【男に結婚を決意させる女】永遠を誓わせる女性が持つ7つの特徴

男に結婚を決意させるために女性が持てる武器といえば?付き合いも長いし、いいお年頃にもなってきた。さらに周りの友達も結婚しはじめると、私もそろそろ結婚したいなんて思ったりしますよね。彼氏に結婚してくださいと言われる女性の特徴を紹介します。

【男に結婚を決意させる女】永遠を誓わせる女性が持つ7つの特徴

結婚は一生もの!
だからこそ男性は「何気ない瞬間」に結婚を決意する

男性が結婚したいと思う瞬間は、意外と「日常の小さな幸せ」が感じられたときなんです。その典型的な例が芸能界1のプレイボーイと言われていたロンドンブーツ1号2号の田村淳さんです。電撃結婚し、世間を驚かせましたよね。

その田村淳さんが結婚を決めた理由も「寝ていたら、彼女が台所で調理するトントンという音が聞こえてきて、結婚したいと思った。」でしたね。そして起き抜けにプロポーズしたということでした。

毎日一緒にいてほしい!そう感じた瞬間に男は結婚を決意するのです

毎日一緒にいたい!彼氏に結婚を決意させる女性の7つの特徴

男はふとした瞬間に、ふとしたことで結婚を決意します。いったいそれはどんな女性に対してなんでしょう?

1 いつでも笑顔でいる女性

やはり結婚や家庭に「安らぎ」や「癒し」を求める男性は多いもの。仕事で疲れた時、ちょっと落ち込んだ時、どんなことがあってもいつでも笑顔で傍にいてくれるだけで元気になれる、そして頑張ろうと思えるものなんです。

笑顔が素敵な女性

決意ポイント

彼のまぶたの中でも笑ってる、笑顔を絶やさない女性と毎日一緒にいたい

2 どんな時も味方してくれる女性

味方でいてくれる女性

病気になった、大変な仕事が続く、リストラされたなど、心身ともに疲れてしまっている時に、文句も言わずにそっと励ましてくれる女性に男性はグッときます!
これからの長い人生、どんなことが起こっても心の支えとなり、味方してくれると感じるのです。

決意ポイント

彼のピンチに励ましの言葉をくれる、いつも味方でいてくれる女性と毎日一緒にいたい

3 何事にもポジティブな女性

元気いっぱいポジティブな女性

仕事でミスして怒られてしまった時も「なにやってんの?」なんて言わずに、「必ずできるって思われてるから、課長は怒ったんじゃないかな。それはきっと期待されてるって証拠だよ。」と言われれば気持ちも前向きになれるはず。

決意ポイント

彼にいつでもポジティブな発想や発言をしてくれる女性と毎日一緒にいたい

4 どんな時も一定の感情を保っている女性

良い時はいいけど、急にキレたり、ストレスが溜まると不機嫌になるなど、浮き沈みの激しい女性とのジェットコースター生活は、余程のキャパがないと楽しめませんよね。感情がある程度一定である女性とは、安心して結婚を考えられます。

決意ポイント

情緒が安定している女性と毎日一緒にいたい

5 料理がうまい女性

古いかもしれませんが、やはり男性の胃袋を掴むのは心を掴むも同然です。食事は毎日のことですから、一緒になりたいと思うポイントでしょう。

男が結婚を決意する美味しそうな料理

決意ポイント

料理上手な女性と毎日一緒にいたい

お料理が下手でも、一生懸命作ろうとしているのが伝われば、きっとこれから頑張ってくれると思われるので大丈夫ですよ。

6 自分をしっかり持っている女性

ちょっと帰りが遅くなった時、何度も電話やメールをしたりする「束縛女子」や、いつも起きて待っているような「依存女子」では重すぎて疲れてしまいます。
きちんと自分を持っていて、そんな日はお互いに自由に過ごす日と割り切り、「今日は私の時間を楽しもう」と考える女性に居心地のよさを感じます。

決意ポイント

精神的に自立した女性と毎日一緒にいたい

7 生活感がある女性

結婚すると「衣食住」全てを共にすることになります。だからこそしっかりとお金の管理をし、計画的に使っているとか、家ではコンビニ弁当ばかりではなくきちんと自炊もしているとか、掃除や洗濯もある程度はきちんとできていると感じられることも重要です。

ちゃんと朝食を作る女性

決意ポイント

生活に必要な家事全般ができる女性と毎日一緒にいたい

男性に結婚を決意させたい女性に必要なものは?

実際に男性が結婚を決めた理由は他にも「年齢的に」「子供ができたから」「なんとなく」「彼女に迫られたから」など様々ですが、結婚相手には「どんな時も支えて欲しい」「励ましてほしい」など、精神的な安定を求めているのも事実です。

この子なら安らげる、安心できる、支えになってくれると信頼されることが必要!

普段からあなた自身が「居心地の良い、癒しと安らぎを与えてくれる場所」と彼に思ってもらえるように心がけることが、彼からプロポーズされる1番の近道ですよ。

メニュー閉じる