待っているだけはダメ!恋愛が始まるきっかけ作りの方法5つ

恋愛のきっかけを掴む方法を紹介します!ただ待っているだけでは、気になる彼も寄ってこないかもしれません。待ちすぎておばあちゃんになる前に、自分からきっかけを作り恋愛を始めましょう。

待っているだけはダメ!恋愛が始まるきっかけ作りの方法5つ

恋愛よ始まれ!キッカケをつかむ確かな方法

恋愛が始まるには、始まるためのきっかけが必要です。いつまでも白馬の王子様を待っているだけでは、時間だけが過ぎてしまいます。では、どうすれば恋愛が始まるきっかけを作れるのでしょうか?

まずは、2人きりになろう!

手をつないで砂浜を歩くカップル

当たり前のことに思われるかもしれませんが、恋愛は2人の間で生まれるものです。仲良しの男女のグループにいても、その中で個人的に会ったりする人がいないままでは、恋愛は生まれません。では、どうすれば「2人きり」というシチュエーションになるのでしょう。

きっかけその1 相談を持ちかけてみる

特に本気で悩んでいることを、持ちかけてみる必要はありません。

あんまり深刻な話を初めて2人きりで会う人に話すのは、相手にも非常に負担をかけてしまいます。「ちょっと話を聞いてもらっていいかな…?」くらいのスタンスで、相談を持ちかけてみましょう。

男は、女の人から2人きりで相談ごとなんて言われたら心のはじっこで「もしかして、俺に気があるのか…?」と期待せずにはいられません。話を聞くだけと言っているのに、ヤダ!絶対!!なんて断る人はまずいないでしょう。

きっかけその2 プレゼントアドバイザーを頼んでみる

親しい人のプレゼント選びに付き合ってほしいと言って、ショッピングに誘うのもいいですよ。あまりにもよくある設定ですが、「センスを認められているのだ」と、気分よくOKしてくれる人が多いです。普通のものを選んでくれたりしても、「わぁ、私1人だと思いつかなかった!」や、「私もそれがイイと思ってた!」と、ほめるのはお約束です。
周りに身内以外の男の子がいないことの、アピールにもなります。

きっかけその3 カラオケに誘う

「とっても歌いたい気分なんだけど、1人では恥ずかしいし…」と言って、カラオケに誘うのはいかがでしょうか。密室ですので2人の距離が近くなるのは必然です!
もし話題が続かなくても、歌や音楽がありますので気まず~い沈黙が流れることもありません。

きっかけその4 スポーツ観戦に誘わせよう!

お目当ての人がスポーツ好きなら、「1回行ってみたいなあ…」と言って、誘わせるように話を向けてみましょう。自分の得意分野ですので、たくさん話を聞かせてもらえます。また、「そうなんだ!」「すごい!」「よく知ってるんだね!」など、ほめ系のあいづちを打って、彼に「素直ないい子」アピールもできます。

きっかけその5 つきまとう

「自分から誘ったりなんて出来ない…」そんなシャイガールはひたすら彼に付きまといましょう!ただし、相手に「ウザい…もしかしてストーカー!?」と思われないギリギリのラインで付きまといましょう。

1日つきまとったら次の日は彼のSNSを見てるだけなど、常に付きまとっていれば二人きりになれるチャンス到来の確率は上がるハズ。エモノを狙う動物のように息をひそめて待つのです!

恋愛の極意!聞き上手、ほめ上手になる

おどろく女性

女の子でもたくさん話を聞いてくれて、ほめてくれる人が好きになりますよね。プライドの高い生き物の男の子ならなおさらそうです。目を丸くしてたくさん話を聞いてくれて、すごい!とほめてくれる人がかわいいと思ってしまうのです。

2人きりになるよう誘いだしたら、自分の話を聞いてもらうという話だったとしても、決してしゃべりすぎないように注意!たくさん聞いてたくさんほめてください。「ただ、話を聞かされただけだった…」って彼に思われたくないですもんね。

あなたが彼を意識しだしたように、彼があなたを意識しだすのはもう目の前なのです!

お礼のフォローを忘れずに!

ラブラブカップルとハート

遅くとも次の日にはメールでお礼を言いましょう。「また、誘っていいですか?」など、これからを匂わせる言葉を入れるのを忘れないように!
連絡先をまだ知らないときは、次に会ったとき忘れずにお礼を言いましょう。もちろん、直接会っても次につながるようにしてくださいね!

出会いは待つものではありません。出会いをどんどん作っていきましょう!

気になる男性と仲良くなるということは特に難しいことはないのです。身近なところからチャレンジしてみて下さいね!

メニュー閉じる