柔軟性がある人とない人の違い・それぞれの特徴

柔軟性がある性格の人はその場の状況に応じて臨機応変に行動できる。相手の意見も素直に聞けるといった特徴があります。柔軟性を持つことで人間関係をスムーズにしたいと悩んでいる人に、柔軟性がある人とない人の特徴や違いを教えます。

柔軟性がある人とない人の特徴とは?

柔軟性がある人は環境に応じて状況を判断し、適応していく能力があります。柔軟性を身につけて人生をより良いものにしたいと考えているあなたに柔軟性のある人とない人、それぞれの特徴を教えます。生きていると環境も状況も変わっていきます。その変化に柔軟に対応できる能力を備えておくと人生の様々な場面で役立つことでしょう。融通が利かない性格の人はしっかりとチェックして改善できるところがないか探ってみましょう!

柔軟性がある人の特徴1
視野が広い

地球儀を見つめる男の人

柔軟性がある人は「〇〇すべき」といった狭い視野ではなく、「〇〇もありだな」と広い視野を持って考えられます。常識やルールとは曖昧なもので、国や年代によってまったく異なります。自分の考えが100%ではないと理解することで物事を柔らかくとらえることができます。人の意見を受け入れる心の広さを養うと人間関係の悩みはかなり解決できます。

柔軟性がある人の特徴2
チャレンジすることを恐れない

外で考える女性社員

初めてのことにチャレンジするときは、何も知らない新しいこと受け入れていかなくてはいけません。柔軟性がある人なら、もし失敗しても自分のためになると考えられるので、何事にも積極的に挑戦することができるのです。「失敗してはいけない」という観念が強すぎると、チャレンジしたいことがあっても不安屋恐怖を感じてなかなか挑戦できません。柔軟性のある人は失敗してもOKという考え方がベースにあるため、思い切って行動を起こせるのです。

柔軟性がある人の特徴3
アドバイスを素直に受け取れる

考える男性社員

柔軟な考え方は、他人の意見を素直に受け入れることで高まります。「こうしてみたら?」「こうするといいよ」というアドバイスを素直に受け入れて、どんどん自分のものにしていきましょう。

自分の考え方だけが正しいと頑固になっていては、柔軟性は身に付きません。誰かにアドバイスをされたときは、腹を立てたり反発したりせず「そういう考え方もあるのか」と受け入れることで友人同士や会社でのトラブルが少なくなります。

柔軟性がある人の特徴4
臨機応変な対処ができる

パソコンで仕事をする男性

柔軟性がある人は予期せぬトラブルや急な予定変更にも上手に対処できます。何ごとも答えはひとつとは限りません。あらゆる視点から解決法を考え、他人の意見を聞き入れ参考にすることで臨機応変な対応ができるようになっていきます。新しい職場や学校では特に臨機応変さが必要になりますが、これまで培ってきたスキルを使いながら、新しい知識をどんどん吸収しその場に合った行動をとることができます。

柔軟性がある人の特徴5
自由な発想ができる

屋上で仕事をする女性

柔軟性のある人は、今までの常識や決まりをいい意味で破ることができます。凝り固まった常識や先入観は自由な発想の邪魔になることが多く、行動まで制限されます。「女性だからこうするべき」「若いのだからこうあるべき」といった考え方にとらわれず、自由な感性を持つことでアクティブな行動が可能になるのです。

柔軟性がある人の特徴6
コロコロと意見を変える

パズルの上に置かれた人形

柔軟性がある人は自分の意見に固執せず、状況に応じて考え方を変えていけます。この特徴は長所ともとれますが、見方を少し変えると意見をコロコロ変えるという短所とも受け取れます。

人の意見を受け入れすぎると自分の本心や一番に伝えたいことがぼやけてしまいます。いちいちアドバイスを真に受けていると、昨日と今日で180度方針が変わることも出てきます。柔軟に考え方を変えられることはメリットが多い反面、環境によっては周囲を振り回し迷惑をかけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

柔軟性がある人は

ここだけは譲らないというポイントを決めしっかりと伝えることで、芯の通った柔軟性を養っていくといいでしょう。

柔軟性がない人の特徴1
新しいことに消極的

電動ドリルと電球を持った女性

新しいことをスタートすると、自分の知らないことが多くなり今までの常識は通用しなくなり柔軟性のない人にとってはかなりのストレスです。新しいことや想定外のことに対応するには、柔軟な考え方が必要になるからです。柔軟性のない人はこうした理由から、できる限り現状を変えないようにします。これが新しいことに消極的になる原因になります。

柔軟性がない人の特徴2
否定する言葉が多い

NGサインをする女性

他人からの提案やアドバイスに、すぐ否定から入るのは柔軟性のない人の特徴です。他人の考え方を受け入れることができないので、つい口癖のように否定する言葉が出てしまうのです。他人から「こうするといいんじゃない?」と意見されると「いや、違うの」「そうじゃなくて」などと言ってしまう人は注意しましょう。柔軟性がなくなっているサインです。

柔軟性がない人の特徴3
ネガティブな決めつけが多い

喋る女性二人

「あの子は時間にルーズ」「あの上司は仕事ができない」と、周囲の人を勝手に評価し決めつけてしまう人は、もう少し考え方に柔軟性を持たせるといいでしょう。

ネガティブな決めつけをすることのデメリットは、その相手が活躍できる可能性を狭めてしまうだけではありません。知らないうちにどんどん視野が狭くなり自分の可能性まで狭めてしまうのです。自分自身に対しても「わたしには無理」と決めつけてしまうと、せっかくの成長を妨げてしまいます。

柔軟性がない人の特徴4
変化を受け入れるのが苦手

隣に座っている女性から仕事を頼まれている男性

柔軟性のない人は変化や想定外の出来事に対応するのが苦手で、急な予定変更があるとストレスを感じてしまいます。コツコツと決まったことを繰り返すことは得意なのですが、急に入ってくる予定は上手く対処することができません。

柔軟性がない人の特徴5
人の立場で考えることができない

上司と話す女性

人の立場に立って考えることや、未経験の出来事は想像しようと思わないのは柔軟性がない人の特徴です。客観的な考え方ができず、人の気持ちを理解するのが苦手なのです。自分がこうだから相手もそうだろうという主観的な考えばかりでは「この人とは意見が合わない」「自分の意見と違う人とは関わりたくない」と言う気持ちから人間関係を悪化させてしまう恐れがあります。

柔軟性がない人は

「まあいいか」と妥協したり、人との折り合いをつけていくことで、少しずつ柔軟性を養っていきましょう。

柔軟性がない性格に疲れてしまったら

柔軟性がなさすぎると、集団の中での生きづらさを感じてしまいます。新しいことに挑戦するときにためらいがでたり、決めつけで人を判断してしまい人間関係に悪影響が出てきます。自分の常識やルールにそぐわない行動に対して怒りや反発心が芽生えることもあるでしょう。

「十人十色」ということわざがあるように、10人いれば10通りの個性が存在します。「こういう考え方があってもいいか」と言うように人それぞれの持ち味を認めることで心が楽になり、あなた自身も他人から許されるようになるでしょう。新しい出来事に拒否反応が出たら「失敗しても大丈夫!」と言い聞かせて挑戦してみましょう。成功しても失敗してもそれがあなたの経験となります。チャレンジ精神旺盛な人の7つの特徴をあわせて読んで「いつかやってみたいこと」を始めてみてはいかがでしょうか?