彼女が重い…ダーリンを救え!重量級な彼女が見直したい行動27つ

彼女が重い…、と思われる行動を紹介します。好きな気持ちが強すぎると、ついつい彼のことなら何でも知りたくなりますよね。でも、その行動は失恋に向かってドンドンと突き進んでいるかもしれません。彼氏に嫌われやすい重い女の特徴とは?

彼女が重い…ダーリンを救え!重量級な彼女が見直したい行動27つ

どんな行動が「重い」と思われるの?その問題行動27を紹介します!

お互いがいいなと思って付き合いだしたものの、男性と女性では考え方が違うもの。彼女が良かれと思ってしている行動が、彼氏にとっては重荷になる場合も多いのです。気がつかないうちに彼に迷惑をかけていて、いつの間にか心が離れてしまってはダメダメ!そんなやってはいけない問題行動27をこれから具体的に確認してみましょう。

1 おかまいなしに連絡する

重い女その1は彼の生活を考えない連絡魔

彼がどんなことをしているのか知りたくて「今何しているの?」としつこく連絡していませんか?彼のことが好きすぎるあまりの行動ですが、彼には彼の生活があります。度が越した連絡はかえって彼に嫌われてしまいますよ。

2  メールの返信や電話での折り返しが遅いと再び連絡する

彼にはメールや電話で彼女から連絡が入ったとしても、仕事に追われて折り返せないという諸事情は当然あるのです。そこを考えてあげずに、「彼からの連絡がなければ次なる行動はおかまいなしにまた次なる連絡をしてしまうと」‥その、履歴の数々の証拠が彼にとっては、重い女性だと彼に思わせてしまうのですよ。

3  彼女特権で彼のスマホを見てもよいと思っている

彼氏のスマホを盗み見る女性

彼のスマホには彼の個人データやプライバシーがたっぷり詰まっていますので、いくら大好きで付き合っている彼女と言えども、勝手に見たり使ったりしてほしくないものなのです。けれど、彼がトイレやお風呂に入っている時に勝手にスマホをいじってしまう事にためらいを覚えず、さらにその行為が彼にばれてしまっても「彼女には彼氏の浮気をチェックする権利があるので、スマホのチェックは当然だよ」と言い訳すれば、その自分勝手な言い訳は理解してもらえず重い女だと思われてもしかたがないのです。

4  人前でも常にベタベタしたがる

彼と手をつないでいたい、体に触れていたいのが彼女の気持ちです。でも男性は人前でベタベタするのはあまり好きではありません。いつでもどこでもスキンシップを取りたがる彼女に嫌気がさしてきます。彼としては誰かに見られたら恥ずかしい気持ちが強いのです。

5  愛情表現などの言葉がおおげさで重い

彼に重いと思われてしまう女性は、愛情表現など言葉がおおげさで彼に重い印象を与えていることもあります。

あなた

私は気がついたんだよ!

何に気がついたの?

あなた

あなたの存在が私に生きる意味と喜びをくれるの!あなたと出会えて初めて好きっ感情をリアルに味わえたし、言葉と感情とがつながらないことも知れたんだよ

(少しは嬉しいけど、おおげさで重いなあぁ‥)

歌やドラマや映画や小説などでは、おおげさな表現が用いられておりますが、面と向って真顔でそういう表現を言われた方は、その表現に現実味がなかったりもします。

6  よく泣いてしまう

すぐ泣く女

彼の前では弱いところも見せられるので、つい泣いてしまうことが多い彼女もいるのではないでしょうか。泣いている彼女って、彼氏からするととても重いです。たまになら「かわいいなあ」と思ってくれますが、何度も泣かれると「また、なぐさめなきゃならないのか」と面倒くさくなるのが彼の本音です。

7  連絡なしに「来ちゃった」と押しかける

どうしても彼に会いたいとき、こんな行動していませんか?

あなた(ピンポーン)

来ちゃった。

「来ちゃった♪」じゃない!連絡ぐらいしろ!

昨日も来ただろ。しかも夜中に来るなよ。

あなた

だって会いたかったんだもーん。

(アグレッシブすぎる…)

サプライズもいいですが、何度も行ったら迷惑でしかありません。ちゃんと相手のことも考えて行動しましょうね。

8 「他の女といたでしょ」としつこく聞く

噂好きのおばさんのように彼の行動をマークしてすぐに疑う女

彼の行動が気になりすぎて、学校の同級生や職場の同僚の女子といるのも許せずに浮気を疑ってしつこく聞いていませんか?クラスメートや仕事仲間の女子と離れろというのは無理な話ですし、彼から「そのぐらい気にするなよ」とあきれられてしまいますよ。

9  カーナビの履歴をチェックする

ドライブデートの時に彼が運転席から離れコンビニやサービスエリアに向かったらすかさずに、彼のカーナビの履歴をチェックしてそのデータから彼の運転状況を把握するのは、彼のプライバシーを無視した監視行動ですよ。バレたらケンカの原因にもなります!

10 「私の事好き?」、「じゃあ具体的にどこが?」としつこく聞く

彼に「好き」と言葉で言ってもらわないと安心できなくて、さらにその言葉を聞くだけでも安心できなくて「具体的にどういうところが好きなのか?」その理由も聞かなければ安心できない女性は、そのやりとりを頻繁にされると彼としては重いなぁ~と思ってしまいます。男性としては、「好きだから今一緒にいるのに‥」と思ってしまいます!

11 「私と友達どっちが大事なの?」と事あるごとにきく

彼氏のスマホを横目で見ながら、また友達からと思う女性

彼が男友達と遊ぶという事があるたびに「私と友達どっちが大事なの?」と自分に優位な質問設定をして、彼が「もちろんお前だよ」言えば「じゃあ私と一緒にいてよ!」とお決まりの展開になるのです。「どっちも大事だよ」とか「比べるべき対象自体が間違っている」と、正論を彼が述べても納得しない彼女に対して、彼は重いなぁ~と感じております。

12  案内されたお店にいちいち「前は誰とこの店に来たの?」と聞く

彼に初めて連れてきてもらって案内されたお店でこんな質問をしていませんか?

あなた

うゎ~初めて入るけど素敵なお店だねぇ~連れて来てくれてありがとう!

君が気に入ってくれて良かったよ。この店は料理も美味しいんだよ。

あなた

ふぅ~ん‥。このお店には、私と来る前には、誰と来たのか教えてくれない

この店はね‥ほら!先月結婚した会社の同僚の結婚式に2次会できたんだよ‥

彼が連れて行ってくれたお店にいちいちそういう質問をしていたら、彼はそういう質問ばかりをする女性を重く感じてしまい、次なるデートの場所に誘いづらくなるのです。

13  自分の願望が叶わないと強い言葉でおどしてくる

「今日はどうしてもあなたに逢いたい。もし逢ってくれなかったら私はどうなるかはわらない…じゃあさようなら」と、彼が仕事で忙しくて逢えなという現状なのに、「自分の逢いたいという願望」を叶えるために強い言葉で彼をおどしていると、そういう彼女は情緒不安定なので重さを感じるともに不信感も覚えます、心配して彼女のそばに駆け寄っての繰り返しなので、そういう方法に嫌気がさして彼女を好きな気持ちもなくなってしまいます。

14  付き合ってからすぐに結婚の話題が中心になる

ウェディングドレスの女性が男性に縄をかけて引っ張っている

彼だって好きな女性と交際するからには結婚を少なからずは意識しております。けれど、それは交際中にお互いの相性や愛を深め合ってから結婚を強く意識するものなのに、交際してからすぐに結婚の話題が中心になってしまうと、交際して愛を深めていくには重い女性だと思われてしまいます。

15 「いいパパになりそうだね!」とプレッシャーをかける

彼としては、恋愛関係を深めていく中で結婚を意識してその後に出来れば子どもが欲しいという青写真を描いているのに、彼氏としてではなくて「いいパパのイメージ」も彼女には求められている気がして、そのプレッシャーの分だけ重く感じてしまう。

16  彼の両親にお歳暮やお中元を贈って気に入られようとする

彼の許可なく勝手に彼の実家にお歳暮やお中元を贈って、両親から気に入られようとするのは、彼にとっては好ましくはない行為ですしそういうことする人は重い女性なのです。

彼の「自分のタイミングで両親に彼女を紹介したい!」という気持ちを踏みにじっているし、両親を「利用して」そして「介して」結婚を意識させようというあざとさが見受けられて納得はしにくい行動なのです。

17  交際して間もないのに「親に逢わせたい!」と言う

仮にあなたの両親が、フレンドリーであって厳格な人間ではなくとも彼氏にとっては彼女の両親に逢うということは「結婚をどうしても意識してしまう」ので、それも交際して間もない時期だと余計重さを感じてしまいます。今度の恋愛関係で愛を深めていきたいのに…何か窮屈な気持ちになってしまいます。

18  彼が求めていないのに部屋を勝手に掃除する

汚れた部屋の中でむせる女性

彼の部屋が散らかっているからといって彼の許可なく部屋を掃除するのは、いくら彼女という大事な存在でも、自分の部屋の中には彼女に知られてくはない秘密のモノがあったりするものなの快く思わない彼もおります。そういう、一連の配慮をせずに自分のパーソナルな空間を乱す彼女は重い女性だと認識されることは多々あります。

19  彼の部屋に自分の私物をわざと置き忘れる

彼の部屋に行った後に一度目くらいは、彼女の私物が部屋に置き忘れていたら「おっちょこちょいなんだな」とかわいげがあります。けれど、それが何度も続いたり女性しか使用しない私物を置き忘れていたら、そこには「意図的にわざと置き忘れたという女性の考え」が見え隠れしていて、そういう言葉以外でも浮気を疑うプレッシャーが重みとなるのです

20  彼の食事のバランスをチェックする癖がある

彼が何らかの「スポーツのプロ選手」であったり「社会人チームに所属」していたり、「今後プロを目指しているスポーツマン」ならば、食事のバランスに彼女が配慮してあげることは、彼にとっては嬉しいことです!

けれど、そうではない男性達にとってはいくら自分の健康を心配しているからといって、自分の食事をチェックされていては有難迷惑な気持ちが勝ってしまうのです。「好きなモノを食べることで、日々のストレスが解消できるのに‥それを邪魔しないでほしい」と思う男性も中にはいるでしょう。

21  彼のお金の使い方をチェックしてしまう

結婚をしているならば、彼のお金の使い方は言える権利はあろうかと思います。けれど、まだ結婚をしていないならば、「独身の時くらいは大目にみてよ!」という感覚でいるのです!だから、あまりにも彼のお金の使い方にうるさくしていれば、「結婚をしたらもっとお金にシビアになるのかなぁ…」と思わせてしまいます。

22 「私の事を中心にして生活してよ」と求める

「私はあなたの事を中心に生活をしているのだから、あなたもそうしてよ」と彼に求めてみても、職場や友人との男性特有の人間関係を維持するためにはその求めには応じることは難しかったりするのです。だから、過度にそういう要求を求められても、重たく感じてしまうのです。

23  デート中にあくびや眠そうにしていただけで怒る

デート中に眠むそうな彼に怒る女性

デートの前日に夜まで仕事をして頑張った理由があるのに、デートの当日に彼女の前であくびや眠そうにしていただけで「私とのデートはそんなに退屈なわけと!」怒ってしまう女性には、理不尽さを覚えるとともに彼女の前では自分を着飾らなければいけない不自由さがあるので、一緒に過ごすことに重さを感じてしまいます。

24  彼にやたら手作りのプレゼントを渡してしまう

手編みのマフラーなど、彼女から初めて手作りのプレゼントを受け取ると彼としては嬉しいものです!けれど、その行為がエスカレートしていき二人の記念日などのプレゼントがやたら手作りばかりだと受け取る側の、彼としては徐々に重くなっていくのです。

25  彼と自分との恋愛関係を維持するためのルールを作りたがる

「彼が自分以外の女性とどこまでのラインを越えたら浮気」かなどの二人の恋愛関係を、維持するために守るべきルールがどんどんと増えていったら、彼はそんな女性との恋愛に不自由さと重みを感じてしまいます。

26  彼の事をとにかくいっぱい知りたくて調べてしまう

好きなったらその相手の事をもっと知りたくなって、付き合ってからも彼の事をもっと知りたくなるのは仕方のないことです。けれど、その行動に自制が利かなくなってエスカレートしてきたら‥彼にとっては重くなってしまうのです。

例えば、彼の友人や会社の同僚に彼の過去や彼の日常を聞いたり、彼のSNSの履歴を全てチェックして内容を事細かく覚えたりしたら彼にとっては度を越えていると思われても仕方がないのです!

27  ネットに彼とのおのろけ話やツーショット写真を載せてしまう

ノートパソコンを見て微笑む女性

彼との幸せな日々のおのろけ話やツーショット写真をSNSなどに投稿して、他のユーザーからも祝福されて嬉しい気持ちになりたいからといって、彼の許可なくネットにそれらを投稿してしまえば、その情報は彼にとって自分達の恋愛を知られたくもない人たちにも知られてしまう恐れがあるのです。ですので、不快感が高まるとともに信頼感と愛情が弱まっていきやすいのです。

「重い女」にならないために守るべき11のマナーに気をつけよう!

「自分の行動が彼に迷惑だったかも」と思ったあなたも、彼にいつまでも好きでいてもらえるように「脱!重い女」を目指しましょう。どんなことを心がけたらいいでしょうか?

そのために守るべき11のマナーをこれから紹介しますので、日頃自分の体重を体重計で
チェックするみたいに、彼に対して重い女になっていないかが気になったら再度このマナーを思い出してください!

1  自立した女性を目指す

「常に彼と一緒じゃなきゃダメ!」という彼女では、彼も疲れてしまいます。ある程度は自分一人でも大丈夫という面も見せることで、彼も彼女を人間的に尊重するようになります。恋愛関係でも尊敬できる面がある人とは長続きしますよ。

2  彼一人の時間も大事にする

愛する彼にも休息を

好きな彼とはずっと二人でいたいですね。でも彼にも自分の時間が必要ですから、趣味の時間などを尊重してあげましょう。彼も自分のことを分かってくれる彼女のことを、さらに大事にするようになります。それに離れている時間があるからこそ、次に会ったときに新鮮な気持ちで会えるメリットもあります。

3  自分が一人の時間も大事にする

好きな彼とずっと二人でいるためには、彼一人の時間を大事にするだけでなく自分の時間も大事にしてあげましょう。自分が一人の時には「趣味」や「自分磨き」に専念して自分の時間を大切にしている方が、自分の時間は彼に費やすという不自由さでいるよりも彼にとっては、再会した時には生き生きとして輝いている素敵な女性に見えてしまうのです!

4  女友達とも定期的に遊ぶ

定期的に女友達と遊んでお互いの恋愛を語り合って、自分の恋愛を冷静に客観的にみたり、友達の恋愛と自分の恋愛を比較することで、「彼にしている自分の行動は重いかもしれない」と自分で思えたら自分でその行動をやめることができるのです。

5  仕事や勉強に今よりも目的を持つ

重い女性になりやすい人は、仕事や勉強に目的意識が希薄な為に情熱が恋愛にばかり偏ってしまいその情熱のぶんだけ重い女性になりやすいのです。ですから、その恋愛にばかり偏る情熱を仕事や勉強に今よりも目的をもって注いでいけばよいのです!

6  新しい趣味や勉強を始める

文化教室で勉強する

恋愛にばかり自分の時間を、費やしてしまう重い女性の趣味は「彼氏と過ごすこと」「彼氏を束縛・監視すること」、好きな勉強は「それらの趣味を実現させるための方法を考える」ことです。そういう、恋愛モードなのでどんどんと重くなってしまうのです。なので、そこから脱却するためには、新しい趣味や勉強を始めて新鮮な気持ちと楽しみをもてば恋愛にばかり時間を費やさないのです!

7  考え過ぎだと思ったら感情をリセットする

重い女性になりやすい人は、そもそも一人の時には「何か」を考え過ぎてしまう思考の癖があるのです!しかも、ネガティブ内容ばかりをエスカレートさせてしまうのです。

ですので、自分は考え過ぎだと気がついて、そうなったら映画を観たりTVを観たりやヨガをしたり観葉植物の世話をするなどして、別な感情になってください!そうすれば、彼を思うネガティブな感情の暴走と重いと思われる行動が抑制されるのです。

8  自分の気持ちばかりを彼に押し付けない

叫ぶ女性

自分の「寂しい」「不安で仕方のない」「彼が自分の思い通りになって欲しい」気持ちを彼に思いのたけのまま打ち明けて行動するから、彼にとっては重く受け取られてしまうのです。彼には、そういう一方的なあなたの気持ちと行動を重たいと思う気持ちがあるのでそこを想像できなければいけないのです。

9  結婚を無理やり意識させ過ぎない

恋人同士ならば、愛が深まったら「この人だって!」って結婚したい気持ちが自然と芽生えることは当然あるのです。けれど、その結婚したい気持ちを無理やり自分に起こさせようとする女性に対しては、彼は違和感を感じてしまうのです。ですので、結婚を無理やり意識させる行動は極力控えた方がよいのです。

10 「待った」後の楽しみを思う

メールや電話で彼に連絡をしても、返信や電話にでてくれないから不安になってまた何度も何度も連絡をするから重い女と思われてしまうのです。また、彼には都合があって逢えないのに、しつこく催促をして逢おうとするから重い女になるのです。

そういう心境の時には、「待っている間の寂しい感情を加わるからこそ」彼からメールがきたら嬉しくて、彼とやっと逢えた時にはとにかく彼が素敵にキラキラ見えたりするのです!無理やり、逢うことを強制したらそういう感情はお互いに生まれません。

11  根拠なんていらない自分に自信を持とう

自分に自信がないから一人の時には、想像がネガティブになってしまい彼の浮気を心配してしまうのです。浮気を心配するあまりに、彼を束縛しすぎたり離れていても監視の目を光らせてしまうのです!

そういう、心境にはならずに行動をしない為には自分は愛されるべき女性なのだから大丈夫だと自信を持ちましょう。「不安の根拠は何ですか?」もしないならば、自信だって根拠なく持ってもよいのです!彼が愛して結ばれたあなたなのですそこに信頼と自信をもちましょう。

「重い女」にならないためのルールを守り問題行動を控えれば

重い女性と「世間にそう言われ」、「彼にもそう思わせて」しまう大別すると女性は、

  • 愛情感情にストレートで愛が深くて彼の為に献身的
  • 心配症で自分に自信がなくて彼を束縛する
  • 結婚願望が強すぎて、その思いが恋愛中に暴走する

です。そのどれか、あるいは全部に対して願望が強まり不安が膨れ上がり好きな思いが積みなった結果、あなたの感情が重くなってしまいそんな感情が肥大化したあなたと向き合えば、彼は当然に重く感じてしまうのです。

そうならないためには「重い女」と思われないために控えるべき27の問題行動を避けて、
重い女にならないために守るべき11のルールを守っていれば、あなたは彼にとってこの上ないくらいの最高の彼女であり、最高の奥様となっていけるのです!

メニュー閉じる