キョロ充とは呼ばれたくない!大学デビューを失敗しない秘訣4つ

キョロ充とはいったいどんな人のことを言うのでしょうか?イケてると思っているのは自分だけの痛い子ちゃんにならぬよう、キョロ充の特徴&キョロ充にならないためのコツを紹介します!

キョロ充とは呼ばれたくない!大学デビューを失敗しない秘訣4つ

大学生なら誰もが避けたい痛いキャラ!キョロ充とは?

この春、大学生活の第一歩を踏み出すという女子のみなさん!勉強も恋も頑張って「リア充な4年間にしよう!」なんて意気込みすぎていると、キャンパスライフの思わぬ落とし穴に転がり落ちてしまうかもしれません。
新しい人間関係の中で頑張りすぎてしまった結果、周囲から「キョロ充」の烙印を押されてしまったらさぁ大変!一度、キョロ充が確定されると「リア充になれない痛いキャラ」として4年間を過ごすハメに

本当にリア充な4年間を過ごすためには、周囲からキョロ充の認定を受けないことがポイント。ここで紹介する「代表的なキョロ充の特徴」と「キョロ充と呼ばれないためのコツ」を参考にして、素敵なキャンパスライフをスタートしましょう。

汚名返上はかなり困難…「キョロ充」女子の特徴

両手を広げ首をかしげる女性

キョロ充とは、常にキョロキョロと周りに視線を配り、自分の居場所を探していることから付けられた名前。リア充グループに属してはいるものの本人はリア充でないので、少々イタいキャラとして見られているようです。主な特徴をまとめるとこんな感じになります。

  • 教室や食堂に入ったら、とりあえず顔見知りや知り合いを探す
  • 自分を高めてくれそうなリア充集団に金魚のフンのようにくっついている
  • 一人で食事することを恥だと思っている
  • 仲良くなりたい人の趣味や好みにとことん合わせる
  • リア充のコミュニティに属することで学生生活が充実していると錯覚している

このような特徴からキョロ充は、何とかしてリア充グループにしがみついている人と見られることが多いようです。

頑張りすぎに注意!キョロ充にならないために守るべき4ヶ条

自分では周囲に溶け込もうと努力しているだけなのに、「あの子ってキョロ充だよね」と陰口を叩かれて…。そんな残念な結果にならないためには、どんなことに注意すればいいのでしょう。ここでは、キョロ充という痛いレッテルを貼られないため4つの注意点をお教えします。

1 一人は恥ずかしいことではないと自分に言い聞かせる

友達同士でくっつく女性

心配性のキョロ充さんは、一人で食事をしていて「友達がいない可哀想な子」と思われたらどうしよう!と気にするあまりに、常に金魚のフンのように誰かにくっついてしまいます。でも、大学生ともなれば立派な大人。食堂や教室でたとえ一人であっても堂々としていることだって大切です。

「とりあえず一緒にいる」だけの表面的な仲間とつるんでいると、信頼や尊敬が得られないので、周囲から軽い扱いをされるようになります。

めざせリア充への道!

リア充の人は、単独行動していても周囲にリア充と認められています。

2 無理をせず自然体で過ごす

人は誰でも周りから注目されたい生き物です。特に、リア充に憧れる女子は「あの子ってイケてるよね」と思われたくて、ついつい無理をしてしまいがち。でも、リア充に見られるために注目を集めようとしても、化けの皮は簡単にはがれてしまいます。

周りから注目されている人には、特別な能力や人を惹きつける魅力などの理由があるのです。派手な格好をしたり、人の注意をひくような行動をしたりして目立とうとしても、周囲からは「ただのウザい人」として見られてしまいます。

めざせリア充への道!

勉強でもサークルでも人の注目を集めるためには陰の努力が必要です。

体験談

自分が楽しいと思えることに熱中する

ちょころ(24歳)のお話

学生時代いつも周りの子と自分を比べてばかりいて自信がありませんでした。ある日、ダンスに出会って、体験のつもりで参加してみると楽しくて夢中になっていました。すると周りを気にするより、自分が楽しいと思えることに時間を使ったほうがいいと思えました。ダンスを頑張っていると新しい友達もでき、彼氏もできました。新しい環境は、新しい価値観や知らなかった感動を体験できる場でした。自分らしくいれる場所も見つかって今はとても毎日が楽しいです。だから、悩んでいる子は自分が熱中できる楽しいことを見つけて欲しいと思います!

3 人のマネをせず自分らしさを大切にする

自分が属しているリア充グループのメンバーみたいに「イケてる女の子」に見られたくて、彼女たちのファッションや口調を完コピしていませんか?他人に合わせてばかりいると、自己主張とか自分らしさがなくなって、中身のない人間だと思われてしまうのでご注意下さい。

「○○って店の服かわいいよね」「このお菓子おいしいよ」など、些細な情報でも自分から発信することで自分らしさを保ちましょう。周囲も次第にあなたの発言に耳を傾けるようになるはずです。

めざせリア充への道!

普段から雑誌や映画を観るなどして、自分発信するための情報収集を心がけましょう

体験談

自分にあった友達を見つける

ヤンシー(32歳)のお話

自分にあった友達を見つけるということだと思います。これが難しいことだと思うのですが、まず自分のしたいサークルに入るなど、自分にあったことをするべきだと思います。そうしたら自分のやりたいことと同じことをしたいと思っている人に出会えると思います。自分が大学の時はソフトボールをやっていたのですが、そこで出会った仲間たちは自分の生涯の友達になっています。あとは、周りに流されないように自分をしっかり持つということが大事だと思います。

大学生活が社会人への準備と考えるなら、自分が本当にやりたいことを見つけて、そのための社会活動を始めるのが賢明です。関連する仕事のアルバイトやボランティアでも、在学中に挑戦すべきことは沢山ある事に気づくはずです。

体験談

将来のためになるアルバイトをしよう

kumikkimi(29歳)のお話

私が女子大生だったのはもう10年も前ですが、大学に入ってやりたかったことの一つはアルバイトです。では、どんなアルバイトをしよう?と考えた時に、将来役に立ちそうなアルバイトを探しました。家庭科の教員を目指していたので、子どもたちに関わる仕事がいいな、と思い、家庭教師のアルバイトと、学童保育所の指導員のアルバイトをしました。家庭教師の仕事は孤独な部分もありましたが、学童保育所のアルバイトでは、同じ教員を目指す仲間にも出会えて、とても充実した時間が過ごせました。いまの楽しさも大切ですが、少し将来に目を向けると、充実した大学生活が送れると思います。

4 友達や仲間を大切にする

友達同士で上を見る男女

自分より劣っている子を利用して、自分を良くみせようとしている女性は周囲の信頼を得ることができません。また「この人達とつき合っていれば自分が良く見える」という理由から一緒につるんでいても、周囲からは単なるイタイ子と簡単に見破られてしまいます。

自分がリア充に見られるためだけにリア充の人と付き合っていると、いつまでたってもキョロ充のまま。他人を利用するのではなく、周囲の人を大切にすることで自然と周りに人が集まってきます。

体験談

差別せずに色々な人と絡もう

コロネ(27)のお話

スクールカーストにこだわらず、色々な人と仲良くすることで世界が広がりますし、様々な価値観を吸収できます。また、多くの人と知り合うことで本当に大切で自分と合う友人ができると思いますので、中心グループにいなくてはいけないという強迫観念がなくなると思います。私は勧誘されたサークルの飲み会には全て行きましたし、ゼミやサークル、その他課外活動に積極的に顔を出しました。このおかげで自分の集団の中での立ち位置が分かりましたし、楽しく過ごせる相手とも多く知り合えました。最初からリア充グループとしか付き合わないのはもったいないです。

体験談

学校以外にも自分の居場所を作る

めーこ(30代前半)のお話

私は学校ではちょっとキョロ充気味でした。自分の容姿にあまり自信がなかったので、オシャレも、これで合っているのかな?と不安でした。そこでアルバイトを始めました。高校時代にはできなかった、居酒屋のバイトです。お酒を出す場所なので、沢山の大人が来ます。お客さん、店のスタッフ、業者さんなど、沢山知り合いが増えました。人生経験豊富な人達と話したり、一緒に働く事で少しずつ自分に自信を持ち始めました。気付けば大学とはまた別の、自分の大切な居場所になりました。学校で相談できないような事もバイト仲間には話せたり、大事な経験でした。

リア充アドバイスの大半はサークルに入って友達を見つけなさいというものです。ただし、リア充の本来の意味は自分自信が充実していることですから、自分の目標とか、やりたいことを見つける思いを忘れないでくださいね。

体験談

サークルに入る

りさ(30代後半)のお話

大学は高校と違って個人で授業を選択するので、一人行動になってしまうこともありますね。友達を増やす目的でもサークルに入ると自然に人間関係が広がるものです。サークル選びは人数がやたら多いオールラウンドなものよりも、自分の趣味に合っているこぢんまりとしていながらも、活動はちゃんとしているようなサークルがおすすめです。趣味が同じ学生が集まっているので、サークル外で会った時にも話題に困りませんし、活動を通して親密度も深まります。サークルの友達や先輩後輩とは一生の友人や仲間になれます。

体験談

人気のあるサークルに入ろう!

えりな(28歳)のお話

まず、大学でリア充になるには友達を増やすのが大切です。 友達作りに欠かせないのがサークルです。なるべく人気があり沢山人がいるサークルを選ぶのがポイントです。高校の先輩がいる人はより安全なサークルをリサーチするのも大切です! 新入生歓迎で無理矢理飲ませたりするような所は人間関係が後々ドロドロになるので注意が必要です。 サークルに入ると、連絡先を交換したり、授業が同じになると気さくに話せたりするので更に友達の輪が広がっていきます。 先輩とも仲良くなれるので履修相談など、授業関係の情報もゲットできます。 卒業する頃には大学の友達と旅行など楽しい思い出が出来るはずです!

めざせリア充への道!

リア充になるためには、心を許し合えると友達や仲間を持ちことが大切です。

リア充は1日にしてならず!

乾杯する大学生の男女

必死でリア充を装おうとしても、そう簡単にリア充になれるという訳ではありません。まずは、自分がやるべきことや好きなことを追い求めてみることが一番の近道です。自分らしさを押し殺して、いつもどこかのグループにくっ付いているような女性に、男性は魅力を感じることはできないはず。

大切なのは、自分らしく楽しくキャンパスライフを過ごすこと。リア充爆発しろ特集もチェックして、気付いたら卒業を迎える4年間を過ごせるといいですね。

メニュー閉じる