【好きな人へのLINE】浮かれモードは要注意!彼のドン引き予防法

好きな人へのLINEを送るとき、気をつけなければいけないことって?この注意点を守らないと、ドン引きされて嫌われるかも…!どんなことに注意をしなければいけないの?彼ドン引きのダメLINEを紹介します!

【好きな人へのLINE】浮かれモードは要注意!彼のドン引き予防法

好きな人へのLINEで注意すべき5つのポイント

気になる男性と仲良くなって、LINEのIDを教えてもらったらテンション上がりますよね!でもそのままのテンションで彼にLINEすると、ドン引きされてしまうトークに仕上がってしまう危険性があります。気になる彼に好かれるためには、どのような部分に気をつけたらよいのでしょうか?好きな人へのLINEで注意しなければならない点を5つご紹介します。

NG1 既読スルーされても怒らない

既読スルーされても怒らない

A子

聞いてよー!気になる彼にLINEしたんだけど、既読なのに返事くれないの!

B美

あー、既読スルーってやつかぁ

A子

返事が来たの1時間後だよ?信じらんない!電話して怒ったよ!!

B美

え?それってやりすぎなんじゃない?彼、困ってるよ多分…

「もしやこれ既読スルーされてる!」と思っても、焦らず待つようにしましょう。LINEは読んだらすぐ返事するのが当たり前でしょ!と思っている人は多いようですが、既読になったからと言って、少しも待たずにイライラされては相手の迷惑になってしまいます。彼は、「まずメッセージを確認してあとでちゃんと返事をしよう」と考えているのかもしれません。とりあえずもう少し待ってみましょう。

好きな人にLINEするなら

「返事が来ない!」と、攻撃的なメッセージを送る人もいるようですが、それだけは絶対にやめましょう。相手の事情を考えない行動をとるようであれば、彼女にランクアップできませんよ。

NG2 日記のような連絡はしない

日記のような連絡はしない

まるでつぶやくかのように「今日のランチは○○で××だったよ!」とか「いまドコドコにきてま~す」と言うLINEを送るのはやめましょう。男性は合理的な考えを持っていて、必要なときにしか連絡を取らない傾向があります。そのため女の子からど~でもい~今日の出来事が送られてくると、迷惑に感じて返信したくなくなるのです。

好きな人にLINEするなら

送るなら「お昼のパスタおいしかった。今度食べに行かない?」など、相手に問いかけるような内容にするのがベターです。彼にとって必要ない情報を送っても「へ―そうなんだー」と思うだけで、返信まではしない場合は大いにあるでしょう。

NG3 独りよがりのトークに気をつける

日記のような連絡はしない

好きな人の都合も考えず、浮かれた気分でLINEすると、相手に引かれてしまう可能性が大きいです。あなたは彼が大好きだとしても、彼はまだあなたを友達としか思っていないかもしれません。

好きな人にLINEするなら

彼との温度差を考えないでテンション高めのトークをすると、ちょっと引かれてしまうかも?

NG4 スタンプに頼りすぎない

変なスタンプを送るA子

A子

このスタンプ面白いから送っちゃお

C男

え…なんか馬鹿にしたようなスタンプだな?

変なスタンプを送ってきたA子に怒るC男

C男

よし、この怒ってるスタンプを送ろう

A子

怒ってるスタンプが来たけど…なんで?(困惑)

A子

とりあえず笑ってるの送ってみよう!

C男

今度は笑ってるし…なんなんだもう…

LINEのスタンプは気持ちを表すのに便利ですが、文章なしのスタンプ単品で送るのは避けたほうが無難です。男性は女性と違って気持ちを読み取るのが苦手。特にスタンプに慣れていない男性は、女性が送ってくるスタンプの意味が良く分からないと思ってしまいます。

好きな人にLINEするなら

会話を盛り上げるために送ったスタンプが、彼に誤解されてしまう場合もあるのでスタンプはコメントとセットで送るようにしましょう。

NG5 その時の感情で文章を書かない

その時の感情で文章を書かない

リアルタイムでやり取りできるのがLINEの魅力ですが、自分の思いをパッと書いて送信していしまい、失敗した経験はありませんか?送った内容はさかのぼって見れるので、失言もそのまま記録に残ってしまいます。好きな相手に変な内容を送って後悔したくないですよね。

好きな人にLINEするなら

感情が乱れているときは、一呼吸おいて落ち着いてからLINEするようにしましょう。

好きな人へのLINEで彼との距離を縮めたいなら

LINEで連絡し合って仲良くなっていくのもいいですが、直接会ってコミュニケーションを深めるのも忘れないで!彼に、リアルな世界でのあなたのキャラをわかってもらい、仲良くなったうえでLINEをすれば、多少失敗しても「この子はこういうキャラなんだな」と許してもらえるかもしれませんよ!

また、好きな人とのLINEは自分から話題を作る特集もチェックしておいてくださいね。

メニュー閉じる