三十路の誕生日前に後悔しない素敵なレディになる方法

三十路の誕生日を控えた女性は迫りくる30歳という節目の年を「やっておけばよかった」という後悔でスタートさせたくはないはず。30代の幕開けを目前に今できることは何なのでしょうか?素敵なレディになる方法を紹介!

三十路の誕生日前に後悔しない素敵なレディになる方法

三十路女突入のお知らせ・素敵な30歳になる方法

いよいよあなたにも30歳、いわゆる「三十路」が目の前に迫ってきました。まずは今まで無事に生きてこられておめでとうございます!それだけでも大変なことなのですが、大変なのはこれから。今までは若さのノリと勢いでやってこられたけど、30になったらいったいどうすりゃいいのでしょうか?もうぶりっこも限界を感じているはずです。

…でもまだ三十路になるまでにはちょっと時間がある、それまでにしておけることってナニかありますか!?そんな焦ってテンパっているあなたに人生の先輩のありがたいお言葉をお贈り致します。心してお聞きください。

三十路女が「しておけばよかった…」と激しく後悔していること

みなさん三十路になってから「あれをやっておけばよかった…!」と後悔していることってあるんですよね。先輩方の実感あふれる告白を聞いたら、あなたは今日から改心してレッツトライするのみです!!

三十路突入で感じる後悔1 お肌の手入れをしとけばよかった

頭皮を気にする女性

今までは放っておいても水滴をはじくようなぴちぴち肌だったのに、気づけばつもりつもったストレスを雄弁に語るお疲れ肌に…。こんなことになるのなら、20代のころからちゃんとスキンケア、UVケアしておけばよかった!しっかり栄養も睡眠もとるんだった!…そう思ってもザンネンながら時間は戻りません。

肌の疲れは20代のときは寝たら翌朝にはリセット☆

でも今は枕の跡がいつまでも…。知らないうちに積もり積もった肌の疲れがとうとう表面に現れてきます!

どんな高級化粧品を使っても、若き日のような輝く肌に戻ることはありません。もしもタバコや、飲酒を毎日続けている人がいたら、いくらCMで有名な化粧品を投入したからってタマゴ肌にはなれませんよ。即刻やめましょう。

三十路突入で感じる後悔2 婚活しておけばよかった

ドレス姿で振り返る女性

まだまだって思っていたらあらもう三十路。そろそろ私も結婚の時期かな…?とまわりをみまわすと、みんなもう結婚にむけていろんな手はずを打っていてびっくり!しかも大半が子供連れだったりして2度びっくり!いつまでも子供気分だったのは自分だけだったんですね…。

結婚って、待ってるだけじゃできないのね。

気づけばまわりは既婚、もしくはステディ持ち、そしていいオトコは予約済み。あなたはズバリ結婚に出遅れてます。

すぐに結婚の予定をいれたいわけではなくても、何歳くらいで結婚したいか、どんな人と、どんな暮らしをしたいかなどのライフスケジュールは組み立てておいた方がよさそうですね。自分にはどんな人がお似合いなのかあらかじめ考えておけば、その場の勢いで入籍!とか、気の迷いで妥協結婚して後悔することもなさそう。

人生は長いもの。おとぎ話のお姫様みたいに、結婚がゴール=ハッピーとはなりません。結婚はむしろスタート。どんなスタートを切って、誰とどんなゴールを迎えたいかを考えるのも婚活です。

三十路突入で感じる後悔3 貯金しておけばよかった

通帳を見る女性

20代のときはお給料が入ると「待ってました!」とばかりに欲しいものを買い、行きたいところに行っていました。このために毎日働いてるんだから…ってね。でも、ほんのちょっとずつでも貯金していたら今では結構な額になって、それなりの使い道もあったよなぁ…と思うことって…?あるある!!!

女の子ですもの、ほしいものは日々沢山ありますよね。でもちょっと待って。今すごくほしくても、ちょっと時間を置くとそうでもなくなるものってありませんか?買うものを落ち着いて選択すると、あなたの大切なお金をちょっとでも貯金する余裕が出てくると思います。貯金があると落ち着きがでるもの。将来の夢も広がりますのでぜひお試しあれ。

お金がないと、自分に自信もなくなるのね

「宵越しの金は持たねぇ」江戸っ子気取りも20代まで!

三十路突入で感じる後悔4 婦人科にいっておけばよかった!

不調はずっと感じていたんですけど、何だが怖いし面倒だしで、婦人科には一度も言ったことがなかったんです。初めて行ったのは結婚して2年目。子供が欲しくて。先生になぜもっと早く来なかったのかと叱られました…。

注射する女医

女なら月に一度必ずやってくるはずのあの不快な症状に若い頃からつらい思いを強いられているけど、まだ婦人科に行ったことのない…。そんな人は直ちに婦人科を受診してください。今では女医さんも多くいますので、気になるようでしたら検索してから行ってみましょう。実際に結婚して子供を希望する頃になって、もう少し早く病院に来ていればスムーズに子供を望めたし、長くつらい思いをせずに済んだというケースも少なくありません。

もちろん今まで何の不調もない20代でも、女性である以上、一度は婦人科で検診を受けてみるのがおすすめです。若いからといって健康に過信は禁物。三十路間近ならなおさらです。

産婦人科は怖くない!

女性である以上、受診して損はありません。年齢も関係ありません。

三十路突入で感じる後悔5 もっと好きにやってみればよかった

今思えば、20代なんてまだまだ子供のようなもの。でも当時はもう自分が若くないように感じて、やりたいこと・したいことを自分で制限していました。今となってはもったいなかったな…

やってみたいことがあるけど、いまさらはじめて何になるのかな?とか、もう若くないし、そんなことやってもどうにもならないし。

…なんて思って諦めていることってありませんか?人は「してしまった」後悔より「しなかった」後悔のほうがはるかに重く引きずるものです。「あのときああしていたら……」なんていつまでももやもやしてしまい、先に進めなくなってしまうのです。

可能性を狭めるのはもったいない!

自分を自分で制限しちゃったけど、もっといろいろやってもよかったな。

素敵な三十路を迎えるために出来ること

人はだれしも三十路を迎えます。どうせ三十路になるのだったら、素敵な30代になりませんか?あなただってきっとなれます。それでは素敵な三十路になるためにかかせない方法を今からご紹介しましょう。

素敵な三十路になる方法1 スキンケアを毎日続ける

鏡に向かって肌の手入れをする女性

肌が綺麗だと、心もうきうき、はずんできますよね。毎日鏡で確認する自分の肌は、自分のためにもぜひ若さを保ちたいもの。そのためにはまだ若いうちから大切に保護し、スキンケアを怠らないことが重要です。しわやしみに気づいてから化粧品をあわててつぎ込んでも、残念ながらあまり効果はありません。

おすすめなのは、今から高い化粧品を使うということではなく、日々のルーティーンであるスキンケアを丁寧にすることを心がけ、習慣にすることです。また、不規則な生活習慣や、喫煙、過度の飲酒などは慎み、バランスの良い食事を心がけましょう。

素敵な三十路になる方法2 友達の輪を広げる

さまざまな分野、職種、趣味を持つ人と男女問わず友達になれれば、自分の生活の幅も広がります。価値観の幅も広がり、人生をより楽しめるようになるでしょう。「友達」といっても、たまに顔を見る程度の「知り合い」で充分です。いつもコンタクトをとらなくても気の合う人とはつながっていきます。頻繁に連絡やランチしなくてはならない付き合いは、大人の友人づきあいではありません。

素敵な三十路になる方法3 お小遣い帳をつける

お金の管理をパソコンとノートでする女性

たかがお金、されどお金。お金が上手に使えるひとは素敵です。特に普段なんの気なしに使ってしまう数百円程度の消費に対して、どれだけ注意を払っていますか?これが実は結構な額になっていて、知るのが恐ろしいくらいかもしれません。でも素敵な三十路を目指すみなさんは、臭いものにはフタをせず、ちゃんと確認してクリーンにしましょうね。コーヒー一杯、チョコひとつ、自分のやりやすい方法でしっかり書き留めてみましょう。もうこれ以上コンビニや自分の脂肪増産にお金をつぎ込むのはやめようじゃありませんか。

素敵な三十路になる方法4 やりたいことをやる 

やりたいと思ったことをかたっぱしからやってみましょう。そう、今日からです。先のことをうじうじ考えない。それは結局やらない言い訳です。やり残しは後悔のもと。後悔と未練たっぷりの三十路になりたいのですか?いろいろ言ってただじっとしているだけになってしまいますよ?たとえやってみて期待はずれだったとしても、失敗しても、痛いと笑われてもいいんです。そこにはきっと清々しい笑顔の三十路女性がいるはずです。

素敵な三十路になる方法5 あきらめる

aaa

「あきらめる」ってきくと、すごくネガティブなことに聞こえますよね?でも違うんです。「あきらめる」って、もともと「あきらかにする」という意味。欧米の古い祝詞にこうあります。

変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。
ニーバーの祈り

自分にないものに憧れ、無駄な努力と挫折を繰り返すのは20代まで。30代からはかけがえのない自分のよさを認め、それを大切に伸ばしていく時期なのです。

人生は三十路から!肩のチカラ抜いていこう

自然で優雅な「脱力感」「こなれ感」。そんな雰囲気がさらっと出せたらファッションも生き方も素敵ですよね。あなたはいくつになってもあなたでしかありえません。いい感じに「あきらめ」て、ラクに生きましょう!もうあなたは素敵な三十路予備軍です。アラサー女子の恋愛観をあわせて読めば恋もうまくいきそうな予感!

メニュー閉じる