合コンでの自己紹介を成功させるコツ11のアピール方法

合コンで他の女性の自己紹介を聞いて、私も上手に話せたら…とうらやましく思っているのではありませんか?合コンの自己紹介はポイントさえ押さえれば、すぐに上手にできるんです!好印象を与え男ウケするアピールのコツを紹介します!

合コンでの自己紹介を成功させるコツ11のアピール方法

合コンの自己紹介…緊張の一瞬をアピールタイムに変えるには

初対面の男性の前で行う合コンの自己紹介は、とても緊張しますよね。まだ騒がしさもなく、みんなが自分を見て聞いているあの状況で言葉を発するなんて…!と、合コンでの自己紹介が苦手だという女性も多いことでしょう。しかし合コンで好感度を上げるには、自己紹介タイムが絶好のタイミングとも言えるのです。他の女性メンバーと差がつく、男性にウケる自己紹介のコツを紹介します!

合コンで男ウケする自己紹介のコツ11

ただの自己紹介で頑張らなくても、仲良くなる時間はいっぱいあるから大丈夫だよね…?こんな悠長な考え方の女性もいるのでは?たかが自己紹介されど!なんです。人との出会いは最初が肝心。始めに好印象を与えておけば、その良いイメージがずっと続くのですよ。

コツ1 自己紹介のタイミング

乾杯のタイミング

自己紹介は、やはり最初に行われるもの。でも座ってすぐでは、飲み物が運ばれてきたときに中断することになり、それが自分の番のときならサイアクです。幹事に、乾杯までの間に自然な雰囲気と会話の流れを作ってもらい、乾杯後に男性から自己紹介してもらうようにお願いしておきましょう。

コツ2 テンションを考えて

張り切り過ぎたテンションの女性・・・端から見ていてもイタいですよね。そして、下を向き小さな声で何を言っているのか分からない女性も、印象が悪いです。テンションが低い人は「何のために合コンに来たの?やる気ないの?」と思われても仕方ありません。低すぎず、高すぎず、笑顔で自己紹介をしましょう。自然体で話の内容が伝わるような声のトーンで話しましょう。控えめな印象を持たれる方がいいというアドバイスを参考にしてくださいね。

体験談

合コンなれしていない、控えめな感じで自己紹介

きらきらぼし(28歳)のお話

合コン相手の男性は、合コンなれしている人もいれば、そうでない人もいます。しかし、ほとんどの男性はやっぱり女性をリードしたいと思っている人が多いので、自分の自己紹介の時はあくまで緊張気味で控えめに挨拶するのがオススメです。合コンは長いですから、最初からあまり自分を見せないほうが気になってもらえたりして、質問をいろいろされたりもします。さりげなく料理が趣味。やマッサージをしてあげるのが好き。などと家庭的な一面をみせるのも効果があります。

コツ3 早口は絶対NG

早口で話す女性は、短期で気が強い性格だと思われてしまいます。女性らしさをアピールするためには、普段よりゆったりめの口調で話しましょう。少し照れながら行うのも、ポイントが高いです。男性に「こんな女性と一緒にいれば、癒されるな」と思わせることが大切です。

自己紹介のポイント

  • 和やかな雰囲気の中で、笑顔を保ちながらゆったり話しましょう。
  • 口調と表情で女性らしさを出すことが大切です。

コツ4 あだ名で打ち解けやすくなる

ネームプレートをつける女性

自己紹介のときに、あだ名があれば忘れずに伝えましょう。あだ名という決まったものがなくても、みんなに呼ばれている呼び名で構いません。男性から「ケンイチって呼ばれています」と言われると、彼と話すときには「ケンイチくん」と呼びますよね。呼ぶ方も呼ばれる方も親しみを感じ、打ち解けやすくなるのです。

体験談

名前とは別にあだ名や呼び名を伝えてみよう

しずか(30歳)のお話

私は飲み会やコンパの席での自己紹介のとき、必ずあだ名や呼び名も言うようにしています。「しずかです。友達にはしーちゃんと呼ばれています」と言うと、その後の会話などで「しーちゃん」と大抵の人が呼んでくれて、打ち解けやすいからなんです。どうしても初対面だと「しずかちゃん」や「しずかさん」と呼ばれることが多く、何だか一線を置いた会話しか出来ないんですよね。これは初対面だからこそ、限られた時間で相手とコミュニケーションを取るためにとても有効ですよ。相手の男性に親しみを持ってもらえますし、印象に残りやすいのでとてもオススメです。

コツ5 名前や年齢以外にも

自己紹介では、名前や年齢、職業などを発表しますが、このときに出身地を言っておくと、あとから話のネタとして活用できます。同郷の男性がいればもちろんですが、観光などでその土地を訪れた人もいるかもしれません。マイナーな土地なら、どんな場所か聞いてくる男性もいて、盛り上がりますよ。

自己紹介のポイント

名前や年齢など基本的な内容に加えて、あだ名や出身地を盛り込みましょう。

コツ6 女性のボケは不要

ボケて盛り上げ役の女性

おもしろい女性が重宝されるのは、あくまでも盛り上げ役としてだけです。学校や職場で人気があるからと、合コンの席でボケは不要。良い仲間になるかもしれませんが、一人の女性として見てもらえることはありません。笑わすのではなく、男性の発言で笑えるようにしましょう。

自然体で自分の素直な気持ちを表現することで、男性の狩猟本能をくすぐるという効果があるかもしれません。これは、一歩間違えれば周りの女性からぶりっ子を見つめる冷たい視線を受けかねませんね。そんな体験談をご紹介します。

体験談

私合コンはじめてです!感を出すべし

あや(23歳)のお話

ずばり、男性の多くは間違いなく純粋で守ってあげたくなる女子が好きなのです。ノリノリで今日は良い男捕まえに来ました♪なんて自己紹介は場は盛り上がりますが男性陣の内心は「うわぁ…慣れてるなぁ…」なのです。落としたい男性がいるときは、盛り上げ役は他のライバルに任せ、純粋な女子に成りきりましょう!私はこのやり方で目当ての男性の気を引くことに成功しました。緊張した感じを出しながらも、笑顔は忘れないこと。あんまりこういう男女で集まって…っていうの慣れてないので、分からないこと色々教えてほしいです!この言葉で男性人は自分をからかうようにいじってくれます。こちらから向かわなくても相手から来てくれるのです。目当ての男性の話はニコニコ嬉しそうに聞いてあげましょう!1つこの作戦のデメリットをあげるとすれば、女子達の視線は…かなり怖いですよぉ(笑)

コツ7 似ている人は自虐の方で

タレントや女優に似ていると言われたことがあるでしょう。ただし、合コンでキレイな女優の「◯◯に似ていると言われます」といった自己紹介はNG。男性は、女性の「似ている説」を否定しがち。言うのであれば、アニメキャラや三枚目の人を挙げると、良い印象を与えられます。

コツ8 モノマネは好感度アップ

モノマネは意外に男ウケがイイのだとか。ただし、プロ並みではなくヘタウマぐらいが「カワイイ!」と萌えるそうです。また、時間も重要!自己紹介を延々モノマネで通してはいけません。最後に一言だけ添える程度で、恥ずかしそうに笑いで終わりましょう。

自己紹介のポイント

おもしろさやイイ女アピールはやめて、一緒にいると楽しくなる女性の雰囲気を出しましょう。

コツ9 趣味は高くつかないもの

映画が趣味の女性

自己紹介で趣味を伝えるのも人間性が表れて良いことですが、注意が必要です。趣味が「海外旅行」や「ショッピング」と言われると、男性は「お金がかかりそうな女性」と判断します。合コンで発表する趣味は、映画やスポーツ観戦、料理など低予算のものにしておくのが無難です。

体験談

趣味は格闘技です

げんまいちゃ(30代前半)のお話

自己紹介は穏やかな声でゆっくりと話します。穏やかな声なのに、趣味や特技をインパクトがあるようにして意外性を強調。私は格闘技が趣味なので格闘技といいました。この時自分の成績などは言わないこと。聞かれたら答える程度にしておかないと相手によっては引かれちゃいます。もしそこから相手が自分の趣味の話しをしだしたら後は徹底的に聞き役に徹しました。でも相手もこちらに色々聞いてきてくれる時はそれに答えつつ、同じように質問します。こちらだけの話にならないようにするのがポイントかと思います。だって、私達も相手ばかりが話してたらつまらないからです。このギャップと、聞き上手、話させ上手で成功しました。

体験談

男性から興味を持たれるようなネタを入れて。

カカ(20代後半)のお話

自己紹介では、自分をさりげなく印象づけることが大切です。そのために、男性から興味を持たれるようなネタを入れましょう。お勧めは、趣味。女性にしては意外だなと思われるような趣味を言っておくと、ちょっと話してみたいなと思われますよ。私がいつも使っているのは釣りやゲームネタです。こういう趣味を持っている男性は多いので、かなり高い確率で話が弾みます。もし趣味がなくても、○○が気になってますとか、○○デビューする予定です等でもOK。これだけで他の参加者と少し差を付けることが出来ますよ。

コツ10 気になる人との共通点を

男性から自己紹介してもらうのはあらかじめ情報をインプットしておくと役に立つからです。合コン会場に集合したら何となく気になる人が見つかるでしょう。その彼の自己紹介で趣味などを知り、自分のアピール時に盛り込むのです。例えば、彼の趣味が「釣り」なら「最近釣り番組を見てハマっています」と言えばOKです。

自己紹介のポイント

  • お互いの趣味を大いに利用しましょう。
  • お金のかからないもの相手の趣味に合わせたものにしましょう。

コツ11 アイコンタクト

話すときや相手の話を聞くときに注意したいのは、目線で相手とコンタクトをとることです。話が上手でも目線が宙を泳いでいては、聞き手は無視されたよう印象をもちます。目でも会話するということを忘れないようにしましょう。

体験談

目線の大切さナチュラルでいこう

とんち(31)のお話

合コンは初対面なのである程度は作ってしまうところがあります。でもそれはほんの少しだけで。自分を隠すような「作り」では絶対にうまくいきません。時間経過とともにボロが出てしまいます。自然体が一番です。そして「目線」。話をしている人の目を見ることが大切です。目をそらすような態度では相手は自分に興味がないのかなと思ってしまいます。これは合コンに限らずどんな場面でも言えることです。目を見ることで信頼感が生まれます。男性、女性関わらず自然体でそして目線を大切にすれば大丈夫です。そして男女区別しない態度は必須です。

体験談

アイコンタクトと相槌は大事

ちか(29歳)のお話

合コンの初めって絶対女側と男側で別れますよね。まずは席に着いてからは相手を吟味。ターゲットを決めたらとにかくアイコンタクトをとる事に努めます。自己紹介が自分の番になると、さりげなくターゲットに向かって話すようにしましょう。また、男性側の自己紹介の時は気になる相手の番になると、相槌を打つ事!首を動かしたり「へぇ?」「意外!」など言葉も添えるとより一層いいです。相手も見てくれている、話しやすい安心感で惹かれる事間違いなしです。

合コンでは自己紹介を制するものが男ウケを制する

限られた時間の中で気に入った男性に「また会いたい」と思わせるのは、なかなか難しいですよね。スタートでつまずくとあっという間にお開きの時間がやってきます。最後まで自分をアピールできずに、周りの楽しそうな女性を見て自己嫌悪に陥りたくないですよね。
合コンを制するのは印象に残る自己紹介。最初がうまくいくと、残りの時間を有効に使えますよ。

有効な時間の使い方は合コンでモテる方法を合わせて読んでいただくと、合コンとは何たるかが、かなり隅々まで理解できるハズ。あなたも合コンで「かわいい」と思われる自己紹介の仕方をマスターして、確固たる男ウケとステキな彼を手に入れましょう!

メニュー閉じる