半同棲状態のカップルが恋愛から結婚に近付くための注意点

半同棲はラブラブカップルの憧れ♪でも、気を付けておかないと知らず知らずのうちに彼氏に嫌われることも。とくに生活費や家賃などお金の問題はけじめをつけておくことが大切です。彼のお嫁さんになりたいなら半同棲を結婚へのステップにしちゃいましょう!

半同棲状態のカップルが恋愛から結婚に近付くための注意点

半同棲から結婚へ!彼氏に「この子いいな」と思われる4つのケジメ

お互いにちゃんと借りている部屋はあるけれど、週に何度かはお泊まりしに行くことがある“半同棲”の状態。ラブラブなカップルには憧れの生活とも言えますが、お試し気分で一緒に生活することができる半同棲だからこそ、お互いの嫌なところが見えてしまうと「この子と結婚はないな~」なんて、彼氏に心の中でこっそり思われていることも!

そこで今回は、彼氏との結婚を考えている女性なら絶対に気を付けた方が良いポイント4つをまとめてみました。いろんなことが曖昧になりやすい半同棲ですが、つけるべきところのケジメはしっかりつけて、彼氏から「おっ」と思われるイイ女になりましょう!

ポイント1 自分の生活費は負担する

生活費をチェックする女性

半同棲では、自然とどちらかの家に入り浸りになるのが一般的。もし彼女が週に3~4日彼氏の家で過ごしていたら、それだけでも月の半分ほどは自分の家の生活費が浮くわけです。これをラッキー♪と単純に思う女性も多いかもしれません。しかし、浮いた生活費は浮いたまま消えてしまったわけではないんですよ。

電気やガスは一人で暮らすのも二人で暮らすのも大して変わらないでしょ?と思いがちですが、二人が別々の部屋にいれば電気代は倍かかりますし、お風呂だって女性の方が一般的には長風呂ですから、水道代もガス代も間違いなく上がります。細かいことを言えば、トイレットペーパーや洗濯機を回す回数や、その他色々なものが一人暮らしに比べて意外と増えてしまうのが半同棲というモノ。そこに無頓着なまま過ごしてしまうと、彼氏にだけどんどん負担が増えていくことになるのです。

一度はお金の話をしよう

半同棲状態が定着してきたら、「どれくらい生活費出せばいいかな?」と一度彼氏に聞いてみましょう。払う前提で話をすると、「この子はお金に関してきっちりしているんだなぁ」と、彼氏もあなたを頼もしく感じてくれます。

ポイント2 彼氏の私物を大切に扱う

物を大切に扱わない女性

半同棲の場所が彼氏の部屋でもあなたの部屋でも、すぐそばに彼氏の私物がある生活を送ることに変わりはありません。特に彼氏の部屋で半同棲しているなら、掃除の時に物をよけるタイミングや、何気なく床に置かれている物の扱いには十分注意しましょう。ボーッとしていて踏んづけてしまったり、落としてしまったり、人間誰しもついうっかり…ということはありますが、うっかりでも自分の物を手荒に扱われて良い気がする人はいません。

「そんなところに置いておく彼氏が悪い!」というのはごもっともなご意見かもしれません。しかし、一人暮らしなら何をどこに置いておいても問題なかったわけですし、あなたが転がりこんでくることでなんだか窮屈になったな…と思われてしまっては、結婚は遠ざかる一方です。彼氏が自分のクセや習慣をわざわざ改めようとしなくても、あなたと快適に暮らしていくことができるのが彼氏サイドから見た一番の理想。彼氏に結婚に乗り気になってほしいなら、まずはあなたとの生活が自然体で快適な印象を持ってもらうことが、何より大事なのです。

ポイント3 余計な詮索をしない

彼氏のパソコンをチェックする女性

一緒にいる時間が増えると、これまで見えていなかった彼氏の時間の過ごし方が見えるようになります。仕事から帰るのが遅い日があったり、夜に友達から電話がかかってくることがあったり、彼氏が何をしているのか気になることも出てくるでしょう。

しかし、そこでいちいち「ねぇ今日なんで仕事遅くなったの?」「誰から電話?」と尋ねてしまうと、詮索されているようで気が詰まってしまう男性もいます。「おまえと一緒にいると一から十まで説明しないといけないの?」とストレスを抱えさせてしまうことにもなりかねません。

何か手がかりをつかもうとして、彼氏の机の引き出しを勝手に開けたり、彼氏の手帳をこっそり見たりするのももちろんNG。他にも、次のようなものは完全に彼氏のプライバシーです。いくら「気になる!だって好きなんだもん!」という気持ちがあっても、手を触れないように気を付けましょう。

プライバシーを守るのは常識!

この一線を越えたがために彼氏の信用をなくして別れを告げられることも…。特にこれらのアイテムには注意しましょう。

  • 日記
  • 通帳や資産の分かる書類
  • 財布
  • 彼個人のパソコンやスマホ

ポイント4 半同棲を公にしない

SNSでアピールする女性

彼氏と半同棲していることを自慢したいあまり、友達に言いふらしたりSNSに書き込んだりする女性もいます。男性からすると、こういう女性の行動はちょっと引く…だけでなく、リアルに困ったことになるパターンも。

というのも、賃貸物件には入居者の人数に決まりがあるところも多く、大家さんとしても知らない間にどこの誰ともしれない人間が転がり込んでいては心証が悪いですよね。そもそも会社契約の物件で、実は他の人間を入れてはいけないルールになっていたりと、バレると何かしらの罰則がある場合もあります。

控えめ女性の人気は根強い

半同棲で頭の中がお花畑状態になっている女性を可愛いと思う男性もいるにはいますが、そうでありながらも周りには自分から何か言うわけではなく、あくまでも控えめに過ごしている女性の方が、男性から見ると圧倒的に魅力的。そういう健気な態度を取られると、思わずキュンときて「早くちゃんと(結婚)してあげなきゃな」と思うものなのです。

半同棲では図々しさを封印!距離が近いからこそ気を遣おう

人は、相手との距離感が近付けば近付くほど相手に対してわがままになってしまうものですが、本当に良い関係を築いていきたいなら、やるべきことはむしろその逆。半同棲とはいえど一緒に生活する時間があるなら、その時間こそ相手に対して気を遣わなければいけません。近いからこそ暴走しそうになる気持ちを上手にコントロールすることができれば、お互いに本当に心地よい関係で暮らしていくことができます。

また、ずっと付き合っていれば「一緒にいることが当たり前」になってきて、付き合い始めの頃のラブラブ感が薄れていくもので、マンネリ防止のテクニックを駆使して倦怠期を乗り越えることも重要です。

半同棲でそのように快適な暮らしの実績ができれば、彼氏も結婚に対して前向きに考えてくれるでしょう。あなたばかり我慢することになるのはもちろん良くありませんが、相手に気遣ってほしいなら、まずは自分から。ギブアンドテイクでラブラブな半同棲生活を送っていきましょう♪

メニュー閉じる