LINE既読つけない男の心理&未読無視を決め込む理由

LINEに既読つけないまま未読放置…。相手は気にしていなくても、こちら側からすれば不安や怒りが沸いてくることもあるでしょう。既読機能が時には頭を悩ませる原因になっていたりもしますが、相手の気持ちや状況に合わせてあげればもっとスムーズなやりとりができそうですね!

LINE既読つけない男の心理&未読無視を決め込む理由

男性がLINEに既読つけないで放置する理由

LINEのやり取りでは、人によって気にしているポイントが違います。既読無視を気にする人もいれば、未読放置を気にする人もいるし、投稿にいいねやコメントがつかないと嫌われてるのかもと不安になる人も。

LINEにすぐ既読つけないという男性の心理は、そんな煩わしさを後回しにしたいという場合がほとんどです。既読にしてしまうと返さないといけないような気分になるので、あえて既読はつけずに好きなときに返信するという選択をしているのですね。

なかなか既読をつけない男性の特徴

LINEに既読をつけないで読むメジャーな方法は大体次の2つでしょう。

  • 通知ポップアップで大体の中身を確認する
  • 専用のアプリを入れてメッセージを見る

スマホをちょこちょこ見て確認しているはずなのに、既読にしない理由は…ズバリ、面倒くさいから。返事を考えるのが面倒とか、やり取りが続いたら面倒とか、人によって色々理由はありますが、「見てないから(既読になってないから)、返事しなくて大丈夫でしょ?」と思っている場合がほとんど。

大抵の場合は、通知で大体の内容だけざっと確認して、大事な用件でなければ後回し、となるようです。そんな、既読つけない系男子の特徴として、次の3つがあげられます。

特徴1 興味のないことは面倒くさい

既読スルー・未読放置の常習犯である男たちは、「おっ!」と思うような面白いことならまだしも、自分の興味のない話にはそんなに関わりたくないという面倒くさがりタイプです。面白そうな話題にはすぐに食いつきますが、興味のない話題は後回しです。

読んだけど既読つけない男

「おはよう」「おやすみ」などの日常会話のやり取りも、気が向いたらすぐに返事をしますが、面倒なときは放っておかれます。

特徴2 とにかくマイペース

本当に気づかないで既読つけない男

自分の時間を優先したい、家にいても何かに集中したい。と言う理由からスマホを放置。そんな男性は、メッセージが来ていることに気づいていても、別に急ぎの用事じゃない、と思ったらそのまま放置!

あなたがまめに返信するタイプだったら考えられないかもしれませんが、意外と自分のペースを乱されたくない、という人は結構います。やり取りが続いてしまったら、それにつき合わないといけないので、今じゃないな、と思ってしまうのです。普段からマイペースな男性は、これに当てはまるかもしれません。

特徴3 群れるのが苦手

タイムリーな話題で盛り上がったり、グループ会話で流れに乗らないといけないような場面がそもそも苦手、という人もいて、LINE自体も連絡手段の1つとしか考えていません。ただ会話をする流れが苦手なので、何を返していいか分からない内容だと放置される可能性が高いです。

既読つけないで見なかったことにする男

ストレスなく返事をもらう方法

既読つけない男性に共通しているのは、既読にすると返さないといけないから既読をつけない、ということ。でも送った方としては、長時間放置されすぎると、無視されているんじゃないか、ちゃんと言いたいことは伝わっているのか、不安になりますよね。そこで、より返しやすいメッセージで未読放置率を下げましょう!

方法1 彼のペースに合わせる

返事が返ってきやすい時間帯があるのなら、その時間帯に合わせて連絡してみましょう。一度後回しにされてしまうと、向こうもどんどん「まだいいかな」と面倒くさくなるので、できればすぐに返ってくる時間帯に送るのがベスト。

避けたほうがいいタイミング

  • 仕事中、授業中など(人によっては昼休みもNG)
  • バタバタしている朝
  • 予定がある休日

夜、寝る少し前ぐらいは大抵の人は何もしていないと思いますが、人によりますので彼の返しやすいタイミングを探りましょう。

読んでくれそうなタイミングでLINEを送る女性

2 返ってくるまで次は送らない

気になって「読んだ?」などと送ってしまいたい気持ちは分かりますが、怒ったり急かしたりする相手には誰でも返信しずらいもの。ただでさえ後回しにしているような面倒くさがり屋ですから、さらに返す気が失せてしまいます。

返事しやすい雰囲気作りを

  • 返事の遅さは気にしない
  • スタンプ連投は内容が分からないうえに通知数が増えてさらに読む気が失せるので注意

いつ返してもいいから、気軽に返事ちょうだい!という雰囲気が伝われば、彼らが身構えることなく、より返事が返ってきやすくなります。

3 自分もやってみる

向こうから連絡が来たときに、同じことを彼にもやってみるといいかもしれません。急ぎの用事じゃないようなら、彼に放置された分だけあなたもやり返してみてはいかがですか?

彼が全く気にしていないようなら、LINEをそこまで大事な連絡手段としていないということが分かります。未読放置に対して何とも思っていないので、あなたも不安になる必要はあまりないということです。

同じ目線にならないと、相手がどんな気持ちかなかなか気づきにくいもの。もし、彼が不満そうなら、同じことをあなたもしてるよ、と気づかせるきっかけになります。

4 しばらく連絡せず、ある日急に連絡する

何もしなくても定期的に連絡が来るようだと、男性も安心してしまい、返事を怠りがちに。レスポンスが悪すぎるときは、しばらくこちらからは連絡せず、ふと思いついたように突然メッセージを送ってみましょう。

緩急をつけて連絡する

  • 連絡する期間を空ける
  • メッセージの内容も挨拶や近況報告などバリエーションを変える

彼の食いつきが良い話題が見つかるかもしれません。

5 彼から返事が来てもすぐには返さない

すぐに返事を返さない作戦の女性

やっと待っていた彼からの返信、すぐにチェックしたいのは分かりますが、向こうからすれば、やっと送った返信にあまりにも早く返事が返ってくると、急かされているような気分になってちょっと引いてしまいます。

向こうだって散々待たせたのですから、ここは一呼吸置き少し時間を置いてから落ち着いて返しましょう。もちろん、会話が続いた場合は波に乗ることを忘れずに!

神経質になりすぎないことが大事

面倒くさがり屋の彼に、一方的に怒ったり不安になったりしても疲れてしまうだけなので、彼はそういう人なんだと認めてあげることも大事です。人には向き不向きがあるように、まめに色んな人と常に連絡を取るのが得意な人もいれば、そうでない人もいます。

あなたと彼の関係性を築こう

未読放置されないためには、LINEでのやり取りだけじゃなく、普段の人間関係をしっかり築くことも大切です。

彼の中であなたの重要度が高くなれば、放置される確率も低くなるでしょう。

期待はほどほどに、長期戦を覚悟して

LINEを放置する男性に、急に「ちゃんと毎回チェックして!」とお願いしてもなかなかできるものではありません。彼らの面倒くさがりにある程度あなたが合わせてあげることも必要なのかもしれませんね。

そんな男性に出会ってしまったら、ゆっくり育てるつもりで付き合っていきましょう。
お互いが、なんで長時間既読つけないのか、なんですぐに返事が欲しいのかを理解し合える関係になるのがベストですし、 LINEの返信ぜったいもらったるで特集もチェックして、返事を返してもらう女になってくださいね♪

メニュー閉じる