと」を一緒くたに有耶無耶にしてしまわないようにしましょう。

「ラブラブモードに持っていってなぁなぁなんかにさせねぇぞ」という凛とした態度で接することが大切!

Step5 謝って折り合いをつける

彼氏と早く仲直りをするには理解を示して折り合いをつけましょう

最初に言っておきますが、本当はハラワタ煮えくり返るほどムカついているのに、ムリして謝ることはありません。しかし、相手の言い分を飲み込めなくても「そうだったんだ、あなたの気持ちに全然気が付いてあげられなくてごめんね…」と言えるかが、質の良い仲直りができるかどうかの分かれ目なのかも知れません。

  • 全体的に非を認めるのではなく、「~してごめんね」と一部分だけ謝るのがコツ。
  • 灼熱のバトルフィールドに必死に鎮火させようとするあなたの想いが伝わる言葉は、相手の心を開く力を持っています。

おまけ 喧嘩と仲直りはセットな関係を築こう

喧嘩をしたらその日の内に解決する、などふたりで約束をしておきましょう。喧嘩になっても意地でも仲直りする!と誓って、全力で後腐れなく喧嘩をしましょう。

但し、前のことを持ちだすのは厳禁。オンナによく見られる「アンタって前も…!」現象はがっちり封印し、今とこれからを大切にしましょう。

それでもやはり衝突してしまう人間関係

人間は何歳になっても未完成の生き物です。愚かで未熟で、そして欲張りです。現状維持が苦手で、ついつい相手に理想を求めてしまいます。「わかっているのに…」って言葉、一体生きていて何回思い、何回口にしたことか!

彼氏と喧嘩をしてもキチンと仲直りをして前よりも仲良しになりましょう

喧嘩の収束に必要な「一歩引いて自分を出す」姿勢も、ヒートアップしているときは自分ばかり我慢しているのでは?と不服を感じるかもしれません。しかし不毛な繰り返しをしたくないのであれば、彼を愛しているのであれば、ここはちょっとくらい引いてあげましょうネ。

収まりつかない自分の気持ちは、仲直りのあとで彼のポケットマネーから高級イタリアンなどの豪華ディナーでもふんだくって解消しましょう。