男ウケメイクのリアル!日本中のメンズを震撼させた女の化粧事情

男ウケメイクってどんな感じに仕上げればいいのか分かりませんよね。たくさんの女性が悩み、自分が思う最高のメイクで彼に会いに行ったハズ。彼もその時は何も言わなかったけど実はこんなことを思っていたかも!

男ウケメイクのリアル!日本中のメンズを震撼させた女の化粧事情

女子禁制!男ウケメイクにまつわるメンズたちの本音

おフェロメイクに二日酔いメイク。世の中にはいろんなメイク技術が次々に出回ってきますが、本当に男ウケが良いメイクってどんなメイクなの?と、思っていやぁしませんか?

世の男性が女性の化粧に求めているのは何なのか。はたまた、コレ絶対やめたほうがいい!って思っているメイクはどんなものなのか。そこらへんの男心のリアルを聞いて見ましたよ!化粧の迷宮で迷子になっているそこの子羊ちゃんたち。耳の穴かっぽじってよーくお聞きくださいマセ。

恋メイクは濃いメイク?

ちまたで話題の恋メイク。恋に効く赤リップでしょー、濃い目のピンクアイシャドウでしょー。あとあと…マスカラに~チークに~ファンデはあーでこーで…って塗りたくってたら、ただの「濃いメイク」になっていた…そんなのって悲しすぎます。

体験談

ラメやまつ毛のやり過ぎは却って見栄えが悪くなる。

ゆうぽん(30歳)のお話

30歳の時に付き合っていた彼女は背が170近くあり、スタイルが良かったのですが目が細いのを気にしてか、目の下にキラキラとしたラメメイクを施していました。彼女の顔を見ると眩しいくらいにたっぷりとラメを付けていて正直こんなに付けなくても良いのになぁと感じていました。それと細い目をパッチリさせようとまつ毛エクステをしていましたが、付け毛の量も多くまつ毛が異様に目立つのです。自分のコンプレックスを目立たないようにしたかったのでしょうが、却って彼女の見栄えが悪くなっている感じでした。オシャレに決めたい気持ちは分かるのですが、化粧や付け毛はなるべく目立たないようナチュラルメイクを磨いて欲しかったなと思います。

体験談

化粧一つで・・・

じゅん(20代前半)のお話

人それぞれ化粧の好き嫌いはありますがやはり自分は濃すぎない化粧あるいはスッピンが好きです。理由は色々ありますがギァップがありあすぎるのと化粧が濃いいのは「怖い」のです。男性にモテたいからと言って無理に自分の顔を印象づけたとしても意味ないしモテません。
20代の前半男性からモテようとして普段より化粧を濃くしている友人がいまして。なんとか自分に振り向かせようとしましたが向いてもらえず・・・理由を聞きましたら化粧濃いい奴は「無理なんやわ」というてましてこれで濃いい奴はモテないし人から嫌われやすいなと思いました。

体験談

やたらと濃い赤い口紅

たまさん(30歳)のお話

濃い口紅はもうあまり誰も塗ってなかった頃の話です。その時の合コン的なものでそういう濃い口紅の方と出会いました。これは単なる私の偏見なのかもしれませんが、濃い口紅は多少は顔が派手かはっきりした顔立ちの人が似合うのであって、典型的なのっぺりした日本人がやると唇ばかりが前に出ている様に見えてしまってるなーと思ってしまいます。私が見た女性は赤い口紅で気分が乗っているのかやたらと挑発的な目線で我々を見てきましたが、我々は恥ずかしさというより何だか怖くなって目線を反らしてました。

塗りゃあ良いってモンじゃないのよね…

男ウケ悪い濃すぎるメイク

すっぴん派・アンチすっぴん派

男性に絶大なる人気を誇る「すっぴん」もしくは「すっぴん風」の「ナチュラルメイク」しかーし、厚化粧に慣れきった女性たちにとって、彼氏や好きな男性に素顔を見せるなんざ「DEAD OR ALIVE」まさに生きるか死ぬかの一番勝負なのであります!

体験談

イメージ一新も評価は下がる

amant(20代後半)のお話

私個人の趣向としては「極力ナチュラルメイク」もしくは「すっぴん」が好きです。同じような感覚の男性は多いと認識していますが、それとは反対に女性のメイク(特に若い女性)は派手さや奇をてらったものがどんどん登場しています。正直な感想を言えば、「なんて無駄な努力をしているのだろう」と言う感じです。確かに、化粧で見た目が随分と変わるかもしれませんが、その見た目で男性に気に入られても素顔が明らかに違っていれば余計なショックを与えてしまうことになると思います。「すっぴんがキレイ」と言う女性が一番素敵だと思います。

体験談

普段の盛りメイクから自称すっぴんメイクのたまらないギャップ

ひつじ(20)のお話

当時交際していた彼女は盛りギャルでした。特にベースのメイクとアイメイクにこだわっていたのか、毛穴が見えないほどの厚塗り、つけまつげやカラコンはもちろんアイシャドウの色も明るい感じでした。いまどきの子という感じで好みではありましたが、目を閉じたときが不自然ですし、オウムのようでそこは好ましくはなかったです。
ある日彼女の家に行き化粧落としてくると言われて、すっぴんではなくすっぴん風メイクをして現れました。目元はベージュのアイシャドウに、ほんのりピンクのチーク、グロスでプルプルの唇。普段のギャップに驚く以前に、可愛さにやられました。あかちゃんのようなあどけないメイクがポイントなんでしょうか。女性はメイクをガッツリすればいいものじゃないんだと驚いたのと同時に、本質の彼女の顔がわかり愛おしくなりました。それ以来、女子のすっぴん風あかちゃんメイクにはぐっときます。

体験談

すっぴんも良いけど…。

はなお(30歳)のお話

よくお化粧が薄い子が良いとか、すっぴんが可愛いと言われますが、ほとんどの女の子が勘違いしてしまうので辞めた方がいいと思います。僕の奥さんも付き合った当初から薄化粧派?で「かわいい」と褒めていましたが、結婚と出産が終わるとほぼノーメークになりました。せめてマスカラとチーク位はして欲しいです。最近芸能人がしている変なチーク(殴られチーク?]はいかがなものかと思いますが。理想としては太めの眉毛でマスカラとチークが可愛いと思います。

塗らなきゃ良いってモンでもないのよね…

ギャップにやられました。

いい意味でもギャップ、悪い意味でもギャップ。どっちに転ぶかはあなたのさじ加減ひとつなのです。

体験談

あなただれ

あきひろ(34)のお話

付き合ってるときは、それほど化粧が濃いとは思っていませんでした。お付き合いも進み、飲み会の流れでお泊りに。彼女がお風呂に入って出てきたのですが・・。人が変わってました。私も若かったせいもあります。確かにそれほど濃いということはないのですが、眉毛、まつ毛、アイシャドー、目の周りが変わるとほんと人が変わったようになります。やはり、私はナチュラルメイクが好きです。彼女とはそのせいではありませんが別れてしまいました。

体験談

メークにのまれないで

あの頃(20代前半)のお話

学生時代の話になりますが、当時居酒屋でアルバイトをしていました。そのバイト先に同時期に入った女の子とすごく気が合い、その流れからデートすることになりました。基本に忠実にと言いますか、待ち合わせ場所に少し早めに着いて待っていたのですが、「待った?」という声のする方向を向いた瞬間ハッとしました。店で見る派手めなメイクとはうって変わり落ち着いたメークですごく彼女の雰囲気に馴染んでいたのです。話を聞くとバイト先の居酒屋がすごく活気があり、面接時に見た周りの子達がバッチリメイクだったので呑まれないように派手にしていたそうです。私が思うに男は濃いメークが嫌い、化粧っ気がないから暗い印象というわけではなく、その女性に合った自然なメークに好感を持つのではないかと思います。メークが雰囲気に合っているとその女性は客観的に自分を見れる大人の女性という印象まで男に感じさせる事が出来るかもしれませんね。

体験談

化粧とっても好きになれたら本物

バルサン(20代後半)のお話

濃すぎる化粧は引きますよね。もちろんしなくてもいい女性なんてそんなにいるとは思いませんけど、化粧とってびっくりなんてのはやっぱりありますね。別人ですもんね。でも、そんな状態を見れたら逆にほんとに気を許してくれているんだなーって気になります。そこからですよね。ほんとにこいつとなら一緒になってもいいんかなーと思うのは。いつも自分より朝早くおきてしっかりメイクしていた彼女が何かの拍子で自分の隣で後まで寝ていて素の表情を見たときいつまでも一緒にいたいと思いました。それが今の嫁さんです。

「そいつが今の嫁さんです」言われてみてえもんだ~!

TPOをわきまえて…

「何事も時と場合に応じて」といいますが、最低限のマナーを守れる女性でないと、いくらお化粧でキレイにしていてもダメらしいですね。

体験談

TPOにあわせた化粧の調節ができるのはウケがいい

カンボ(20代前半)のお話

化粧の濃さ。いつも目がいってしまいます。濃いのも、薄いのも好きですが場所にあっていない化粧の濃さは引いてしまいます。特に濃い化粧をするのは機会が限られると私は思っています。夜のデート、しかも雰囲気のいいレストランなどは濃い化粧をしてきてくれるとうれしいです。ムードをとても大事にするときに濃い顔立ちがムードを引き立てます。そして周囲からの見栄えも良くなります。逆に公園などでお昼デートするときなどは薄いナチェラルな化粧がいいです。自然と同化するイメージです。夜に薄い化粧、昼に濃い化粧はイメージが良くないです。

体験談

トレイントレイン

なみはな(20)のお話

私は大学の頃毎日電車通学していたのだが、朝7時過ぎ満員電車に乗ってると女子高生が電車の揺れの中、片手に手鏡片手に口紅を持ち化粧していた。普通にすげぇなぁと思いながら見ていたら思いっきり睨まれた。私はビビって目をそらした。その直後変な声が聞こえて来たので声の方を見たら女子高生が口の中に口紅を突っ込んでいた。私は心の中でザマァミロと呟いた。周りの人も唖然としながら彼女を見ていた。すると彼女は見るな!と絶叫しながら停車した駅で慌てて降りた。慌てていたんだろう。電車の中には手鏡が転がっていた。

み~た~な~!!!

メイクの意味を再認識

「メイクってなんの意味があるんだろ…?」そんな哲学めいた考えが浮かんだら、思い出してほしいありがたいお便りが届いております。

体験談

顔の薄い彼女

ひろただ(18歳)のお話

お付き合いしていた女性が顔立ちが薄いことを気にしていました。しかし顔のパーツは整っていて惜しい人でした。そんな彼女がはじめて化粧をしてデートに来てくれたときはときめきました。いわゆるナチュラルメイクでアイラインを薄く引いて淡い色の口紅をつけただけの化粧でしたが、顔が薄いのでとても見映えしました。まさに素材をうまく生かしているなあと感じました。世の中には様々なメイクがありますが、メイクは女性の良い部分を際立たせるもので厚化粧で顔を隠すためのものではないとつくづく感じた。

結局、彼女は可愛かったってことなんじゃないのー?

「男ウケメイク」わかりましたか?

男ウケするメイクの何たるか、また男ウケの悪いメイクのなんたるかがわかれば、「彼氏が喜んでくれるメイク?」や、「好きな人が可愛いと思ってくれるメイク?」なんかも自由自在にできるようになるかもしれませんね。男ウケが悪い女にならないよう、勘違い女の特徴まとめもよく読んで、肝心なのは相手を思う心意気!という感じで結びの言葉とさせていただきましょう!

メニュー閉じる