嫌いな人にとる態度・心底嫌いな女性にする男のキツい言動

嫌いな人にとる態度は良く観察していれば分かるはずです。「もしかして気になる彼に嫌われてない?」と悶々としているあなたに嫌いな人にとる態度の見分け方をご紹介します!好きと嫌いの態度は紙一重。そこを見間違わないように注意しましょうね。

嫌いな人にとる態度・心底嫌いな女性にする男のキツい言動

嫌いな人にとる態度をチェック!もしかしてあなた嫌われてない!?

もしあなたが誰かに、嫌いな人にとる態度をとられていると気づいたら、いくら相手が自分の苦手な人だろうとズーンと落ち込んでしまいますよね?苦手な人相手でもそうなのですから、相手が気になる人だったらそのショックは何倍も大きく感じるでしょう。悲しくなってハラハラと泣いちゃうかもしれませんね!

しかし嫌いな人にとる態度を見逃していたら、その鈍感さがアダとなり「また嫌な奴が話しかけてきた…」と思われて、ますます嫌われてしまうかもしれません!そうなりたくないなら、嫌われているサインをすぐさま見極めて、これ以上彼に嫌われないように気をつけましょう!では決定的に嫌われていると判断できる7つの嫌われサインをご紹介しますね。

嫌いな人にとる態度1 話しかけても反応が冷たい!

男性に話しかける女性と一言返すだけの男性

嫌いな人とは一分一秒たりともしゃべりたくありませんよね?だから嫌いな相手がどんなにしゃべりかけてきても「ハァ」とか「フーン」というように反応が薄くなってしまうのです。相手からの「関わりたくないですよー」というサインがこの冷たい反応に表れているわけですね。好きな彼が自分にとる態度が、嫌いな人にとる態度かどうかが気になる人は、彼に話しかけてみましょう。

しかし、草食系男子の場合は「好き避け」をしている可能性もゼロではありません。好きだけど恥ずかしくて、つい冷たい態度をとってしまうシャイな男性は意外と世の中にたくさんいます。あなたの好きな彼がどちらのタイプなのかを見分けるためにも、ここは積極的に話しかけてみるべきです。

最後の最後にここをチェック!

積極的にしゃべりかけてみて。彼はあなたを意識しすぎるあまりわざと冷たい反応になっているのかも!積極的に話しかけてみると動揺したり、赤くなれば嫌われていません。

この場合は嫌われているどころか完全に意識されています。恋のチャンスは今の時点で大いにありますよ!

嫌いな人にとる態度2 いつも笑顔が引きつっている

嫌いな人としゃべっていると人は自然と口元が引きつります。そして笑おうとすると引きつった笑顔になってしまうのです。無理して笑おうとすればするほど、笑顔のぎこちなさが顔に出ます。彼があなたの前でいつも引きつった笑顔を浮かべているのはあなたが心の底では嫌いなのかもしれませんね。

普段から彼はよく笑う人ですか?それともちょっとおとなしい人ですか?男性の中には笑顔になることが苦手という人もいます。彼が普段友達と楽しそうに喋っているときに普通に笑顔であれば、あなたのことを苦手としているのかもしれません。でももし普段から無口なタイプの人の場合は、たんに笑うということが苦手なのかもしれません。

最後の最後にここをチェック!

中にはもともと笑顔が苦手な人もいるので他の人と接しているときの笑顔もチェックしておきましょう。誰の前でも笑顔が引きつっているようならセーフですよ!

いつも笑顔が引きつっているのは、過去のトラウマ性格的なものが関係しているのかもしれませんね。

嫌いな人にとる態度3 決して目を合そうとしない

女性から目を反らしてそっぽむく男性

嫌いな人の顔をわざわざじっと見たりしません。そう、会話していても下を見たり、別の場所を見たりして「全然目が合わないなぁ~」と思うなら、それはあなたを嫌っているサインかも。目が合わないのではなく、目を合したくないから反らされているというわけです!これをされると、結構傷つきますよね。好きな人からこんな感じで目を反らされたら凹みますが、そこで負けてはいけません!

彼があなたから目を離せなくなるようにすればいいのです。また、あなたのことを女性として意識しているからこそ、目を合わせられない男性だってたくさんいます。目を合わそうとしないだけじゃなくて、ちょっと照れている感じはしませんか?男心は複雑なものです。彼の行動をちゃんとチェックしてみましょう。

最後の最後にここをチェック!

強引に目を合せてみて!慌てて逸らしたり、その後真っ赤になったりするようならあなたを意識しているだけです。

彼はあなたに片思い中か、もしくは女性に免疫がないタイプという可能性がありますね!もしもこのパターンなら彼との距離をもっと縮めるチャンスです!

嫌いな人にとる態度4 二人になることを避けられる

言い訳をして、その場から離れる男性

みんなでいるときは普通に話すけど二人になると途端に逃げようとするのは、あなたと二人になることが嫌なのかもしれません。つまりあなたが苦手で「二人きりで話すのは勘弁」という意思表示であると考えられます。彼はあなたと深く関わり合いたくない気持ちの表れでしょう。また二人きりになると会話がもたないと考えている男性も多いです。みんなでいると普通に話せるのに、二人になると何を話したらいいのか分からず困るから二人になることを意図的に避けている場合です。好きな人にとる態度ですね。あとは、あなたに自分のことを好きになって欲しくない、勘違いされたくないという場合も二人になることを避ける男性は多いです。

最後の最後にここをチェック!

そのときの相手の表情を観察してみましょう。二人きりになったときに顔が火照ったり、緊張しているようならあなたに気があるのではないでしょうか?

あなたを意識するあまり、二人きりになることを避けている場合もあるのですよ。その場合は、自分の好意をアピールしましょう。そして二人になるチャンスがあったら、自分と彼の距離をもっと縮めるのです。

嫌いな人にとる態度5 こちらを見る視線が冷たい

冷たい視線を送る男性

視線がブリザードのように冷たいのは相手を嫌っているからなのです。彼からそんな冷たい視線でいつも見られているのなら、それはあからさまな嫌われているサインとみて間違いなさそうですね。大抵の男性は好きではなくても冷たい視線というのはあまりしません。彼に嫌われるようなことをした心当たりはありませんか?

最後の最後にここをチェック!

その時あなたの周りに誰かいませんでしたか?もしかしたらあなたと一緒にいる他の男性に嫉妬していたということは考えられないでしょうか?

その冷えた視線はあなたではなく、あなたのそばにいた男性に向けられていた可能性がありますね。男性は自分の好きな女性に対して強い独占欲を持つ人が少なくありません。視線の先にいたのが、あなたではなくあなたの傍にいる男性という可能性は充分にあります。あなたに馴れ馴れしく話しかける男に嫉妬して冷たい視線を送っていたのかも!

嫌いな人にとる態度6 会話を続けようとする気が見られない

会話が途切れて沈黙する男女

嫌いな人とはなるべく会話したくないものです。彼と会話を試みても、全然盛りあがらず一言二言しゃべっただけで会話が終わってしまうのは彼があなたと会話を続ける気がないからではありませんか?あなたは実は彼に「会話をするのも面倒」というくらい嫌われているのかもしれません。もしくはあなたにまったく興味が湧いていないのかも。どちらも本当だとしたら悲しいことですが、嫌いな人にとる態度ではなく、単に興味がないだけならまだ振り向かせられる可能性があります。

最後の最後にここをチェック!

どんな人なのか詳しくリサーチしましょう。コミュニケーションが苦手な男性は何を話したらいいのか分からなくて、つい会話を終わらせてしまうことがあります。

会話を続ける気がないのではなく、会話がうまくできないという可能性も捨てきれません!だったらあなたが出来ることは一つ。もっと彼との会話を楽しめるように、あなた自身も工夫をしてみましょう。二人の気が合うことが分かれば、きっと男性の態度も変わってくることでしょう。

嫌いな人にとる態度7 存在を無視される

コーヒーを飲みながら片手で制止する男性

一番辛いのは「存在の無視」ですよね。まるで、どこにもいないかのように話しかけても無視する彼はあなたのことが相当嫌いです。ここまで嫌われるのは大したものです!彼はもう誰にバレてもいいというくらいにあからさまな敵意をあなたに向けていますね。

最後の最後にここをチェック!

あなたとケンカしている最中ということはありませんか?存在を無視するなんてそうそうあることではないでしょう。最近あなたが彼の気に障ることをしてしまったのでは?

早めに仲直りして、関係を修復しておくことをオススメします。

男性が嫌いな人にとる態度と好きな人にとる態度は紙一重!

嫌いな人にとる態度ってあからさまで分かりやすいのです。このサインを出されるということは「相当嫌われている」と思った方がいいかもしれませんね。その場合は潔く彼を諦めて新しい恋を探すことをオススメします!嫌いな気持ちを好きな気持ちに切り替えさせるのは難しいことですからね。それなら彼を諦めた方が楽なのです。それでも彼のことが好きでたまらないのなら嫌われている理由を見つけ出しましょう。そして原因を改善するように努めてください。

また“嫌い”と“好き”の態度は本当に紙一重です。好き避け心理まとめをご覧になれば
嫌いな人にとる態度は実は好きの裏返しだったということもありえることがわかるでしょう。彼の気持ちを間違えて判断しないよう、最後の最後に本当に嫌われているかどうかチェックするのをお忘れなく!

メニュー閉じる