彼女を怒らせたときに男性がとるべき対処法6つ

彼女を怒らせたとき「無視するし何言っても無駄だ」と簡単に諦めてしまっていませんか?大切なのは反省の気持ちをどんな行動・言葉で伝えるか。今の彼女と絶対に別れたくないと考えているのなら、長い時間がかかっても根気よく謝罪を続けることが重要です。

彼女を怒らせたときのベストな対処法は?

「好きな女優がテレビに出ていて、つい『やっぱ可愛いな~』とつぶやいてしまった」
「デート中、彼女の話を聞かずにスマホばかりいじってしまった」
「冷蔵庫にあった彼女のケーキを勝手に食べてしまった」

カップルの喧嘩も、始まりはとても些細で小さなことが多いもの。しかし、一度彼女を怒らせたらその怒りを鎮めるまでには長い時間がかかることも珍しくありません。相手が頑固な性格なら尚更許してもらえるまでに時間を必要とすることでしょう。

とはいえ、相手の様子を伺ってオロオロしていても彼女の怒りが静まることはありません。では、もしも喧嘩で彼女を怒らせてしまった場合、我々男性はどう対処するのが正しいのでしょうか。

彼女を怒らせたときの対処法1
彼女の怒りの原因を理解する

泣く女性と頭を抱える男性

これは至極当然のことですが、ただただ平謝りするだけでは女性は許してくれません。「サッサと謝ってこの居心地の悪い空気を変えてしまいたい」という気持ちはわかりますが、原因がよくわからずにごめんごめんと謝り倒したところで「アナタ私がなんで怒ってるのか本当にわかってるの?」と、さらに火に油を注ぐことになりかねません。一体何が彼女を怒らせたのか、まずはあなた自身がその原因をしっかり理解することが大切です。

もし、自分の中で心当たりがあるのであれば、「俺が○○だったからだよね。無神経だったと思う。本当にゴメン」とその原因を添えた上で謝ること。彼女を怒らせた原因がイマイチわかっていないのであれば、「ごめん、自分でよく考えてみたんだけど…わからなかった。俺そういう鈍い所があるから、悪いところがあったら教えてくれると嬉しい」と、下手に出て心を込めた謝罪をしましょう。

謝るときのポイント

相手の方を見ずに口先だけで謝るのは最悪です。謝るときには必ず彼女の目を見ながら、同じ高さで謝罪しましょう。

彼女を怒らせたときの対処法2
自分に対し何らかの形で罰則を与える

彼女を怒らせてしまって「その原因は自分にある」と自覚しているのであれば、彼女に何かを言われる前に「本当に反省してる。罰として今後しばらくは○○するよ」と、自らを罰する姿勢を見せましょう。
例えば、デートに何度も遅刻してしまったことで彼女を怒らせたのであれば、洋服やバッグなど彼女に好きなものを買ってあげる、罰金として彼女に1,000円払う…というような罰則を決めるのです。

大切なのは反省の色をアピールすること

せっかくのペナルティもただのご機嫌取りだと思われてしまっては逆効果。彼女が本当に望んでいるのは、あなたが今後その行動を改めてくれることです。彼女には「あくまでこの罰は俺なりのけじめだから」という気持ちと、「今後は絶対に気を付ける」という反省の色を伝えることが大切です。

彼女を怒らせたときの対処法3
謝罪の手紙を書く

手紙を書く男性

書いた人の気持ちが込められた手紙には、読んだ人の気持ちを動かす力があります。彼女を怒らせたとき、相手が全然聞く耳を持ってくれない場合には手紙を書いてみるのも効果的です。

手紙を書くときのポイント

せっかく書いた手紙も、字が適当だとその誠意は伝わってきません。字が下手でもいいのでとにかく時間をかけて丁寧に書くよう心がけてください。

中には「いやいや手紙なんて書き慣れてないし」という方もいるでしょうが、それであればなおさら好都合です。彼氏からの初めての手紙を読んで、「今まで手紙なんて書いてくれたことないのに…そろそろ許してあげようかな?」と、ヒートアップしていた彼女の心が落ち着く可能性もあります。
また、万が一渡した時点で彼女に手紙を破かれても、めげずに何度でも書き続ければ彼女の方が根負けして許してくれるでしょう。

手紙を渡すのが恥ずかしいのであれば、自分の気持ちを言葉で上手く伝えるためだけに、あえて渡さない手紙を書くのもよいでしょう。自分の気持ちを文章としてしたためることで、相手に何を伝えたいのかを自分の中でスッキリ整理することができます。口下手な男性はぜひ試してみてください。

彼女を怒らせたときの対処法4
愛の言葉やスキンシップで安心感を与える

彼女を抱き寄せて水面を見つめる男性

あなたが他の女性と仲良くしていたなど、彼女を怒らせた理由が彼女のやきもちだった場合、彼女はあなたからの愛情を十分に感じられず「もしかして私、彼氏に愛されてないのでは…?」と不安になっている可能性があります。

どうでしょう、あなたは普段から彼女に「好きだよ」「愛してるよ」とマメに言うタイプでしょうか。彼女へのキスやハグなどのスキンシップも、付き合い始めよりかなり少なくなってはいませんか?

彼女が怒る原因が他の女性への嫉妬であるならば、少々恥ずかしいかもしれませんが「本当にごめん。でも、俺が好きなのは○○だけだから。」の一言を添えてぎゅっと抱きしめてあげてください。
その後は日頃から彼女への愛情表現を増やしていき、彼女に「愛されている」という自信を持ってもらうことでやきもちを焼かれる機会も少なくなっていきます。

彼女を怒らせたときの対処法5
放置してみる

「いろんな方法を試したけれど、どうにもこうにも彼女が許してくれない」「自分を無視するから謝りようがない」という場合には、時間が解決してくれるのを待つしかないでしょう。

さり気ない気遣いを交えながらの放置を!

ビクビクして彼女の反応を伺うのもよくありませんが、「放置する」といって怒らせる前と同じような態度をとってしまうのはタブーです。同棲している彼女であれば「知り合いからもらったんだ」などと言って相手の好きなスイーツを買って帰ったり、彼女が気になっているデートスポットに連れていってあげたりと、わざとらしさを感じさせない程度の気遣いを見せるのがポイントです。

あくまでナチュラルな気遣いを心掛けつつ、普段通り接すること。どんなに怒っていても、意地を張り続けるというのはなかなか気力を消耗するものです。彼女も最初は冷たい態度をとるでしょうが、だんだんといつも通りの態度に戻ってくれるでしょう。

彼女を怒らせたときの対処法6
共通の知り合いに相談してみる

彼女のことを男同士で話しあう

彼女を怒らせてからある程度時間が経ち、それでも許してくれないようなら、あなたと彼女の共通の知り合いに助けを求めるのもひとつの方法です。
このとき、余計な誤解を招かないよう相談相手はできれば男性が望ましいでしょう。もちろん、間違っても相談相手には彼女の愚痴を言わないようにしてくださいね。

第三者からのアドバイスを得ることで、自分ではわからなかった彼女を怒らせた本当の原因が見えてくることがあります。
また、人づてに彼氏の想いを聞くことで頑なだった彼女の心がふとほぐれる可能性もありますので、「あいつ、相当落ち込んでるみたいだよ」「すごく申し訳ないことをしたって反省してた。でも絶対に別れたくないんだって」と、知り合いから彼女へ一言伝えてもらうというのも効果的でしょう。

彼女を怒らせたときどうしてる?世の男性からのアドバイス

彼女を怒らせたらどう対応するのが正解なのか、5人の男性に話を聞いてみました。

体験談

彼女を怒らせたら

アグー(20代)のお話

現在2年ほど付き合っている彼女がいます。めったに怒らない女性なのですが、一度浮気を誤解されて彼女を怒らせてしまったことがあります。僕が偶然女性と楽しそうに買い物しているのを目撃したそうで…。結果それは僕のいとこだったんですけど、「なんで怒ってるの?」と聞いても「わからないの?」と返されるばかり。そのやりとりがしばらく続いてから「あ、アレを見たからなのかな?」とピンときて、「あれ、俺のいとこだよ」と弁解しました。それを聞いた彼女は「そうなの!?ごめんなさい!」と謝ってきて、正直自分には非がないとは思いましたが「俺も特に聞かれなかったからって何も言わなかったから…ごめん。」と一言返しました。彼女を怒らせたら「俺が悪いんじゃないし」という態度を全面に出すよりも、「俺もこれから気を付けるよ」という姿勢を見せた方が円満解決します。

体験談

彼女を怒らせたときの対処法

モロッコ(30代)のお話

ふと何気ない時に彼女の名前を呼んだつもりが、元カノの名前を呼んでしまったことがありました。あまりに自然に出てしまい自分でも気づかないくらいでしたが、彼女が猛烈に怒り出し、誰なのかを問い詰められました。最初はどうごまかそうと考えましたが、あまりに彼女が怒るので正直に謝ろうと「元カノの名前が出ちゃった」と言いました。そしたら彼女は、正直に言ったことは許してくれたものの3日位機嫌が悪く、関係ない事でもケンカになってしまうので、後ろから強く抱き締めて「ごめんね、お前が俺の一番大切な人なのに」と言ったら、少しずつ機嫌も治りました。力では勝つぶん、強引でも抱き締めて謝ること、お前だけだよという気持ちを伝えることで許してもらえます。常日頃から好きとか気持ちを言葉にしてさりげなく伝える努力をすると、信用もされます。

体験談

体調不良で許してもらった

パンナム(30代)のお話

スマホで彼女に「ごめん」と正直に謝ってる男性

彼女と仕事帰りにごはんを食べに行く約束をしていたのですが、すっかり忘れてしまいました。連絡が来た時には既に自宅にいました。約束した場所がかなり遠いので、行く時間を考えてその日は会いませんでした。それ以降、1週間連絡が取れませんでした。その時、卑怯ですが体調が悪いと彼女にメールしました。すぐに自宅に来たのでしばらく風邪で辛い演技をして、その流れで許してもらいました。色々なバリエーションがあるのですが、彼女を怒らせてしまった時の対処方法は、弱っているところを見せるのが効果的だと思います。母性本能を逆手に取ったやり方です。彼女が来たくなければ来ないだろうし、連絡が取れないからと押しかけてしつこくするより、相手の意思を反映できるのでおすすめです。

体験談

忘れたときは後のフォローで

オレンジ(30代)のお話

誕生日などの記念日を軽く考えている男性は非常に多いですよね。一方、女性はその反対で、記念日というものをとても大切にしています。私と彼女の場合もそうで、そのギャップで度々ケンカになります。もう終わってしまったことは取り返しがつきません。自分は何もいらないといったところで無駄ですし、逆効果なので素直にその時は謝罪します。そのかわり、その騒動がひと段落して忘れたころにサプライズ的なプレゼントをします。気持ちが伝わればよいので、例えば料理を作ってふるまうなど、モノに限定して考えなくても大丈夫です。彼女を怒らせたときにはこんな方法で乗り切っています。その場で解決することはできなくても、その後のフォローが大切ということです。

体験談

海外からタバコやバッグや服などを大量に送った

peach(20代)のお話

もともと同棲している彼女がいたのですが、私が半年ほど家を空けることがありました。別の地方や海外にいたのですが、連絡のマメさもなく、またほとんどその間に会うこともありませんでした。電話にも出ないことが多かったので、その結果、彼女を怒らせるという事態になってしまいました。私は他のことに集中していたので悪気はなかったのですが、客観的に見れば私が悪い気がします。なんとかしなければならないと思い、物価の安い東南アジアからいろいろなものを送ることにしました。私が選ぶものもありましたが、相手が欲しがっているものや、彼女の家族のリクエストも聞いて送るということです。そして、帰国した際にもお土産を持っていくことによって、怒りを2/3くらいにすることができたと思います。

付き合っている彼女のタイプにもよるだろうと思いきや、数人の男性の話からは共通点も見えてきました。「別れたくない!」という男たちの想いが伝わってきます。

買い物袋を下げて歩く男性と手を繋ぐ女性

重要なのは彼女を怒らせたあとの誠意の見せ方

自分に非があって彼女を怒らせた場合、最も大切なのは許してもらうことではなく同じ過ちを繰り返さないことです。ここで上手く彼女の怒りを鎮められたら、これを機に二人の絆がより深まります。「これくらいで怒るとか…もうコイツとは付き合ってらんないな」と感じているならともかく、あなたが彼女と別れたくないと思っているのなら、許してもらうためにできる限りのことは試してみるべきでしょう。

また、彼女とこれからも仲良くしたいのであれば、カップルが長続きする秘訣も合わせて参考にしながら彼女との円満な関係を築いていけるよう頑張ってください!