モテるLINEは余韻が決め手!好きな人とのトークが進むメッセージ

モテるLINEテクニックで彼のハートをゲットしよう♪好きな人とラインをするときは、会話をするときとチョットだけ違うテクニックが必要です。5つの方法をマスターすれば、いつの間にか仲良くなれているかもしれませんよ!

モテるLINEは余韻が決め手!好きな人とのトークが進むメッセージ

こうすればうまくいく!モテるLINEのコツ5選

ようやく好きな人とLINEのやり取りができるようになったけど、なんとなく彼が冷たい気がする…。それは気のせいではなく、事実なのかも?!好きな人にモテるLINEを送るには、直接話すときとは違うテクニックが必要です。好きな人に送るLINEの注意点と一緒に、モテるLINEのコツをご紹介いたします。

1 相手と同じ言葉を使う

相手に気が合うと思われたい、話の通じる人だと思われたい。そんなときにおすすめなのが、相手の使う言葉遣いや言い回しをそのまま真似しちゃいましょう!

日本語には、同じ物事を表現するにもいろんな言葉遣いや言い回しがあります。どんな言葉や表現を選択するかはその人の個性であり、所属しているグループや世代によっても違いがあるのです。

相手と同じ言葉をメッセージに入れる

わたしはあなたの仲間です♪

同じテイストの言葉を使う人は自分の味方や仲間だと感じやすいのです!

2 スタンプの使い方は相手に合わせる

LINEといえば、可愛いスタンプが色々使えるのも楽しい特徴のひとつですよね。
でも、もし相手があまりスタンプを使わない人なら、あなたもそれに合わせてスタンプを控え目にした方がいいでしょう。逆に、好きな人がスタンプをたっぷり使ってくれるノリの良い雰囲気の人なら、あなたもいろんなスタンプを使い分けるようにしましょう。

スタンプは相手に合わせて使う

スタンプは空気を読みつつ

スタンプも言葉と同じく、その人の表現の一部。相手に同調するとあなたの印象は良くなるでしょう。

3 思わず笑ってしまうようなスタンプを使う

スタンプを使うなら、思わずクスッと笑ってしまうようなユニークなスタンプがおすすめです。あなたの可愛らしさを引き出してくれるようなキュートなスタンプも良いですが、さらにもうひとつ、笑える要素があるといいでしょう。LINEのやり取りでは、会話よりもパッと目に入ってきやすいスタンプのほうが強く印象に残ります。

笑えるスタンプを送るなら彼のツボを押さえてから

スタンプでイメージ作り!

クスッとくるスタンプで、彼に「可愛いし面白い」女性だという印象を残せば、話していて楽しい人というイメージを与えられるでしょう。

4 会話のリズムを意識する

LINEはメールとは違って、チャット感覚で使用している人が多いツールです。
そのため、1度返事を返したのに、その後しばらく既読がつかなくて、やっと返ってきたと思ったらまた数分音沙汰なし…というテンポのやりとりをしていたのでは、「なんだか反応が悪いコだなあ」と相手に悪印象を与えてしまう場合もあるでしょう。

トークのテンポを意識する

1度会話が始まったら、スムーズにやり取りできるように準備を整えておくと、テンポ良くLINEのやり取りができます。

既読コントロールを身に付けて!

好きな人からのラインをなかなか返せない場合は、すぐ既読にせず、あえて返信できる状態になるまでメッセージを見るのをガマンするのもひとつの方法です。

5 相手の都合を優先する

たとえば、明日、相手が朝早くから仕事に出るとわかっているなら、会話が盛り上がっていたとしても「時間大丈夫?」とか「眠くない?」など気遣いのひと言を合間に入れるようにしましょう。

LINEでポンポンやり取りが進んでいると、なかなか上手に区切りをつけられないときも多々あるでしょう。そろそろ寝たいけど、なかなか会話が終わらないというストレスを感じさせてしまっては、彼に良い印象は与えられません。

彼の都合を考える

気持ちを察してひと声かけよう!

上手に察して会話を切り上げてくれる女性となら、また明日も話したいなぁと思ってもらえるかも!

モテるLINEは余韻で勝負

LINEは、会話の履歴が残り、ずっと前のやりとりも簡単に読み直せます。もし、好きな人があなたとの会話を読み直したときに「あの子とのLINE楽しかったなぁ」という思いがじわじわ溢れてくるような余韻を残すことができれば文句なしです。

LINEのやり取りはいつまでも残ってしまうもの。好きな人とのコミュニケーションがうまくいかずイラ立つときがあっても、キツイ表現はあまり使わないように言葉を選びには注意しましょうね!

今回紹介した方法の他にも、好きな人とのLINEは自分から話題を作って脈ありに特集もチェックして、好きな彼をガンガン攻めてみてくださいね。

メニュー閉じる