平均貯金額で結婚したい20代独身女性の人生プランニング

平均貯金額が気になる?結婚を意識し始めるといくらぐらいを貯めておけば安心して望めるのか考えるようになるでしょう。20代後半の独身女性のためになるさまざまな方面から集めたお金に対する意識高めるコラムのご紹介

平均貯金額で結婚したい20代独身女性の人生プランニング

平均貯金額はいくらあれば安心できるの?

そろそろ付き合っている人との結婚を考えようかな。という時期に来ている人はいろいろなことを気にし始めるかと思います。その中でも貯金がいくらあれば安心出来るのか?と考える人は多いでしょう。いったい周りの自分達の世代の人たちは平均いくらぐらいの額を貯金しているのだろうか…そう不安になっているのでは?今回はちょっと一般的な平均貯金額を年齢別に覗いてみましょう!

気になる平均貯金額…20代男性の場合

20代の男性というと、大学を卒業して働き始め20代半ばを過ぎた頃にようやく社会に慣れ、仕事にやりがいを持ち始める頃かと思います。また、20代半ばぐらいになると高卒で働き始めた人にとっては結婚を考える頃かもしれませんね。では、20代の男性の一般的な平均の貯金額はどのぐらいなのでしょうか?さまざまなパターンから見てみましょうか。

吊革につかまる若いサラリーマン

高卒/大卒の独身男性の違い

高卒の独身男性の場合、20代後半ともなるとだいぶ仕事も落ち着き結婚を考える頃かもしれません。高卒の初任給は地域や企業によってばらつきはありますが平均15万8千円くらいと言われており、この中からなにかと自分でやりくりして貯金までしていける人は、本当に堅実な人だと言えるでしょう。またこちらもばらつきはありますが、大卒男性の初任給は約20万円ほどでしょう。

高卒と大卒の初任給には5万もの差があるものの、高卒男性は早く働き始める分、貯金も早い段階から始められます。貯金に関してどちらが将来的に有利かと言えば、年収から考えると、やはり大卒男性のほうが有利かもしれません。

大卒男子のほうが安泰ってこと?

これはあくまで指標。高卒だから・大卒だからといって、年収の増減は誰にも分からないのです。職種によっては、技術の向上に伴って大卒の人よりはるかに大きな収入を得られる高卒男性だってもちろんいます。

実家暮らしと一人暮らしの男性の違い

部屋でくつろぐ男性

では、20代独身男性で実家暮らしの人と一人暮らしの人では、貯金額にどのような差が出るのでしょうか?まず、実家暮らしの男性でも社会に出て働いている人の多くは自分の家にお金を入れていることでしょう。そしてその平均額は3万6千円くらいと言われています。これには実家暮らしであっても自分の食事を作ってくれることや、自由に使える電気や水道の料金、寝る場所を提供してくれている親への感謝の気持ちを込めてお金をこれくらいは家に入れたいと考えているのでしょう。

家に入れている金額の平均を見ても分かるように、実家ぐらし男性は自由に使えるお金が比較的豊富にあります。家に入れるお金以外は、ランチ代や飲み会などの付き合いに使うお金、携帯電話の使用料、各種保険の代金などに使うのみ。あとは自分の好きに使うことが出来ます。

一人暮らしの男性の場合は?

これがひとり暮らしだと、家賃や水道光熱費・食費・通信費・各種保険代金など…実家ではあまりかかることのない、居住費に大きく予算を取られてしまい、自由に使えるお金というのは少ないかもしれません。

こうしたことを考えると、実家暮らしと一人暮らしの男性では、貯金に回せる平均額に大きな差が出ることでしょう。

気になる平均貯金額…20代女性の場合

ハートの菓子型を目に当てておどける若い女性

20代の女性というと、結婚願望の強い人は今付き合っている人との結婚を男性よりも本気で考えている人が多いことでしょう。また出会いがないという人は、婚活にいそしんでいるかもしれません。男性よりも結婚を意識し始める年齢が低いと考え裸得る女性は、将来を見据えた貯金をしている人が多いかもしれません。では、ちょっと覗いてみましょう。

高卒と大卒の女性の平均貯金額の違い

女性も高卒で働き始めた人の初任給は男性とそう変わらず15万円程度の給料をもらっていると思います。順調に働いて20代の頃となると仕事の要領もつかみ、自分なりの社会人生活を確立して楽しんでいる頃かもしれません。また高卒の女性の多くは学生となり資格を取得して自分の夢に向かって突き進んでいるのかもしれませんね。

大卒の初任給もやはり男性と同じように約20万円くらいとすると、やはり高卒と大卒では、けっこう初任給の差が現われます。男性と違うのは、女性の場合、男性に比べて「結婚」「妊娠」「出産」などの人生の節目で退職をしたり転職をしたりすることが多いといえそうです。なので、ここもやはり最終年収は高卒と大卒のどちらが多いかなんて一概には言えません。

ただ、一つ言えることは男性よりも女性のほうが、平均的な年収の額が年齢が上がるにつれて安いということです。これは女性の働き方によって生まれた差だと判断できます。先ほども述べたように、女性は人生の節目ごとに働き方も考え直さなければならない場合があります。多くの女性は結婚や妊娠を岐路に転職や退職をすることがあります。その結果、正社員というよりも派遣のような働き方を選ぶ人が多く、派遣社員は安い賃金で雇われていることが多いために、女性の平均年収が下がる形となっているのです。

実家暮らしと一人暮らしの平均貯金額の違い

女性も実家暮らしをしている人は家にお金を入れている場合が多いでしょう。額も男性と同じくらいで平均すると約3万6千円ほどとなっていますが、男性と違うのは、女性はランチ代金にお金を浪費しないということです。一人暮らしをしている女性はもちろんですが、この食費というのは、意外と全体収入に対して使用している割合が高いものです。

女性の場合、自分の容姿にお金をかける人もたくさんいます。洋服代に、美容代が男性よりも割合が高いことがその証拠でしょう。そうなると当然、貯金をしようと思ってもどこかの出費を抑えて貯金額を捻出しなければなりません。そうなると、女性が最初に削るべきなのは食費。ランチ代の節約なら、お弁当を自分で作って持ってくるようにすることでだいぶ1日の出費が抑えられるでしょう。

気になる平均貯金額…独身者と既婚者の場合

笑顔の既婚女性

男女ともに独身と既婚では平均貯金額が違います。子供がいるかいないかにもよりますが、20代の独身世帯が平均141万円、既婚世帯の平均が189万円となっており正直なところ、結婚をしても資産が独身よりも倍多いということはありません。20代のうちは結婚資金に貯金を使う人も多いことでしょう。これによって、一度貯金額が減っているのかもしれません。また30代の平均の貯金額も独身世帯と既婚世帯ではその差が50万円もないのです。これは、30代に入った頃には子供が増え収入と支出のバランスは子供がいない時に比べて変わったということです。収入が増えてもその分、支出も増えるということですね。

このように、独身と既婚での平均の貯金額というのはあまり差がありません。中には子供がいないうちに、夫婦共働きで妻の収入は全て貯金に回しているという家庭もあります。また家を購入したり、車を購入したりと貯金額とは変動する機会がたくさん訪れるのです。

気になる平均貯金額…結婚するときに必要な額は?

お札を扇状に広げて持つ女性

では実際に、いざ結婚しようと思ったときに一体いくら貯金しておけば安心出来るのでしょうか。男性にとっても女性にとっても、結婚をするということは人生において大きなイベントとなっていますが、結婚式となると話は違います。一般的な男性の認識として結婚式は女性のためにあるものと思っている人が多いようです。もちろん今まで育ててくれた両親に対しての感謝の気持ちで式をあげる人もたくさんいますが、どうやら主役は花嫁だと思っている男性が多く、結婚式の準備の段階でもめることも多いのだとか。

その結婚式の資金として、規模にもよりけりですが、それなりに金額がかかります。結婚するとなると、結納から挙式、披露宴、ハネムーン。その後の新居の準備などさまざまなシーンで多くのお金を必要とします。もちろん二人で生活を初めてから最初の2ヶ月ぐらいの資金も必要です。これらを考えると、全てを折半するならば一人平均約150~200万ぐらいを貯金額としてみておけば良いでしょう。人生何が起きるか分かりません。結婚後急に旦那様が働けなくなったという事態も想定しておきたいという安心型タイプの女性は、さらに上の約250万~300万円を貯金額としてみておくと良いかもしれません。

では、ここで結婚にまつわるお金のコラムをいくつかご紹介しておきましょう。あなたの知りたいことが書いてあるかもしれませんよ。

平均貯金額を知って今後の目標額を決めてみよう!

平均貯金額を真剣に気にし始めるのは20代も後半にさしかかろうとするぐらいではないでしょうか?働き始めたらすぐに将来を見据えて貯金をしていこうなんて人はほんの一握り。自分が自由に使えるお金が増えて嬉しい気持ちが優先してしまい、貯金に回す額も少ないかもしれません。中には目的があって貯金をしている人も多いかもしれませんね。今回は20代を中心とした平均の貯金額の話をしましたが、これはあくまで平均であり、年収の高い人が平均値を上げている場合もあります。

貯金がないという人も3割程度はいるようです。平均の貯金額を気になるのは分かりますが、他を気にするよりも自分がどうしたいのかを考えて、目標とする貯金額を決めておくほうがやる気も起きるのではないでしょうか?結婚を見据えて貯金を考えるのであれば、結婚相手に求めるもの条件まとめも併せて読むと良いかもしれませんよ☆

メニュー閉じる