友達の好きな人を好きになったときの5つの対処法【究極の選択】

友達の好きな人を好きになったときって、ものすごく困りますよね。友達が気になっている彼のことを相談されている内に、自分も男性のことを好きになるというよくあるパターン。友情をとるか愛情をとるか、究極の選択への対処法を紹介します!

友達の好きな人を好きになったときの5つの対処法【究極の選択】

友達の好きな人を好きになったときの対処法5つ

友達の好きな人を好きになった…そんな経験がある女性は結構いるかと思います。そうなってしまったときに気持ちを揺さぶるのは、「友情」をとるか「恋愛」をとるか。この問題は簡単に避けては通れない、人生の究極の二択と言っても言い過ぎではないでしょう。

どちらかを選ぶなんて、難しくてそう簡単には決められないけれど、自分勝手な行動を取ってしまい友達と好きな人の両方失うのだけは避けたいものです。今回は友達の好きな人を好きになった女性が知っておくべき5つの心得をご紹介します。

心得1 なぜ彼を好きなのかよく考える

なぜ彼を好きなのかよく考える

友達と同じ人を好きになる女性の気持ちを突き詰めていくと、「友達の好きな人だから好きになった」という何とも恐ろしい本音が隠されている場合があります。
う~ん、「隣の芝生は青く見える症候群」とでも言いましょうか…。つまりは、自分の友達が思いを寄せている男性は、無条件でなぜかステキに見えてしまうという恋心の錯覚かもしれません。

究極の選択!その前に…

まずは自分の胸に手を当てて、彼への気持ちが本気かどうかよく考えてみましょう。

心得2 開き直らない

開き直らない

友達の好きな人を好きになったときに、「好きになっちゃったんだもん!しょうがないじゃん!」と開き直る女性もいるかもしれませんね。しかし、開き直りは「友達の気持ちなどは考えず、恋愛を優先させる」と宣言しているようなもの。これまで苦楽を共にしてきた友達に対して、あまりにも失礼で情に欠けている行為ではないでしょうか?

究極の選択!その前に…

これでは「友情」とは言い難いですね。本気で友達を失いたくないのであれば、開き直った態度はやめて、本当に大事なものは何なのか?と、自分にシッカリ問いかけましょう。

心得3 悩み相談はしない

悩み相談はしない

あなたが友達の好きな人を好きになったという話は、周りにバレると噂の種になってしまう可能性があります。うっかり共通の友人などに「好きな人がかぶってしまって悩んでいる…」などと打ち明けてしまうと、本人に筒抜けになってしまったりありもしない噂を立てられたりして、事態は思わぬ悪い方向へ向かっていく可能性があります。

究極の選択!その前に…

悩み相談は共通の友人・知人は避け、信頼できる人にだけにしましょう。

心得4 唯一無二の親友なら「友情」を取る

唯一無二の親友なら「友情」を取る

親友との友情を永遠に続けていきたいと願うなら「恋愛にはいつか終わりが来るもの」と言い聞かせ、友情を優先させるのも一案。心底大切に思える友達に出会える可能性は、長い人生の中でそう何度もありませんからね。

究極の選択!その前に…

友達の顔を思い浮かべたとき「悲しませたくない」という気持ちが先に立つなら友情を優先させたいと感じている証拠。自分の気持ちに素直に行動すると良いでしょう。

心得5 両想いになる確率が高いなら打ち明けておく

両想いになる確率が高いなら打ち明けておく

今回の恋愛に関して、明らかに友達よりも自分の方に分があって、100%に近い確率で彼と両想いであろう場合は、彼と進展がある前に友達に「彼を好き」という気持ちを打ち明けましょう。

ここで何も伝えずに彼氏・彼女の関係にでもなってしまったら、友達は「抜け駆けされた」「裏切られた」と感じて、もう2度と笑いかけてくれないかもしれません…

究極の選択!その前に…

友達の方に彼の気持ちが傾いているならあなたの気持ちを打ち明けると2人の進展の邪魔をしてしまうかも。友達に「彼が好き」と打ち明けるなら慎重にタイミングをうかがって。

友達の好きな人を好きになったのは自分を知るチャンス

友達の好きな人を好きになったのは自分を知るチャンス

友達と同じ人を好きになったと悩み、心が痛むのは、友達の気持ちを考えている証拠。それでも恋愛を選択する決心をしたならば、その彼を本気で好きになり逃したくない気持ちが優先になってしまったからではないでしょうか?

友情を選択するにしても、恋を選択するにしても、決めるのは自分自身。友情も恋も失うかもしれないというリスクすべては本人に降りかかってきます。だからこそじっくり時間をかけて自分の本当の気持ちを知り、答えを出していくことが必要です。

モテる女の特徴は顔や見た目じゃない特集をチェックして内面までキレイになり、穏やかな心を身に着けてくださいね。

メニュー閉じる