結婚を前提に付き合うならチェックすべき6項目・これ絶対

結婚を前提に付き合う…なんてすてきな響きなの!と思う女性もいることでしょう。しかし、女性にとって結婚は人生の大きな分岐点。現実とはシビアなもので、本当にこの人で大丈夫か自分で冷静にチェックすることが重要なのです。

結婚を前提に付き合うならチェックすべき6項目・これ絶対

結婚を前提に付き合うときのチェックポイント

結婚を前提に付き合うとは、相手の嫌な部分も受け入れられる自分がいて初めて結婚という二文字が頭に浮かぶことでしょう。最初から結婚を前提に付き合うと公言してしまうと、男性は身構えてしまい、うまくいくはずの恋も破局を迎えてしまいます。交際している期間が長くなってきたな…と感じてきたら、相手が結婚するにふさわしい男性かチェックして、将来結婚しても生活していける自信があるかどうか見極めていきましょう。

チェック1 価値観の違いはあるか

結婚を前提に付き合うということは、将来を見越してお互いの価値観にどれくらいの差があるのかを把握しておく必要があります。価値観が違いを相手とすり合わせられなければ、喧嘩のもとになるだけです。例えば、遊びやショッピングにかけるお金の使い方や考え方、お金に関しての考え方などが違うと将来大きな壁にぶちあたる可能性が大きいです。結婚を前提に付き合うのであれば、お互いの価値観の違いをじっくりとチェックすることが大切です。

結婚を前提に付き合うにはふたりの価値観が大切

本当に彼でいい?

価値観は違って当たり前。どれだけお互いが擦り寄っていけるかが大切なポイントです。

チェック2 相手の短所を受け入れられるか

結婚をすると今まであまり気に留めていなかったような相手の短所を見ることになります。そんな時、その短所に耐えることが出来るかどうかが結婚を前提に付き合う上で重要になります。どんなに好きな相手でも全ての面で良い人だとは限りません。自分の中で許せないような短所もあるかもしれませんよね。そんな時でも相手のことを受け入れられるなら、それが結婚への近道となることでしょう。

相手の欠点も愛せなきゃ長続きしない!

本当に彼でいい?

お互いの嫌な部分を受け入れてこそ、本当の家族になれるのです。

チェック3 お互いに素のままでいられるか

付き合っている期間が短い頃などは、女性に限らず男性だって少なからず猫をかぶっていたはずです。もしかすると、どっぷり猫をかぶり過ぎていて脱げなくなっているかもしれませんよね。

結婚を前提に付き合うのであれば、ずっと猫をかぶりっぱなしでは結婚した後に自分が困ってしまいます。「こんなはずではなかったのに」というセリフが出てくるカップルは、相手の素を知らずに結婚した人たちが多いです。そんなことにならないように、お互いが素の自分でいられるかどうかチェックすることが大事です。

お互いに素のままでいられるか

本当に彼でいい?

素の自分が出せて、相手の素を受け入れられるかがポイントです。

チェック4 大きな隠し事をしていないか

結婚を前提に付き合うのであれば、お互いが重大な隠し事をしていないかどうかが一番見落としたくないチェックポイントです。家族が大きな問題を抱えてはいないか。本人に借金はないかなど、結婚後に隠し通せないことは早めに相手に伝えるべきことです。隠し事の内容によっては、結婚を前提に付き合うという話自体がなくなるかもしれません。

女性にとっては、家族の問題などが後々大きな壁となることもあります。結婚を前提に付き合うのであれば、お互い隠し事のないようにすることが大切です。

夫婦のヒミツ

本当に彼でいい?

借金問題は深刻です。相手と結婚する前にきちんとチェックしておきたいですね。

チェック5 身内にちゃんと祝福されているか

結婚する前に、相手の親族に祝福されているかどうかは、チェックしておいたほうが良いポイントです。特に相手の両親や兄弟から祝福されているかどうかを気にしない人がいますが、結婚したら相手の親族とも家族になるのです。結婚を前提に付き合うのであれば、将来を考えてしっかりチェックしておくことが必要でしょう。

両親

本当に彼でいい?

結婚は家同士が行うものでもあるので、相手の親族に祝福されているかはきちんとチェックしておきましょう。

チェック6 感謝の気持ちを表してくれるか

あなたの恋人は普段から、感謝の気持ちを表してくれるでしょうか?これは男性にも女性でも言えることですが、相手への感謝の気持ちをうまく表せない人と結婚をすると後々夫婦喧嘩の元となる場合があります。どんなに毎日家事をこなしていても、「ありがとう」のひと言も言ってくれない夫とずっと一緒に暮らせるでしょうか?

ありがとうの意思表示

「家事は女性がやって当たり前」なんて考えを持つ男性と暮らすほど苦痛なことはありません。また、女性も「ありがとう」を言えないでいると男性の「何かをしよう」というやる気を減退させてしまう原因となるのです。結婚を前提に付き合うのならば、相手に感謝していることを伝えられる人かをチェックすることも大切です。

本当に彼でいい?

相手への感謝の気持ちを表せる人は、結婚後も雰囲気よく暮らしていけることでしょう。

結婚は相手と正面から向き合うことも大事

結婚を前提に付き合うとなると、相手の良いところも悪いところも正面からきちんと見なければなりません。相手と向き合うということは、出来ているようで意外とできていないもの。

相手をチェックするということは、相手を上から見下ろすのではなく、お互いがちゃんと正面から向き合わないと本心が見えてこないものです。愛する人ときちんと向き合うことが一番大事なことかもしれませんね。

また後悔のないゴールインにするためにも、結婚相手に求めるもの特集もチェックしてくださいね。

メニュー閉じる