金遣いが荒い女の男にモテない特徴ムダ使いしてしまう心理

金遣いの荒い女は、なぜが男性にモテません。恋愛とは無関係に思えるお金の使い方ですが、男性は案外シビアに女性を観察しています。金銭感覚がズレている・理解できない金遣いなどは、非モテの原因に。金遣いの荒い女の特徴や心理と、モテない理由をご紹介!

金遣いが荒い女の男にモテない特徴ムダ使いしてしまう心理

金遣いが荒い女が非モテな理由って?特徴や心理とモテない理由とは

金銭感覚やお金に対する価値観の違いは、恋人や夫婦にとって大きな問題になります。仲良くなり始めた時点で「この子お金遣い荒いな~」と少しでも感じたら、恋人にしたいとは思いませんよね?この気持ちは、女性も同じです。お金遣いの荒さは、恋人ではどうにか上手くいっても、結婚を上手くいかせるとなると、かなり高いハードルになります。

今回は金遣いが荒い女の特徴や心理を6つと、男性がなぜお金遣いの荒い女を嫌うのか?という理由に迫ってみましょう!

金遣いが荒い女の特徴や心理6つ

お金を無駄に使っている女性には、どんな特徴がありどんな心理が隠れているのでしょうか?大きなものを6つみてみましょう!

金遣いが荒い女の特徴1 コンビニに毎日通ってしまう

コンビニ店内で笑顔の女性

コンビニは売ってある商品は、スーパーやドラッグストトアに比べて割高です。同じ商品でも、ヒドいものでは100円単位で違うこともあります。それでも、スーパーに行くのが面倒という理由でコンビニを選んでしまう人は、すべてにおいて金遣いが荒い人が多いものです。

また、何も買うものがなくてもコンビニに寄ってしまう、コンビニ依存の女子も増えています。何となく入って、何となくコーヒーやスイーツを買って・・・そんなお金の使い方をする人は危険信号です!

金遣いが荒い女の行パ動ターン

  • お金を下ろすのも、手数料のかかるコンビニを選ぶ
  • コンビニで雑誌を買って、読まずに放置している
  • コンビニで買った飲み物は、大抵飲み干すことはなく残す

金遣いが荒い女の特徴2 ランチ代が毎日1000円以上

お洒落なカフェランチ

サラリーマンの男性のランチに掛ける金額は、だいたい500円前後と言われています。そんな中「美味しいから」「オシャレだから」「働いてる自分へのご褒美」などの理由で、1000円以上ランチに掛けてしまうのは、お金遣いの荒さゆえ。

収入に見合った額ならいいのですが、普通のOLさんなのにランチに高額をかけてしまう人は、他の面でも身分相応の買い物をできない傾向にあります。

金遣いが荒い女の行動パターン

  • 食事に行っても金額を見ない
  • 誘われたら先のことを気にせず食事に行ってしまう
  • 割り勘でも大目に出そうとしてしまう

金遣いが荒い女の特徴3 欲しい気持ちをコントロールできない

「欲しい!」と思ったモノがあっても、大抵の人はお財布と相談して、我慢することもしばしばあるでしょう。しかし、お金遣いの荒い女性は「欲しい」と思ったら、財布がムリと言ってもカードで買ってしまう程、感情をコントロールできません。

そして、買ってしまったはいいのですが、無理して買ったにも関わらず大切にしないのもお金遣いの荒い女性の特徴です。高額なものでも雑に扱ったり、すぐに飽きて違うものが欲しくってしまうのです。

金遣いが荒い女の行動パターン

  • カードの請求額が自分でもビックリすることが多々ある
  • 買い物に行くと使わないものまで買ってしまう
  • ネットショッピングが止まらなくなってしまうことがある

金遣いが荒い女の特徴4 趣味にお金をかけすぎてしまう

ゴルフをする女性

趣味にお金がかかってしまい、それを収入と見合わないのに続けてしまうのは、お金遣いの荒い人の特徴です。男性なら、車やゴルフなどがお金のかかる趣味の代表的なものですが、女性は海外旅行などがお金の必要な趣味でしょう。アクセサリーやファッションが趣味という人も多いので、お金はいくらあっても足りませんね。

金遣いが荒い女の行動パターン

  • 海外旅行で自分探しをずっと続けている
  • 流行りものの服や靴を集めるのが趣味で、毎年お金がかかる

金遣いが荒い女の特徴5 貯金がない

金遣いが荒い女は当然貯金がありません。よっぽど高収入か、恋人や夫の収入が良くなければ、個人の貯金は貯まりません。若いうちは貯金がなくても問題ないのですが、年齢が上がっていくにつれて、不安材料が大きくなってしまうので、晩年で少々大変な思いをする人も多いようです。

金遣いが荒い女の行動パターン

  • 通帳にいくら入っているのか把握していない
  • お金がないわけでもないのに、引き落とし口座に入金し忘れ督促状が届く
  • 銀行にあまり行かない

金遣いが荒い女の特徴6 ブランドが大好き

ショッピング手提げ袋をいくつも持った女性

金遣いが荒いと言えばブランド。ブランドモノを持っていると安心する・自己価値が上がると考えている人は、なかなかブランド地獄から抜け出せなくなってしまいます。高収入があり、そのブランドや商品を愛しているなら、購入するのは当然です。しかし、収入に見合っていない額のバックや服を買ってしまうのは、やはり金遣いの荒い女の特徴です。

金遣いが荒い女の行動パターン

  • 商品が好きで買うのではなく流行っているから(誰かが持っていたから)買う
  • ブランドモノはたくさん持っているが、一貫したスタイルがない
  • とりあえず流行っているものが欲しくなってしまう

「俺にはムリ!」金遣いが荒い女が非モテな理由5つ

金遣いの荒い女は、男性にかなり不人気です。確かに前項の特徴を見ていくとわかる気もしますが、男性は金遣いの荒い女のどんな所が苦手だと思うのでしょうか?詳しい理由を見てみましょう!

金遣いが荒い女がモテない理由1 結婚すると苦労すると目に見えている

これは、金遣いの荒さを感じたら誰しもが思う事でしょう。結婚で一番揉めるのはお金のことです。金銭感覚やお金に対する価値観の違いは、夫婦にとって大きなトラブルになりかねません。「自分には養っていけない」と感じるような金銭感覚の女性は、恋愛にも発展し辛くなってしまいます。

金遣いが荒い女がモテない理由2 金銭感覚が違いすぎて話が合わない

男性の傍で、将来の設計より旅行を主張する女性

お互いの金銭感覚が近ければ問題ありません。しかし、服やアクセサリーに月何万円もかけたり、貯金するより今を楽しみたいといったお金への感覚が、自分とはズレすぎていると、男性はその女性を彼女候補から外してしまいます。好き嫌いという感情の前に、相手を理解することや、楽しく会話するという時点で上手くいかないことが多いからです。

金遣いが荒い女がモテない理由3 プレゼントに苦労しそう

恋人と言えば、年に何回もやってくる記念日やイベントの数々。ただでさえ彼女へのプレゼントで悩む男子は多いのに、金遣いの荒い女性に対しては金額で悩むことが想像できます。一生懸命働いたお金を、記念日・誕生日・クリスマスと彼女へのプレゼントで使い果たしてしまうのは大変・・・そう感じた男性は、とてもその女性と付き合いたいとは思わないでしょう。

金遣いが荒い女がモテない理由4 他の面でも雑・ルーズそう

乱雑な室内で生活する女性

金遣いが荒いというのは、イコールお金にルーズとも言えます。お金にルーズな人は他の面においても、ルーズさやガサツさがある場合が多いので、その時点で付き合いたいとおもう男性は減るでしょう。時間にルーズ、約束にルーズなど、お金の使い方だけで、他の面までダメ女認定されてしまうこともあるんです!

金遣いが荒い女がモテない理由5 守ってあげたいと思えない

男性は、弱い女性に頼られて自尊心を強めます。自分が価値のある人間なのだと思えるのは、守る人ができてこそ。しかし、お金遣いが荒い女性に対しては「守りきれない」と感じ、彼女にしたいと思えなくなります。

自分が守ってあげたい、何か困ったことがあればサポートしたい、という男性の気持ちから、か弱い女性への愛情が生まれることが多いのに、それを思わせることができないのが非モテの大きな原因かもしれません。

金遣いの荒い女はお金も男も去ってしまう

お金を大切にしない人は、いつか底をついてしまうことは目に見えています。また、そんな女性に対して愛情を持てない男性も多いので、金遣いの荒さはお金も男性も手に入れられないという、悲しい事態になってしまうことも多いのです。

金遣いの荒い人は改善を!

「金遣いの荒い女の特徴」にいくつか該当してしまった人は、お金の使い方をもう一度見直して、有意義な使い方ができる女になりましょう。それがモテる女への近道です。日本人は、質素倹約が美徳とされて育っています。今でも根強くその傾向は残っているので、お金をジャンジャン使う女性より、一生懸命節約している女性の方がモテてしまうのです。
お金の使い方を見直して、お金からも男性からも愛される女を目指しましょう!

よし、お金のことを真剣に考えよう!と思ったあなたは、節約で貯金を増やすマネーテクニックを読んで、さっそくモテ女へ一歩前進しましょう。

メニュー閉じる