本気伝わるLINEメッセージの作り方【告白方法は真剣勝負が鉄則】

LINEでの告白方法は真剣な気持ちが伝わるようなメッセージ作りが大切!スタンプや絵文字を一切使わずに大好きな彼へアナタのストレートな気持ちをまっすぐにぶつけてくださいね。

本気伝わるLINEメッセージの作り方【告白方法は真剣勝負が鉄則】

恋する乙女心をLINEでお知らせ!本気を伝える告白方法5つ

好きな人にLINEで告白する場合は、どこかお手軽なその感覚に「どうせガチじゃないんでしょ?」なんて流されてしまう可能性もありますよね。恋愛においての一大事である告白なのにまさかのスルーを避けるため、「恋するガチ感が伝わるLINEでの告白方法」を学んでいきましょう!

1 好きな人が1人でいるタイミングを狙う

LINEで告白するときも彼がひとりのタイミングが大事

LINEは他の作業の合間や、友達と話しながらでも返事ができてしまいます。告白はタイミングが命。彼が友達と遊んでいるときなど、ワイワイガヤガヤしているタイミングで告白メッセージを送ってしまったらスルーされてしまう可能性が高くなってしまいます。

LINE告白の注意!!

「今なにしてた?」的なメッセージをあらかじめ送り込み、好きな人が、一人でいるという完璧な裏を取ってから告白を実行に移しましょう。

2 絵文字・スタンプはゼロ!で本気を見せる

本気が見えるLINEで告白された男性

LINEで告白するときのデメリットは何と言っても「ガチ感がいまいち伝わらない」というもの。そんなガチ感を下げてしまう要因になる絵文字やスタンプは、告白時には一切使わないのが鉄則です。

LINE告白の注意!!

可愛いゆるキャラスタンプに「スキ!」と言わせるなんてもってのほか。あなたの言葉で気持ちを伝えて。

3 すこし丁寧な言葉遣いで緊張感を醸し出す

丁寧な女性

好きな人にLINEでメッセージを送ったときに、「あれ?!いつもと違うな」と気付いてもらうためには言葉遣いを変えるのが有効です。告白するための文章を送っているのに、いつもと変わらないくだけた文面では、彼に本気や緊張感がいまいち伝わりません。

LINE告白の注意!!

普段よりも3割増しな丁寧語を動員して好きな人が「ハッとするLINE」を送りましょう。

4 長文メッセージでスマホ画面を占拠せよ!

埋もれてしまわないように少しだけ長文トーク

LINEは呟き程度の短い言葉のやり取りが主流ですが、告白まで短めの文章にしてしまうとその他の短文メッセージとの区別がつかなくてスルーされてしまう危険性があります。あえてそこそこ長いメッセージを書き「目に留まる度」を高めましょう。

LINE告白の注意!!

とは言え、長すぎるメッセージは相手の負担になってしまいます。真剣さを伝えるのはいいですが、コワイと思われてしまうような重い内容にならないように気を付けて!

5 状況が悪くなっても逃げない

フラれそうと予感がしても潔く逃げない!

告白LINEメッセージを送ってから、「あれ、返信がない!」「もしかしてスルーされてる?!」なんて不安になってそまっても、追加で余計なメッセージを送って自分をフォローしたり、おチャラけた発言を付け足したりしてはいけません。

せっかく好きな人に本気が伝わっていても、ふざけた内容のメッセージを付け足してしまったら「あ、逃げたな」と思われてしまいます。

LINE告白の注意!!

相手から返事が返ってくるまでは潔くジッと待ちましょう。

LINEでの効果的な告白方法はマジメな自分を見せること

好きな人のLINEしかわからない場合や、好きな人となかなか会えない状況であれば、他の告白方法が良いとわかっていても、「LINEで告白」を選びたくなることもあるかもしれません。しかし、もし好きな男性に通話をするのが可能な場合は、そりゃあ通話をえらんだほうがトークでの告白より本気度が伝わるでしょう。

好きな人に通話して「好き」と伝えるのはとても勇気がいります。でも、勇気を出すからこそ好きな人にもあなたの本気が伝わるのです。トークしかできない状況なのであれば、俄然真剣勝負で行きましょう。中途半端なおふざけLINEでは彼に失礼です。いつもよりマジメな自分を彼に見せたら、あなたが本気で自分を慕ってくれていると気付かせられるハズですよ!

どうしても勇気が出ない女子の皆さんは、付き合う前のデート、LINEやキスで男性心理丸わかり特集をチェックしてくださいね。

メニュー閉じる