二番目の女のNG特徴・キープから本命彼女に這い上がれ!

二番目の女から脱出したい…!彼に本気で愛してもらいたいのに、いつも本命になれない…そんな悩みを解決したいのなら、いつも辛いキープ女を抜け出すべく本命彼女になれない特徴と理由を覗いてみましょう!

二番目の女のNG特徴・キープから本命彼女に這い上がれ!

二番目の女の特徴と本命になる方法

いつも彼女がいる人ばかりに見初められ、二番目の女というポジションになってしまう女性は、相手の男性が変わっても本命になることはありません。なぜなら「どうして自分はいつも二番目の女なのか」という自己診断ができていないからです。今回は二番目女の特徴と本命になるための方法をご紹介します!

特徴1 自分の意見をハッキリ言わない

ハッキリ意見を言えない二番目の女

二番目の女は男性に自分の意見をハッキリ言わないので、関係が安定してくると男性はその女性の事を軽くみるようになるのです。男性は「意見を言わないおしとやかな女」よりも、「意見をハッキリ言う率直で素直な女」をリスペクトします。

本命になるためにすべきこと

「相手を傷つけてしまうんじゃないか」と不安に感じるなら、優しい口調で自分の意見を伝えることを心がけましょう。

特徴2 彼氏のことしか考えられなくなる

彼氏にべったりの二番目の女

恋愛体質の女性は二番目の女になる可能性がとても高いと言われています。彼氏に夢中になると、それ以外のプライベートな時間がおざなりになって人としてつまらなくなってしまうのです。男性は彼と一緒にいるとき以外はスイッチをOFFにして、家で待機しているような女性には魅力を感じません。彼氏と過ごす時間以外にも楽しいことを積極的に見つけて、リア充をアピールすることが大切です。

本命になるためにすべきこと

男性から「この子といると楽しそう!」と思わせるために、引き出しの多い女性を目指しましょう。

特徴3 言い寄られたら誰でも好きになってしまう

二番目から抜けられない女性は、恋愛に対して肉食系ではありません。どちらかというと「受け身」で、何とも思っていなかった相手からでも「好き」というサインを受け取ったら、「わたしも好きかも」となってしまうのです。男性はこんなお手軽な女性を本命として扱うことはないのです。

バーでいい感じの二人

本命になるためにすべきこと

男性の甘い言葉に振り回されず、自分の意思をしっかり持ち、男性に妥協しすぎるのはやめましょう。

特徴4 性格が純粋すぎる

二番目の女は男性から言われたことをすぐに鵜呑みにしてしまいます。これは良く言えば純粋、悪く言えば単純なのです。投げかけられたことを素直にキャッチできる能力は大切です。しかし男性は女性に「インテリジェンス」と「おもしろさ」を求めています。恋愛において純粋すぎる女性は面白味に欠けるのです。

本命になるためにすべきこと

積極性や個性を相手に知ってもらうことで、「女性らしいおもしろさ」をアピールしましょう。

特徴5 人間としてより女として認められたい

二番目ポジションの女性は、自分が女であることに執着しています。なので周囲の人間から、これまで育んできた自分の性格よりも、女性として充実しているように見られたいという願望を持っていて、彼氏を見つけることを日課としています。そんな男性にかけるストイックな性格が、悪い男性に当たってしまうと逆手に取られ利用されてしまうのです。

本命になるためにすべきこと

まずは、男性が魅力的だと感じるような人間性の女性を目指しましょう。

特徴6 執着心が強く尽くしたがる

彼氏を車で迎えに来た二番目の女

二番目の女に甘んじている女性は、みな押しなべて恋愛への執着心が強く、そのために彼を甘やかしてしまう傾向があります。「二番目の女のままではイヤだ」と思っているはずなのに、彼と離れたくないために二番目ポジションを保っていることろからもその傾向がありありと見えてきます。

「二番目でもいいから彼に捨てられたくない」という考えのままでは、ずっと彼を甘やかし、自分の価値を下げてしまうだけになってしまいます。

本命になるためにすべきこと

好きな人に軽んじられるのは、とても辛いでしょう。それは、あなただけでなく、あなたを心から愛する人たちをも軽蔑されているのと同じだからです。そんな彼といるメリットがあるのか、よく考えてみましょう。

二番目の女を抜け出したいなら尊敬される女になろう

二番目の女になってしまう女性の特徴は、どれも「男性からリスペクトされていない」ということです。女性として一生懸命彼氏作りに専念していても、その人のベースである人間性を鍛えなければ男性からのリスペクトを得ることはできないのです。

いい女の特徴まとめをチェックして、あなたが本来持っている魅力に磨きをかけ「男性からリスペクトされる本命の女」を目指しましょう!

メニュー閉じる