初対面の彼と打ち解けるメール術!好印象を残す最初のメッセージ

初対面のメールで男性の好印象を勝ち取ろう!最初は馴れ馴れしくせずに、節度を持った接し方をすれば彼から嫌われずに済みますよ♪新しい出会いを次につなげるきっかけにきっとなるハズです!

初対面の彼と打ち解けるメール術!好印象を残す最初のメッセージ

初対面の男性に送るメールで好印象をゲットしよう!

初対面の男性が素敵な雰囲気の人だったら、今後も良好な関係を築いていきたいものですよね。とんとん拍子にメアドを交換できたのなら、ぜひメールを使って彼に「素敵な人だな」と思ってもらいましょう!
今回は初対面の男性に好感を持ってもらえるメールマナーをご紹介。好印象を与える最初のメールで、あなたに訪れた新しい出会いを次につなげていきましょう!

マナー1 メアド交換後の「ありがとうメール」

メアド交換後の「ありがとうメール」

初対面の人とメアドの交換をしたら、その日のうちに「アドレス交換ありがとうございました。これからよろしくお願いします」と、短いメールを送りましょう。「あなたとの出会いを喜んでいます」と、つかず離れずの距離感でお行儀のよく伝えるのです。

まずは「ありがとう」を送ろう

メアド交換後に初めて送られてきたメールが「ありがとうメール」だとかなり好印象を持ってもらえます。相手との出会いを喜んでいると伝わる大事なポイントです。

マナー2 友達感覚メールはご法度

友達感覚メールはご法度

初対面なのに自分のプライベートな話をしてくるような馴れ馴れしい人に、なんとなく嫌な印象を持ってしまうのは皆同じ。気心が知れていない段階で、友達に送るようなメールを送るのは失礼というものです。

適度な距離感は大切

いくら相手がフレンドリーな人柄に見えても、最初のメールでプライベートな話をするのはやめましょう。

マナー3 忙しくても返信はちゃんとする

忙しくても返信はちゃんとする

知り合ったばかりで、まだまだ友達未満な関係の時期でのメールのやりとりには、ある程度の礼儀正しさが必要です。新生活を始めて、何かと忙しいかもしれませんが、男性からのメールにはマメに返信するように心がけましょう。

マメなメールが心をつなぐ

マメにメールを送ると、初対面の男性と次に会うときまであなたの印象が残り続けます。

マナー4 絵文字は控え目が好印象

絵文字は控え目が好印象

相手に好印象を持ってもらうために絵文字を活用するのは有効ですが、相手が初対面の人である場合は注意が必要です。相手をよく知らないうちに絵文字をたくさん入れたメールを送ってしまうと、マナーが欠けていると判断されてしまいます。

絵文字は多用しない

初対面の相手へのメールはなるべくシンプルに。絵文字も控え目に使うのが礼儀です。

マナー5 文章はシンプルでやや短めがイイ感じ

文章はシンプルでやや短めがイイ感じ

初対面の相手にダラダラと長いメールを送る…なんてことあってはなりません!
メールが長くなればなるほど、「めんどくさい人だな」というイメージに直結してしまいます。「丁寧な人だな」を通り越し「めんどくさい女」と思われてしまうと、そのイメージは、なかなか消えず素敵な出会いも恋へと発展しずらくなってしまいます。

心を込めて短いメールを送る

男性に興味を持ってもらえるようにメッセージはほんのり可愛らしさを残しつつシンプルにまとめましょう。普段長文メール気味な人は「ちょっと物足りないかな?」くらいの短さがおススメ。

見えないからこそ人間性を勘ぐってしまうメールではマナーを忘れずに!

メールは顔が見えないやり取りだからこそ、油断してはいけません。初対面で好印象を抱いてもらえるメールマナーを知っておくと、せっかく舞い込んだ新しい出会いを素敵な恋愛へと導くきっかけになるハズですよ!

また、脈ありLINEの内容で男心の好意サインを読み取る特集もチェックして、彼の気持ちを確かめてみてくださいね。

メニュー閉じる