共働き子育て問題で疲れたお悩みママへ仕事家事育児のコツ

共働きで子育ても頑張っている女性は、心が折れそうになることも多いのでは?家庭や職場での自分の姿や気分に、自信をなくしそうな女性も。悩める女性に仕事と育児の両立を成功させるポイントや、成功に欠かせない時短のススメについて紹介します!

共働き子育て問題で疲れたお悩みママへ仕事家事育児のコツ

共働きママが子育てを成功させるポイントと心得とは?

共働きで子育てを行っている家庭はたくさんあります。職場の環境も時代に合わせて、ママも働きやすくなってきました。それにも関わらず、夫婦への負担は相変わらずで、悲鳴を上げている女性もいるのではないでしょうか。共働きでの子育てを成功させるポイントや、成功させるために必要な時短の心得をご紹介します。

共働きと子育ての両立を成功させる4つのポイント

家事や子育てに集中している専業主婦より、仕事をしている女性の方が多いのではないでしょうか。結婚前から働いていた女性、結婚によって働き方を変えた女性など、形は様々ですがどちらも仕事と家事に子育てが加わり、目の回るような毎日でしょう。仕事と子育てどちらもがんばるためには、ママが倒れないことが大切です。

共働きと子育て両立のコツ1 何より欠かせない夫の協力

子供を手をつないで出勤する父親

共働きで子育て中のママにとって、何より頼りにしたい存在はパパですよね。アナタの夫は家事や育児に協力してくれているでしょうか。彼の協力がなくては、いずれ女性が倒れてしまうことにもなりかねません。何をすれば良いのか分からずに手を出せない夫には、体が少しでも楽になることを手伝ってもらいましょう。

共働きと子育て両立のコツ2 家族とは笑い合う

毎日の忙しさで、怒りっぽくなっていたり夫と話をする時間もなかったり…そうなると結局疲れてしまい、悪循環を繰り返してしまいます。お互いに思いやることで、心はとても軽くなります。夫とも子どもとも笑い合うことを心がけるだけで、とても前向きな気持ちになりますよ。

共働きと子育て両立のコツ3 健康管理を怠らない

睡眠中の女性

子どもが病気になると、職場を早退して看病するのはママの方が圧倒的に多いです。自分の体が疲れていると子どもの風邪やウィルスをもらってしまい、寝込んでしまうことに。家族のことばかり考えて、つい自分の疲れに鈍感になってしまうのが女性です。健康管理を怠らないことで、仕事も子育ても目一杯取り組むことができるのです。

共働きと子育て両立のコツ4 頼れる人や場所を作る

他の働くママを見ていると、誰にも頼らず頑張っていると感心することもあるでしょう。泣き言を言う自分はダメなママなのかもしれないと思うかもしれません。しかし、どんなママもアナタの見えないところで、ちゃんと誰かに頼っているのです。

あなたも肉親や近所の友人などいつでも頼れる人を作っておきましょう。また、子どもの夏休みには公共や民間の学童保育を利用したり、ママ同士で助け合いましょう。

共働きの子育てポイント

  • 夫婦でお互いに思いやり笑い合うことで心を軽くする
  • 家族のことばかりではなく自分の健康管理をしっかりする
  • いつでも頼れる人や場所を見つけておく

共働きの子育てで必要な時短の心得5つ

仕事と子育ての両立に不安を感じ、自信を失っている女性もいるかもしれません。そんな女性ほど真面目で一生懸命な人が多いのです。1日の時間は決まっていて、ママは一人です。色んなことをあきらめると、便利な時短生活が待っていますよ。

共働き子育て時短の心得1 できると思わない

親子がおでこを付けて笑う

「やらなければ」とか「できて当たり前」という考えをやめ、完璧にやることをあきらめましょう。そのためには、最初から「できる」と思わないことです。子育てが落ち着くまでは、会社員と妻・ママの三役を全て完璧にできる人はいません。みんなどこかで少しずつ力を抜いているのです。

共働き子育て時短の心得2 しなくても良いと思う

家にいる時間が短いほど、無理なスケジュールを細かく立ててしまいます。買い物や子どものお迎え、子どもにゴハンを食べさせたり食事の準備をしたり…いつも「あ、もうこんな時間」と焦っていては、子どもと接する時間も少なくなり、子どもが汚したりダダをこねるとイライラしてしまいますよね。
子どもがゴハンをこぼしても「すぐに片付けなくては」と思わずに、「あとから片付ければいいや」と考えましょう。「今すぐやる」ことをあきらめると、気分が変わります。

共働き子育て時短の心得3 手作りばかりが料理ではない

仕事から帰ってくる夫のために、毎日料理を作っていたら時間が足りません。手作り料理だけが家族への愛情表現でもありません。たまには出来合いのお惣菜や出前などで、夕食を済ませると、その分休息や子どものための時間が作れますよね。

共働き子育て時短の心得4 洗いものは食洗機に任せる

多くのママがあると便利な家電製品として、食洗機をあげています。毎日かならず出る洗いものは時間がかかるだけではなく、同時に何かをすることもできません。洗いものだけのために費やす時間は共働きで子育て中のママにとって、とてももったいない時間なのです。

共働き子育て時短の心得5 ネットスーパーを利用する

夫婦でパソコンを操作する

ネットスーパーを利用することで、買い物時間は大幅に短縮できます。その上、重さを気にしなくても良いので買いだめをしておくことも可能です。週に一回スーパーで買いだめしているママもたくさんいますよね?その週に一度の時間もネットで注文すれば、時短になりますよ^^

共働きの子育てに必要な時短

  • 「完璧主義」と「今すぐやる」という考えをなくす
  • 手作り料理にこだわらない
  • 食洗機やネットスーパーの利用で使う時間を短くする

共働き子育てママの自分時間の作り方

共働き子育て中の働くママは自分時間を持てなくてツラい状況ではないでしょうか?そんな女性に少しだけ時間が短縮できる、共働き子育て中のママが自分の時間を作るコツを聞いてみました。世の中の働くお母さんはどうしているのでしょうか?さっそく見てみましょうか。

体験談

自分時間を作って気分転換しています。

コーヒを飲む女性

みおん(38歳)のお話

共働きで子供が2人います。なかなか家事が思うようにはかどらずイライラしてしまうことが多かったのですが、入浴時に洗濯をして干すようにして掃除は気がついた時に少しずつするようにしたら自分の時間が作れるようになりました。また、たまにですがいつもより30分早く起きてゆっくりコーヒーを飲むと気持ちに余裕ができて仕事や子育ても頑張れるようになりました。次の日は仕事が休みという時に、子供達が寝たあとで借りてきたDVDをまとめて見ることもあります。自分の時間を作ることは大事だと思います。 

体験談

効率よく家事をして時短し自分の時間を作ろう

いそがしママ(35歳)のお話

時短のコツは家事をいかに効率的にやるかにかかっていると思います。例えば日々の掃除は簡単にモップだけで済ませると良いです。どこの掃除でも一本で済ませられるモップがあるのでそれがおすすめです。それからお風呂の掃除はお風呂に入っているときにササッと済ませれば時間はかかりません。またトイレも入ったときにこまめに掃除すれば、改めて掃除に時間を掛ける必要はありません。また料理に関しては食材を配達してもらうサービスを利用すると便利です。そして夕食のおかずを作るときに、翌日の朝食とお弁当のおかずも作っておいて、朝は温めるだけにすると楽です。効率よく家事をして時短することで自分の時間を作りましょう。

体験談

少しだけ早起き

スオミ(45歳)のお話

朝の歯磨きをする女性

私は子供が小さくてなかなか自分の自由時間が取れない頃、いつもより1時間早起きしていろんなことをしていました。軽くジョギングをしたり、雨の日は家でヨガをやったり、溜まっていた本を読んだり。1時間たっぷりゲームに没頭する日もありました。この朝の1時間があると、気持ちがスッキリしてその日一日を余裕持って過ごせたものです。もちろん早起きするためには前日のうちに段取りよく家事を片付け、早めに就寝しなければいけませんが、結果的に生活サイクルも規則正しくなり健康にも良かったと思います。

体験談

時間を変える

りんか(32歳)のお話

自分の時間を作るコツというより、私は自分の時間を作る時間帯を変えました。いつもより1時間から1時間半位早く起きて、朝に自分の時間を作るのです。夜に自分の時間を作ろうと思うと、子供の寝かしつけを早くしたり、手抜きをしたりする事くらいしか私には出来ませんでした。実際夜は洗濯、明日の準備、そんな事をしていると疲れて寝てしまい、自分時間どころではありませんでした。朝起きるのが大変と思うかもしれませんが、1時間位ならそんな大変な事ではありません。好きのものを飲みながら、本を読んだり、昨日の録画したものを見たり、自分の好きな事をする時間にしています。自分時間が楽しみで早く起きる習慣がつきました。「自分時間の時間帯を変えてみる」コレが私のおすすめです。

体験談

仕事から帰ってきたら子供たちとハグ

ゆうか(41歳)のお話

私は、4人の子供がいます。仕事から帰ってきたら、まず子供たちとそれぞれハグをします。私自身は子供たちで癒され疲れが飛びます。子供たちも喜んで、気持ちが落ち着くのかぐずらず、お手伝いも率先してくれます。子供がいるママにとっては、子供の機嫌がいいのが家事を早く終わらせるのに重要なことになります。家族みんなの機嫌がいいと、家事が早く終わり自分の時間を持つことができます。イライラするときには、コーヒーを一口飲むと落ち着きます。それでも時間を作るのが難しいときには、職場の休憩時間にゆっくりします。

共働きで子育て中のママたちはこんな風に自分の自由になる時間を確保していたのですね。いつもイライラしているより、明るくたのしい妻であり、お母さんでありたい。だからこそみんな努力しているんですよね。

共働きで子育て中でも無理は禁物

仕事を持つ女性は多く、共働きで子育て中のママがたくさんいます。他のママと自分を比較せずに、家族に目を向けましょう。多忙な女性はついついイライラしてしまいますが、それも普通のことです。完璧さを求めずに、サボってでも子どもや家族、自分のたのしい時間を作りましょう。そしてたまにはメンズがかわいいと思う服装を参考に、自分のオシャレも楽しんでみてくださいね♪

メニュー閉じる