彼女のやきもちが鬱陶しい!正直ゲンナリな男の本音5つ

彼女のやきもちでも「可愛いもの」と「ウザいもの」の2種類があります。世の中の彼氏は一体どんなジェラシーにイラッと来るのでしょうか?正直言って別れたくもなる彼女のウザいやきもちを紹介します!

彼女のやきもちが鬱陶しい!正直ゲンナリな男の本音5つ

男がマジ勘弁して!鬱陶し過ぎる彼女のやきもち

「やきもちは愛情の裏返し」とよくいわれますが、それも限度を超えてしまうと、上手に受け止めることができない不快なものになってしまいます。わかっていてもつい、やきもちを焼いてしまう女性に、男が思うウザい彼女のやきもちを5つご紹介します。

1 彼氏のスマホや携帯を勝手に見る

いつも肌身離さず持ち歩いているスマホだけに、他人に勝手に触られるというのは、たとえ心を許した彼女であっても、違和感たっぷりなのです。「何か不信なものを見つけてやろう」という彼女のネガティブな感情もプラスされると、やましいことがなくても不快でたまりません。

彼のスマホ相手が気になるヤキモチ彼女

やきもち彼女への男の本音

別にやましいことはないけど、勝手にスマホを触らないでほしい。

2 彼氏に対するやってはいけないルールが多すぎる

やきもちのあまりルールが多すぎる女性

男は「これをやったらダメ」と言われただけで息苦しくなるものです。自分でも気付かず禁止令を破っていそうで、とにかく神経質になってしまいます。そんな調子では、いずれ必ず疲れ果ててしまうでしょう。

~彼女が作ったルールの例~

  • あたし以外の女と会話するな
  • 女のいる飲み会には行くな(会社のおばさんもダメ)
  • 門限は21時だ!(父親目線)

3 浮気の妄想ストーリーを作って一人で怒る

ありもしない女性との浮気ストーリーを勝手に作り上げて「図星でしょう?」と詰め寄ってくる姿にいつもの彼女のかわいい面影はなく、ホラー映画に出てくる怖~いバケモノに見えてくるんですよね…。小説家としての能力は認めますが、思い込みはやめて欲しいです。

妄想ストーリーで彼氏を追い詰める彼女

やきもち彼女への男の本音

妄想に浸かりすぎて、現実と妄想の区別がつかなくなってしまうのはやめて!

4 卑屈になり過ぎて深い森に迷い込んでしまう

彼女の自信が持てない気持ちを全力でこっちにぶつけてこられても困るのです。「そんなことない」「スタイルなんてどうでも良い」と本当の気持ちで励ましても、彼女はどんどん卑屈の深い森に全速力で走って行ってしまいます。収集がつかないまま時間は過ぎて、なかなか楽しい話ができません。

卑屈になりすぎてネガティブワールドに行ってしまった彼女

やきもち彼女への男の本音

「どうせアタシは・・・」「◯◯ちゃんの方が・・・」の口癖、まずそれやめよ?

5 わざとヤキモチを妬かせようとする

こちらの気持ちを確かめたいのか、彼女自身が先にどこかでやきもちを妬いたリベンジを狙っているのかわかりませんが、露骨にやきもちを妬かせようとする行動や言動には嫌気がさします。

芸能人がカッコイイとか、わざわざ男友達の話に夢中になったり。彼女とは向き合って話したいことが他にもたくさんあるのに、様々な角度から「やきもちを妬かせてやろう」とイジワルな顔で遠回しな攻撃をしてくるのがわかると「せっかくの2人の時間なのに」と残念に思うのです。

わざと彼氏を嫉妬させるやきもち彼女

やきもち彼女への男の本音

賢く策略を立てているつもりでも、男にはみえみえなのです。

前向きなやきもちだとかわいさ倍増なのに…!

限度を超えると嫌なのですが、やきもちを妬かれて嬉しいキモチになるのも正直な男心です。彼女のやきもちの表現の仕方が「もっと一緒にいたいな」とか「髪型を変えてみたよ」とかネガティブじゃなく前向きなものだと、いつもよりさらにかわいく見えるのにもったいないな〜と男としては思ってしまうのでありました…。

ラブラブカップルの特徴特集もチェックして、長続きするカップルを目指してくださいね。

メニュー閉じる