花嫁の手紙の書き方・結婚式でゲストに伝わる感動の例文集

花嫁の手紙は、結婚式の中でも感動する演出なので取り入れているカップルも多いものです。ただ、いざ両親に手紙を書くとなると、どうやって伝えればいいのか?何に気を付けるべきか?難しいものです。今回は、新婦が書く手紙の書き方のコツと例文をご紹介!

花嫁の手紙の書き方・結婚式でゲストに伝わる感動の例文集

花嫁の手紙で結婚式を素敵に演出したいでもどう書けばいいの!?

花嫁の手紙は、結婚式の中でも最高に感動的で盛り上がる演出です。ゲストも、新婦やご両親の人柄を垣間見れるので、楽しみにしている人も多いでしょう。ただ、いざ手紙を書くとなると難しいものです。今回は、花嫁の手紙の書き方と、例文をいくつかご紹介します。

花嫁の手紙の書き方のコツ&注意点

何をどんな風に書けばいいの?という方は、まずはこちらをチェック!手紙を書く際のコツやちょっとした注意点をご紹介します。

花嫁の手紙を書くポイント1 書き出しには出席者への感謝の気持ちを

新郎新婦の感謝の言葉

もちろん手紙の書き出しは、ゲストの皆様への感謝の言葉からスタートします。「本日はご出席いただきましてありがとうございます」といった内容です。新婦の場合は固い挨拶より、少し柔らかい言葉にした方が印象良くなります。

花嫁の手紙を書くポイント2 感謝を伝えたらゲストへ“断り”を

手紙というのは、本来ならゲストには関係のないことですので、通常の演出のようにすぐ読み始めてしまうのはNG!最初に「ご出席の皆様方には、この場をお借りしお時間いただくことをお許しください」といった“断り”を入れ、しっかりと気遣いを見せるようにしましょう。挨拶からここまでは、手紙を読むのではなくゲストの方をしっかり向いて言うようにすると、気持ちが伝わりやすくなります。

花嫁の手紙を書くポイント3 エピソード部分では内輪ウケはNG

ご両親とのエピソードを伝える際、身内しか分からないようなことや、身内しか笑わないようなネタを書くのはNGです。ゲストの前で読み上げるので、親子関係を全く知らない人でも分かるような内容にしましょう。具体的には「いつも行ってたあの公園、楽しかったよね」では、その楽しさや両親との仲の良さはゲストには伝わりません。「よく連れて行ってくれた近所の公園は、今行っても子供の頃の楽しかった思い出がすぐに蘇ってきます」という風に、ある程度の場所や楽しさが想像できる言い回しを考えるようにしましょう。

花嫁の手紙を書くポイント4 新郎のご両親を置いてきぼりにしない

並んで立つ正装した両親

新婦の両親との感動的な話しばかりで終わらず、新郎のご両親に関することも加えるようにしましょう。「○○さん(新郎)のご両親は、どこかお父さんとお母さんの雰囲気に似ていて、初めてお会いした日も不思議と安心感を覚えました」という感じで、新郎のご両親への気持ちも加えるようにすると、相手のご両親やゲストの皆さんからの好感度がアップします。

花嫁の手紙を書くポイント5 父と母のエピソードは同じボリュームにする

父と母のどちらかのエピソードばかりに偏ってしまうと、聞いているゲストが気を使ってしまいますし、少ない方はちょっぴり悲しい気持ちになってしまいますよね。両親それぞれ同じくらいのボリュームでエピソードを話すように調節しましょう。

花嫁の手紙を書くポイント6 ダラダラと長い手紙は飽きてしまう

伝えたいことはたくさんあるとおもいますが、結婚式で渡す手紙は適度な長さで終わらせるように注意しましょう。ダラダラと続く長い手紙は、ゲストが終盤で飽きてしまうこともあります。感動的にしたいなら、内容を十分吟味してできるだけ短めで作成するといいですね。

花嫁の手紙を書くポイント7 年齢次第ではパパ・ママは使わない

お父さんとお母さんの文字と花嫁

新婦の年齢が30~40代の場合は、来てくれているゲストの年齢層などを考えると、パパ・ママという呼び方は違和感を覚える人も出てくるかもしれません。ある程度年齢が上の場合は、日頃はパパ・ママと呼んでいても手紙ではお父さん・お母さんに変更することも検討してみてください。

花嫁の手紙を書くポイント8 結びでも新郎のご両親を立てましょう

「お父さんやお母さんのような夫婦になります」といった言葉で結ぶ手紙がよくありますが、結びの際にも新郎のご両親に気配りはしたいものです。「○○さん(新郎)のご両親とお父さん・お母さん。2組の素敵な夫婦に少しでも近づけるよう」といった感じで、新郎のご両親も登場させるようにすると素敵な手紙になるでしょう。

花嫁の手紙の書き方まとめ

演出のひとつとして手紙を読む場合、ただただ両親への感謝の気持ちを並べるだけではなく、新郎のご両親や親戚、ゲストの方への気遣いを忘れずに作成しましょう!

花嫁の手紙の例文集

書き方や注意点が分かったところで、さっそく書き始めてみましょう!例文をいくつかご紹介しますので、言葉が浮かばない時は参考にしてみてください。

挨拶~断り

手紙を読みながら涙を流す花嫁

 本日は、お忙しい中私たちのためにご出席いただきまして、本当にありがとうございます。この場をお借りして両親への手紙を読ませていただくことをお許しください。

 皆様、本日はこんなにたくさんの方々にお祝いしていただき、心から感謝しております。ここで、両親へ感謝の気持ちを伝えさせていただくことをお許しください。

ここでの大切なポイント

挨拶などは書いているのを読むのではなく、暗記してゲストの方を見て伝えるようにしましょう。少々間違っても棒読みで手紙を見ながら伝えるより、よっぽどゲストの心には響くことでしょう。

書き出し

 お父さん、お母さん。今まで私を育ててくれて本当にありがとうございます。

 お父さんは「手紙なんて恥ずかしいから絶対にやめてくれ!」と言っていましたが、どうしてもここで感謝の気持ちを伝えたかったので手紙を書きました。

 お父さんとお母さんが一生懸命私を育ててくれたおかげで、こんなに素敵な人たちに囲まれて、世界で一番素敵な男性と出会えて、今日ほど感謝した日はありません。

ここでの大切なポイント

書き出しは定番で始めてもいいですし、ゲストの方を飽きさせないために最初から具体的な気持ちを織り交ぜて書き出すのもいいですね。

エピソード

手紙を読みながら涙を流す花嫁

 お父さんとの思い出はたくさんありますが、なぜか鮮明に残っているのは2人でたまに行っていたドライブです。

 大人になると母の偉大さが分かると聞いていましたが、どんな時も大らかでニコニコしているお母さんは、結婚した今わたしの理想の女性となっています。

ここでの大切なポイント

ご両親それぞれエピソードは1~2つずつ、ご両親2人や家族に関するエピソードが1つ程度にすると適度な長さに収まります。

締め・結びの言葉

 わたしは、尊敬できる○○さんのお父さん、お母さんにもたくさんご指導いただきながら、笑顔いっぱいの家庭を築いていこうとおもいます。本当に今までありがとう!

 いろいろと書きましたが、本当に伝えたいのは2つだけです。お父さん、お母さん大好きです!そして、本当にありがとう!

ここでの大切なポイント

終盤は、少々感情的になるような文章の方が、聞いているゲストは共感し感動を覚えます。失礼はいけませんが、あまり形式に囚われずストレートな言葉を選んだ方が素敵な手紙になるのではないでしょうか?

花嫁の手紙はやっぱり感動してしまう演出

定番の演出とはいえ、どの結婚式でも感動してしまうのは、やっぱり花嫁の手紙です。感動ポイントは、新婦とご両親だけでなく新郎にもあります。泣いている新婦の背中をさすったり、心配そうにマイクを持って隣に立っている新郎の表情なども、微笑ましくまた感動呼びます。素敵な手紙をご両親に書いて、素敵な結婚式にしてくださいね♪

もっと結婚式を感動的にしたい方は、合わせて結婚式の演出アイデアもチェック!結婚式がもっと素晴らしいものになりますよ。

メニュー閉じる