忙しい大人の七夕デート☆ロマンチックな7月7日の過ごし方

七夕デートの過ごし方を紹介します!七夕は、やっぱり恋人と過ごしたいですよね。でも、社会人となれば忙しくて時間もとれないもの。せっかくのイベントを彼と2人で楽しく過ごす方法とは?

忙しい大人の七夕デート☆ロマンチックな7月7日の過ごし方

忙しい大人もロマンチックな七夕デートがしたい!

年に一度織姫と彦星が出会う七夕は、カップルの年間スケジュールの中でもロマンチックさはトップレベル。「年に一度の七夕には恋人とロマンチックなデートを演出したい!」と思うことは、物の道理とも言えるでしょう。しかし、必ずや休みの日にやってくるわけでない7月7日。「今日も明日も仕事だよ!」なんて普通にあってしまうのが、われら社会人でございます。だからこそ、忙しい人向けの「七夕デートをロマンチックに過ごすための方法」をやや本気モードでまとめてみましたよ~^^♪

その1 イベントや花火を見に行く

ヤッパリ花火大会やイベントを見に行くのは楽しい!

近くで七夕のイベントや花火があれば、仕事帰りの少しの時間でもいいので七夕祭りに出かけましょう。しかし、人出の多いイベントは仕事帰りのカップルには優しくありません。イベントに重点を置き過ぎて、「絶対いいポジションから見たい!」とあまり意気込んでしまっては逆効果。ここは彼と過ごす時間だけに重点をおきましょう。仕事のあと、雑踏と花火の音を聞きながらふたりだけで過ごすひととき…。そんなのも捨てたもんじゃありませんね!

 例えば、人ごみの中を彼と手をつないで歩いてみたり。ガチで花火を見に行くのではなく、その場その時間をゆ~るく楽しみましょ☆

その2 ふたりだけの花火大会

ふたりの七夕はで花火で盛り上がろう

花火大会があればそれを見に行くのもいいかもしれませんが、近くでうまいこと花火大会があるとも限らないし、あったとしても花火大会の会場は混雑するもの。仕事のあとは一息つきたいのに、人混みに紛れるなんてもってのほかだったり、ちょうど良く仕事が終わらず花火大会に行くことすら一苦労なら、ふたりきりで河原や海辺で花火をするのがおススメ!

  • ふたりきりで楽しく花火をするだけでもロマンチック七夕デートに!
  • 最後は線香花火でしっとりシメましょう!
  • でも、本気の線香花火勝負もオモシロいのです^^

その3 星を眺める☆

街の夜空は街灯や車、家の明かりなどが多く地上が明るいので、なかなか星は見えません。七夕の夜が晴れたなら、普段は見られない夜空に逢いに山や田舎にドライブに行ってみあましょう!星がたくさん見える場所に行けば、流れ星も意外と簡単に見つけられたりするんです(田舎者談)。まぁそんなこんなで日頃見られない星空に、きっとふたりの気分も大盛り上がりに違いありません

 雨ならプラネタリウムでもカップルならば盛り上がれる

その4 ふたりで短冊を書く☆

ふたりで短冊を描くのも楽しい七夕デート

二人で七夕の短冊を書いてみましょう。七夕の風習に沿って、普段言えない彼への想いなどを七夕の短冊に託し、もっとお互いを知る絶好のチャンスなのです♪普段語り合えない、ふたりの将来の希望や夢なんかを知りあえて、とってもロマンチックですね。

  • 短冊に込める願いは、できれば彼の目線を意識し彼に関連したかわいいお願いなら尚良し?

夏競馬今年こそ3連単とか、そういうオトナのお願事は誰も見ていないトコロでやるものです。

その5 おうちでデート

仕事で忙しくて、まとまった時間がとれない…それでも、たった数分でも会う工夫と努力を忘れずに。七夕は、織姫と彦星が年に1度だけ会う日。いわゆる遠距離カップルですね。それに倣って、短時間だけでも一緒に過ごすというのも、ロマンチックな気持ちになれることでしょう。できれば、おうちでケーキだけでも一緒に食べたいものですよね。

忙しくてもほんの少しだけでも時間を作る努力が何より大切

彼と過ごす少しの時間が大切です★

今日も明日も仕事だから…と簡単に諦めてしまう前に、今年の七夕デート何かふたりで出来ることを考えてみるのも素敵ですよネ!「仕事に忙しい大人カップルも素敵な七夕を過ごせますように」と、今年の七夕の短冊ネタに書いておきますね~☆彡

メニュー閉じる