紫外線対策でキレイをキープ!今すぐ始めたい3つのパーツ別UVケア

紫外線対策、バッチリですか?顔と身体に塗っているから大丈夫!と思っていても、あと2つのパーツを忘れています。意外にも忘れがちな残り2つの箇所と紫外線をカットする対策術を紹介します!

紫外線対策でキレイをキープ!今すぐ始めたい3つのパーツ別UVケア

紫外線対策はこれで完璧!3つのパーツ別UVケア方法

紫外線は白い肌の敵と言われていますが、肌に与える影響はそれだけではありません。シミ、しわ、そばかすなどの、お肌の老化は、紫外線を多く浴びることによって引き起こされているのです。今回は、美しくなりたい女性なら誰もが知っておくべき「紫外線対策」を3つの部位に分けてご紹介いたします。

1 顔の紫外線対策

肌の紫外線対策

最も日焼けが気になるパーツでもある「顔」は、外部の刺激にショックを受けやすいうえに皮膚の異常もあらわれやすい、超~デリケートな部分。紫外線を長期にわたって浴びていると、そのときは異常を感じなくても数年後に大きなシミやしわなど、とりかえしのつかない悪影響が出てしまうケースもあります。コワいですね…。

いつも外気にさらされ化粧品の刺激も常日頃…などなど、あれこれダメージの多い顔の肌。何はさておき、紫外線から守りぬいてあげたいパーツでもあります。

対策その1 日傘を使用する

日傘で紫外線をシャットアウト

ちょっとそこまでお出かけするときに重宝するのが日傘です。日傘を差せば顔に直射日光が当たるのを防いでくれます。ただし、紫外線は上から降り注ぐだけでなく地面や建物の壁に反射して傘の下から入り込む場合もあるので、日傘を選ぶ際は、傘の内側が濃い色のものを選ぶと、日傘の中での紫外線の反射を最小限に防げます。

対策その2 日焼け止めを効果的に使用する

日焼け止めは正しく使いましょう

日差しが強い夏場だけ日焼け止めを使用している方も多いと思いますが、紫外線は1年中私たちに降り注ぎ肌に蓄積していくので、季節を問わず日焼け止めは必需品なのです。

冬はSPF値が20から30程度のデイリーユースの日焼け止めを、紫外線が強くなる春から秋はSPF値が50程度の効果の高いものを使い分けするのがおすすめです。

日焼け止めの効果的な使い方

  • 頬やおでこなど顔の高くなっている部分は、厚めに塗りましょう
  • 特に紫外線量が多い4月から8月はこまめに塗り直しましょう
  • 塗りむらが出ないように、丁寧に塗りましょう

2 目の紫外線対策

目の角膜が紫外線を吸収すると、体内のメラニン色素が増加したり、体が老化したりすると言われています。目の紫外線対策は、美しい肌をキープしたいなら絶対に外せない日焼け対策の新常識なのです!

対策その1 サングラスを使用する

目の角膜の保護は身体の内側からの紫外線対策

瞳の紫外線対策と言えば、日光を遮る効果のあるUVカット機能付きのサングラスです。リゾート地だけではなく、普段の生活にもファッションとしてサングラスは取り入れやすいですよね★
今年新たにサングラスを選ぶなら、ぜひUV表示も気にしましょう!

サングラスは選び方が重要

サングラスも眼鏡も骨格に合ったものを選ぶようにしましょう。サイドから紫外線が入り込んでしまっては効果も半減です。必ず試着して、自分に合ったものを選びましょう!

対策その2 UVカット眼鏡を使用する

UVカットメガネ

サングラスをかけるのはちょっと恥ずかしいという方には、レンズが透明で使いやすいUVカット機能付きの眼鏡がオススメです。少し色がついても、紫外線透過率が低いものを選べばさらに効果が期待できるでしょう。

3 髪の紫外線対策

髪も紫外線でダメージを受けてしまいます

つい油断しがちですが髪の毛だって日焼けはするし、紫外線ダメージが見た目に表れやすい部分。UVケアを怠って日焼けしたパサパサの髪は、かなり老けた印象に見えてしまうのです…。後ろ姿も美人でいるために、ツヤツヤの髪の毛を保つ紫外線対策は必要です!

対策その1 紫外線カットスプレーを使用する

紫外線カットスプレー

髪の毛専用の紫外線対策グッズは、ドラッグストアなどでも購入できます。紫外線カットスプレーは、手を汚さずに髪の毛にムラなくスプレーできるので、ひとつ持っていると役立つアイテムです。

対策その2 帽子をかぶる

帽子

屋外で頭頂部に受ける紫外線のほか、地面に反射した紫外線をよけるには、帽子が効果的です。UVカット効果のある生地で作られた帽子を選んで、髪の地肌と髪をすっぽり隠して紫外線から守りましょう。

美しさをキープするには紫外線対策がマスト!

強い紫外線を長時間浴び続けると、しみ・しわ・そばかすなどの肌の老化をドンドン進ませてしまいます。これらを防ぐためには、少しでも若いうちから紫外線対策を行うようにしたいもの。

「ちょっとそこまで」行くときでも、日焼け止めを塗り直し、日傘や帽子で肌や髪の毛をいたわりましょう。美しさは、日々の努力と自分を大切にする習慣で維持できるのです。

また、髪や肌だけではなく指先でもキレイは作られます、ネイルケアの正しいやり方特集をチェックして、美しい爪をキープしましょう。

メニュー閉じる